<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

サヴァイヴ 第25話

第25話 「未来のために」
操縦席のような場所で機械をあやつるパパ、
咳き込んでいるのはママ、
ママは具合が悪そうです。
アダムをみおろす両親は、なにやらつぶやいていて
ママは涙をながします・・・・
そんなアダムの夢。

ママたちは病気で寿命がないことを知り
アダムだけでも生きていけるようにと守っていたのでしょうか?

アダムは、見た夢から、遺跡の中には別の部屋があるといい
それをきいたシンゴはがぜんはりきって、もう一度
遺跡の調査にいきたいといいます。
アダムがなぜ、あの遺跡にいたのか、
あの遺跡が宇宙船ならつじつまがあうというシンゴ。
そしたらもしかしたら帰れるかもしれないし
通信機もあるかもしれないと、
シンゴとチャコは遺跡に泊り込みで調査をすることになりました。
アダムがいたほうが何かといいのでアダムも参加。
「ぼくのことも何かわかるかもしれない」とアダムも
両親のことをもっと知りたいようです。
3人をおくってカオルがつきそい、
他のメンバーは、食料探しをして、3人を援助することに。

雪もとけ、遺跡へ向う一行と、残りはみんなの家へ。
みんなの家をみつけて嬉しくて走り出すのが
ハワードとシャアラというのがかわいいですね。
ハワードはやっぱりお子さまというか単純なんだな。

遺跡についてはりきるシンゴ。
アダムがキーをかざすとあっさり扉があきました。
この間は変なやつがじゃましていたからだといいうと
シンゴとチャコは中へ駆け込みますが
アダムはその言葉に、あの水のおばけみたいなのを思い出し
不安そうな顔になりました。
カオルはみんなを送り届けて帰路へ。
みんなは、家の補修や掃除。

遺跡をしらべてみても目新しいものはみつからず。
アダムに「がんばって記憶をたどってくれ」とたのむシンゴ。
でもアダムは苦しそうな顔で、見た夢を思い出すだけ。。
そして5日目。
苦悩の表情のアダムは、カプセルに寝転がってみます。
母が夢でいっていた言葉を思い出し、反復すると
天井の模様が光り、部屋がうごき、入り口が出現。
そこは夢でパパが出てきた場所。
扉もすんなり開き、喜び勇んで部屋に入るシンゴとチャコ。
しかしアダムは、この間の自分とルナを苦しめたあの
両親の姿をしたお化けがわすれられず。。。。
「『アルドゥラム・ギエットの未来のために』・・
 ぼくの未来のために・・」
そういっていたママ。
だけど?

入った先は操縦席で、エネルギーも充分だし
動くかも、と喜ぶ二人。
さっそく通信機も発見。
この宇宙船(遺跡)はメインのテラフォーミングマシンから
とばされてきたようで、母船が大陸にあるといいます。
シンゴはとりあえず、救助信号を流し
うかない顔をしたままのアダムに「ありがとう」とおれいをいいます。
すると、そこに食料をもってきたルナとカオル。

操縦席はみつかったけど、どういうわけか動かないこと、
通信機はつかえるというのを報告し、みんなをここへ
よびよせたほうがいいということになり、カオルが呼びにいくことに。
最近、アダムが元気ないというシンゴ。
アダムは外で動物の親子をみて
自分の両親をおもいだしていました。
「大丈夫か」と声をかけるカオル。
あいかわらず表情はおさえたままですが
さりげなく気をつかうあたりがいいですね。
そこへルナもやってきてアダムの話をきいてあげます。
アダムがずっと沈んでいたのは、
自分の両親は夢の中ではやさしかったのに
なぜ雪をふらせたり、ルナや自分をひどい目にあわせたかということ。
ルナは、あれはなにかの間違いだったといいますが
「ボクがキライだったんだ。
 ボクが憎いから!」と言うアダムに
「何かわけがあったのよ。
 アダムを憎んでるなんてない!絶対ない!
 信じてあげなきゃ」というルナの言葉に
「うん、そうだね」とようやく微笑み
泣き出してルナにしがみつくアダム。
「お父さん、お母さん、会いたいよ〜〜〜〜」
まだ幼い子どもだし、どうも両親の記憶も
あんまりないみたいだけど、
パパママが恋しいのはいっしょですね。
アダムたちを攻撃したのは、アダムだと認識してなくて
単なる邪魔者を排除する仕組みになっていたからとか?
あの映像は両親の姿をかたどってはいるけど両親ではないし。
テラフォーミングマシンは壊れてたみたいだし・・・・?

泣きつかれて眠ってしまうアダムを
ルナはやさしく見守ってあげました。

なぜか動かない宇宙船に苦戦するふたり。
アダムは元気になってすっかり元通りです。
ふとシンゴがさわったスイッチで
自己診断プログラムが稼動し、
ランプのついたところが壊れていると判明。
そこは重力制御ユニットで、それが壊れていると
宇宙船はとばないらしい。
森の重力がおかしいのもこのせいのようです。

そこに残りのメンバーもやってきます。
「いつ動かせるんだ?
 早く帰ろうぜ」と期待度いっぱいのハワード。
チャコたちが壊れて動かないというとがっかりしますが
通信機は性能がいいとシンゴもフォロー。
みんなが操縦室にがはいると
いきなり揺れだし衝撃を感じます。地震??

目の前のパネルがひかり、
通信機から連絡が入りました。
「こちらオリオン号、
 救難信号をキャッチした。」
早っ。

来週はいよいよ他の宇宙船がやってくるみたいですが
なんか変とは??
必死なハワードの形相が印象的な予告でした。

無人惑星サヴァイヴ O.S.T.「FOREST」
無人惑星サヴァイヴ O.S.T.「FOREST」
TVサントラ, 羽毛田丈史

2005.12.08 Thursday 12:05 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 雑誌レビュー ダ・ヴィンチ 1月号 | main | 今日からマ王! 第四十話   >>
くあい (2005/12/09 1:28 AM)
honeyさん、こんにちは。

先週から一気に話が動いた感じもしますが、とうとう次回は助けがやってくるんですね。でも、どうもそう簡単な訳でもなさそう。一体何が起きるんでしょうね?

あの遺跡も、一体どうしちゃったんだか。そもそも何故アダムはここに来たのかなとか、まだまだ謎がいっぱいあります。少しずつクリアになっていくとは思いますけど。
honey (2005/12/09 8:48 AM)
くあいさん、こんにちは。
遺跡にみせかけた宇宙船ていつからあそこにあったんでしょうね。
お母さんは病気のようでしたが、お父さんもだったのかとか
母船に帰れなくなってここにいるのかとか
母船に戻れさえしたらアダムの両親も故郷に帰れたのかとか
いろいろ謎ですね〜。









サヴァイヴ・未来のために
遺跡の中のコントロールルームへ。 アダムが父母について考え込んでいました。 発言者:→宵里、→春女です。
| kasumidokiの日記 | 2005/12/08 10:08 PM |