<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

女王の教室 最終話

とうとう最終回。
先週倒れたマヤは病院のベッドの上で横になり点滴をうけています。
手のひらについている傷跡は、エリカのカッターをうけとめたときのもの。
学年主任・並木先生が付き添いしていますが
そこに天童先生もかけつけます。
お医者さんの話によると、この数ヶ月ほとんど寝ていないし
ろくに食事もとっていないとのことで、仕事に戻るのは
当分無理だということでした。

和美宅。
朝の食卓で、母が働くことにしたと話しだします。
「これからは二人に負けないようにいい女になりたいの」という母に
お姉ちゃんも秘密を告白。
実はあんまり学校にいっていなかったという姉は
和美の頑張る姿に励まされ、これからはちゃんといきます、
とあやまります。
親もびっくりでしたが、深い追求はなく、和やかな雰囲気。
和美はいい損なっちゃたいへん、とあわてて
「あたし、私立行きたいんだ!」と叫びます、
前からおねえちゃんと同じ学校に生きたいと思っていたけど
自信がなかった、でも今はできるって思えるようになったのは
阿久津先生のおかげ、という和美。

仕事にでる母とならんで登校途中、
父と知り合った馴れ初めをきく和美。
父は母の高校の先輩で、ずっと父のことが好きだった母は卒業式に
第二ボタンをもらったのだといいます。

和美が教室に「アロハ〜」と元気にとびこんでいくと
みんなも元気。
そして早くマヤと勉強したくてやる気満々です。
しかし教室に入ってきたのはマヤではなく教頭。
マヤは病気で当分休みなので、かわりに授業をするといいます。
マヤのことを心配してたずねる生徒たちには
詳しいことをおしえてくれません。

マヤは目をさまし、ベッドからおきようとします。
並木先生はあわてて制止して、家族に連絡をとるために
アパートをたずねたことを話します。
マヤのアパートはかなりボロアパート、、、
部屋にはパソコンと壁いっぱいにならんだ本棚。
生徒一人ひとりのファイルがつくってあり
詳細な記録が残してありました。
寝る場所はソファのみで、まるで倉庫か資料室のよう。
生徒たちから没収した不要物にはひとつひとつ日付と名前が
つけてあってきちんと保管してありました。
由介のタタッキーもちゃんとそこに。。
「そうして24時間寝る間も惜しんで見張っていたんですか。
 自分が厳しくしたせいで、生徒たちが傷ついていないか、
 無茶をしていないか、気が気でなかったんでしょ。
 だから何かおきたら、いつでも子ども達を守れるように見張っていた。
 なんでいってくれないんですか。
 わたしそんなにたよりないですか。」
今までの並木先生にマヤが頼るとも思えません。
しかしみんなのことをあれだけ詳細に知っていたのは
エスパーじゃなく身を削って調査して(見守って?)いたからなんですね。。
「みんなにいっちゃいけませんか。
 あなたは子ども達のことを、
 何より大切に思っている、素晴らしい教師だって。」
と並木先生がいうと、
「私は、自分が素晴らしい教師だと、一度も思ったことはありません。
 どんな教師が素晴らしいというのかさえ・・
 まだわかりません。」
と答えるマヤ。
マヤの過去、きいてみたいです。

校長室で、マヤを辞めさせようと話している教頭に
くってかかる天童先生。
「阿久津先生は、皆さんが思っているような
 ひどい教師じゃないと思います!」と
並木先生にも応援をもとめますが、
さっきマヤにあんなこといっていたくせに
やはり教頭の前では何もいえない弱気な並木先生です。
だめじゃん、やっぱり。。。。
上に逆らうことはタブーなのかもしれませんが
ちょっとがっかり。

6年3組の生徒たちは、天童先生にマヤのことをきき
いっしょに病院へむかいますが、病室は無人で
ちょっとどっきり。
予告でみたシーンはここだったんですね。
よかった、死んだりしなくて。
さらに天童先生と和美たちは、マヤのアパートにもいきますが
なんと部屋も空っぽですでに引っ越した後。
そこにはタタッキーについていたタグが落ちているのみでした。
まだ回復していないのに、なんて素早い、マヤ、、、

「先生どこいっちゃんだろう」と話し合うみんな。
すると「わざと問題おこさない?」と由介が提案します。
「俺たちがピンチになれば、マヤは必ず現れんだから。」
ナイス提案だけど、万引きとかケンカとかまずいことばっかり。
結局出会い系サイトに書き込みして、わざと危ない目にあうことに。
大丈夫かなと心配するみんなに
「エロ親父とラブホテルとか入ろうとしたら
『いいかげんめざめなさ〜い』とかいってマヤがあらわれるって」という
由介の言い方がかなり笑えました。
出会い系で知り合った男3人とカラオケにやってきた3人。
一人はのりのりでカラオケ楽しそう、、
下で待っているヒカルは「もうやめない?」と不安そう。
「何やってんだよ〜マヤは!」という由介の声にあわせて
廊下を歩く誰か・・マヤ?と思ったら
新たな男3人がカラオケルームに入ってきました。
えりかたち、ピンチ。
男達にひっぱっていかれるのをみて、由介たちは助けにいきますが
あっさり一撃で倒されてしまいます。
ヒカルは警察をよんでくるといってかけだし、
馬場ちゃんと和美は
「先生おねがい、助けてください」と手をにぎりしめ祈るのみ。。。
そこへ髪をうしろでくくった先生登場!!
「誰だ?」ときかれて
「私はこの子たちの担任です」というマヤ。
ごくせんを思い出してしまった。
マヤ、ヤンクミ並に強い。
鉄パイプもうまくかわしていますが
額を蹴られ、さらに首をしめられ大ピンチ。
胸の傷跡がみえ、マヤの意識が遠のきそうになったとき
生徒の叫び声をきき、はっとなってペンをとりだして
相手の足につきさします。
男達はにげていきましたが、マヤは怒ってみんなをどなりつけます。
「何やってるんですか、あなたたち!
 今はほかにいくらでもやることがあるでしょう。
 こんなくだらないことに頭も時間も使うんじゃありません!」
そして近付いてくるパトカーの音・・。
かなりやばいんじゃないでしょうか。

翌朝、反省してマヤを心配するみんな。
マヤは職員室にあらわれますが
6年3組の授業は教頭がやると言います。
教頭は昨日の事件のことをもちだしますが
マヤは「私は自分クラスの生徒を守っただけです」と
毅然とした態度。
しかし、教育委員会から、マヤを再教育センターへ
行かせるようにという連絡があったという教頭。
校長は歯切れが悪い言葉で、6年3組の生徒はもう
立派に成長しているから、もう充分、
お願いしますから、今までみたいなことはもうしないでほしいと
マヤに言いますが
マヤはやり方をかえる気はまったくない様子で教室へ。

マヤが教室にはいってくると、まず由介がたちあがり
「先生ごめんなさい」とあやまります。
他の生徒たちも次々たちあがってあやまります。
和美が「みんな先生に会いたかったんです。
先生と勉強したかったんです」
というと
マヤの表情がちょっと穏やかになったようにみえましたが
「言い訳しても許しません」と授業がおわるまで立っているように、
さらに放課後学校中のトイレを掃除することと
明日までに反省文を書いてくるようにと罰を言い渡します。
もちろん誰かひとり忘れたら連帯責任で。
声をそろえて「ハイ!」といっせいに返事した生徒たちの声は
嬉しそうにさえきこえましたが、
さっきから覗き見していた教頭がはいってきて
マヤにでていくように言います。
しかしマヤは「そちらこそでていってください」と強気。
「先生どうするんですか?」
「先生がいなくなったらどうしたらいいかわからない。」
「ぼくすごく不安で・・」と生徒たち。
いいかげん、目覚めなさい。
 人生に不安があるのはあたりまえです。
 大事なのは、そのせいで自信を失ったり、
 根も葉もない噂にのったり、
 人を傷つけたりしないことです。
 たとえば、人間は死んだらどうなるかなんて誰にもわからない。
 いうとおりにすれば天国にいけるとか
 逆らえば地獄に落ちるという人がいますが
 あんなものはでたらめです。 
 誰も行ったことがないのに
 どうしてわかるんですか。
 わからないものをわかったような顔して
 無理に納得する必要なんかないんです。
 それより、今をもっと見つめなさい。 
 イメージできる?
 私たちのまわりには、美しいものがいっぱいあふれているわ。
 夜空には無数の星が輝いているし、
 すぐそばには小さな蝶が懸命にとんでいるかもしれない。
 街に出れば初めて耳にするような音楽が流れていたり、
 素敵な人に出会えるかもしれない。
 ふだん何気なくみている景色の中には
 時の移り変わりではっと驚くようなことがいっぱいあるんです。
 そういう大切なものを
 しっかり目をひらいてみなさい。
 耳をすまして聞きなさい。
 全身で、感じなさい。
 それが生きているということです
。」
マヤの言葉を泣きながらきいているみんな。
そこにマヤを連れ出そうとする先生たちが入ってきますが
マヤはかまわずつづけます。
「今はまだ具体的な目標がないのなら、
 とにかく勉強しなさい。
 12歳の今しかできないことを一生懸命やりなさい。
 そして、中学にいきなさい。」
先生たちがマヤを無理やり制止しようとすると
「ちょっと待ってください!」と声を荒げるマヤ。
「中学にいっても、高校にいっても
 今しかできないことはいっぱいあるんです。
 それをちゃんとやらずに、
 将来のことばかり気にするのはやめなさい。
 そんなことばかりしていると、いつまでたっても
 なんにも、気づいたりしません。

そういうと教室をでていくマヤ。
残されたみんなは涙、涙。

職員室で自分の荷物をまとめでていこうとするマヤに
校長は知り合いの私立の学校をどうかとすすめますが
マヤは公立でしか教えるつもりはありません、ときっぱり。
「学力や貧富の差がある難しい環境だからこそ
 やりがいがあると思わないんですか、皆さん」
私立と公立についてももっと何かいいたいことがありそうですが
ここではそれだけでおしまい。
もっと問題提起したいのかもしれません。
マヤがでていったあと、並木先生がつぶやきます。
「なんで、あんな素晴らしい人ををやめさせなきゃいけないんでしょうか。
 阿久津先生は、自ら大きな壁になって
 自分をのりこえろといいたかったんですよ。
 壁にぶつかったことのない子どもは挫折に弱いし
 今は大人が壁になっていないから、大人をなめるんだし。
 本当にやめなきゃいけないのは、私のような教師なんじゃないですか。
 せめて俺たち年よりは、阿久津先生みたいな
 やる気も、理想もある人を
 守ってやらんといかんのじゃないですか。
 大人がかっこよくないから、子どもがぐれるんです。」
ようやく先生も口を開く勇気がでたようです。
マヤをおう天童先生。
「私はどんなことがあっても、教師をやめるつもりはありません」
というマヤに
「どうしてそんなにがんばれるんですか。
 なんでそんなに教師がす好きなんですか」
ときく天童先生。
「教育は奇跡をおこせるからです。
 子どもたちは成長していく中で、
 私たちが想像している以上に
 素晴らしい奇跡をおこします。」
「いい先生とおもわれるかなんてどうでもいいですよね。
 そんなことは10年後か20年後に子どもたちがきめることなんだし」
という天童先生に
「あなたも少しは、教師らしくなったみたいね。」
というとマヤは学校を去っていきました。
マヤの姿にむかって深々と辞儀をする天童先生でした。
マヤは生徒たちのみならず、教師にも深い影響を
与えたようです。

マヤがもどってくるまで学校くるのやめない?と話し合う生徒たち。
「俺たちの担任はマヤだけなんだから」
先日まであんなに反抗していた生徒たちのこのかわりぶりはすごいです。
みんなが帰ろうとしたときに
和美が「ほんとにそれでいいのかな?」と言います。
「こんなことして先生が喜ぶと思う?
 さっきいってたじゃん、今しかできないことをちゃんとやれって」
ほんとに、和美、最初から最後までできすぎだよ!
「なんだろう、あたしたちが今しなきゃいけないことって」
えりかも言いました。
なんだか中学生日記をみているような雰囲気になってきました。

おそるおそる教室にはいってきた教頭が
授業をはじめようとすると、みんなしっかり
教科書を開いてスタンバイ済み。
「(この問題)誰かできる人?」というと全員が手をあげた!!
教頭は驚きのまなざしです。
手をあげる和美の強い目が印象的でした。

1月。
和美宅では私立受験の面接の練習中。
パパも参加して、家族への感謝と愛を語るシーンに
ママも泣き出します。
4月にはばらばらだった家族がみごとに仲良くまとまりました。

学校では卒業式の練習がはじまりました。
呼びかけ、と私のときはいっていましたが
最近はなんていうんでしょう。
その最中に由介とのことをひやかされる和美。
なんとクラスでは卒業を前にけっこうカップルがいるらしい。
放課後、由介が教室にいってみるとそこには和美ひとり。
告白のチャ〜ンス!
しかし由介、照れくさくていえない。
「お、おれ、おれ・・おまえ・・私立受かったんだって?」とか
すべってばっかり。
「おれとおれと・・つき・・つき・・つきひがたつのは早いなあ」
てなかんじで。苦笑
マヤのことになったとき
「私信じてる。絶対またあえるって。」と強くいう和美。

和美が家で卒業式に歌う歌の練習をしていると
ママからあの第二ボタンを渡されました。
「和美も勇気だしてみたら。
 好きな人にはちゃんと自分の気持ち伝えなきゃ」というママ。
和美も由介のことは好きだと思うけど
恋愛感情までにはなっているのかなあ・・・。
最近は「仰げば尊し」を歌わないんだというパパ。
先生を尊敬しろと無理やり押し付ける歌詞に
問題があるから歌われなくなったそうなんですが
ほんとですか??
それは知りませんでした。
そんなに押し付けがましかったっけ。
(それをいうならさっきの卒業式の言葉のほうが。。)
パパは「お世話になりましたって素直に感謝してるのに」といいますが
それをきいて、どんな歌かおしえて、という和美。
ああ、これをみんなで歌うのかなという気がします。

そして卒業式。
おじいちゃんも都合が悪く誰もこない、とがっくりする由介。
しかし校庭のすみに、タタッキーを手にした女性がいました。
和美が無理やり由介をひっぱっていくと、それはやはり母。
「ごめんね、由介」
由介の母は、担任の先生(マヤ)が自分の居場所をさがしてくれていて
そして、タタッキーを渡され怒られたといいます。
「7年もほったらかしにされてたのに、由介は立派に成長したって。
 卒業式くらいでてやるのが親の義務なんじゃないかって。」
マヤのこと怖くなかったときかれ
「怖かった。でも嬉しかった」というと
由介を抱きしめて泣きながら「ごめんね」とあやまる母。
この母も問題はありそうだけど
とりあえず、由介、よかった、、、、(T_T)

卒業生入場で待っているときに和美はいいます。
「あたし今阿久津先生にいてほしい。 
 今ここにいてほしい」

その頃、マヤはひとり職員室へ。。。
パソコンをたちあげ、6年3組の個人データをひらきます。
ここから、卒業証書授与のシーンとリンク。
マヤが一人ひとりの名前を呼ぶと
卒業証書を受け取る姿になり、パソコンのデータを一人ずつ削除。
クラス名簿はあいうえお順ではないみたいですが、
馬場ちゃん、ヒカル、由介、そして最後は和美。
神田和美、という呼び方にも気持ちがこめられているような
とてもいいかんじでした。
そして和美のデータも削除して、自分の仕事を
やりおえたとでもいうかのようなほっとしたような顔にみえたのは
気のせい?

卒業式の歌がきこえる体育館の前にたち、
背をむけて歩き出すマヤの前にいたのは教頭。
「何しにいらっしゃったんですか」といやみっぽいけど
校長から、PCを忘れてるから取りに来るようにいわれたとマヤ。
「あなたに卒業式をみせるために
 この日に呼んだんですね。校長らしいですね」と
嫌な感じの教頭なんですが、去ろうとするマヤに
さらに言葉を続けます。
6年3組の児童には驚いたといいます。
遅刻もなく給食を残す生徒もいない、
掃除はいわれなくてもする
勉強に対する意欲は他のクラスと格段に違う、
さらに無理だろうと思われていた子もたくさん私立に合格した、
えりかに、馬場ちゃんに和美も!
「知ってるんですよね。
 あれからもずっと、あの子たち全員を
 見守っていたから」と教頭。
マヤは教頭に一礼をして去っていきますが
行った先は6年3組。
誰もいない教室の教壇にたって
でていこうとしたそのとき、生徒たちがはいってきます。
「何やってるの。
 卒業式まだおわってないじゃない」とマヤがいうと
「教頭先生がおしえてくれたんです。先生がきてるって」
「けっこういいとこあるよな、あのおやじ」
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
マヤのしたことの結果=6年3組の子どもたちを
目の当たりにしてマヤに対しての思いも変わったのですね。

「私たち、先生にどうしてもみせたいものがあるんです!」と和美。
幕をはずすと、それは卒業制作のパネル。
友の字の横に、みんなを見守るかのように立つマヤの姿が
彫られていました。
感動的・・・(でもマヤは無表情。)
馬場ちゃんが描いたというデザイン。
「先生、友達のできなかったあたしに友達ができたのは
 先生のおかげです。
 ありがとうございました。」と
涙しながらおれいをいう馬場ちゃん。
つづいてヒカルも、えりかも、他の生徒たちも
次々に先生に感謝の言葉を述べます。
「おれ、6年3組になれてほんとうによかった」
「いいかげん目覚めなさいっておこってください、また。」
「私も将来先生みたいな教師になります、絶対」
「先生から卒業証書もらわなきゃ卒業したくないんですけど」
由介、も涙顔で
「サンキュー、母ちゃんのこと。
 なんか困ったことあったらいつでも相談してよ。」
 俺がいつでも先生守るから」といいます。
そして最後に和美も泣きながら言葉を続けます。
「あたし、先生の夢見たことあるんです。
 夢の中の先生、明るくてすっごいやさしくて。。
 でもやっとわかりました。
 アレが本当の先生なんだって。」
それをじっときいていたマヤは
「何をくだらないこといってるの」
と教室をでようとしましたが
仰げば尊しを歌いだす和美の声にはっと足をとめます。
それに続いてみんなも歌い始めます。
マヤは足をとめ、上をむいて涙をこらえているように見える。。。。
みんな泣きながら歌ってます。
マヤの横顔が美しい。
「いつまで感傷に浸ってるの。
 もうここはあなたたちののいる場所じゃないのよ。
 早く中学にいきなさい」
というとでていってしまいました。
後に残ったみんなは号泣。。。
そしてマヤは学校を去りました。

帰り道、タタッキーを手に和美を待つ由介。
タタッキーを和美にわたし
「(宝物)だからもっててほしいんだよ。
 おまえにもっててほしいんだよ」といいます。
和美はかわりに自分の宝物をあげる、と
あの第二ボタンを渡します。
「これもってたら卒業のときに好きだった人と結ばれるんだって」
どきっとしたような由介ですが
それ以上のことは何もいわず
「じゃあな、アロハ〜」と別れます。
「なあ、おれたち、またあえるかな?あえるよな?」
「あたりまえじゃん」と和美。
まだおつきあい、というところまではいかないのですね。

めざまし時計がなり、母の声で目が覚める和美。
今日から中学生。
まだあの変な走り方のまま、
でも犬はなでられるようになりました。
小学校では天童先生がマヤをリスペクト!?
黒尽くめのかっこうで厳しい先生やってて驚き。
でもマヤほどじゃない。

ちょうちょをみかけて立ち止まる和美。
たぶん先生の言葉を思い出しながら
ちょうちょをみつめていると
むこうからマヤが歩いてくるのをみつけ、走りよります。
「先生、何があっても先生やめないんですよね」
「あたりまえです。」
「先生、アロハってたくさん意味があるんですよ。
 ハローとグッバイと、あとひとつ何か知ってます?」
「I LOVE YOU」と先生がいうと
笑顔の和美。
「先生、アロハ〜」といってかけていきました。
マヤは振り返り、和美の姿をみつめ・・・
穏やかな顔で微笑みました・・・!!
皮肉な笑いならあったけど、こんな笑顔ははじめて。

おもしろかった!
最初はいったいどういうとんでもないドラマかと思ったけど
マヤはいいこといっぱい言うし、子どもたちもいいし。
中でも和美。
和美がいなかったら絶対こんなふうにならなかっただろうと
断言できるくらい素晴らしい生徒でした。
批判が多くても打ち切りにならなくてよかった。
ぜひぜひスペシャルでマヤの過去編がみたいです。

女王の教室ザ・ブック
女王の教室ザ・ブック


2005.09.18 Sunday 01:15 | comments(14) | trackbacks(31) | 
<< ごくせん 12巻発売 | main | おでかけ >>
みにぽぽ (2005/09/18 1:01 PM)
TBありがとうございました。
いいドラマでした。
感動しました。
マヤ最高!
女王の教室ありがとう!
ちーず (2005/09/18 5:21 PM)
honeyさん、こんにちは。
真矢の過去編!!いいですね。私も見てみたいです。
いろいろなことを考えるきっかけをくれたドラマ。
終わってしまって残念です。
アロハ (2005/09/19 5:16 PM)
すみません、訂正していいですか?
 
男達との戦闘中に、マヤが出して太ももに刺したものは、ナイフではなく、「ペン」です。
 ナイフ持ってたら銃刀法で捕まります。
honey (2005/09/19 6:00 PM)
アロハさん、ご指摘ありがとうございます。
訂正しておきますm(__)m
たつや (2005/09/19 10:07 PM)
終わっちゃいましたね。女王の教室。

目的が手段を正当化してしまっている点は、きちんと咀嚼して解釈しなければなりませんが、マヤは紛れもなく情熱を傾けた素晴らしい教師ですね。ただ、生き方が不器用というか、「なんでそこまで?」といったところが妙に共感を覚えました。SPで再会したいです。
honey (2005/09/19 10:35 PM)
たつやさん、こんばんは。

終わりましたねえ、、、
最初の非難はどこへやら、最後はマヤのいいところが
目だった展開でおわりました。
やり方が行き過ぎなのは確かにいえますね。
和美みたいに強くない普通の子はその時点で立ち直れないかも。。。
まりこ (2005/09/20 2:24 PM)
こんにちは
すべては、この真矢の笑み見たさに
見ていたような気がします(笑)
真矢の過去知りたいですね。
私もスペシャルででも、やってくれたら
いいなと思います^^
honey (2005/09/20 2:50 PM)
まりこさん、こんにちは。
マヤのキャラが強烈なドラマでしたね。
最初はどうなることかと思いましたが。。。
過去編みたいですね。
lavish (2005/09/20 3:49 PM)
最後まで魅せてくれた最終回でしたね。
内容もよかったですが、それに負けない役者さんたちの貢献度は大きいでしょうね。
最後の真矢の笑顔は印象的でした。
一貫したテーマを掲げたドラマでしたね。
honey (2005/09/20 4:27 PM)
こんなに続きが気になった最終回もなかったです。
ものすごい話題のドラマでしたね。
子役たちがほんとにうまかった。
和美役の子、成長した姿もまた見たいです。
みのむし (2005/09/21 11:35 AM)
こんにちわ。TBさせていただきました。
このドラマいいドラマでしたね。
批判もたくさんありましたが、でも言いたいことは
すごく伝わったし、今の社会の問題点もするどく
ついて、皮肉っていましたよね。
とても楽しかったです。
honey (2005/09/21 3:00 PM)
みのむしさん、こんにちは。
最初はマヤの非道ぶりがものすごかったですが
後半はいい発言がいっぱいで、参考になりましたね。
こんなに最終回がまちどおしかったドラマもなかったです。
demasse (2005/09/24 3:43 PM)
色んな意味で話題になったドラマでしたね。
しかし、マヤの過去編ですか!
うーん、確かにちょっと気になるかも。
honey (2005/09/24 4:19 PM)
こんにちは〜。
マヤの過去、子供もいたみたいですし
見てみたいです。
最初からあんな先生だったとも思えないしなあ。









女王の教室最終回
いろんな話題を振りまいたドラマも、今回が感動の最終回です。 その前にまず、最初に言っておきたいことが・・・・ 結局、最後まで、明治製菓、コカコーラ以外のスポンサーはクレジットされませんでした。 こんな異常事態は異例のことだと思
| 私でもいいですか? | 2005/09/18 1:37 AM |
(女王の教室 最終話)
バイト帰りで速攻見て、今見終わった。 ラストでやられた。卒業式でも自分の仮面を剥ぐことなく子供たちと別れたので、このまま終わるのかと思っていただけに(そういう妥協なしに「真矢」というキャラクターを崩さなかった、真矢という作中人物も演出も好感が持てます)
| アイスクリームが流す涙 | 2005/09/18 1:43 AM |
女王の教室で読み取れる教育論
”女王の教室”が今日で最終回を迎えました。生徒には毎回冷酷な対応をして体罰を与え
| ぶっちゃけしんどい | 2005/09/18 1:47 AM |
『女王の教室』最終話感想
ちょっと、うるっと来ました。 もし、スポンサーにも負けず、世間の抵抗にも負けず、初回からこのラストを考えて作っていたとしたら、このドラマ、かなりの秀作だと思います。 どうしてもちょっと負けた感があるので。 ちょっと最後、弱い!と思うところはありました
| つれづれなる・・・日記? | 2005/09/18 1:54 AM |
いざさらば。。。(女王の教室#10)
真矢が笑った!!!
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2005/09/18 1:56 AM |
女王の教室 最終話
女王の教室 最終話見ましたぁ。{/hiyo_cry2/} ドラマを見始めた時から、真矢はきっといい先生なんだな、という予測は付いていたし、きっと最後はいい先生だということが皆にもわかってめでたし、めでたしで終わる…と思っていましたが・・・。 なんか、予想以上の出
| 京女のハマリゴト | 2005/09/18 2:07 AM |
女王の教室 最終回
<あらすじ>過労で倒れた真矢先生は病院へ。生徒達は何か問題を起こせば真矢が現れるだろうと問題を起こし、予期せぬ展開に陥りピンチに。すると本当に真矢が現れ身を挺して生徒を守る。しかし、この騒ぎが決定打となった真矢は結局、学校を去る事になる。そして真矢の
| 新珍探偵ジナンの推理ブログ | 2005/09/18 2:13 AM |
女王の教室 最終話
 いよいよ女王の教室も最終回。待ちにまった、でも「今日で終わっちゃうなんて寂しいなぁ」っていう複雑な気持ちで最終回を迎えました。  普段あんまり連ドラというものを見ない私が、珍しくはまったドラマでもあるし。 真矢のやり方は過激すぎて正直?な部分も多
| あいりぶろぐ | 2005/09/18 3:09 AM |
「女王の教室」最終回
 教室で倒れて入院した真矢(天海祐希)に付き添った並木先生(内藤剛志)は 真矢の部屋に入り、そこに保存してある6年3組の子供たちに関する膨大な資料に驚く。  「24時間寝る間も惜しんで子供たちを見守っていたんですか? 何か起きたら子供たちをいつでも守
| トリ猫家族 | 2005/09/18 10:18 AM |
『女王の教室』最終回90分スペシャル
 なにやら政治の世界では第一野党の民主党の党首が世代交代で若返らはったようで、そんな今日ってもう昨日のことになってしまった9月17日。  は、そういえば『シンデレラマン』の封切りでもありました。 「大切なものをまもるために奇跡を起こした男がいた」な
| ぼちぼちですわ | 2005/09/18 10:47 AM |
女王の教室 最終話
明治とコカコーラは無事卒業しました。 最終話の感想です。 公式サイトは→女王の教室 まず最終話のストーリーを簡単に・・・ 阿久津真矢(天海祐希)は日々の過労から倒れてしまう。 入院を知った神田和美(志田未来)らは 病院や真矢の自宅に向かったがそこには誰
| ota-broadcast | 2005/09/18 11:12 AM |
●女王の教室〜最終回
女王の教室〜最終回を見ました。 やはり、どう見ても一貫性には欠けるんじゃないかな。 ドラマの前半戦(初回〜5話くらいまで)とは、阿久津の言動が違うから、ちょっとどっちらけ〜の部分が多い。しかも、最終回はそれが浮き彫りになったような。 注目すべき阿久
| ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中) | 2005/09/18 11:24 AM |
「女王の教室」が視聴者に教えたかったことは…? その1【女王の教室最終回】
「女王の教室」最終回。これまでの話が全て繋がる時・・・ (その2と合わせて2件トラバをお送りします。)
| The Natsu Style | 2005/09/18 12:03 PM |
女王の教室〜最終話〜
いい、面白いドラマを見させてもらいました。大満足です!!マヤは悪い先生でもあり、いい先生でもあったように思いますね。秘密を暴露したり、スパイさせたり、うそついてクラスを撹乱させたり。かと思えば、自ら憎まれ役になり、クラスをまとめあげていく。ただ、それ
| ひとりごと | 2005/09/18 12:23 PM |
真矢のいない卒業式
とりあえず、私が今までした予想は見事にすべてハズれました(笑) もう最初に学年主任が「自分が厳しくしたせいで、生徒が傷ついたり無茶したりしないか、気が気じゃなかったんでしょ。だから、子供たちを守れるように、いつでも見張ってたんじゃ…」って言ってるシーン
| Junpe's Room | 2005/09/18 2:21 PM |
日本テレビ「女王の教室」第11話(最終回):真矢のいない卒業式
最終回。ドラマのテーマと役者陣の演技に大きな感動、感銘を受けましたが、最後まで、そして見終えた今でも、ある種の引っ掛かりを解消することはできませんでした。
| 伊達でございます! | 2005/09/18 3:11 PM |
「女王の教室」が視聴者に教えたかったことは…? その2【女王の教室最終回】
「女王の教室」最終回。これまでの話が全て繋がる時・・・ (その1と合わせてお送りします。どうぞ両方お読み下さい。)
| The Natsu Style | 2005/09/18 5:20 PM |
女王の教室 最終話
『真矢のいない卒業式』 この物語は 悪魔のような鬼教師に 小学6年の子供たちが戦いを挑んだ 一年間の記録 今日のオープニングは、子供達大勢! 最初は和美ちゃん一人。 2行目はひかるちゃんと馬場ちゃん? 3行目には由介が増えて、 最後は全員!?
| どらま・のーと | 2005/09/18 6:10 PM |
女王の教室 #最終話
多くを語る必要はないでしょうね(ノД`) いい加減目覚めなさい 人生に不安があるのは当たり前です 大事なのは、そのせいで自信を失ったり、根も葉もない噂に乗ったり、人を傷つけたりしないことです たとえば、人間は死んだらどうなるかなんて誰にもわからない
| 廃人日記(ぁ | 2005/09/19 12:45 AM |
女王の教室 最終回&総括
最後の最後で真矢が微笑むワンカットはとても良かったです。 最終回。ま、突っ込み所は満載っちゃ満載だわな。どうも子供達全員が真矢の虜になるってのはちょっと都合が良すぎるというか^^;ま、ドラマだから仕方ないんだけど(笑) なんで上記のように思ったか
| 自己満族 | 2005/09/19 9:48 AM |
女王の教室 最終回 @お仕着せなんかしなくてもこころある人は・・・
何十年も生きてきて、「仰げば尊し」があんなにいい唄だとは思わなかった 最近は「旅立ちの日に」という卒業歌が全盛の模様 確かにいい歌です(歌詞+midi)  和美の学校でもご多分に洩
| ぬぬぬ? | 2005/09/19 10:55 AM |
女王の教室 #11(最終回)
3ヶ月間、この時間が本当に楽しみでした。 製作陣の方々ならびに出演者のみなさま、ありがとうございました&お疲れ様です!! 納得のいく最終回でした。 中盤から涙が止まりませ
| 今日は何色? | 2005/09/19 4:02 PM |
『女王の教室』最終回90分スペシャル
 なにやら政治の世界では第一野党の民主党の党首が世代交代で若返らはったようで、そんな今日ってもう昨日のことになってしまった9月17日。  は、そういえば『シンデレラマン』の封切りでもありました。 「大切なものをまもるために奇跡を起こした男がいた」な
| ぼちぼちですわ | 2005/09/19 4:29 PM |
女王の教室 最終話
病室で眠る真矢。 真矢は、過労だった。
| どらまにあ | 2005/09/20 2:21 PM |
女王の教室 最終話
最終話。 教室で倒れた真矢の原因は、寝る間を惜しみ生徒たちを見守っているための過労であった。学年主任の並木先生は真矢のアパートを訪れ、真矢がいかに生徒たちのことを考えているのか知る。 6年3組の授業は真矢の代わりに教頭先生が行うことなるが、真矢のことが
| 思い立ったが吉日 | 2005/09/20 3:48 PM |
池瀬広「女王の教室」オリジナル・サウンドトラック
音楽の印象が薄い「女王の教室」ですが、ひとつだけ気になるのは、1曲目のタイトルの「洗脳」。ドラマとの関係性はどの程度のものなのか、気になるところです。
| 伊達でございます! | 2005/09/21 2:47 AM |
女王の教室 最終回
を見ました。最後は涙涙で締めくくりましたね。 真矢も最後まであのクールさを捨てずにいて・・颯爽としてました。 本当に最後にだけ笑顔を見せていましたけど・・ いや。本当にいろいろと考えさせてくれるドラマで今クールの中で 一番面白かったです。 正直秋
| Simple*Life | 2005/09/21 10:42 AM |
女王の教室・第11話(最終話)
すごいドラマが、すごいまま、すごい終わり方をしました。
| あずスタ | 2005/09/22 2:23 AM |
消化不良(女王の教室#11@最終回)
「わたし、子供が生まれたら、マヤって名前つけようかな…」 おいおい、そりゃいいすぎだろ!{/hiyob_hat/} 卒業式、ちょっといい感じ、、とか思ってた俺を現実に戻してくれたこの言葉。 終わりよければ全てよし、とはふつう思うが、 このドラマの前半を思い出せば出す
| でまっせ。ドラマ鑑賞記 | 2005/09/24 3:42 PM |
女王の教室 最終回
いや~ 録画に失敗して今見終わったところでした。 過度の期待をしてしまったのがいけなかったのか、 なんだか期待はずれというのが率直な感想。 期待が高いと面白いものも面白くなってしまう。なんて贅沢な話でしょうか。 まぁ、よく映画でもあることですが・・・ い
| ドラマ!テレビ!言いたい放題 | 2005/10/01 12:57 PM |
女王の教室
未見でずっと気になっていたドラマ。 レンタルで一気見!! 
| Akira's VOICE | 2008/06/14 5:46 PM |