<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

獣王星 chapter NO.02 [ 茶輪 ]

chapter NO.02 [ 茶輪 ]
幼い日の双子くん。
父から地球の映像をみせられています。
バルカン星系のコロニーはみな地球をお手本に
テラフォーミングされたらしいです。
じぶんたちはバルカン星系の人間だよね、というトールとラーイに

「いいや、われわれは地球人だ。

 空は青く、水は輝き、緑が満ちた星・・

 人間はそんな惑星で生きていくべきだ。」


と語る父。
お父さんには地球への特別な想いがあるようです。

さて、現在。
負傷して寝込んでいたトールを助けてくれたのは女の子。

「女の子の手だ。初めてみた。」

なんていうから、へ?と思ったけど、
この星では、ということでした。
お母さんもちゃんといたもんね。

キマエラでは、女が少ないから、
リングの中で大切にされているらしい。
女の子の名前はティズ。
そしてここはオークルリングの砦。
トールが倒した相手はオークルリングのセカンドだそうです。
ラーイのことを思い出して、おきあがるトールに
「あいつは死んだ!
 お前も見たろう?
 仕方ない。
 油断したやつが悪いんだ。
 お前のせいじゃない。」
というティズ。
でもそんなこといわれてもトールが納得するはずもなく
「わかったようなことをいうな!」
と叫ぶと外にでていきます。
岩場の間に建てられている建物(砦)から外をみると
荒野のような風景。
遠くに宇宙にいくための塔もみえます。

そこへやってきたのはサード。
親切に水をもってきてくれたのに、トールは警戒心が強い。
そこへティズもやってきます。
「おれ、おまえを夫に選んだから。」
ここでは女に男を選ぶ権利があるんですねえ。
だからトールは処刑されずにすんだというのに
しかし当然トールは反発。
「やだよ。

 僕は誰にも選ばれたくなんかない。

 自分の運命は自分で決める。」

トールのいうこともごもっともですがサードはいいます。

「自分の運命は自分で決める?
 この星で出来ると思うのか?」
この星は普通じゃないですから、、
だいたいひとりじゃ生きていけなさそう。

忠告を無視し、歩いていくトール。
建物の中は迷路のよう。
あちこちにすわりこむ人々がいて、飢えているらしい。
トールは途中でからまれますが
「トライ」がはじまるときき、一同そちらへ。
トールもそこへいくと、剣をもったふたりが
決闘しようとするころでした。
そこへやってきたティズの説明によると、
これは、トップに挑戦し、勝てば挑戦者がトップになれるという
戦いらしい。
しかし勝者はトップ。
何年もこの地位をまもっているらしい。
「サードは?」ときくトール。
サードもなんか強そうだもんね。
「あいつは別さ。
 あいつは・・」と答えをきくまえにサードがあらわれ
トールはトップの元へつれていかれました。残念。

トップはトールに名前をきいてから平手打ちをくらわしたあと
「セカンドに免じてしばらくここにおいてやる
 ここでは強いやつだけが生き残る。
 この俺のようにな。」といいます。

トールはトップになぐられただけでダウン。
三日寝込んでたらしいしその間何も食べてないだろうしな。
でも目が覚めたトールはやっぱり出て行くつもり。
説得(というか、男に断る権利なんかないんだけど)
をつづけるティズをよびにきた女の子。
チェンがかんかんに怒ってるときいて
とりあえずトップのもとへ。

そしてまた昔の記憶。
政府の発表した平均結婚年齢が、
女の子は13.8歳、男の子は14.3歳。
「だとしたら、ぼくたちあと5年もしたら結婚するってこと?」
え、早すぎ。
つーか、この子たち9歳?!
なのに、もう女の子に交際を申し込まれていて
しかもトールに身代わりで断らせるラーイ。。。
トール、女の子扱い上手いし。
ふたりのパパは次期首相候補。
これは政敵もいっぱいいそうです。

「ラーイ。
 なんであのとき、一瞬でもあいつがいなくなればなんて。。
 あんなにあっけなく。
 誰が僕達をあんなところに。。」
とまたラーイのことを思い悩むトール。
トールは復讐の鬼となるか。

トールはまた外にでていきます。
それをみつけてたちふさがって、とめるティズ。
「好きでもないのに結婚できない」
「いやだ!」
湿地帯のうえに木の板がわたしてある
一見のんびりした場所ですが。。
トールはティズのいうことをきかず
湿地の中にはいってすすみはじめました。
底なし沼みたいなもんだったらかなり危ないじゃん。
すると沼の中がぼこぼこあわだって、
「はやくあがるんだ!」といわれるまもなく
中から植物が伸び始めました。
発芽したようですが、芽なんてもんじゃ、、、
トールとティズは飛ばされますが
トールがティズの腕をつかんんで
ビームナイフを突き立て植物にぶらさがります。
このへん、いかにもヒーローってかんじでかっこいい♪

傷口がひらいてきたトール。
「離せトール! 
 今のうちに逃げろ!」
でも離すわけがない。

「あのとき僕はラーイを助けられなかった。

 この子を助けたからって、

 ラーイが帰ってくるわけじゃない。

 この手を離したら、僕は、

 僕は、獣になってしまう。。。」


そこへ今度はもっとかっこよくサードが登場。

「ナイスタイミングだったろ。

 俺様ってば、かっこよすぎ。」


おお、自分で言ってるよ。
サードに救われ気を失ったトール。
「わかんないよ。
 俺のこと断ったのに、なんで命をかけて助けてくれたんだ?」
ティズはこの星の常識で生きてるから、
トールの行動は理解不能のよう。
目が覚めたトールは

「僕は僕自身のために助けたんだ。」

といいます。これまたティズにはわからないでしょう。
ティズは首にかけていたサンリングのネックレスをはずし
(=サンリングのセカンドをおりるということ)
「一生トールのもとで働く!」と決意。
トール、意味が分からず。
「夫からボスに格上げってことさ。」とサード。
ボス>夫なわけね。

外にでてみると、植物だらけ。
これから癒着してドーム状になるそう。
発芽の時期は被害も大きいけど
この植物によって水を得られるので
ここでは人はこいつと共存していくしかないらしい。

「ラーイ、

 なぜ僕たちがここに来たのか。

 きっと答えを探し出してやる。

 お前のためにも。」


強く誓うトール。

おもしろいですね〜。
映像もきれいだし。
先の展開も楽しみです。

獣王星 1 完全版 (1)
獣王星 1 完全版 (1)
樹 なつみ
獣王星 2 完全版 (2)
獣王星 2 完全版 (2)
樹 なつみ

獣王星 3 完全版 (3)
獣王星 3 完全版 (3)
樹 なつみ


2006.04.26 Wednesday 10:31 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< アテンションプリーズ STORY#2 | main | アニメ NANA 第4話 >>









[+] アニメ「獣王星」第2話
アニメ「獣王星」の第2話「茶輪」です。 【 あらすじ 】 僕は誰にも選ばれたくなんかない。 自分の運命は自分で決める── CHAPTER NO.02 [ 茶輪 ] トールはティズとサードに助けられ茶輪の砦に来ていた。 ティズから「夫になれ」と指名されるがそれを断り砦を去る
| 腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::赤 | 2006/04/26 11:11 AM |
獣王星 に話
獣王星 すっごい背景の美術がキレイ 始終感激しっぱなしでした。。 つか、設定がしっかり作り込まれてるから飲み込むのが大変だ。。。 ボーっとしてると、えどこに所属してるって ってなっちゃう。 聞き慣れないコトバだから余計かなぁ。 でもキャラクターが増
| みてぃころぐ。 | 2006/04/26 1:35 PM |
獣王星・第2話
「茶輪」 幼少の頃の夢を見たトール。気付くと、そこには見知らぬ風景。目の前には、
| たこの感想文 | 2006/04/26 2:49 PM |
獣王星第2話「茶輪(リング)」
過去話から。小さい頃のトールとラーイと父。
| kasumidokiの日記 | 2006/04/26 8:24 PM |
獣王星 NO.02 茶輪
一言感想 「バルカン星系」ですよね、これじゃないですよね?
| 木下クラブlog | 2006/04/27 8:59 AM |
獣王星 第2話
サブタイトル「茶輪(リング)」   ティズという少女に救出されたトールは、彼女から夫に選ばれたことを宣告される。  トールはオークル・リングの中での生活から抜け出そうとするが...   獣王星 (第1巻)  以下詳細  ***********
| オヤジもハマる☆現代アニメ | 2006/04/28 11:29 PM |