<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

雑誌レビュー ダ・ヴィンチ7月号

[ 雑誌 ]
表紙は黒谷友香。
おきれいな方ですね。
あの人の一冊、上野樹里が「のだめ」を。。。

特集文学賞でひと花!ですが、
こんなにやまほど文学賞があるとは。
「○○賞受賞作品」と銘うって売れるには、
やはりある程度その賞が有名じゃなくちゃ効果ないでしょうね。
実録選考会舞台裏マンガはいったいどこまで
フィクションなのかノンフィクションなのか。。。
宇宙人、ほんとにいそうだし。。笑
新人賞は・・よほどおもしろそうか話題になってるかでないと
手がでません。
新人賞じゃないけど芥川賞あたりは高校生でも反応しますね。

出版ニュースクリップ。
「読書マラソン」て小学校でもやってますよね?
ネーミングがいっしょで中味はちがうけど。
ランキングにハガレンパーフェクトガイド2が入っている!
ナルニア国物語、映画化楽しみ。
「Letter to me」はちょっとよんでみたい。
北村薫が選ぶ忘れられない変身の本、セレクト1の
「ロバのシルベスターとまほうのこいし」は
うちでも大人気の本で私も大好きです。
恩田陸さんのインタビュー、この間本よみました。
瀬尾まいこさん、バックは天の橋立ですね。
中学校教師はかなりハードな職業だと思うのですが
作家との両立は大丈夫なのかな。
ほりだし本「へたれ」は本も目立つ装丁ですが
作者のお写真もインパクトあり、、

なんでもランキング。
夏と共に思い出すのは・・やっぱホラー系多いなあ、、
投票に参加しましたが2冊ランクインしてました。
トロリサーチはとてもわかりやすい。
こういうのを目指している人には参考になるでしょう。
太陽本がいっぱい、サッカー少年のあっさり反応が笑えました。
児童書だけど大人向けのバッテリー。

テレプシコーラ、千花ちゃん急展開。
富樫先生のブラックボックス、かっこうがかっこうなので
妙に説得力がありました。
ターシャ・テューダーのガーデニング、素晴らしい。
理想の90歳といえましょう。
この方の絵本も美しいです。
回をますごとに楽しみになっている「猫と負け犬」
「ダイエットに王道なし」昔からの名言です。
がんばれノブコ!

特集2、バレエの中心で、未来を叫ぶ男たち。
バレエの舞台は見たことないのですが、この有名なダンサーの
名前くらいはしっています。
こんなにたくさんいたとは知らなかったけど。
バレエダンサーものマンガで、萩尾望都の
「感謝しらずの男」あたりのイメージしかないです。
あのシリーズに出てくるダンサーたちはおもしろい。

ミュージックダヴィンチ、アンダーグラフ。
まだ売れてない頃に翼をかった娘はあまりのブレイク振りに
熱が冷めてきたとという複雑なファン心理ぶり。
ミステリーダヴィンチ。
「まだらの紐」なんて小学生のときに読んで以来です。
「火星年代記」は名作だ。早川文庫、大好きでした。
コミックダヴィンチは田中芳樹と夢枕獏の対談。
好きなマンガタイトルがいっぱい。
鈍器降臨。。挨拶運動展開中のようでうちの近くでもみられます。
でも惰性でしてる子もいる、、、
得する20冊「自閉症裁判」に目がとまりました。
旬の本棚、ダイエット本はこんなにいっぱいなのに
いまだに求められているののは、やっぱり王道がないからなんだろうな。

表紙の人インタビュー。
お馬さんの写真の本をかかえていましたが
実際にサラブレッドのオーナーだったとはびっくりでした。


ダ・ヴィンチ 07月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 07月号 [雑誌]


2005.06.09 Thursday 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 今日からマ王!第十四話  | main | アタックNo.1第9話 >>