<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

獣王星  CHAPTER NO.08 [ 深層 ]

CHAPTER NO.08 [ 深層 ]
サードは通信室のような場所でなにやらやってます。
この男、かなりわけありみたい。
探しにきた部下には昼ねしてたとばっくれていますが
最新機器みたいなものをつかっていました。
トールとティズがいなくなったと報告をうけたサードは
精鋭数人と探しにでることに。

クレバスにおちたトール。
ムーサの根がはっていたので弾力性があり助かったもよう。
倒れているカリムにかけより助け起こすトール。
カリムが目をあけたときに本当に嬉しそうな表情をするトール。。。
しかしカリムはトールを拒絶。

トールにおいていかれ不安なティズは
ブリザードがやんできたすきに外へ捜索にとびだします。
一人じゃ危ないんじゃ。。

トールはなんとか上にのぼろうと試みますが
すべってうまくいかず。
根にビームナイフをつきさそうにも傷つけることすらできず
水も得られない。
そんなトールに「死ぬのが怖いのか」とたずねるカリム。

「俺は、おまえを死なせたくない。」

「なぜだ。
 
 なぜ、おまえは私を救う必要がある?!」

「わからない。自分でも。」

そりゃ好きだから(*^_^*)

もう戻れないというカリムは、
ザギは自分のすべてだった、
ずっとザギの背中だけをおいかけてきたといいます。
しかしザギはカリムを捨てた。。
「ザギは私を必要としていなかった。
 おまえさえあらわれなければ。。
 ザギはパートナーとしておまえを選んだんだ。
 おまえさえいなけえば・・」
と矛先をトールにむけるカリムは
トールを攻撃してきました。
伸びる糸みたいなもので手をからめとり、
矢を突き刺します。
しかしよけもしないトール。

「おまえと戦いたくない。

 俺はザギのパートナーにはならない。
 それにあいつは、ほしがらないさ。
 自分すらほしがらない男に
 他人が必要なわけない。」

カリムの心がうごき、トールから矢(?)を抜いてやります。

「私はおまえを殺そうとしたんだぞ。」

「そうじゃない。
 
 おまえは俺に殺されようとしたんだ。

 でも俺には、おまえは殺せない。」


そのとき、さっきとばしたビームナイフがムーサにささっているのに
気づくトール。
その周辺はヒカリゴケがはえていて、
この部分なら剣がささるとわかります。
ムーサを切り開いて覗き込むと
そこは根のはった水のある場所。
「外にでられるかもしれない」というトールと対照的に
カリムは戸惑ったような顔です。

二人を捜索中のザギたちのもとへサードもやってきました。
この二人、曲者対決ですが、サードのほうが男前か。。

トールは水の中をもぐって探索した後、戻ってきて
カリムにいこうと手を差し伸べました。

「おまえは、なぜ生きることに
 
 そんなにも貪欲なんだ?」

とたずねるカリム。
カリムはザギに捨てられた時点で生きる希望を失ってしまったよう。

「知りたいんだ。
 
 俺はすべてを知って、納得してから死にたい。

 だからこそ、

 だからこそ、生き続けるんだ。」


この強い意志がここでは大事なのでしょう。

サードに、トールはセカンドをおいかけていったと話すザギ。
出て行ってからもうまる一日。

「ふつうなら死んでるとこだが。

 あいつのことだからな。

 あの生命力は半端じゃねえ。

 強運、っていえばいいか。

 あいつは、それをもって生まれてきたとしか思えない。」


強運で生き残っているのはサードもザギも同じ。
しかしサードは訓練をうけていたからといい
ザギはそれをきいていいます。

「あんたも俺と同じだな。
 
 人間という獰猛な獣だ。」

「俺はナイトリングを、皆殺しになんかしない。」

「同じさ。

 頭の中でそう望んでいればな。」

このふたり、やはり似たものどうしか。
トールを探しに行きながら、
サードはトールが女にかまけているのが
気に入らない様子。
「女にうつつを抜かしている場合か」
確かにねえ。。
だいたい恋におちるの早すぎだし。

ムーサの狭間からでて、根を伝ってのぼろうと提案するトール。
その場から動こうとしないカリム。

「トール、おまえは美しいな。

 はじめておまえを見たときからそう感じていた。

 なんだ?何を見ている。」

「おまえの方がずっと綺麗だからだ。」

言うと思ったけどやっぱり言ったか。
トール、今まで恋愛に興味なさそうだったのに
やるときにはやる男。。。

「おまえは自覚がなさすぎる。

 おまえより美しいものなどいるはずがない。

 まして、おまえを嫌う女など、この世にいるものか。」


「カリム」

「私は、おまえになりたかったんだ。

 おまえが羨ましく・・・・ねたましかったんだ。」

カリムのそばにより頬に手をそえ
キスシーン・・・。
たしか原作だともっと先までいっちゃうのですよね。

ううう、その頃不憫なティズがトールを捜し歩いているのに。
サードもティズと合流。

カリムはトールにいいます。

「行け!トール。

 おまえには生きる理由がある。
 
 知って納得して死にたいのだろう。」

「ああ、この星に落とされてからずっとそれだけを思って生きてきた。
 
 でも今は、自分でも不思議だよ。

 こうしておまえといると、
 
 ここもまんざら悪くないような気がしてる。」


すっかり恋する男、トール。

バカなことをいうなというカリムにさらに愛の言葉を続けるトール。

「それでも、俺がおまえをおいてはいけない。

 そんなふうに生き延びたって無意味だ。
 
 俺はおまえと生きたいんだ。」


そしてカリムに手を差し出します。

「いっしょにここを出よう。
 
 そして、共に生きよう。」


トールにここまでいわれて
拒否する女はいるでしょうか。
トールは、カリムにオークルリングへくればいいと誘います。

「ザギだけがすべてじゃない。」

とうとうカリムの気持ちも動きます。
そして二人は地上へ。
ブリザードもやんでいました。
「ラッキーじゃないか」と喜ぶトールに
カリムがいいます。

「女神に愛される男って言われる意味が、わかった気がする。

 おまえにつきまとう伝説だ。

 シルヴァークのトールは、誰も殺せない。

 幸運の女神のヴェールがいつも彼を覆っているからだ。

 おまえは、女神に愛される幸運な男だ。」


「本当に幸運ならキマエラになんか落とされていない。

 でも女神には感謝するよ。

 こうしておまえにあわせてくれたんだから。」


恋するトールは幸せ全開の返事。
愛の言葉を惜しまないって大事ですね。
ところが、そこへやってきたのはティズ。

カリムをオークルリングにつれていくときいて
ショックをうけるティズに、さらにおいうちをかけるトール。

「わかってくれ、ティズ。

 おまえを愛してる。

 だけどそれは妹としての愛情なんだ。」


わかりたくねーよ、そんなの!!
妹として愛されても嬉しくない!!

「だって、オレ・・おまえのことずっと・
 
 オレじゃ、だめなの・・・・」

「すまない」

サードも登場。
ティズは涙をながしながらその場を駆け出し
チェンが追いかけました。
ザギの姿もみえ、カリムをみて鼻で笑い
トールは厳しい顔で見つめます。

ティズをなぐさめるチェン。
チェンもサードに冷たくされた人ですから
気持ちはよ〜くわかるはず。
嫌われているわけではないからとはげまし
それ以前に、事態が大きく動くかもしれないと話します。

「ザギが何かをたくらんでる。

 トールも必ずまきこまれる。

 いいか、ティズ。
 
 おまえはトールを信じて待つんだ。

 けっして、トールから離れちゃいけないよ。」

ザギはトールとサードに状況報告。
ユノにはすでにこちらの意向をつたえてあるそうで
トールはザギの計画に賛成しているわけではないけど
今はあえてそれにのることにするといいます。
「おまえは獣王としてヘカテに出向け。
 おれはセカンドとして同行する。」

サードはトールに真意をといますが
時間がないとこたえるトール。
ザギがヘカテでみた氷漬けになった獣王の話を信じるトールに
サードは、ザギはトールをカリスマとして利用したいだけだといいます。

「いいか、トール。
 
 おまえはやつを倒して獣王になるんだ。」

「なんのための獣王だ。

 俺は知りたい。

 ただそれだけだ。
 
 オーディンが両親を抹殺したわけを。

 キマエラが存在するわけを。」

でていくまえにオークルリングと
カリムのことをサードに頼むトール。

「カリムを愛してるんだ。」

その言葉をきいたときのサードの顔が驚きすぎ。。

「じゃ行くよ。

 時間がないんだ。」

「時間?

 時間なら俺にもない。

 俺にだって、もうないんだ。」

さて、サードの時間がないわけとは?
次回はヘカテ?
いっきにストーリーがすすみそう。

Deep in your heart/+MILLION but -LOVE (初回限定盤A)(DVD付)
Deep in your heart/+MILLION but -LOVE (初回限定盤A)(DVD付)
堂本光一


獣王星 1 完全版 (1)
獣王星 1 完全版 (1)
樹 なつみ

獣王星 2 完全版 (2)
獣王星 2 完全版 (2)
樹 なつみ

獣王星 3 完全版 (3)
獣王星 3 完全版 (3)
樹 なつみ

獣王星オリジナル・サウンドトラック
獣王星オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

獣王星 VOL.4 初回限定版
獣王星 VOL.4 初回限定版


 
2006.06.07 Wednesday 10:32 | comments(2) | trackbacks(24) | 
<< アテンションプリーズ STORY#8 告白・・大空の初デート | main | アク解 >>
魔女のホーキ (2006/06/07 2:03 PM)
初めまして、魔女のホーキと申します。
TBどうもありがとうございますっ。
私もTBさせて頂きました♪

今回ついに主要キャラが勢揃いして、それぞれの思惑やら想いがチラチラ顔をのぞかせ、これからの展開にどう作用していくのか…ってな具合で、本当に目が離せないですねっ!
次回が楽しみです☆
honey (2006/06/07 5:29 PM)
魔女のホーキさん、こんにちは。

TB&コメントありがとうございます(^^)v

サードにザギにトールにと、いい男ぞろいですよね。
あと数回しかないとのことなので
いっきにクライマックスにいくのかな。
ティズもむくわれてほしいものですが。。









獣王星 #8 「深層」
深層=クレバスに落ちたトールとカリム・・・ あぁぁ(>_
| マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2006/06/07 10:47 AM |
深層
「知りたいんだ。俺はすべてを知って納得してから死にたい」
| tune the rainbow | 2006/06/07 10:49 AM |
獣王星 chapter08「深層」
公式HP STORY のまねっこです。似てないね↑ 制作日誌を先に読んでしまったので、ティズがもーっと可哀想なことになるんだとは思っていましたが・・・
| ブログな気持ち | 2006/06/07 10:55 AM |
獣王星#8「深層」感想
良い男が揃って目の保養♪トール以外の二人は下心ありありですけどね。良い男な回でしたが良い女の回でもありました。「深層」クレバスに落ちたトールとカリム。一緒に脱出しよう、そして自分を死なせたくないというトールを攻撃するカリム!なぜならザギは自分ではなく
| おぼろ二次元日記 | 2006/06/07 11:06 AM |
獣王星 第8話「深層」
獣王星 VOL.1 初回限定版密閉空間に男女が二人きり。 ついでに命が危ない感じ。 こうなったら子孫を残そうとする本能の作用も手伝って、恋愛感情は盛り上がるものです。 さらにはトールは思春期真っ盛り。 ヤりたい盛り(笑)じゃなくて、お年頃で女の子に興味バ
| シバッチの世間話 | 2006/06/07 11:19 AM |
獣王星 第8話〜深層〜
さぁ、待ちに待った第8話〜深層〜です。 今日はサードが特盛りですよぉ〜♪ アバンからサード登場で気合入りまくり! ところで、ここって何処ですか?サードが見てたのは故郷の
| Cry for the moon | 2006/06/07 11:43 AM |
獣王星 第8話
第8話「深層」 ? 「トール、何を考えている?女に現を抜かしている場合じゃないぞ」 ? うん、サードの予想通り、女に現を抜かしています! ? ムーサのクレバスに落ちたトールとカリム。 まだ気を失っているカリムにトールはチャンスとばかりに襲いかかった!
| 孤狼Nachtwanderung | 2006/06/07 12:18 PM |
「獣王星」第8話「深層」観ました☆
二人して谷間に落ちてしまったトールとカリム。 カリムはトールに対して闘争心をあらわに剥き出し、ザギに見離されたのもトールが現れたからだと怒りをぶつけました。 そして「お前さえいなければ…っ!!」…とトールに対して攻撃するも、当のトールは闘う気ゼロで
| 魔女のホーキのおしゃべり | 2006/06/07 1:51 PM |
残された時間
{/hiyoko_cloud/}自分の命の残り時間がわかっていたら・・ 『獣王星』 Chapter 08 深層 ひとりで地球(?)のホログラムを見ているサード。 何を想っているのでしょう。 ターバンメガネをはぐらかしていたところを見ると、 彼らはグルじゃなかったんです
| マイ・シークレット・ガーデン | 2006/06/07 1:57 PM |
獣王星 はち話
獣王星 美しさは〜罪〜(バンコランやん) トール、そりゃカリムはキレイだけどっ ティズがかわいそうだ。 妹としてとか言われるティズ。 かわいそうだよ、あの走り去っていく切なげな背中が・・・ 女神に愛された男だからってあまりに非情だよ、トール。
| みてぃころぐ。 | 2006/06/07 2:22 PM |
獣王星 「深層」
◆茶輪の砦の地下秘密基地!? ホログラムのユノ?を見るサード。 ラダがサードを呼びにくる。 サードは、昼寝をしていたとうそぶく。 ◆絶体絶命の二人は・・・ クレバス滑落した
| 有閑市民のすすめ | 2006/06/07 3:43 PM |
獣王星 08 深層
多少のご都合主義は、目を瞑るしかあるまいて。
| 猫煎餅の斜め下ブログ | 2006/06/07 6:26 PM |
獣王星 CHAPTER NO.08 [ 深層 ]
ちょっとトール(#゚Д゚)ゴルァ!! なにやっちゃってるんですか!!! ティズというものがありながら!!! 感想↓
| 隠れヲタク的日々日常 | 2006/06/07 6:54 PM |
+獣王星【8】+
第8話「深層」     サードがあやしい・・・。   さてさて、前回登場した朴さんことカリムを追ってきたトール 二人で仲良く遭難です。   どこかに落とされちゃったみたい。 生きることに貪欲なトールは 必死に戻る術を探索。   全てを知って納得してか
| ウタウタイ | 2006/06/07 7:57 PM |
獣王星 #8「深層」
今週「アレ?」と思ったこと。サードの声の雰囲気が少し変わった気がしました。前よりかは聞けるレベルになったかな。原作読者なので、今回のトールとカリムのあっと驚く大展開にはついていけたんですけど、やはりティズが可愛いので気の毒に思えてしまいました。カリム
| Anochecerblog | 2006/06/07 10:04 PM |
獣王星 #8深層
←右はトール?左は…? あんな高さから落ちて、無傷ってのはおかしい。さらに、ト
| 才谷屋DIARY | 2006/06/07 10:44 PM |
獣王星 第8話
サブタイトル「深層」   一命を取り留めたカリムを見初めたトールは、彼女をオークル・リングに迎え入れることを決意する。   それを知ったティズは...
| オヤジもハマる☆現代アニメ | 2006/06/08 6:09 AM |
血と乳の葛藤「獣王星」
黙って立っているだけで男も女も惚れさせる。そんな事が出来るのは少女漫画の主人公の特権ですわ。別に光一だからってわけじゃありません。 文字通りの「濡れ場」から粘膜同士の接
| Anime in my life 1号店 | 2006/06/08 6:29 AM |
アニメ感想 「獣王星」第8話
「獣王星」八話見ました。  展開、早っ!!
| 灰色つれづれ草子 | 2006/06/08 8:33 AM |
獣王星 #08 『深層』
行方不明になっちゃって大変だー!と思ったら、 トール、女にうつつをぬかしてましたヨ 今回、愛が芽生えたみたいですよ。 ティズが切ないよー(´Д⊂グスン
| ティンカーベルをください | 2006/06/08 5:45 PM |
『獣王星』 6/1 (6/2) 感想
http://mirumo.serika.ciao.jp/trackback/523885 オープニングは通信室でのサード。 ラダがトールとティズがいないと伝えに来る。 「ここで何を。」と聞くラダに、「昼寝。」とはぐらかすサード。
| よろず屋の猫 | 2006/06/08 10:32 PM |
獣王星CHAPTER NO.08「深層」
カリムには優しいトール。恋?アニメ獣王星。
| kasumidokiの日記 | 2006/06/09 10:02 PM |
獣王星 #8
サードは相変わらず一人でこそこそやっているみたいです。サードが立体表示させていたのは、もしかして地球でしょうか!? サード好きな人は、地球にいるということなのでしょうか。ク...
| 日々の記録 on fc2 | 2006/06/10 12:14 AM |
獣王星 #7 #8
■CHAPTER NO.07 [ 独立 ] 『ブラン・ロウ』の正体はザギだった。うろたえるトールに、ザギは獣王とはただの幻なのだと話し、「一緒に独立戦争を仕掛けないか」と持ちかけてきた。 ■CHAPTER NO.08 [ 深層 ] カリムを追いかけムーサの狭間に落ちてしまったトー
| silly days | 2006/06/12 10:36 AM |