<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アニメ 僕等がいた 第8話

アニメ 僕等がいた 第8話
「中学の時 山本さんと何があったの?」

「矢野?」

「なんで?」

「なんでって 矢野と同じ理由だよ。

 不安だから。
 
 隠し事はなしでしょう?

 矢野・・・矢野?」

固まったままの矢野。

 何で答えてくれないの?

オープニングスタート。

そこへタイミング悪くお母さんがはいってきました。
七美の母、最強?
矢野はそのすきにトイレへいって
気持ちのきりかえ。「アホ」とひとことつぶやきます。

「さっきの話の続きしよっか。

 んとさ、先にオレがききたいんだけど

 おまえは『何があった』と思ったの?」

「え、えと」

 そんなこと 

 急に聞かれてもわかんないから 聞いてんのに


矢野は有里はただのクラスメイトだったと説明してくれます。

「他に質問は?」

「山本さんは・・・矢野のこと好きだったの?」

「あはは。そんなの・・初耳」

「あたし」

「ん?」

「遠足のとき、矢野がなんのちゅうちょもなく

 山本さんの額にふれたでしょ。

 ずっと気になってたの。
 
 ずっとやきもちをやいてたのかもしれない。

 山本さんのこと・・どう思ってんのかな」

 本当はずっとこれが一番ききたかった

「どーでもいいよ。
 
 山本がオレのこと好きだろうと嫌いだろうと
 
 どっちでもいい。関係ない。興味ない。

 ねえ。好きの反対て『嫌い』じゃないんだよ?」

「じゃあ何もなかったんだ」

「あるわけないっつーの。

 安心しろよ」

七美の頭をなでてくれる矢野。

 そっか あたしは 大丈夫だよって

 こんなふうに 安心させてほしかったんだ


2人はキス。

「矢野 あたし 信じるよ」

家に帰るためバスに乗った矢野を
七美が見送ってくれています。
矢野は七美がいった「信じるよ」という言葉を思い出しながら

「ごめん 高橋」

とつぶやきます。。。。

竹内君に、矢野は有里とはなんでもなかったと報告する七美。

「竹内君が気づかないはずないもんね」

七美の言葉に、なぜか意味深な顔で沈黙する竹内君。
七美の髪型を「かわいいよ」とあっさりほめるあたり
この人もなかなか・・・。

矢野の家にいったことで、
水ちんたちから最後までいったかどうか
つっこまれる七美。
でも七美はそこまではまだ思い切れずにいて
矢野は・・・欲求不満?!
英語の授業中に「make love with her」だの
つぶやいてクラスのみんなから笑われてます。
そんな矢野の様子に、クラスの子の噂話。

「なんたって、矢野はあの逸話の持ち主だし」

「ああ、アレね。ナナは知ってるの?」

「知らない、てゆーか、秘密だよ、ナナには」

しかしそれをバッチリ聞いていた七美・・・。

竹内の部屋をたずねる矢野。
ノックもなしでしょっちゅうきてるみたい。
隣の席が山本だというと、「そりゃたいへん」と竹内。

「おまえも高橋もいちいちなんだっつの」

「何って?」

「あいつ勘ぐんだよ。

 オレと山本がなにかあったっておもってる」

「あったじゃん・・」

「見たんだよ。あの日 おまえらがいっしょに帰ったの。

 いっしょに手つないで山本の家にいったろ。」

ふりむいて竹内の顔をみつめる矢野。

「見たんだよ」

「線香、あげにいったんだ。悪いな、期待はずれで」

「元晴。オレのことまで騙せると思うな。むかつく」

「なんで 知らないふりしてた、今まで」

「知らないふりなんかしてない。

 おまえがいわなかっただけだ。

 なんで、妹とできんだよ・・・なんで」


矢野の回想。
前の奈々の部屋は今は有里の部屋になっていて
今のお姉ちゃんの部屋あそこ、と有里が指差した先は仏間。。
なんかこういうところがいやというか
有里はおねえちゃんのことがやっぱり嫌いだったのか。。。

七美は学校帰りに矢野の家にいくことに。
友達に「がんばれ」といわれても表情がくら〜い。
やる気満々で、一生懸命、七美のご機嫌をとる矢野だけど、
七美はすごく機嫌悪くて、腰にまわした手もふりほどきます。
幸せそうなカップルをみてため息。。

 どうしてあたしたちって
 
 次から次へと悩みがつきないんだろう


矢野の家にいくと母がでかけていて留守でした。

「騙された!」

「嘘だ!偶然、偶然」

ちょっとしたケンカ勃発。

 神様 あたしは 今日この家で

 自分をまもりきれるだろうか


七美は矢野とかなり離れて座って
警戒心もバリバリ、矢野、かわいそうに。。。

キッチンにならんでお茶をいれながら

 なんかこうやって2人で並んで立ってると

 まるで結婚してるみたいな変なかんじ・・・


思わず妄想してしまう七美。

「あのね、うちのお父さんとお母さんて

 高校のときからつきあって10年目で結婚したの」

「マジ?信じらんね。よく続いたね。」

せっかく七美の機嫌がなおりつつあったのに

矢野、はずした!

 そりゃ あたしと矢野がこのままずっとつきあって
 
 結婚するなんてありえないのかもしれないけど・・

 そっか 10年後にここに一緒にたつのは

 あたしじゃないかもしれないんだ


「あ〜〜〜」と頭をかかえる矢野。

「そばにこいよ 高橋」

矢野にこんなこといわれて断れる子はいないような。

 「好き」がふえるほど

 寂しがりやになる気がする


「わかった。

 高橋を不快にさせること言わない。

 英語の時間もふざけない。

 それから今日は絶対高橋に触れない。
 
 約束する」

女のためならいくらでも主義主張をかえるという矢野。

「さ、そろそろ、おまえの機嫌悪い理由言えよ」

「中学の時・・・

 学校の体育館で 奈々さんとやったってほんと?」


青ざめる矢野・・・うろたえるけどごまかせない。

「別に 過去のこと責めるつもりはないの

 だって仕方ないもん いいの」


 今さら 矢野の過去に

 嫉妬したって仕方ない
 
 10年後の矢野だって同じ

 そんなのぜんぶわかってるはず

 なのにどうして

 矢野の全部を独り占めしたいなんて思うのかな


そりゃやっぱり「好き」だから。
バスの中のことを思い出す七美。

 本当は・・あの手も イヤじゃなかった

七美に手を伸ばしそうになってとめる矢野。
がまんするのがたいへんだからと、七美の横から離れて
向かい側の席へうつる矢野。

「高橋

 おれだって過去書き換えたいよ できるならね

 いくらでもやるさ
 
 おまえが泣かないですむなら

 でも そんなことは不可能だ

 過去はかわんない。

 だったら、

『過去』に負けない『今』をつくろうぜ。

 いい?

 オレたまにくさいセリフはいちゃうね。」


 ずっと誰かを 自分のものにしたくて

「矢野・・やってもいいよ あたし」

「え・・何を?

 まさか えっちー!なんつって」

七美は赤面して目がうるうるしてるし
矢野は驚いた表情。。。
エンディングの音楽もかぶりますますもりあがります。

 流されてんのかな あたし
 
 でも 

 気持ちをおさえる理由が 
 
 見つからない


なんかすごくいいところで続くんですけど!
しかも予告もかなりいいかんじだったし。

「あたしを矢野のものにしてください」

って。
最後までいくほどの気持ちはなかった七美ですが
好きだから、あたりまえのようにそんなふうに
なっていくんだよねえ。。
「気持ちをおさえる理由が 見つからない」
というところがほんとにいい。

オープニングテーマ
 「君だけを」 Mi

今日のエンディングテーマ
「アイシテル」Mi

関連記事
アニメ 僕等がいた 第1話
アニメ 僕等がいた 第2話
アニメ 僕等がいた 第3話
アニメ 僕等がいた 第4話
アニメ 僕等がいた 第5話
アニメ 僕等がいた 第6話
アニメ 僕等がいた 第7話
アニメ 僕等がいた 第9話
アニメ 僕等がいた DVD

アニメ 僕等がいた公式サイト
僕等がいたデジタルHR(ホームルーム)

それぞれの夢/君だけを
それぞれの夢/君だけを
Mi


スペシャル・エディション1  2006/10/04発売

僕等がいた スペシャル・エディション1 (初回限定特別版)
僕等がいた スペシャル・エディション1 (初回限定特別版)



僕等がいた スペシャル・エディション2 2006/11/1発売

僕等がいた スペシャル・エディション2 (初回限定特別版)
僕等がいた スペシャル・エディション2 (初回限定特別版)



  
2006.08.22 Tuesday 13:24 | comments(5) | trackbacks(6) | 
<< サプリ 第7話 ぶどう畑のキス | main | ダンドリ。第7話 >>
よっし〜 (2006/08/24 9:24 AM)
どうなるかの〜。ますます楽しみじゃ。
フル☆マルコ (2006/08/24 12:15 PM)
初めまして。
いつもTBでお世話になっております。
今回、間違って違う記事をTBしてしまったので
お手数ですが削除していただけたらと思います。。。
大変申し訳ございません。。。
honey (2006/08/24 2:21 PM)
フル☆マルコさん、こんにちは。

こちらこそいつもありがとうございます。
TB、了解しました。
sana (2008/10/05 2:16 AM)
はじめまして!このblog毎回読んで思わず泣いてます‥ いいですよねぇ「僕等がいた」過去の切ない恋を思い出すんですよねぇ。。
これからも頑張って下さい(^_^)v応援しています!
honey (2008/10/05 10:28 AM)
sanaさん、こんにちは。

はやく続きが読みたいですね。










僕等がいた 第8話
やるか、やられるか。 切実です。。
| LUNE BLOG | 2006/08/23 11:29 PM |
僕等がいた 第8話
お母さんいい仕事しすぎです。 どっちの親もね。
| SOBUCCOLI | 2006/08/24 8:50 AM |
僕等がいた #8 ―なんで 妹とできんだよ―
質問返しですか!? 山本有里とのことを疑う七美に逆質問、そして 「(山本と何か)あるわけないっつーの」と言う嘘・・・ ズルイねぇ矢野くん。 七美を安心させたいのはわかりますが。。。 (それでも・・・
| マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2006/08/24 12:12 PM |
僕等がいた 第8話
七美、言っちゃった!! すごいところで次回に持ち越しちゃった今回の僕等〜ですが、山本さんの存在がどんどん七美と矢野の間に重くのしかかってきたって感じ。 「中学時代に山本さんと何があったの?」っていう質問に
| ラブアニメ。 | 2006/08/24 1:01 PM |
僕等がいた 第8話
僕等がいた 第8話 やりたい。やらせない。ムラムラしない。
| 恋華(れんか) | 2006/08/27 11:22 PM |
僕等がいた 第8話…
僕等がいた スペシャル・エディション1 (初回限定特別版)僕等がいた スペシャル・エディション2 (初回限定特別版)僕等がいた スペシャル・エディション3 (初回限定特別版)僕等がいた スペシャル・エディション4 (初回限定特別版)僕等がいた スペシャル・エディション5 (
| Cosi Cosi | 2006/09/14 9:34 PM |