<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

日経エンタテインメント ! 1月号

[ 雑誌 ]
表紙はオレンジレンジ。

日経エンタテインメント ! 01月号 [雑誌]
日経エンタテインメント ! 01月号 [雑誌]

12月のヒットカレンダー。
中島美嘉のベスト盤は売れそうです。
大塚愛も小学生から大人気だし。
ドラマ、熟年離婚ははまってる人は多いですが
実際に冗談抜きで危機感あると見られないという意見も^^;
ヒットダイジェスト、修二と彰はついにミリオン達成。
ブログでのアクセス数もハンパじゃないです。
小学生から忘年会目当てのおじさんまで幅広く
支持されているみたいです。
下流社会・・超リッチなセレブとの二極化がすすみつつあるような。
今月の話題作「花より男子」は文句なくおもしろい!
原作を読んでいる人もいない人も楽しめるしあがりで
あの少女マンガ的展開をうまく再現できていると思います。
楓が毎回数千万の服とアクセサリーを身につけていたとは
知りませんでした。次回からじっくり見てみよう。。。

10大ニュース。
ネット企業VSテレビ局。
ホリエモンは流行語大賞までもらっていたし。。
マンガの実写化、おもしろいものならどんどんどうぞ。
ネット発の本も売れてます。
「生協の白石さん」はこのあとまだ売れそう。
次世代DVD、今もっているのが見られなくなるっていうのだけは
やめてくださいね。

全国小・中・高、出身者さがし。
有名人が同窓に二人も三人もいたら楽しいですね。

オレンジレンジインタビュー。
やりたい音楽と売れる音楽のバランスのとりかたが上手い。
インタビューは4ページにわたってびっしり。

話題映画キングコング。
制作費が今のところナンバー1だそうで。。
迫力ありそう〜(こわそ〜)

2005年ヒット総まくり
人気者ランキングTOP50の1位はマイアヒ、、、、
まだアクセスいっぱいありますし。。
電車男ごくせん女王の教室
ドラゴン桜NANA宇宙戦争もみました。

新ヒットの法則。
歌って踊るがキーワードの映画。
サントラも売れましたし。
音楽配信が進み、CDの特典はますます豪華に。
テレビ、そういえば学園もの多かったですね。
小学生から大人までいっしょに見てますし。
本は知的実用書が人気。私はあんまり好みではないですが。

ファッションリーダー。
倖田來未はエロかっこいいと女子高生に大人気です。
カラオケでもかなりもりあがるそうな。。

2006年の飛躍人20。
すでにかなりの人気者もいらっしゃるのですが
まだまだ伸びそうということかな。
花より男子のF4のうち二人はいってますが
詳しいプロフィールまでは知りませんでした。

誤算の研究。
巨人戦の低迷は成績が悪いというのもあるでしょうが
昔みたいに男の子がみんな野球好きっていうことがないですから。
サッカー少年で一度も野球やったことないまま大人になる人もおおい。

ギョーカイのゆかいな仲間たち。
一生懸命なわりにお正月のテレビがつまらないのはナゼ・・・。
(人気ドラマの再放送でもしてくれたほうがありがたいと
 思ったら電車男が一挙放送だそうで。)

インターネット事件簿。
どっぷりネットにつかってますからどれもよくわかる。
私も今年ブログデビューだし。
ほんとのサイトじゃようやく20万なのに
ブログは10ヶ月で100万超えてるし。
ミクシィはあまりに人が多すぎて、
足跡があるとはいえ、うっかりしたことは書けません。
生協の白石さんは話題になってから本までがあっというまでした。

中川翔子のサブカル画報。
オタクアイドルはイラストもお上手。
BLOOD+の喜多村英梨さんのサイトみたときも驚きましたが
みなさん多才です。

大泉洋、大塚愛インタビュー、
人気者研究は藤山寛美。
今の子どもは藤山寛美って知らないですね。

消えたあのハリウッドスターは今。
へえええな懐かしい顔がいっぱい。
ブルック・シールズは絶世の美少女という形容がぴったりだったし。
子役編は悲喜こもごも・・。
子どものお金をあてにする親なんて、、

飯島愛対談のお相手は少女マンガ界の巨匠、一条ゆかり
「正しい恋愛もススメ」も「プライド」も
めちゃめちゃおもしろいです。

新作DVD、結局映画館で見られなかったものを
チェック。「電車男」も「コーラス」がでますね。
音楽インタビューはコブクロ。
本のインタビューは穂村弘。
テレビ「1リットルの涙
難病ものだからと最初は敬遠していた人も
評判をきいてみはじめてはまるようです。
ドラマの中で実に効果的につかわれるレミオロメンの歌が秀逸。
スペースシャワーTVのチャートに
今頃「3月9日」がランクインしててびっくりです。
(そのプロモビデオには野ブタの堀北真希ちゃんが出演してたし)

月刊音楽チャート診断。
修二と彰、絶好調。
加藤ミリヤは女子高生に人気ですから
この先もっと売れるかも。
テレビ証券、野ブタはあのちょっと切ないところがいいんですよ。
二人がかっこいいから見てても楽しいし。
原作とは別物には同意です。
「コンコン」と
「野ブタパワー、注入!」は流行ってるらしいし。

エンタ!回答力選手権のベストアンサーが紹介されてます。
なるほど〜。

注目人、近藤マッチ。
最近テレビにも頻繁にでています。
ジャニーズで「マッチさん、マッチさん」と
あがめられる立場に。。
みんな、自分も残ればよかった、とか思ってないかな。。(^_^;)

付録は2006年エンタ!ダイアリー。
鑑賞リストとかいまどきはみんなブログに書いちゃうかも?

日経エンタ増刊 .ent!が12月12日発売です。
2005.12.06 Tuesday 14:43 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 危険なアネキ 第8話 | main | 1リットルの涙 第9話 >>









『日経エンタテインメント!』 1月号
日経エンタテインメント ! 01月号 [雑誌] 新聞広告で見て,付録の「2006年エンタ!ダイアリー」が欲しくて。 今日,会社帰りに近くの書店に行ってみたんですが, 店頭に見当たりませんでした。 12月3日に発売になったばかりなのに,もう売り切れ??
| 夢館 | 2005/12/07 12:36 AM |