<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

野ブタ。をプロデュース 第7話

彰から野ブタのプロデュースをやめたいときいた修二は
朝から彰の家にお迎え。
上から見下ろす修二目線がおもしろい。
野ブタとどうしたいんだときかれて
「デートもしたいけど、一番したいのは・・結婚」
やっぱりこいつは俺の想像をはるかに超えていた・・・と
驚く修二。見てるこっちもびっくりです。
結婚願望強いのか、彰。

野ブタはあおいにさそわれたから放送部に入るといいます。
それをきいてちょうどよかったとばかりに
修二はプロデュースを休むことをつげると
野ブタは驚いた顔でそのあとものすごく不安そうな顔に。。
「なんか、さみしくなるね」と
いうシーンはコマ送りのようにここもまた印象的でした。

気合をいれて教室にはいる修二。
にぎやかな教室の中でも孤独を感じる修二。
野ブタや彰をみて
「もう3人で何かすることって、ないんだ。」と思います。

放送部に入部した野ブタ。
彰もいっしょに???
帰っていく修ニの姿をみつめる彰。
修二は友達とカラオケにいきますが
「つまんねーな。
 カラオケって、こんなにつまんなかったっけ。」と
気持ちがのらず。

ランチタイムで流すビデオをとりにいくことになった野ブタ。
野ブタがリポーターで彰が助監督だけど、
彰はまったくきいてなかったみたい。
「ほんとに、何も聞いてなかったんだね、、、、」

修二宅では、一番無理なことを言った人が、
メロンを食べる権利があるということに。
修二が辞退すると、
「そういえばお前子供の頃から駄々こねたことないよなあ。」
そうか、小さい頃からいえでもいい子の修二君を演じてたのね。

「駄々をこねる、ねぇ。」
修二はためにしにジタバタしてみます。
「嘘をつくのは苦しいよ〜〜〜。
 なんかしんねえけど苦しいよ〜〜〜〜。

 ・・・ほんっとに苦しいよ。」
そろそろ限界?

ビデオ撮影のためリポーターになる野ブタ。
今日は蕎麦屋の取材です。

今度はボウリング場やってきた修ニ。
「いつもの修ニと違う。」と言われて
「いつもの俺って、どんなだっけ。」と考えて
また明るい修二君を演じます。

ランチタイム放送に野ブタがでてくると、クラスのみんなは大騒ぎ。
なぜだか野ブタがかわいいと言う声もあがり
その声をきいて、そちらを見る修二。
そこへまり子がやってきたけど、
野ブタがおわってから、と修二はまり子を待たせます。

放送室を気にかける修二。
彰はいよいよ告白?

「俺さ・・・すすすすすす、、、水族館楽しかったねー。
 す、す、・・・」
そこへ修二登場。
「す・・すーじ!」笑
修二をいかにも邪魔そうにおいかえそうとする彰ですが
野ブタは、修二をひきとめ、コンクールにだすのに
どんなふうにビデオをとったらいいか相談します。
テーマは「私の好きなもの。」
それをみんなでとりにいくことに。

先生たちの今日の描写は宝くじ?
横山先生がポケットから出したのはまるまった紙くず。。
これは洗濯したとみた!
(やったことがあるからわかる。。。)

それぞれカメラを手にでかける三人。
ゴーヨク堂もいるし、家庭科室には
「地獄に落ちろ〜〜〜〜〜〜〜〜」
と叫ぶ魔女、じゃなくキャサリン。
当たった宝くじを洗濯した横山先生の人型のパン(?)
を地獄の釜茹で、じゃなく油であげていました。

三人はそのあともそれぞれ撮影。
修ニはまり子をうつします。
「どういう時にあきらめるか?」
「私、どっちかっていうと諦めないタイプなのよね。
 あきらめるとさ、あとで後悔するし。」
というと、まりこはビデオの電源をきり
先輩が自分のことを好きで
修ニと付き合っているのかきかれたといいます。
「何て答えたらいいのか、私わかんなかった。
 私たち、つきあってんのかな。」
ごまかそうとする修二に 
「またいつもみたいに調子よくごまかすつもり?
 つきあってるかどうか人に言えないなんて変じゃない?
 変だよ。
 私このままじゃ苦しいよ。
 修ニは苦しくないの?」
修二は何もいえず。。。

みんなが撮ったビデオを鑑賞会。
まずは彰の映像は、
「面白い。犬が撮った、ビデオみたい。」BY野ブタ。
野ブタのは、先生の頭がきれている、、、
修二のは、クラスメイトに小学生に・・。
つまらないという彰に
「おもしろい。」と野ブタ。
そしてテーマをしぼったほうがいいとアドバイス。

放送室で作業中の野ブタ。
修二のビデオをみて!
「見るたびに、好きになる。」という発言に彰動転。

「これ、人しかうつってないんだよ。知ってた?
 好きなものって、人なんだよ。
 おもしろいよね。
 冷たそうに見えるのに、人が好きなんて。
 きっとまわりの人を、ものすごく大事にする人なんだね。
 そのために嘘ついたり、すごい、ガマンしたりしているのが、
 これ見ていると、よくわかる。」


野ブタ、よく気がつきますね。
修二は取り繕って生きているけど
本質的なところでは人が好きなのですね。

野ブタがカバンをとりにいったすきに
彰は修ニのテープを床になげつけ
もう一回拾って、ゴミ箱に捨てたい衝動と戦っていると
野ブタがもどってきて、ビデオを奪い、顔面にパンチ。
彰は鼻血をだし、野ブタは人を探しにいき
みかけた修二の手をひっぱってつれてきます。

「お前さ、ぶっちゃけもう痛くねえべ?」
心が痛いという彰。
修二のビデオを捨てようとしたといい、
「俺って、最悪。」と落ち込む彰。
弱気な彰をはげます修二。
「だって俺、最悪だぜ。」
その言葉に
「俺も、最悪だよ。」という修二。

野ブタとかえる彰。
「俺さ、好きな人が出来たら、その人と
 ずっと笑って暮らせるって思ってたのね。
 でも、ほんとに暮らしたら、こんな風に
 泣かしちゃう日もあるんだろうな、きっと。
 泣かしたくないのに。
 泣かしちゃうんだろうな、俺は。」

放送部ではビデオの上映会。
ゴーヨク堂、先生、修二父、
母からのメールで「今回はあきらめろ」の文字。
まり子、野ブタの
「野ブタパワー、注入!」もありました。
放送室での彰。
横山先生人型でおしまい。

素晴らしい映像でした。

その夜、放送室に入って
野ブタ編集の修ニのビデオをさがしだして
それを踏みつけ、テープをめちゃめちゃに。。
誰、こいつ。
翌日、野ブタは放送室で切られたビデオをみて
屋上で涙・・・。
声をかける修二は
何でそんな自分の感情むき出しに出来るんだとききますが、
「出来ちゃうのよーん。切羽詰った人間は。
 俺もしちゃったし。」と彰。

彰は修ニに野ブタのことをあきらめるといいます。
「女の子泣かしちゃ、絶対だめなのー。
 今の俺じゃ、だめなんだ。
 俺三人でいるときの野ブタが一番好き!大好き。」
翌日、学校で野ブタをあきらめる儀式?
放送室で、彰はマイクにむかいます。
「野ブター、好きだーーー!!
 野ブタの読んでいる本が好きだ。
 野ブタの歩いている道が好きだ。
 野ブタがいる屋上が好きだ。
 野ブタのいるところは全部好きだ。
 ・・・大好きだ!」
と歌まで歌います。。。。

「何で歌まで歌ってんだよ。」
誰もいない教室できいていた修二。
そこへ、まり子がとおりかかります。
早朝練習にいくというまり子をよびとめる修二。

「俺さ、今まで、人を好きになったってことがなくて。
 だから、まり子のこと好きだと思ったこと、ないんだ。
 なんか恋愛みたいに、自分をコントロール出来なくなるのが、
 苦手っていうか・・そういうのが嫌いで。
 だけど、まわりのやつらには、
 恋人がいるんだっていう風に、思われたくて、
 それで、まり子と一緒に、弁当食べたりしてた。」
ついにまり子に本心をうちあけます。
「それは、これからもそうなの?
 この先、私を好きになってくれる可能性は?」
「・・・ない。・・・ごめん。」
うう、ひどい。
変にやさしくしないところがほんとはやさしいのかもしれないけど
まり子がかわいそうだった。
泣き出すまり子。。。

夜の公園で考え込む修二。

彰はめちゃめちゃにされたビデオを、
修復しようとします。

野ブタは、公園にいる修二をみかけそばにいきます。
「どうか、した?」
「俺まり子に、ひどいこと言っちゃった。
 明日から憎まれるんだろうな・・・。
 俺、人にさ、人に嫌われるのって、怖いよな。」
野ブタは思わず後ろから修ニを抱きしめます。
「大丈夫。
 誰も、嫌いになったり、しないから。」
というとあやまって去っていきました。

 野ブタに何か言ってやらないと。
 笑って何かを言ってやらないと、
 野ブタが気にすんじゃんか。
 そう思うのに、俺は、動けなかった。


つなぎ合せたビデオを見る彰。
みだれた映像の中に野ブタパワー、注入の野ブタ。

 野ブタに抱きしめられて、
 初めてわかった。
 俺は、寂しい人間だ。


切ない。
彰もまだあきらめなくてもいいような気がしますが。。。
でも野ブタはどっちかというと修二のほうが
気にかかっているかも。。。。
修二もようやく自分の気持ちとむきあいだしましたね。







2005.11.26 Saturday 23:47 | comments(10) | trackbacks(28) | 
<< BLOOD+ 第8話「ファントム・オブ・ザ・スクール」 | main | マジレンジャーStage39 >>
ちろ (2005/11/27 8:02 AM)
やっぱカワイイ野ブタ。
修二のことがスキなんだね。
彰、お嫁においでとか歌っちゃって。

犯人はまり子じゃない気もしてきました。
放送室にある野ブタのテープがどれか
すぐにわかるのは放送部の人間だろうから。
honey (2005/11/27 11:16 AM)
野ブタ、かわいいですね。
彰にはかわいそうだけど、
やっぱり修二のほうが気になるみたいでしたね。

犯人、誰だろう、、、
あそこまでするかな。。。
動機は何でしょう。
単なるいじめにしてはしつこすぎ。
な〜〜る (2005/11/27 1:06 PM)
彰は、本当に可哀想で・・。

>野ブタ口調を真似する修二が笑えました。
>堀北真紀ちゃんも思わず笑ってましたね(^^)

凄いほほえましかったです。
現場は楽しいんだろうなぁ。
NG集とか見たいですね。
honey (2005/11/27 4:08 PM)
な〜〜るさん、こんにちは。
彰、気の毒でしたね。
結局しっかり告白もしないまえに
もうあきらめることになってしまって。。。

NG集、楽しそう!!
年末スペシャルでやってくれないかな。
ちーず (2005/11/27 5:07 PM)
honeyさん、こんにちは。
片思いって切ないですね。
彰の引き際の良さに感動しました。
いつか信子に届くといいなぁ。

honey (2005/11/27 5:13 PM)
ちーずさん、こんにちは。
彰はまだ告白もしてないし
まだまだこれから仲良くなっていけると
思うんですけど、やっぱり泣かしてしまったのが
自分では許せないんでしょうね。
野ブタ。好き (2005/11/27 7:58 PM)
犯人は誰かって気になるけどその前に彰の‘恋‘の行方が気になります!!
このまま野ブタを好きでいられるのか。。。。。
あと視聴率が20%いかなくてもせめて12〜13話くらいまでやってほしいです!!
無理かもしれないけど続いてもしいです!!
お願しますっっっ!!!!!
ビデオを撮るくらいすきです!大すきです!
これからも毎週毎週見ますっっ!!
honey (2005/11/27 9:10 PM)
12〜13話は難しいかもしれませんが
スペシャルとかやってほしいですね。
mari (2005/11/28 2:32 PM)
こんにちわ!
修二のまり子の振り方があまりにキッパリしているので、
ひょっとしたら、修二も野ブタを好きなのかしら?と
勝手に想像してしまいました。
明るく、ハッピーエンドになると嬉しいです。
honey (2005/11/28 4:08 PM)
こんにちは。
修二は野ブタにまだそこまで恋心は感じられませんが
いきなり気づいたりするんでしょうかね。
原作みたいな微妙な終わり方にはならないと思いますが・・。
修二には彰と野ブタがついてるし。









「野ブタ。をプロデュース」第7話(原作ネタバレあり)
前半はどちらかと言えば、つまらなかったんですが、後半にかけて一気に盛り上がりましたね。今回のお話。野ブタは蒼井かすみに放送部に誘われる。修二は、自立が必要、またプロデュースを休みたいと思ってたといい、それを承認。野ブタは放送部に入る。なぜか彰も入部。
| B級人生 | 2005/11/26 11:57 PM |
『野ブタ。をプロデュース』第7話
う〜む。深い。。色々考えさせられたドラマだった。。『野ブタ。をプロデュース』 第7話 「女を泣かす男」 ◆キャスト◆桐谷修二  … 亀梨和也草野 彰  … 山下智久(特別出演)小谷信子   … 堀北真希上原まり子  … 戸田恵梨香桐谷 悟   … 宇
| strの気になるドラマ気になるコト | 2005/11/27 12:00 AM |
野ブタ。をプロデュース 〜第7回〜
 まり子がものすごくかわいそうでした・・・。「これから好きになる可能性は?」「・・・ない・・・」と言うやり取りのあと涙を流していたまり子の姿はなんともいえない気持ちになってしまいましたね。ただ、いつものように相手を傷つけないような言い回しをしないで事
| いわぴいのドラマ日記 | 2005/11/27 12:06 AM |
野ブタ。をプロデュース・第7話
今回は、それぞれの気持ちを捉えてまとめてみました。 [修二の気持ち] [修二の気持ち] カラオケも、ボーリングもつまらない。 いつもの俺とは違う? プロデュースを止めてみて、わかった。 彰に対して。 あいつのこころの中はおれの想像をはるかに超えていた。 信子
| なんくるないさぁ情報局。 | 2005/11/27 1:02 AM |
【野ブタ。をプロデュース】第7話
このドラマ、実はずっと「花男」同様面白いのか騙されてるのかよく解らなかったのです。ノリとか演出の上手さで見せているだけなのか。。。どうも、修二やノブコのキャラクターがイマイチ掴めず。でも、ついに修二が自分を見せた、この回。何だか感動したなぁ。彰の人を
| 見取り八段・実0段 | 2005/11/27 1:09 AM |
【ドラマ雑感】 野ブタ。をプロデュース (第7話) 「女を泣かす男」
 信子(堀北真希)に好意を寄せている彰(山下智久)が、彼女が人気者になるのは嫌だと言いだしたことから、修二(亀梨和也)はプロデュース作戦を終了しようと宣言する。信子は寂しがるが、折しも仲良くなったカスミ(柊瑠美)から誘われて放送部へ入部することに。修二はなぜ
| 気ままなNotes... | 2005/11/27 1:35 AM |
野ブタ。をプロデュース☆第7話
ども30分遅れの第7話こんばんわ(=゚ω゚)ノ 今回のタイトルは【女を泣かす男】 このタイトルだけでなんか笑えますね(ぇ 今週はくらぁ〜い見所満載です!! いつものように箇条書き+αで行きますね☆
| ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ ヾ(*´ー`) | 2005/11/27 2:11 AM |
野ブタ。をプロデュース 第7話
アボガド青いな あいうえお、はいっ 野ブタ。は蒼井かすみに放送部に入ることを勧められ・・・ 修二と彰は野ブタ。のプロデュースを止めることに 彰は野ブタ。と一緒に放送部入部。 そしていきなり野ブタ。はレポーターに。 その様子が校内で流され・・・ 「あいつちゃ
| ブラトラ館(太田千晶応援blog) | 2005/11/27 3:30 AM |
野ブタ。をプロデュース 第7話
 ご存知の通り、このドラマには原作の本があるんですが、第4話が放映されていた前後あたりで実際に原作を買って読みました。  原作はあっという間に読みきって、結構面白かったんですが、原作とドラマのあまりの違いに、 「このドラマはもはや、原作の基本設定を
| あいりぶろぐ | 2005/11/27 4:09 AM |
『野ブタ。をプロデュース』第7回感想
ある意味思ったとおりの展開。ある意味予想外の展開。 ネタばれあります。 もうプロデュースは終了?。 今回はまったくプロデュースしてないみたいだし。最後は立場逆転してたし。 それにしても、なぜ、女性から男性を抱くときは横からが多いんだろう? よく似たシー
| つれづれなる・・・日記? | 2005/11/27 8:26 AM |
野ブタ。をプロデュース #7
今夜の野ブタは切ないモード。今夜は途中からしか見れなかった(>_<) ★修二とまり子修二「俺達、本当に付き合ってるの?って。。。聞いたじゃん」まり子「。。。。」修二「俺さぁ、今まで人を好きになったってことがなくて   だから、まり子のこと好きだっ
| アンナdiary | 2005/11/27 10:16 AM |
●野ブタ。をプロデュース#7
-このドラマは、社会的なテーマなどを掲げる事が多いのだけど、理解しやすい恋愛を軸に持ってきたようです。 問題が起こっても、いつも前向きになる姿に感動したりするものなのですが、今回に至ってはその様相がドラマの終息に向って、違っているように思えました。テ
| ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中) | 2005/11/27 11:26 AM |
野ブタ。をプロデュース 第7話
彰の突然の告白に、修二は、驚く。 まるで、想像もしていなかったようである。 鈍いのか・・・想定外のようであった。 信子は唯一、出来た友人の蒼井かすみによる誘いで放送部へ入部しようか迷っていると、いいキッカケだと、修二は、入部を勧める。 すると、彰も
| な〜〜るのコレがおすすめ | 2005/11/27 1:05 PM |
「野ブタ。をプロデュース」7話 愛と勇気だけが友達さ!亀梨君諦めないで
金色の夕陽に照らされた三人がそれぞれの方角を向き、一人ずつ自らの道を 進みだす。輝くような今の時期を、内側には鬱屈と悩みを抱える青春たち。 あまりにも印象的で美しい光景にリピを繰り返し、涙がつーっと落ちていきました。 今週は三人が解散し、それぞれの自
| くつろぎ日記 | 2005/11/27 1:37 PM |
(´-`).。oO(「野ブタ。をプロデュース」第7話)
Copyright (c) 2005 Nippon Television Network Corporation. 原作は、芥川賞候補にもなったベストセラー小説。 ジャニーズの亀梨&山ピーのW主演で話題のドラマです♪ Story・・・ 信子は唯一、出来た友人の蒼井かすみによる誘いで放送部へ入部。信子と少し
| てくてく歩こう! | 2005/11/27 1:50 PM |
[+] ドラマ「野ブタ。をプロデュース」第七話
ドラマ「野ブタ。をプロデュース」第七話です。 今回は、かなりシリアスな内容でした。 修二が自分の心の殻を破れそうな、そんな話。 【 あらすじ 】 セミが秋まで生きていてどうする。セミも人間も諦めが大事 小谷を本気で好きになった彰。プロデュースを本気でやめ
| 腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::赤 | 2005/11/27 2:08 PM |
『野ブタ。』第7話 女を泣かす男 まとめ
ついに『野ブタ。をプロデュース作戦』が終了し、元の日々に戻った三人。 しかしプロデュースを通じて三人の心には大きな変化が生まれていました。 いよいよ佳境の第七話まとめ、以下ネタバレ注意です。
| ニュース - 堀北真希ちゃんファンページ - ホリキタイズム | 2005/11/27 2:24 PM |
『野ブタ。をプロデュース』第七話
最初15分くらいの切なさはどうしたコトでしょう!? 撮り方やらモノローグやら、そして何よりベッドで苦しむ修二が切なくてなりません。 彰が野ブタに惚れたエピソードがこんなに重たくなるなんて思わなかったよ。 ビデオ捨てようとして殴られるんだもん。メインキャ
| 時間の無駄と言わないで | 2005/11/27 4:18 PM |
寂しい人間 『野ブタ。をプロデュース』#7
第七話  「女を泣かす男」 野ブタのプロデュース作戦は、ついに終了してしまいました。 3人一緒が好きだったのにぃ〜(ノω・、) ウゥ・・・ 寂しがる信子だけど、学生らしく友人と共に部活動を始めたりして、信子らしく頑張っていました!^^ もちろん、
| 私的空間.com | 2005/11/27 4:19 PM |
野ブタ。(7)
野ブタ。をプロデュース : 「女を泣かす男」 story 信子に恋心を抱いた彰は信子を独占したいという想いから人気者にプロデュースする作戦を止めたいと申し出る。修二は彰の申し出に苛
| number.3* | 2005/11/27 4:35 PM |
野ブタ。をプロデュース 第7話
『女を泣かす男』 「人の心の中、っていうか、あいつの心の中は、 俺の想像をはるかに超えていた。」 彰(山下智久)が信子(堀北真希)を好きだと言ったこと、プロデュースを 止めたいと言ったことに戸惑う修二(亀梨和也)。 その日の朝、彰のいる下宿先の屋上を見
| どらま・のーと | 2005/11/27 5:05 PM |
野ブタ。をプロデュース 第7回
今週は、「好きなもの」と「あきらめる」がテーマ? あきらめられること、あきらめられないこと、いろいろとあるよね。 今まで一番重いテーマの話だったような気がします。 好きな人を諦めるって…辛いよね。 彰名言集。 「俺、プロデュースやめたいんだけど」 「野ブ
| あっちゃん語録 | 2005/11/27 5:26 PM |
日本テレビ「野ブタ。をプロデュース」第7話:女を泣かす男
彰の恋心エピソードになると思いきや、修二サイドへの軸足を移す展開となった今回。信子との出会いを通じて、演じることを重荷に感じる内なる声に耳を傾け出した修二です。
| 伊達でございます! | 2005/11/27 6:46 PM |
勧進サンバ★&野ブタ。
うーん、「義経」も後わずか、今回は安宅の関の「勧進帳」です。歌舞伎にもある話なので、かなり有名なエピソード、果たしていかに? 感想は、「予想よりも痛そう・・・」本当に思いっきり殴ってますね。静の笛を踏みつけるところはぐぐっときましたが、感動よりもと
| あの頃君は美味かった | 2005/11/27 11:24 PM |
野ブタを。プロデュースPRODUCE7「女を泣かす男」
『人の心の中、っていうか、あいつの心の中は俺の想像を遥かに越えていた。』 彰(山下智久)は下宿先の屋上にいた。ふと、下を覗くと、修二が自分がいつもやっているきつねのポーズをしているのを見る。 彰も「コンコン・・・」と返す。 「なんで、アイツいんのよー
| 私でもいいですか?新館 | 2005/11/28 6:44 AM |
野ブタ。をプロデュース 第7話
これまでと違い全体的に切なさの漂う回でした。色んなブログを見て、原作の結末を知ってしまったのですが・・そちらの方面に向かっているのでしょうかねぇ^^;修二っていう人間が果たして本当に寂しい人間なのか。色々と考えさせられてしまいます。
| 自己満族 | 2005/11/28 9:06 AM |
【テレビ】野ブタ。をプロデュース(第7話)
信子(野ブタ)(堀北真希)に好意を寄せている彰(山下智久)が彼女が人気者になるのは嫌だと言い出したことから、修二(亀梨和也)はプロデュース作戦を終了しようと宣言。野ブタは寂しがるが折りしも
| まぁ、お茶でも | 2005/11/28 2:34 PM |
野ブタ。をプロデュース 諦めるというキーワード!
アロハ♪GOです! やぱっり、野ブタをみるとキュンキュン するよ! なんか、すっげーよかった! 鳥肌立つくらい、感動してる! なんでか、わかんね〜けど。。。 信子はさ、修二がさペルソナかぶってようが、いまいが 関係ないんだよね。 ちゃん
| 文才がなくても描けるドラマ脚本術 | 2005/11/28 4:13 PM |