<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

無人惑星サヴァイヴ 第42話

第42話 「不思議な力」
テラフォーミングマシンに、人間に悪意をもっているものが
いるかもしれないので、武装(といっても弓矢とか槍とか)
して中にはいるみんな。
シャアラはアダムのつきそいで残ります。

エントランスルームには扉がみあたらず、
遺跡内部の構造のホログラムのみ浮かんでいます。
ルナは、床に、文字を発見し、手をあててみます。
まぶしい光とともに、地下への入り口が開き階段発見。
おりていくと、そこは環境制御ルーム。
物音がきこえ、隣の部屋からへんなつのをつけた
昆虫のような、でも直立歩行の宇宙人?ロボット?が
あらわれました。
ルナは、仲間が病気になったと伝えますが
そいつはいきなり攻撃をしかけます。
ハワードが思わず放った矢がかすり
中にナノが入っているロボットだとわかります。
カオルとベルがとびかかっていきますが
ベルは体をしめあげられ、ドリルで頭を貫かれそうに。
おもわず「やめて!」とテレパスをおくるルナ。
しかしロボットはとまらず、
危ないところで、カオルが助けてくれました。
これは警備というよりはメンテナンスロボットのようで
手先には機械がいっぱい。
そのロボットがルナに「おまえは不思議な力をつかうな」
とテレパスで話しかけてきました。
しかし話しているのはロボットではなく
この星のメインコンピュータサヴァイヴ。
サヴァイヴってそこからきていた名前だったのか、、、
てっきりサヴァイヴァル物語だからとばっかり。。

ルナは、今までの事情を話しますが、サヴァイヴは
「人間は必要ない」と答え、この星の歴史をかたりはじめます。
みんなもルナに通訳してもらっていっしょにききました。
この星はかつて繁栄していたけど、
オゾン層の破戒や温暖化によって地殻変動がおき、大打撃をうけた、
と、まるっきり地球と同じ話。
人間はなんとかそれをくいとめようとしたけど
なかなか地殻変動はおわらず、あるものは大船団をくんで宇宙へ、
あるものは地上に残り各地にテラフォーミングマシンを設置。
その映像の中にアダムの両親をみつけはっとするルナ。
そのテラフォーミングマシンはすべて
宇宙船に搭載されているメインコンピューターサヴァイヴが管理。
テラフォーミングマシンの効果は少しずつあらわれ
この調子でいけば1000年くらいしたら元にもどる、と
残った人間たちは、宇宙へいった仲間にもそう情報をおくりました。
そこまでは人間とサヴァイヴとの関係は良好だったけど
そのとき、サヴァイヴが到達した結論は
この星から人間を排除すること。
人間を絶滅させるためのナノマシンを開発して散布したといいいます。
なぜならこの環境破壊は人間がまねいたもので、
人間こそがこの星の環境を破壊した元凶だから
すべての人間を排除するべきだときめたといいます。
それをきいて反発するみんな。
でも、人間の作ったものは多くの人間を殺してきた、とサヴァイヴ。
ナノマシンは体内で増殖を繰り返し、やがて人体を崩壊させる、
それはこの星における人間の行為そのものだ、と語ります。
「ひとりよがりな人間は、放置すれば星自体を滅ぼしてしまう。」
この星を元の環境にせよという、
人間の指示を実行しているだけにすぎないと語るサヴァイヴ。
そのあと、ロボットは爆発してこわれてしまいました。

ルナは「おしえて、私たちはどうすればいいの?」と
問いかけますが、返事はなし。
今の話をきいて考え込むみんな。
「人間は生きている限り、自然環境を壊し続ける」と
コンピュータのいったとおりだというシンゴ。
「でも環境を守りながら人と自然が共存するということも
できるんじゃないか」とベル。
「共存か。
 そんなもものは奇麗ごとだ。」とカオル。
「私もそう思う。
 生きることは生命同士のせめぎあでしかない。」とメノリ。
「せやかて、テクノロジーの進化で
 人間と自然の共存が可能になるんちゃうか?」とチャコ。
「ふん、どうでもいいいさ。
 環境を破壊しようが何しようが、僕は生きてやる」とハワード。
それぞれの性格がよくわかる、いかにもみんなが
いいそうなコメントでした。
そしてルナは

「命の尊さ。命の重さ、大切さ。
 それだけは間違っていないと思う。
 生をうけたからには、精いっぱい生きなきゃ。
 今はそれしかいえない」


正論です。さすがルナ。

とりあえず今はアダム。
さらに遺跡内を調べ、
ウィルスナノマシンを製造していた部屋をみつけます。
チャコが機械を調べシステムを解読し
シンゴがみつけた照射する機械で
悪性を良性にかえるべく、アダムをつれてきて治療。
これでなんとか助かりそうです。

しかしアダムの仲間はみんな滅んでしまったのか。
でもみんなの目的はコロニーにかえることだから
予定通りメインコンピューターをめざします。

次回、メインコンピューターにいくまでに
砂漠で苦労しそうです。
なかなか先にいきませんね。

無人惑星サヴァイヴ DVD-BOX 1
無人惑星サヴァイヴ DVD-BOX 1
2006.02.09 Thursday 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 無人惑星サヴァイヴ 第41話 | main | オーラの泉 三谷幸喜 >>