<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アタックNo.1 第8話

千登勢先輩がんばる&努は結局どうなったの・・?の巻
(ほんとのタイトルはちがいます)
寺堂院との試合、八木沢さんのお母さんの死が気にかかり
プレイが散漫になるこずえ。
メンバーチェンジされて、本郷コーチに叱られますが
そんなんじゃかえって相手に失礼だとコーチの言うとおり。
こずえ、気持ちを切り替え試合に戻りますが
八木沢三姉妹の末っ子が負傷。。。。
これで結果はみえたとばかり、
ひそかに見守っていた猪野熊はひきあげますが
ほんとに文字通りあっというまに富士見勝利でした。。。汗
早すぎる。。。
三位一体を欠いた寺堂院と八木沢さんの粘りをもうちょっと
みせてほしかったかも。
(去年は末っ子いなくても優勝してるんだし〜)
その八木沢さんは試合後にこずえと無事和解。
「あのひげオヤジわかっとったんや」と、
自分が選抜をはずされたのは、母の死に目にあわせてやりたいとの
猪野熊の配慮だったと言います。
とひげおやじ呼ばわりですが^^;
猪野熊監督、今週もどんどんいいひと化進行中。
「がんばって優勝してよ。
 またた一緒にやりたいな、選抜で。」と八木沢に言われ
こずえもにっこり。
八木沢さんの出番はこれでひとまずおしまいかな。
選抜見たいけどなあ。
おなじとき、本郷コーチは猪野熊から
「このままでは全国制覇は無理。優勝はできん」と
言われていました。
富士見にたりないものとは・・?

鮎原宅では、一回戦突破のお祝い。
(自宅にもどれるということは開催地静岡?)
お父さんも試合を見に来なかったけど、来るといってた努も
こなかったことにちょっとむくれ気味のこずえ。
しかしそこに努から電話があり、お父さんが手術したことをきかされます。
そして翌日、大事な話があるからお店まできてくれとたのむのですが。。。
こずえは、努のお父さんのことが気になっているようです。
その日の練習後、千登勢先輩がみんなのためにもらってきたお守りを
ひとつずつわたしてくれました。
そしてこずえがお店に向うと、みんなしんみりとして暗い・・・。
死んでないはずだけど重篤な症状なのかと思いましたが
「オヤジは昨日一か八かの大手術をしたんだ・・」と
努もみんなもいきなり泣き出します。
と思ったら「大成功〜!!」と一転して明るく。
努の涙も目薬のうそ泣き。。。。おいおい。
こずえはびっくりして、心配したぶん泣き出してしまいますが
いい子だね〜。こずえの涙をみて、おじさんが
「いって言いうそと悪いうそがあるぞ」と
自分もいっしょにお芝居してたくせにいいましたが
ほんとに趣味の悪いうそだったかも。
こずえは「サイアク〜、でもサイコー」と泣き笑い。
「心配で何も食べられなかった、でも食べた」
その後浜辺で語らう2人はいいムードです。
学校に復帰できるめどがたったことなんかを話していますが
夕日に浮かぶシルエットは恋人どうしといってもいいかんじ。
そういう会話はなかったですけどね。

そして次々に勝ち進む富士見。
2回戦は楽勝(神奈川実践もおなじく)
準々決勝は垣の内さんの福岡文化あいてに接戦ながらも勝ちましたが
勝負をきめた最後に千登勢先輩が足をひねってしまいました。
すごく痛そう、、
先輩は平気なふりをしていますが、それを猪野熊が見てました。
そのあとに、こずえに声をかける猪野熊。
昔、本郷と柴田は同じ高校で、インハイ優勝経験があることをききます。
その後別々の実業団チームに入った2人ですが、実力ではむしろ
本郷のほうが上だったのに、一度も柴田のチームには勝てなかったそうで
こずえとみどりのどちらが本郷でどちらが柴田かなと謎な発言をし
「お前らふたりには期待してるぞ」と去っていきました。
そのあとにみどりたちに会ったこずえ。
三条は明るく挨拶してくれますが、みどりは目もあわそうとせず。
「あたし、負けないからね。みどりがいたって手加減しないから」
とこずえはみどりに言いましたが、みどりこたえず立ち去ります。

その頃、早川ママが鮎原家をたずね、みどりのことを相談しています。
みどりはバレーを続けることで自分を苦しめているようにみえる、
このまま続けさせるのがいいのかと問う早川ママに、こずえの母は
「見守って応援してあげるのはどうですか」と
一度一緒に試合を見にいきましょうと誘います。

ここで唐突に富士見を訪れるあの酔っ払いオヤジ。
何しにきたのかと思えば、大沼さんの件を白紙にもどし
大沼さんが試合にでられることになりました。
猪野熊監督が先輩の負傷を知って手をまわしてくれた?
と私は思ったんですが、負傷する前に、静岡で目撃されたときに
相手を説得してくれていたようです。
「もしかして猪野熊監督がいってくれたんでしょうか」というこずえに
「そうだとしたら、猪野熊さんの目先の行動しかみえてなかったのかも
 しれないな。」
(その前にも選抜メンバーから鮎原を返したのは
 精神的に成長させるためときいて怒っていましたが
 よく考えると納得してきたのかも?)
気づくの遅い・・・、
さらにまだ柴田のことは誤解したままだし!

喜びもつかのま、千登勢先輩が足の痛みに耐え切れず
倒れてしまいました。
足首の骨にひびがはいっていて一ヶ月絶対安静ときいて、
誰よりもチームのことを思っていた先輩の気持ちを思い
泣き出すみんな。
千登勢先輩は準決勝の日が誕生日なんだとか。
「ないてる場合じゃないぞ」とコーチがいってくれて
千登勢のぶんもがんばって「絶対勝ちましょう」と誓います。
そして大沼も加わって練習再開。
ずっと走っていたという大沼はブランクもみせず絶好調。
こずえは、大沼にキャプテンに戻って欲しいといいますが
大沼はこれまでチームを引っ張ってきたこずえに
最後までキャプテンをやりとおしてほしいと答えます。

新作ラーメンを研究中の努は納得いく味をつくりあげたらしい。
準決勝の日の朝、その努から「試合見にいくからがんばれ」と
メールもきて、こずえはりきります。
対戦相手は吉村さとみの明法女子学園。
「手加減しないから」とお互いにライバル心をもやします。
その頃会場にいそぐ三田村と努。
交差点の前で、努の目にうつるのはサッカーボールをもてあそぶ男の子。
その子をやさしい目でみている努ですが・・
ちょっと変な言い方をすると「フラグが立っている」・・・?!
試合前に応援席に努がいなくてまたむくれるこずえですが
そのときシューズの紐が切れました。
不吉!!てか、あんな切れ方します?

試合は接戦が続き、さとみとこずえはガンのとばしあい。(?)
お互い一歩もひかず。
その頃、病院にいたはずの千登勢は、病室をぬけだし、
松葉杖で試合会場へと向かっていました。
そして会場のドアを開けたとき、目にしたものは
こずえたちが歓喜する姿。
観客席の千登勢をみつけたこずえはたちは、
口々に千登勢に声をかけ、声をあわせて「ハッピーバースデー」を
歌いだしました。応援席にブラスバンドがいるわ、と思ってたら
そのブラスバンドもいっしょに演奏をはじめ会場中の合唱に・・
そして拍手の渦。
千登勢先輩、最高の誕生日になりましたね。

試合後、ロビーでこずえと吉村が話していると、
三田村が大慌てでやってきました。
ここへ来る途中、努が交通事故にあったときき
こずえは、努が運ばれた病院へ泣きながら走ります。
病院では手術中の赤いランプがついていて
その前にはこれまた泣いているみどりがいました。
前回の予告もこれだったのに、まだ来週持ち越しなんですね?
せっかくパパが退院したのに努が事故にあうなんてあんまりな。。

次回、みどりとみちるの神奈川実践との決勝戦。
猪野熊が選抜メンバーにこずえをよこせと
本郷に言っていました。
ラストも近い。

2005.06.03 Friday 09:04 | comments(6) | trackbacks(5) | 
<< 鋼の錬金術師 第47話 | main | 鋼の錬金術師 第48話 >>
えるぼ (2005/06/03 5:37 PM)
honeyさん、こんにちは〜!

開催地は静岡なんでしょうかね?
ヒゲオヤジも来てましたけど(笑)
選抜メンバーが召集された場所っぽいですし
なんだかよくわからないですね(^-^;;

努君は事故フラグが立ってましたね(笑)
あそこで三田村と一緒に
気付かずダッシュしていたとしたら…。

でわでわ〜! (^-^)/
honey (2005/06/03 5:49 PM)
こんにちは。

先輩が病院からかけつけられるくらいですから
静岡なんでしょうねえ。。

努とこずえ、すごくいい雰囲気で実質恋人同士でしたが
お互い気持ちを伝えることもなく、このまま亡くなってしまうとしたら
中途半端なままでひきづりそうですよね。
gary87 (2005/06/03 5:54 PM)
こんにちは!遊びに来ました♪

>不吉!!てか、あんな切れ方します?
たしかに!結構スパっと切れてましたよね〜。ってか、長いこと生きてますが、あんな風に切れたことはなかとです。

開催地問題は僕も気になりました!そんなに行ったり来たり簡単にできちゃうものなのかしらん?
honeyさんがおっしゃるとおり開催地が静岡ならわかりますけど(^^)

またきます〜♪
honey (2005/06/03 6:11 PM)
こんにちは。

消耗していたようにもみえませんでしたが
いきなり切れてましたよね。
上にも書きましたが、先輩が病院からすぐに会場に
ついたということで静岡に間違いないですね。
オートモ (2005/06/04 10:03 AM)
はじめまして!TBありがとうございました!

>三位一体を欠いた寺堂院と八木沢さんの粘りをもうちょっと
みせてほしかったかも。
そうですよね!おっしゃってる通り、
去年は妹もいなかったわけだし。
寺堂院もですけど、他の学校との対戦も
ゆっくりじっくりやって欲しかったです(´Д`)

開催地問題ですが、ずっと私は群馬とか、
山梨とかの合宿所だと思ってたんですよ〜
でも、そこで対戦してるし、
ラストの努君が事故ったときに
走って病院行くくらいですからね〜
やっぱり静岡なのでしょうか(?_?)

話数が残り少なくなってきてちょっと淋しいです。。
来週も楽しみましょう!それでは。
honey (2005/06/04 12:55 PM)
オートモさん、こんにちは〜。
試合はあっというまにすすんでいきましたよね。
垣の内さんとかもっと見たかったな〜。

そういえばこずえが走って病院いくくらいですから
やはり地元ですね。

はい(^^♪
来週も楽しみです。









「アタックNo.1」 第8回
お約束通り寺堂院を破り1回戦を突破した富士見。八木沢さんとも誤解が解けた感じで仲良くしていて良かったですね〜(^.^)顔をふにゃっとされてるのはちょっと可愛かったかもです(笑)猪野熊監督はやはりいろいろ考えてたんですね。まあ怪しさ満点なのは相変わらずですけ
| PLAMODELING NOAH BLOG | 2005/06/03 10:32 AM |
「アタックNo.1」第8回
八木沢三姉妹の母の死を知って動揺し、プレーが散漫になるこずえ。 そんなこずえの動揺を見抜いた本郷はそんなプレーは相手にも失礼だと一喝、こずえは平静を取り戻す(って、早っ!)。 平静を取り戻したこずえの活躍もあって、優勝候補大阪寺堂院を1回戦で破る。
| TVウォッチャーの日々 | 2005/06/03 6:40 PM |
アタックNo.1にアタック No.8
『アタックNo.1』 第8回。詳しいあらすじはこちら。
| 三味線屋始末帳 | 2005/06/03 6:54 PM |
アタックNO1
いよいよ大詰めのアタックNO1 キャプテン大沼の復帰で一気に優勝だ ところがそうは問屋が卸さないのがドラマ。 何とか勝ちあがっていよいよ決勝戦 みどりとこずえの二人の対決が・・・ なかでも猪熊監督の偉大さに気づき始めた本郷とこずえ。 このままでは優勝で
| 自動車屋さんのひとりごと | 2005/06/03 9:49 PM |
バレーで悲しみを紛らわせるんだ、本物のアスリートは
↑次週の名セリフ予定。 まずはアタック話から。 とうとう事故っちゃいましたね〜… 後半ずっとハラハラしとりました。 いつ事故るのかー!とか思ってたらホントに最後。 てか、一回戦から決勝まで早っΣ(゜Д゜) この1話で有名選手勢ぞろいでしたねぇ。
| Run With Yourself ! | 2005/06/04 9:51 AM |