<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

海猿 最終話

最終話になりました。
ゆいちゃんの生存が確認され、声をかけつづける大輔。
しかしボートは沈みそうで、特救隊がくるまでもちそうになく
穴をあけて助けることを提案する大輔。
冷静になれ、という下川に
「俺は人の命が救いたくて潜水士になったんです。 
 そのためにきつい訓練にも耐えてきたんです。
 もう目の前で誰も死なせたくありません!」と叫ぶ大輔。
「ゆいちゃんの命を救えるのは隊長とここにいる俺たちです」
それをきいて、救助を開始することを決意する下川。
ボートにはどんどん水がはいりこみ、ゆいちゃんの顔が半分
水につかりかかっています。
下川は海に潜り、下からゆいちゃんをおしあげ大輔にわたしますが
自分はボートとともに沈んでいってしまいます!!
特救隊にすくってもらったのか、次の場面では
大輔に心臓マッサージをされている下川。
意識不明の重態。こんな展開いやだ!!
下川はヘリで病院に搬送されます。

ゆいちゃんは大丈夫でしたが、下川の意識は戻らず
悪くすると植物状態になるといいます。
「僕が無茶したから隊長はこんなことに・・」と悔やむ大輔。
しかしカンナには「大丈夫」と報告します。
カンナの母もなんだかんだいいながら、やはり大輔が
心配で帰るのをやめてくれていたみたい・

船長は、いつも冷静な下川なら、あんなことにならなかった、
要救助者が肉親だと知っていたのに下川にまかせた自分の責任だと
津田課長に辞表を出しますが、このいつも出てくるこの偉い人は
ビジネスライクなひとかと思っていたけど結構いい人でした。
下川はひとつ下の後輩で、よく知っていて、
ゆいちゃんのことを愛しているのも知っているけど
下川は要救助者が誰であろうと絶対にあきらめなかった、
自分の娘じゃなくてもあいいうことになっていた、という津田。
辞表は保留ということになりました。

下川の意識は戻らず、船長室を片づける船長、
元相棒の矢吹も心配そうな表情。
ゆいちゃんは元気そうですが、大輔は沈痛な面持ちで
下川につきそっています。
病院のロビーで、下川の元妻をみかけた大輔は
ゆいちゃんを助けたのは下川で、そのせいで今、下川が
意識不明になっていることをつげ、ゆいちゃんを
下川に合わせてあげてほしいとたのみます。
「ゆいちゃんの声なら隊長に届くかもしれません。
 隊長を助けてください。お願いします」
と頭をさげる大輔。
元妻はどうでるかと思ったけど、ゆいちゃんにちゃんと
あわせてくれました。
ゆいちゃんは下川の病室へやってきて、声をかけます。
手をにぎりしめ
「私、きこえたよ、パパの声。 
 目をさまして、パパ。
 ゆい、パパのこと大好きなんだよ。
 またいっしょにあそんでよ」
しかし下川に反応はなく、ママに帰ろうとうながされたとき
「パパの手が動いた」とゆいちゃん。
「パパ!」「隊長!」「下川さん」「あなた!」と
ゆいちゃん、大輔、医師、みんなで声をかけます。
元妻もおもわず「あなた」という呼びかけ。
すると下川の目があいた〜〜〜!
そしてゆいちゃんの元気な姿を確認すると
手のひらをゆいちゃんの顔にあてます。
その姿をみて「あなた、ありがとう」という元妻。
うううう、よかったです。
ドラマでしかありえないかもしれないけど
もう死ぬのはごめんです。
回復の知らせに津田課長も矢吹も、安堵。
二人ともいい人・・・・。
ながれの船内も喜びに包まれ、船長もようやく安心して
はまきをふかします。

津田は船長に退職願をつきかえします。
自分の責任なのにはかわりはないという勝田に
上層部も同じ考えで、楽な陸上勤務はとりやめになり
「ながれ」が廃船になったあとは「みさき」に
乗船してもらうといいます。
「勝田さんには遭難現場の最前線で働いてもらいますよ」と
いうやり方がにくいですね。

下川にあやまる大輔に、下川は大輔のおかげでゆいちゃんが
たすかったんだといいます。
自分は冷静なふりをして感情をおさえていた、
そしてもう潜水士はやめるといいます。
「ゆいが助かるならもうしんでもいいと思った」という下川に
「あたりまえですよ、父親なんですから。」と大輔。
しかし潜水士の鉄則は「生きて帰ること」
「父親としては当然でも潜水士としては失格だ」
現場でやれることはみなやったので、あとは若いみんなにまかせ
陸上勤務にうつるという下川は
「生きてるって、いいもんだな」と大輔に言います。
ずっと心に引っかかっていた矢吹も復帰できたし
下川は海でやるべきことはやったと言い切れる下川は潔いです。

大輔はカンナの母にどうしても話したいとでかけていきます。
自分は訓練のときに同期生を、ながれにきてからはバディを
なくしたといいます。
海で死なないという保証はないけど、
毎日訓練を続けているのは、
遭難者の命を救うため、自分の命を守るため、
もしそれができないとおもったとき、
カンナを悲しませることがわかったときには
この仕事をやめます、と大輔。
「海では絶対死にません。
 絶対生きて帰ります。」と宣言。
それをきいて、母も観念。
なにより娘の覚悟はとっくにできているので
「娘をよろしくおねがいします」と大輔にいいます。

廃船式前夜、吉岡はオーシャンズでため息をついていますが
マスターの「どこにいても海はつながってるんだ」の
一言、いいですね。
大輔はロッカーにはってあった写真をみつめてはがし
感傷にひたります。

下川に電話する元妻は、今までと同じように
これからも月に一度ゆいにあってやってほしいとたのみます。
「優しいパパがふたりもいてあの子は幸せね」
と今までつっかっかってばかりいた彼女も
ようやくかわったようです。
下川と矢吹、もとバディのふたりは最後の潜水訓練。
この二人の関係もいいなあ。

そして廃船式。
大輔の脳裏にうかぶ、様々な出来事。
ながれは廃船になってもスクラップにならず
フィリピンの沿岸警備艇としてひきとってもらったそうで
それは津田課長の尽力によるところが大きいらしい。
今回津田課長いいところばっかり。

勝田船長の最後の言葉。
「これからさきどこにいったとしてもこう思うだろう。
 ながれにいたときのことを思えば、ここは天国だ。
 こんほどぼろくて、扱いづらくて、
 しかもなお修羅場に飛び込んでいった 船はほかにはない。
 諸君はそういう船に乗って戦ってきたんだ。
 このながれの姿を
 胸にきざみつけろ!
 そして誓え!
 おれたちは人の命を救うために、
 最後まで絶対にあきらめない。
 愛するもののために必ず生きて帰る

 わかったな」

大輔はカンナのところにもどります。
このさきどこにいっても大丈夫。
「信じて待ってるから」というカンナと大輔の
絆はしっかりとむすばれているようでした。

池澤の死はあったものの、おおむねハッピーエンド・・
かと思ったら、なんですか、あの不吉な予告。
海上で炎上してましたか?
カンナはウェディングドレスみたいなのをきていましたが
BGMがアヴェマリアなのはナゼ??
頼みますよ〜〜〜
「愛するもののために必ず生きて帰る!」

海猿 (1)
海猿 (1)
佐藤 秀峰, 小森 陽一

海猿 プレミアムDVD-BOX
海猿 プレミアムDVD-BOX

2005.09.13 Tuesday 23:53 | comments(9) | trackbacks(15) | 
<< のだめカンタービレ 13巻発売 | main | I love マンガ いくえみ綾 >>
lavish (2005/09/14 10:59 AM)
こんにちは。
下川が無事なのは、ドラマでしかありえない展開とは言え良かったです。
潜水士を辞める下川ですが、その決意を話す表情は清々しいくらいでしたね。
大輔の、環菜の母親に言った言葉も良かったですね。
全てをきちんと収めた、いい最終回だったと思います。
内容といい、出演者といい、今期で上位のドラマでした。

映画も楽しみですね。
>BGMがアヴェマリアなのはナゼ??
これは私も気になました。どういう展開なんでしょうね。
honey (2005/09/14 1:22 PM)
lavishさん、こんにちは。
下川隊長はずっと好印象だったのですが
今回もますます好きになってしまいました。
カンナのとのことも、勝田船長のその後もきちんと
片付いてよかったです。

アヴェマリアでいかにも悲壮な最後を感じさせますが
「生きて帰る」というメッセージをあれだけ強く
うちだしているのですから、ぜひ映画も
ハッピーエンドにしていただきたいものです。

ちーず (2005/09/15 1:21 AM)
honeyさん、こんばんは。
ちゃんとしっかりお互いを見つめ合った二人の姿に
感動!
余韻にひたっていたら、もう映画の宣伝が!!
一体何があったんでしょうね。気になります!!
まりこ (2005/09/15 4:46 AM)
こんにちは
穏やかなラストでしたよね。
余計に映画の予告が気になります^^
honey (2005/09/15 9:41 AM)
ちーずさん、こんにちは。
カンナと大輔の絆はしっかりと結ばれたというかんじでしたね。
映画・・あのBGMといい、炎上シーンといい、気になりますね。

まりこさん、こんにちは。
ほんとに。。
無難にまとまった本編より、映画のほうに気がいきますね。
demasse (2005/09/16 12:02 AM)
こんばんわ。
本当に下川は助かってよかった....
元妻も下川を少しは理解?してくれたみたいで、よかったですね。。。
映画予告は気になりますが、楽しみです!
honey (2005/09/16 8:22 AM)
demasseさん、こんにちは。
下川隊長はずっといい感じで好きだったので
あのラストでよかったです。
予告はひっぱりますねえ。。。
ads(あず) (2005/09/19 12:38 PM)
こんにちは。
ドラマ版としてキレイにまとめていたと思います。

来春映画が公開されるけど、
今度はドラマ版のキャストが出るたびに
喜ぶ人が増えるんでしょうね!
honey (2005/09/19 2:45 PM)
adsさん、こんにちは。

ドラマうまく完結していましたね。
死者はないほうがよかったけど。
ドラマ組がそのままドラマにいくわけでもないのかな。









フジテレビ「海猿」第11話(最終回):この手を離さない
最終回。下川の娘・唯の救出と引き換えの下川の事故、仙崎と環菜の恋の行方と、「ながれ」の廃船式。引っ掛かるところは多々ありましたが、今期一番感銘を受けたドラマです。
| 伊達でございます! | 2005/09/14 4:22 AM |
海猿最終回「この手を離さない」
とうとう最終回です。何だか寂しい・・・・ 転覆したプレジャーボートに取り残された唯ちゃん。 唯ちゃんは生きている、けれど救出が困難な状況。特救隊が要請される。 不安定なボートの状況に焦る下川隊長や
| 私でもいいですか? | 2005/09/14 10:17 AM |
海猿 最終話
最終話。 唯ちゃんの生存を確認するながれのメンバーたち。しかしいつ沈んでもおかしくないプリンセス号を前に、特急隊の到着を待つことしかできない。そんな中、潮が満ちてきて船を支えるのも限界になってきた。特急隊の到着まで10分かかり、このままでは船が沈み、唯
| 思い立ったが吉日 | 2005/09/14 10:59 AM |
【ドラマ雑感】 海猿 (Final) 「この手を離さない」 大団円...そして映画『海猿2』へ
 転覆したボートに辿り着いた大輔(伊藤英明)は、船内に閉じ込められた下川(時任三郎)の娘の唯(一木有海)の生存を確認した。特救隊の出動を要請する下川を、大輔たちは自力で唯を救出しようと説得。そして唯を無事に助け出すが、下川は沈没するボートに巻き込まれてしま
| 気ままなNotes... | 2005/09/14 12:36 PM |
【ドラマ】海猿 最終話 「この手を離さない」
いよいよ、最終回 先週からのつながりの唯ちゃんの救出から始まった。 唯ちゃんを助けたものの下川が意識不明に陥ってしまう。 必死に心臓マッサージする大輔にかぶせて始まるオープニングで 下川、白い制服で敬礼していましたから・・・(沈) 下川が助かるかど
| 右から2番目の星 | 2005/09/14 2:24 PM |
生きて帰る(海猿#11@最終回)
愛する者のために生きて帰る。 うまくまとめてくれました。勝田船長。 忘れてはいけないことですよね。 ありがとう、船長。。。いつもしぶかったっす…… # とてもあんなドラマであんなことを言っていたとは思えなかったなぁ..(^^) ―――そして最終回。みんな助かり
| でまっせ。ドラマ鑑賞記 | 2005/09/14 11:28 PM |
海猿 EVOLUTION Final
『この手を離さない』 岩礁に引っ掛かったプレジャーボートにたどり着いた仙崎大輔(伊藤英明)は、 下川いわお(時任三郎)の娘、唯(一木有海)の名前を連呼した。 「唯ちゃん!そこにいるのか!?返事をしてくれ!」 「・・・助けて。」かすかに助けを求める声が聞
| どらま・のーと | 2005/09/15 1:27 AM |
海猿 最終話
大輔(伊藤英明)がロープを持っていく。 「唯(一木有海)ちゃん聞こえるか! 唯ちゃん、ここにいるのか! 唯ちゃん!」 唯の目が覚める。 「助けて・・」 海猿で使われていたものです。 環菜が大輔に送った時計です
| どらまにあ | 2005/09/15 4:46 AM |
海猿 最終話&総括
最終話・・正直あまり頭に残ってないです(笑) 下川が生き残るのは基本だと思ったし。最終話まで悲劇じゃ・・ねぇ・・。 環菜のお母さんに認められたっていうシーンがよかったかな^^ でも、全11話を通してみてみると回ごとにばらつきはあったとは言え見応えがあ
| 自己満族 | 2005/09/15 9:14 AM |
海猿 -UMIZARU EVOLUTION-(ドラマ版)
7月5日から毎週火曜日夜9時からフジテレビ系で放送していたドラマ「海猿」ですが、昨日の放送で最終回を迎えました。皆さんはこのドラマ、御覧になってましたか? このドラマは去年の夏に公開された映画の続編で(映画の感想はこちら)、映画で潜水士になった主人
| 欧風 | 2005/09/15 7:47 PM |
■TVレビュー-海猿 最終話『この手を離さない』
・「私はもう大丈夫だよ」お互いを信じあう環菜と大輔は…
| ■デジタル出版サイト-『コスモディアドットコム』(ブログページ) | 2005/09/15 9:01 PM |
海猿 & がんばっていきまっしょい 最終回
「海猿」は、来年5月3日映画で、続編(3部作の最終話)が公開されるみたいですね…私は、観るかどうか微妙かなー。 でも、ラストの仙崎の言葉は感動でした。 「がんばっていきまっしょい」は、青春ドラマっぽい最終回。 悦子が全員にありがとうを言い「高校生活=ボー
| お気楽生活 | 2005/09/15 9:09 PM |
海猿最終回
 テレビドラマの放映分は今日が最終回でした、映画で始まりテレビドラマに繋がり又海
| RAN Blog | 2005/09/15 10:36 PM |
海猿・第11話(最終話)
このドラマもついに幕を閉じました。最終話のサブタイトルは「この手を離さない」とされたけど、主題歌「OCEAN」を歌うB’zのデビュー曲は「だからその手を離して」。この辺りで妙な思いを抱いたのは私だけで
| あずスタ | 2005/09/19 12:25 PM |
海猿 最終回
先週の重い雰囲気を引きながらの最終回。 下川の娘は助けられると分かっていたが・・・ まさか、下川が心停止になってしまうとはなぁ。 もうなんでもありっすね~ 命の重要さというより、命はいとも簡単に危険にさらされるんだということをきっと 訴えたかったんでしょう
| ドラマ!テレビ!言いたい放題 | 2005/09/21 8:03 PM |