<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

今、会いにゆきます 第2話

今日も佑司の役の子が上手かった。
ママのことはみんなにはないしょにして、
絵本もママには見せないでおこうと相談するパパと佑司。
しかし佑司くん、どこまでわかっていっているのか
ちょっと謎。
「ママはアーカイブ星の電車の網棚に
 何かわすれてきちゃったんじゃないのかな」といったかと思えば
ママのことはみんなにいわないでおこうといわれて
「お葬式もすませたもんね!」という発言。
『死』というものをまだはっきり理解していないのかな。
でも、ママが朝ごはんをつくってくれるという
当たり前だけど本当は当たり前じゃなかった、
日常のささいなことに感動する気持ちももっていて。。
「(久しぶりのママの味が嬉しくて)
 涙がでないように一生懸命ほかのことをしゃべってた」
って、心のツボにきゅ〜っときました(>_<)
汚れた体操服入れを作ってくれたママ。
帰ってきてそれをみた佑司がそっけない態度だったのも
泣きそうになったからかな、と思いました。

澪のお母さんは家庭科の先生だったという設定。
娘を亡くしたあと何もやる気がせず、退職してしまいました。
巧も教え子だったようだし、二人が19歳で結婚したという
事実にも驚き。
澪は自分の運命を知っていたからなのでしょうか。
誰にもないしょにしてますが、
澪とお母さんはあわせてあげたい気がします。
あのお母さんなら変だと思わずに受け入れてくれそう。

巧は医者で定期的にカウンセリングを受けているようですが
澪が帰ってきたときいても、ちょっとびっくりするだけで
科学で解明できないことを非科学的だといってるだけだと
巧のいうことをしっかりきいてくれて
巧の気持ちを尊重してくれるいい先生ですね。

参観日にママはいかせるわけにはいかず、
休暇をとっていたパパも急な仕事でいけなくなります。
小学校にはいっての初めての参観日・・・、では
さすがに誰もこないのは寂しすぎますね。
パパは気づかなくても、佑司が「おばあちゃんは?」と
思い出せたらよかったんでしょうが。。。
ママはこっそり見にいきましたが、
一人寂しくすわっている佑司のところへそのまま歩いていったら
幽霊騒動になったのでしょうか?
さすがに1年生、寂しさは先生でも癒せませんでした。
帰ってきてからも森の中へいってしまう佑司。。

何も思い出せないであせる澪は、
何か思い出せるきっかけがほしいと巧にいい、
眠った佑司を巧がおぶったまま、
二人がであった中学校の3年生の教室にいきます。
教室で隣の席だった二人。
中学生時代の二人はお互い惹かれあってるようにみえます。
澪が描いた絵が他の人をモデルにしたという噂になっているけど、
澪の視線は秋穂くんをおいかけているようにみえました。
転んだ澪をおこすときに両腕をつかんで支えた巧が
今、階段でよろけた澪を同じように支える場面がとても印象的。
まだまだよそよそしい二人ですが、澪がまた恋していく過程が
みられるか楽しみです。

目をさました佑司にあやまるママ。
やっぱり記憶がなくてもママはわかってくれてると思いました。
佑司はママに抱きしめてもらって、
今日の寂しさが忘れられたといいなあ。。。

キズナ
キズナ


  TBS 今、会いにゆきます 公式サイト
2005.07.10 Sunday 23:04 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< マジレンジャー Stage20 | main | 読書の時間 ばってん、生きとっと >>
ちーず (2005/07/11 7:00 PM)
honeyさん、こんばんは。
TBありがとうございました!
絵の美しさ、そして登場人物たちのお互いを思いやる気持ち。
見ていて心が優しくなるドラマですね。
二人の中学時代、私もあのモデルは巧なんだろうな、と
思いました。
親友の万里子は知っているのかな。
佑司くんが本当にかわいらしくて、むぎゅってしたくなります。
honey (2005/07/11 9:00 PM)
ちーずさん、こんばんは。
こちらもTB返しありがとうございます。

そうなんですよ。
日曜の夜にゆったりとした気持ちになれますね。
万里子は巧のことが気になっているようだし、、
佑司くんは上手すぎ!









いま、会いにゆきます 第2話 『授業参観』
「あの日起こったことは、奇跡だったの?  目を覚ますと、私には、夫と子供がいて・・・  私は全ての記憶をなくしていた。  でもきっと、ここが私の居場所なんだ。   そうでしょう?巧さん。」
| どらま・のーと | 2005/07/11 6:56 PM |