<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

無人惑星サヴァイヴ 第46話

第46話 「会いたかった」

外で食料探しをするみんな。
果物もいっぱい。
ドローンはあいかわらずうろちょろと
みんなを狙ってきますが
動きをとめるにはサヴァイヴをとめるしかありません。
ベルは魚釣りもして、みんなは果物で食事し
対策を練ります。
タコはチャコの読みどおり寝ています^^;
あいかわらず緊張感のないロボット。。。

ここはみんなのいた島に似ているとアダムがいいますが
ルナは、みんなの家での楽しい生活を思い出し
さらにシャアラとハワードのことを思い出します。
そこになんとパグーまで出現。
思わず走りよるアダム。
木の葉っぱを与えるアダム。
パグーのそばにはは、お母さんパグーもいました。
そのときドローンがあらわれルナとアダムを狙います。
危ないところを助けてくれたのは・・
なんとハワードとシャアラ。
木の上から静かにおりてきた二人はなんだか変。
みんなびっくりして感激し抱擁します。
ハワードに抱きつくシンゴとチャコ!
チャコもハワードのこと好きだったんですねえ。
メノリでえも涙をぬぐいます。
しかし、ハワードは無言だしリアクションゼロでおかしい。
みんなは再開を喜び、シャアラから今までの話をききます。
砂に飲みこれた下は水路になっていて、そこを流され
気がついたら森にいたというシャアラ。
ドローンに攻撃をされたけど、
ハワードが弓をつくってそれをかわしながらここまで
やってきたそうです。
しかしハワードはまったくしゃべらず
普通ならみんなもっと不審がりそうなものですが、、
シンゴは上着をかえそうとはなしかけても
ハワードは無言。
チャコが診察してみようとするのをシャアラは
「今はそっとしといてあげて。」と制止します。
ハワード、ショックのあまり記憶喪失にでもなったのかと
思ったけど、
ルナがシャアラにハンカチをかえそうとし
シャアラが手をふれるとルナに違和感が走ります。
ハワードもピクっとこちらをにらみ、どうみてもあやしい。
みんなは喜んでいるだけですが、
ハワードの目つきとシャアラはもしかして
あやつられている・・?

食糧確保に精をだすみんな。
森からドローンがいなくなり
それを不審がるメノリやベルたち。
サヴァイヴが何かたくらんでいると疑いながら、
隔離エリアのこともシャアラに話してしまいます。
アダムはパグーを再びみつけていきたがり
シャアラとハワードもいっしょにそちらへ。
アダムはシャアラにふれたとき何か感じたようですが。。。?
ハワードがアダムをよび、木の先の花を指差し、
とってかえったらルナが喜ぶというシャアラの言葉に
アダムは木にのぼりはじめます。
アダムを細い木の先へいかせて
悪者顔で微笑むハワードとシャアラ。
怖い。。。
ハワードが木をゆすり、アダムは水の中に転落、
ハワードも自分で水中にとびこみます。
アダムは、テレパシーでルナにSOSをおくり
かけつけてきたみんなのまえでアダムが沈んでいき
ルナは自分も水に飛び込んでいきます。
アダムはピンクの光につつまれカオルが救助、
ハワードはベルが助けます。
チャコはアダムを診察しますが
異常はなし。
ハワードも顔色が悪く、もしかして
悪性ナノに感染してるんじゃと疑われますが
シンゴのもっている照射機の存在に目をとめるハワード。
診察しようとするチャコをつきとばすハワード。
みんな驚きますが、
ハワードは怖い経験を忘れるのに時間がかかるから
そっとしておいてあげてと、うまくごまかすシャアラ。

シャアラと抱き合い、また違和感を感じるルナなのに
それ以上のリアクションはなし。
友達だからまさか、と思う気持ちのほうが強いのでしょう。
しかし並んで微笑む二人が怖すぎです。

サヴァイヴに操られているスパイを安全エリアにいれてしまって
どうなるのでしょう。。。
2006.02.23 Thursday 09:43 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 無人惑星サヴァイヴ 第45話 | main | 読書の時間 バーティミアス 3 プトレマイオスの門 >>
くあい (2006/02/27 8:01 AM)
ハワードとシャアラが少し変だとルナが感じているのは間違いなさそうですけど、具体的には何にもやらないのが何だかもどかしいですね。次回どんな事になっちゃうのか、なんだかハラハラしてます。
honey (2006/02/27 9:34 AM)
くあいさん、こんにちは。

やはり仲間だから疑ってかかるようなことはしないんでしょうね。
シャアラはともかくハワードはあきらかに別人なのに。