<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

西遊記 最終巻 天竺 

最終巻 天竺
公式サイトよりストーリー

様々な妖怪に命をねらわれる度に、
困難な事態を乗り越えるたびに“ナマカ”としての絆を
深めてきた孫悟空(香取慎吾)たち一行がたどりついたのは、
ある貧しい町。
その町で、ここまで一緒に進んできたのにもかかわらず、
あろうことか三蔵法師(深津絵里)がいなくなってしまう。
天竺を目前に一行を今までにないほどの試練が襲うことに…。


最終話にふさわしく、、見どころもいっぱいでした。
師匠を思う弟子の気持ち、
弟子を思う師匠の気持ち、
そえぞれ共に素晴らしく、物語開始直後から引き込まれました。
しかし、素晴らしい場所であるはずの天竺のお寺が
あんなところだったとは。。。
選民意識の強い腐敗した場所といいましょうか、
あんなひとたちが聖職者というのでは
お経の効き目なんてなさそう。
三蔵法師に与えるお経も、三蔵法師自信が修行して
一度死んでお経となるというとんでもないものでした。
しかし三蔵法師は、それに従わないわけがありません。
先週からたった一週間でどうやってあんなにやせたのだろうと
思うくらいやつれて(メイクのせいもあるのかな?)
やせこけたお師匠さんのもとへかけつけた弟子達。
悟空の言葉で

「人としての使命は生きることだ。

 生きて、生きて、生き続けることだ」


というのがとてもよかったです。
人として生まれたからには生きること、です。

その後、お師匠さんを逃がし、悟空ひとりで
追っ手をくいとめるために残ります。
たった一人(妖怪だけど)に大勢で、さらにわっかでも苦しめて
悟空はボロボロに。。
痛そうでみていられないくらいでしたが、
悟空はあきらめません。

「頑張ったやつが報われるんだ!

 頑張ったやつが報われる世の中じゃなきゃいけねえんだ!

 頑張ったやつが一番偉いんだ!」


さっきの「人の使命は生きること」とともに
子どもたちの胸にしっかり伝わったらいいなと思いました。

みんなで脱出するときに、今までの映像がうつり
まさに最終回にふさわしい演出。
三蔵法師や悟空たちの数々の名言が続きます。
ゆっくりみていると、それぞれ懐かしい。。
最初はテンション高すぎでびっくりしたけど
今は何の違和感もなくすんなり受け入れられるようになりました。

そして最後、いいところをもっていくのは堺正章。
如意棒の扱いも慣れたもので一同びっくり。
しかも、スペシャルゲストのその正体はお釈迦様!
出来すぎですねえ。
老子もひれ伏してたし。
お釈迦さまなら今までの旅の様子、
全部わかってましたよね。

三蔵法師は経典を手にすることができ
旅を通して学んだ心をもって
人々によい教えをひろめることができそうです。
みんないいナマカたちでした。

なんだか最後に、また旅にいくような展開になったけど
あれは・・??
「春休みスペシャル・西遊記祭り!!」へ続くのかまた違う話なのか。
スペシャルは3月27日月夜9時から♪


ところで三蔵法師のお話として私が好きなのはこちら。
孫悟空はでてこないし、この西遊記ともまったく違うお話なのですが
かなりおもしろいです。

玄奘西域記 (1)
玄奘西域記 (1)
諏訪 緑


2006.03.20 Monday 23:25 | comments(3) | trackbacks(24) | 
<< オーラの泉スペシャル その3綾戸智絵さん | main | 読書の時間 カラフル >>
kaoru (2006/03/21 10:09 PM)
こんばんわ〜。
うう、honeyさんのレビューを読んだだけで、こみ上げる物が……(>_<)
やっぱ、人としてとか、きちんと頑張ればとか、ちゃんとした人が悲しい思いをしないで済む世の中になればいいよねえ……しみじみ。
いろんな事を伝えてくれるドラマは、みんなに一杯見て欲しいものです〜。
ところで
いいものといえばジブリ。(ちょっと苦しい)
ジブリバトンをお渡ししたいのですが、もしよかったらご参加くださいまし〜♪
theta (2006/03/21 11:34 PM)
テンションの高さなどは好きでしたけど、
「仲間」を間違えて言った言葉「ナマカ」を
4人にだけに通じる合い言葉として、さらに強いつながりを持つ仲間っていう意味づけにしたような部分がかゆかったです。
その言葉が悟空以外から出てくるとかゆさ倍増でした。
それさえなかったら、もっと入って行けたんですけどね。
私も仲間だけに通じる言葉みたいなものは、若いときに持っていたので、それがかゆく感じると言うことは、
歳をとったということなのかな…
honey (2006/03/22 8:59 AM)
>kaoruさん
 kaoruさん、かなり心身お疲れなのでは。。
 傷ついた心は楽しいことして元気を補充してあげてくださいね。
 ジブリバトン、あとでいただきにいきま〜す(^^)

>thetaさん
 子どもには大人気だったようなので
 きっとそうなのかも。。
 上の子ですら「わかりやすくておもしろい。安心してみていられる」
 っていってましたから。
 









「西遊記」 最終巻
VIVAマチャアキ!!!!!!! いつ出てくるのか、いつ出てくるのか、と楽しみにしておりましたが・・・ほんと〜に、最後の最後!! 真打登場・・・・。 飄々とした様子で水をうまそうに飲む、村人風の男。 悟空が詰め寄ると、すいと如意棒をつま先で拾い上げ、
| 山葵の無駄遣い日記 | 2006/03/21 12:22 AM |
西遊記−天竺−(03/20)
いよいよ最終回を迎え,今回は,西遊記−天竺−の巻。かなり後半まで不安定な気分で見ていたのだが,最後になって「おもしろかった」に確定!!前回の最後に,「妖怪が天竺に入れるか」でまた一波乱ありそうなイヤな予感もする。と書いた。始まってすぐ,「私の旅はあな
| まあぼの交差点 | 2006/03/21 12:26 AM |
西遊記 第11話“天竺”
いや、良かったんじゃないですか?偉い坊さんも、いい感じの小物っぷりで(笑)個人的には、全体的に見て好きな作品でしたよ。こういうのもアリ、でしょうw
| 日々御気楽也 | 2006/03/21 1:12 AM |
西遊記 最終回 天竺
三蔵(深津絵里)一行は貧しい村人が沢山いる町に辿り着く。襲われる一行。三蔵が目を覚ますと天竺大雷音寺からの使い赤雲(山下真司)に助けられていた。目の前の山が天竺でここから先の案内の為に使わされたのだ。そして悟空(香取慎吾)たちを妖怪という事で捕
| テレビお気楽日記 | 2006/03/21 2:37 AM |
西遊記(最終回)
 いよいよ今日は最終回。やっとこさ天竺へ到着することに。しかし、やっぱり最後まで「なまか」で押しますか。{/face_hekomu/}  妖怪は天竺は入れないため、悟空ら3人は天竺の入り口で見送るが、天竺があまりにもしょぼ過ぎた。{/face_acha/}坊主が10人くらいと、
| ザクとは違うのよね | 2006/03/21 2:56 AM |
西遊記 最終回…偽天竺(・・?
水を取り合う3人… 「私の旅は貴方達の心に  報いる事が出来るのでしょうか」と悩む三蔵… 水を取り合う3人は ヘタって水が御臨終に…( ̄▽ ̄;) さていよいよ最終回! みんなは無事に天竺へ入れるのか(゚Д゚≡゚Д゚)? キャストはこんな感じです(
| zenの日記 | 2006/03/21 4:22 AM |
「西遊記」最終回
最終巻「天竺」滅法国をあとにした三蔵一行はいよいよ天竺を目指す。妖怪は天竺に入れないという衝撃の事実を知りながらも、結束して天竺への道を歩んで行く一行。悟空らがいつものように水を奪い合っている様子を見ても、三蔵はもはや注意をすることもなく、彼らの願い
| 日々“是”精進! | 2006/03/21 5:15 AM |
【テレビ】西遊記(最終巻)
三蔵にとって天竺は辛い所だった。長安から天竺まで徒歩で来たことを、物好きなことと笑われ、そんな時間があったら、仏の道を学べば良い物をと、罵倒された。
| まぁ、お茶でも | 2006/03/21 7:28 AM |
ドラマ『西遊記』最終回
マチャアキはお釈迦様ぁ〜!!!なんか、「続編あり」って感じの終わり方でしたね。。月9『西遊記』 最終巻(第11話) 「天竺」  ◆キャスト◆孫悟空  … 香取慎吾沙悟浄  … 内村光良猪八戒  … 伊藤淳史三蔵法師 … 深津絵里 ◆ ◆ ◆凛凛   … 
| strの気になるドラマ気になるコト | 2006/03/21 9:32 AM |
・「西遊記」最終巻「天竺」
昨夜のフジテレビのドラマ「西遊記」。最終巻(第11話:最終回)「天竺」でした。今回のゲスト出演は、「謎の男」役(実はお釈迦様)の堺正章さん、「赤雲」役の山下真司さん、「李玉」役の篠井英介さんでした。(はぁ。。。昨日の夜も、livedoorBlog重すぎて、書きこめ
| たまちゃんのてーげー日記 | 2006/03/21 10:31 AM |
『西遊記』第11回感想?
天竺はあんなんだったのか?しっくりいかんことが多いよなぁ。
| つれづれなる・・・日記? | 2006/03/21 11:18 AM |
「西遊記」最終回〜天竺〜
西遊記最終回?次週スペシャルがあるから、次回が最終回?ゲストの堺さん、やっぱりさすがですね。その場の雰囲気がいっぺんに引き締まった感じがしました。如意棒を振るさまは、まるでかくし芸大会でも見てるようでした(笑)昨夜感想をアップしようとしたんだけど、何
| アンナdiary | 2006/03/21 11:32 AM |
目を閉じて、みっつ数えよう。
@西遊記 最終巻 その間に行かぬ者は立ち去ればいい。恨みっこなしだ。 大友情ドラマ・西遊記の真骨頂な場面かと。誰も立たないって判ってるくせに〜。そんな演出も心憎くておもわずニヤリとして。今回の西遊記は内村光良という役者を得...
| コトノハヒロイ | 2006/03/21 11:38 AM |
ドラマ・西遊記 〜最終回〜
 やっぱり西遊記は三蔵法師のお話なんですよね。最終回、本当に魅せてくれました。3人の弟子たちのことを思いに応えようとする三蔵法師の姿はまさに理想の上司のように思えました。時に厳しくもあり、時に優しいその背中は悟空、悟浄、八戒が常に追いかけ続けるだけの
| いわぴいのドラマ日記 | 2006/03/21 12:22 PM |
「ヒーロー」はツライよ
これまでの月9とは一線を画した異色作 西遊記 もあっという間に昨夜最終回を迎えました。(まあ来週特別編あるそうです) このドラマについて当ブログでは第一回以来(記事はコチラ ) ということで最初と最後だけネタにするという都合がよすぎな形にな
| テレビ依存症男日記 | 2006/03/21 1:16 PM |
西遊記 最終巻 大団円!大どんでん返し!
いやぁ,よかったっすよ。 正直,月9で最終回を満足して見終えたのっていつ以来でしょう?記憶にありませんw。 ファミリー向けのお話ということで見やすかったのもありますが,主演陣が本当に「ナマカ」として結束していたのが見ていて本当に気持ちよかった。最近の月
| D.D.のたわごと | 2006/03/21 1:43 PM |
●西遊記・最終回
-前半は、うつらうつらとしていて、これで、終わってしまうのか?と思ったところに、堺正章登場で目が覚めました。 これまで、否定的な態度でのぞんできたドラマでしたが、最後にしてやられた感です。 セリフ回しのリズムといい、アクションといい、回りを飲み込んで
| ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中) | 2006/03/21 3:35 PM |
ドラマ『西遊記』最終回
マチャアキはお釈迦様ぁ〜!!!なんか、「続編あり」って感じの終わり方でしたね。。月9『西遊記』 最終巻(第11話) 「天竺」  ◆キャスト◆孫悟空  … 香取慎吾沙悟浄  … 内村光良猪八戒  … 伊藤淳史三蔵法師 … 深津絵里 ◆ ◆ ◆凛凛   … 
| strの気になるドラマ気になるコト | 2006/03/21 3:38 PM |
「西遊記」(最終巻:天竺)
今回の「西遊記」は三蔵法師一行が天竺にたどり着く、というものだ。今回のエピソードはラストにふさわしいものだと思っている。それを見て感じたこととは…。そして、鉄火丼が考える、消えてしまったお経の内容とは……。
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2006/03/21 11:50 PM |
西遊記 最終回
なんか、微妙な終わり方だなぁ〜 と思ったのは、私だけじゃないはずです 堺正章がお釈迦様かぁ。 それはいいとして、如意棒を操る姿は、さすがです。 でも、かくし芸を見ているみたいでした  次は、台湾へ    
| TOSUのブログ | 2006/03/22 12:33 AM |
西遊記 最終巻
『天竺』 孫悟空(香取慎吾)、沙悟浄(内村光良)、猪八戒(伊藤淳史)が 駆け寄るその先に、一つの水筒。 自分のものだと取り合う三人はにらみ合い、 「話し合おう!」 話し合い=勝った者のもの それぞれ武器を取り、にらみ合う三人。 「私の旅は、あなた達の心に
| どらま・のーと | 2006/03/22 9:30 AM |
「西遊記」最終回
先週の回で「妖怪は天竺には入れない」とわかったお師匠さん。 悟空、悟浄、八戒の三人が喧嘩をしても止める事も出来ないくらいに落ち込んでいました{/kaeru_shock1/} 気を取り直して旅を続けていると、飢えによって倒れていた村人を発見し 助けようとしたそばから、ど
| 気ままにいきましょう! | 2006/03/22 7:19 PM |
「西遊記」最終回〜天竺〜
天竺ってインドだよね?あの山ってどこよ?……。 っていうツッコミはダメですか(笑)
| 風の便り | 2006/03/23 9:29 AM |
『西遊記』最終話(その三) −伝言者−
「…かはっ!」 咳き込むと同時に、開いた傷口から血と体力が流れ出る。 それでも彼女は立ち上がった。悟空に伝えなければならないことがある。──天竺からの修行僧(殺戮者)の言う事が本当ならば!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
| GOlaW(裏口) | 2006/03/27 7:54 AM |