<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダーカブト 第30話

仮面ライダーカブト 第30話
黒包丁に対し、光の料理人たちに伝わってきた
包丁があるそうで、その名も白包丁。

「俺の勝ちだ」と生簀(阿部進之介)。

「この敵はおれがとります」とじいや(梅野泰靖)をささえ

生簀にむきなおって「必ず」と宣言する天道(水嶋ヒロ)。

加賀美(佐藤祐基)は、岬(永田杏奈)をよびだし
加賀美は剣(山本裕典)がワームになったことを
話すべきかどうかまよっていましたが

そこへ馬車に乗った剣ぼっちゃまが登場。

「ミサキ〜〜〜ヌ!」

このために馬をかりたんだろうか。。。。
ぼっちゃま、白の王子様スタイルなのは
いつものことですが白タイツまではいてます。

「ミサキ〜ヌ、

 今日はあなたを正式にデートにお誘いしたい。

 さあ、いっしょに遠乗りにでもまいりましょう!」


「あんたねえ・・・」岬さん、冷たい目。

「俺の考えてることは、あなたのことだけです!」

あきれる岬と加賀美。
ぼっちゃまは「ミサキ〜〜〜ヌ」と叫びながら
手をひろげて走ってきました。

「岬さんは逃げてください」とあきらめたようにいう加賀美に
「ありがと」とお礼をいって岬、退場。

剣坊ちゃまをとめる加賀美。

「おまえ、岬さんをどうするつもりだ?」

「ミサキ〜ヌは俺が守る!

 必ず、この手で。

 以前、俺は、姉さんを守ることができなかった。

 だが、今の俺が誰よりも強い。

 おまえにも、天道にも、邪魔はさせない!

 サソリの形をしたワーム、

 俺は必ずやつをこの手で倒す!」


そういうとぼっちゃまはかえっていきました。

「気づいてないのか、自分がワームだってこと・・」
とぼっちゃまをみおくりながらつぶやく加賀美。

天道、絶不調。
樹花ちゃん(奥村夏未)につくった料理がはげしくまずそう。

料亭破りにあらわれた生簀。
京懐石の伝統を受け継ぐ店へのりこむと
黒包丁をとりだし、稲光とともに見事な包丁さばき。
生簀の作った刺身をたべた相手は
天使のわっかを出現させました。

「俺の包丁さばきは光より早い。

 それゆえ、光の届かぬ暗闇ワザ。

 この鯛、自分がさばかれたことすら気づかなかっただろうな。

 その証拠に、見ろ」

水槽では骨だけになった魚が泳いでました!

このワザ、見たことあるなあ・・「包丁人味平」だったかで。

「この看板、もらってゆくぞ」

お次は寿司屋へいった生簀。
おなじく暖簾をうばいとっていきました。

田所さんちの蕎麦やへやってきた田所(山口祥行)、岬、加賀美。
そこでは天道が蕎麦を食べていました。

「この蕎麦はなかなか上手い。

 歯ごたえが絶妙だ」


と蕎麦をほめた天道に

「うん。君は確かな舌をしてるな」

と田所。
田所、いきなり天道をきにいったようす。

ここは田所の弟のお店だそうで
奥から出てきたこわそうなおじさんが弟。

「うちは代々蕎麦やなんです。

 兄は本当は僕なんかより料理のうでは上なんです」

こわそうな顔だけどいい人そうな弟さん。
わらいながら「ま、ごゆっくり」というところは
蕎麦やじゃなくてもっと危ない職業の人みたいだったけど。

そこへやってきた生簀。
今度は田所さんちの蕎麦屋に挑戦です。

「蕎麦屋やぶりか!
 
 お、お兄ちゃんっ」


おもわずうろたえる弟くん。

「うろたえるな!

 300年の伝統を持つ田所の味が負けるわけがない!」


しかし、生簀のつくった黒い蕎麦を食べた田所と
加賀美、岬に天使の輪が出現。

「人間業じゃない、天国だ〜〜〜〜」

あいかわらず、加賀美が一番幸せそうな顔をしてましたが
あの田所さんまでが。。。。。!

天道はその様子をだまってみつめていましたが
田所の暖簾をもっていこうとする生簀をよびとめます。

「待て、何のためにそんなことをする」

「すべての料理人のプライドをずたずたに切り裂き

 奈落の底につきおとす。

 そしてこの俺が世界で唯一無二の料理人となるのだ。

 感情をあやつるこの俺の料理で世界中の人々どもを

 支配するためにな。」

「いや、おまえは腐っている。

 放っておくわけにはいかない。

 もう一度、俺と勝負しろ」

「いいいだろう。

 おまえにとどめをさしてやる。

 二度とたちあがれないようにな」

天道は入院しているじいやのもとへいき
もう一度自分を鍛えなおしてくれと頼みます。
どんなことでもするという天道に、じいやは
知られざる料理の修業場への紹介状をわたしてくれました。

ZECT主催のパーティーで腕をふるう生簀。
ゲストの大臣たちはご満悦で加賀美パパ(本田 博太郎)も満足そう。

天道は山奥の古い家にやってきます。
紹介状をわたすと、そこにいた老人は
なんとじいやの双子の弟でした。

「たのむ!この俺に料理の真髄をおしえてくれ」

すると老人がさししめした先は墓場。

「一生かけても、奥儀をきわめられなかった男どもの墓場だ。

 おまえもああなってもかまわないというのか」

「覚悟はできている」

「それでは、この雑巾を料理してみろ!」

生簀はとうもろこしをつかってコーンスープを。
みんな天使ができています。

天道は雑巾のスープをもってきました。

「だが、こんなことして何になる。

 俺には意味が分からない」

老人は「そんなものくえるか!」とお盆ごとひっくりかえしました。

生簀、今度は肉料理。

「最高だ〜」ととびあがる人々。。。

天道はソースをしみこませた雑巾ステーキ
もってきますが、老人は「気にくわん!」
とまたまたひっくりかえしてしまいました。

生簀、最後はデザート。
お客にシェフを紹介してくれといわれ
嬉しそうにベルをならす加賀美パパ。

天道は雑巾を刻んでうどんに練りこんだものをもってきますが
またしてもひっくりかえされてしまいます。

生簀、客の前で挨拶をしながら

「いずれ身も心も俺のドレイとなるのだ」と心でつぶやきます。

すっかり途方にくれる天道。

「いったいどうすればいい。

 老人は俺に何を教えようとしているのか」

ふと、手についた汚れを雑巾でふきとった天道、
何かに気づきました。
雑巾を老人にほうりなげる天道。

「それが、俺の答えだ。

 雑巾は、料理するもんじゃない。

 この世のすべてのものには
 
 ものとしての本質がある。

 それを見極めることが大切なんだ」


「では、ものの本質を見極めるためにはどうする?」

「自然を知り、己を知ることです」

「おまえは、料理の真髄をつかみ

 光の料理人になった。

 この白包丁はその証だ!」


と老人は天道に白包丁をわたします。

そして再び羽根突き帽子の加賀美パパの料理対決。
テーマは味噌汁。
生簀VS天道・・なのに
天道の姿がなく、そこにあらわれたのは田所さん。

剣坊ちゃま。

「姉さん、敵はとる、必ず」

それをかげからみつめる加賀美。

料理対決スタート。

「長年封印していた田所家伝来の包丁、

 まさか再びこの手にとろうとは」


と包丁をとりだした田所。

「うっ、さびてる!!」

必死で包丁を研ぎだす田所・・・・(T_T)

しかもフリルエプロンにねじりはちまきです。


そこへ天道がやってきて、白包丁をとりだすと
生簀はおどろきます。
天道が白包丁を手にすると、バックには月が。

剣ぼっちゃまのあとをつける加賀美。
「一体俺はどうすればいいんだ・・」と悩みます。

生簀、黒包丁で魚をさばき
天道は大根を切ろうとします。
すると、田所が
「よかったら使ってくれ」と
研ぎ終わった包丁を渡します。

「ありがたく、使わせてもらう。

 黒包丁も白包丁も関係ない。

 大事なのは・・」

それをみた生簀。

「バカめ。大根だと?

 そんな平凡な味噌汁で俺に勝つつもりか。

 俺の超絶味噌汁の味を思い知らせてやる!」

ワームにおそわれる人たちをみて剣ぼっちゃまと
加賀美は変身して戦います。

できあがった味噌汁を試食する加賀美パパ。
最初は生簀の作った味噌汁から。

「ああ〜天国だ〜〜〜〜。

 具は淡白なふぐの切り身、

 それにあわせて味噌にフォアグラをおりこんでいる。

 まさに芸術品だ」


お次は天道の作った大根の味噌汁。
加賀美パパの動きがとまります。

「コメントのしようもないほどまずいか」

「違う!

 表現のしようがない!

 この味噌汁の味は、天国の、上に位置している!

 私が言えることはただひとつ、

 この味にくらべたら、おまえのは、

 ブタのエサ〜〜〜〜〜〜」


と先週と同じく天国にのぼっていってしまいました。

「ブタのえさ・・・そんなバカな!」

ショックをうけた生簀も、天道の味噌汁を口にします。
すると生簀の上に天使の輪が!

「これは・・この大根は、なんだ?!」

「料理の途中、俺は外に出て

 細切りにした大根をそよ風にさらした。

 そよ風にコーティングされて大根が独特な歯ごたえを
 
 含んだんだ」


「そよ風を、調味料にするとは〜〜〜〜!

 森を抜け、川を渡ったそよ風が、

 味噌汁の中を吹き抜けていく〜〜〜〜〜」


「おまえは自分の技と味覚に頼るあまり

 世界をみようとしなかった。

 おばあちゃんが言っていた。
 
 自分におぼれるものには、いずれ闇に落ちる。

 この勝負、俺の勝ちだ」


「そんなバカな!」

天使のわっかをふりはらう生簀。

「見事だ。俺からも、褒美をやろう。」

というと生簀はワームに変身。

「なるほど、そういうことか」

なぜか場所はスタジアムにうつり
天道もカブトに変身して戦います。

一方、また苦しみだしたサソードは
ワームに変身し、加賀美に向かってきました。
そこへカブトもやってきて
剣ぼっちゃまのワームをたおそうとしますが
加賀美がとめます。

「よせ!天道、やめろ!」

「加賀美、何のつもりだ?」

ワームをかばうガタック。

「おまえ、本気か?」

カブトとガタックのこぶしのぶつかりあいで
次週へ続く。。。

夏祭り・料理対決は二週にわたって続きました。
天にのぼる加賀美パパに続き
田所さんまでキャラがかわってましたねえ。。。

ちょうど大根買ってきたから、
うちの味噌汁もそよ風にさらしてみよっと。

包丁人味平 (1)
包丁人味平 (1)
牛 次郎, ビッグ錠




2006.08.27 Sunday 18:13 | comments(2) | trackbacks(32) | 
<< 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.26「ガラスの靴」 | main | ジャンプ 39号 感想 >>
Kyan (2006/08/27 9:53 PM)
>なぜか場所はスタジアムにうつり
 脚本に細々した指定をなさらないそうで,井上敏樹御大の脚本話では往々にしてあります(苦笑)<瞬間移動
honey (2006/08/27 10:46 PM)
Kyanさん、こんばんは。

一瞬にしてかわってたのですごいな〜と思いました。









Masked Rider KABUTO #30
夏の高校野球シフトのために、完全に別の作品となってしまった前回の物語が引っ張られた今回の物語。もはや、どうでもいいというレベルに達しているが、主役のヒーロー(変身後)が一線を越えていないので、まだ救いはある。でも、こういう物語にするのだったら、そっち
| MEICHIKUえんため・ぶろぐ | 2006/08/27 6:33 PM |
仮面ライダーカブト29、30話:料理対決?!
先週、今週と本筋にあまり関係ない感じですけど 夏休みに映画をやってる最中は、TV版の話を進められないからかな〜^^? 闇の黒包丁をあやつる料理人・・・ワームの中でも変わり者 料理を通して、世界征服を企んでいるらしく 間宮麗奈さんも「食えないやつ」と
| あれやこれや | 2006/08/27 6:35 PM |
マリンロケットライナー・伝説の白包丁
 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.26 ガラスの靴  アバンでまさか、菜月のシンデレラ妄想寸劇。真墨と蒼太がいじわるなお姉さん役。さくらが王子様役。映士が家来役。チーフが意地悪な継母役でアタック(爆  今回のプレシャスはいつものネガティブシン
| アミューズエイド | 2006/08/27 6:44 PM |
天道、光の料理人となる
仮面ライダーカブト ライダー怪人シリーズK02 スコルピオワームバンダイこのアイテムの詳細を見る  「今週のキーワード:ぞうきん」だそうです・・・{/hiyo_shock2/}  仮面ライダーカブト第30話のあらすじは公式サイトでご確認下さい。  「時の権力者の体と心を操
| ガヴァドンなボログ | 2006/08/27 6:49 PM |
仮面ライダーカブト: 第30話
面ライダーカブト 第30話。「夏祭り」やっと終わる(苦笑) 以下読みたい方だけどうぞ。
| きゃんずぶろぐ | 2006/08/27 7:03 PM |
今日のカブト(2006.8.27)
第30話 前回、神代家のじいやを料理対決で打ち破った生簀一郎に対して、リベンジに燃える天道。その背景に、伝統の光の料理人にのみ伝わる白包丁の話が重なる・・・・ 岬を呼び出して、剣が実はワームであること
| はんちゃんのページ | 2006/08/27 7:04 PM |
おもしろかったボウケンジャーに、おふざけカブト
●8月27日(日)の  ボウケンジャー task26「ガラスの靴」では、  いき
| 信州 ナウ | 2006/08/27 7:25 PM |
仮面ライダーカブト30
1週間カブトしか見て無い感じになってしまった( ̄∇ ̄;) 今日もまた何番組?な始まりのカブト。 どこまで行ってくれるのかちょっと楽しみになってきたよ。 今日も、おぼっちゃまの空気読まない感じが素敵だったな。
| §相棒馬鹿 | 2006/08/27 7:26 PM |
仮面ライダーカブト第30話「味噌汁昇天」
今回も前回同様ギャグの多い回の「仮面ライダーカブト」でした。 しかし、前回よりも笑い所は少なかった気がしますね。 一番良かったのは田所さんでしょう!! やってくれました!…いや、やってしまいましたねぇ、田所さん。 包丁と研ぐ姿も格好良かったですよ。 話
| OPUS MAGNUM | 2006/08/27 7:48 PM |
仮面ライダーカブト 第30話
オイラのblogの「天道総司語録」の2つ目の中点の台詞ですが、何度聞いても判らない!最後の言葉が聞き取れなかった。「ぶんどった」なのか「具になった」なのか?しかも口の動きと音が合っていない。後から音を
| be in its flower別館 | 2006/08/27 8:08 PM |
仮面ライダーカブト 第30話
時の権力者の体と心を操り裏から支配してきた闇料理人に対し、人々の小さな幸せのために 生きてきた光の料理人たちがいる。 そのような料理人の頂点に立つ者に代々受け継がれてきた包丁がある。 その名も、白包丁・・・・・。 坊ちゃまの正体をミサキーヌに教えよ
| ファンタジスタ乙女のドキドキ☆バルコニー  | 2006/08/27 8:16 PM |
『轟轟戦隊ボウケンジャー』Task.26 、「ガラスの靴」の感想。
★TBさせていただきます★『轟轟戦隊ボウケンジャー』Task.26、「ガラスの靴」の感想ですっ!! あの従者、なんで ずっと半笑いやねんっ(笑)。そして娘たちにアタックさせる継母に噴きました♪
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2006/08/27 9:12 PM |
仮面ライダーカブト 『第30話』
コレって『包丁○味平』だったんだね! 今週やっとわかったよ・・・・・・ つか、パロディーなのか?! 坊ちゃまってば、どうして先週から岬さんに御執心なのでしょうか? 先々週、岬に化けたワームとの邂逅したこととなにか関係あるのかな? ワームでも恋する
| SISTER'S SHIP | 2006/08/27 10:19 PM |
仮面ライダー 30話 感想
試験当日の朝。 しっかり見てから行きましたっ☆(爆) ってか、なんかいつのまにか29話終わってるし…orz ちなみに今日、母もちらっとコレを見て、 「これは見ちゃうね〜」(←「面白い」と「イケメンv」の ダブルミーニング(爆))とゆっておりました。 より
| 奥様はヲタ 〜ミーハーでオタクなコマダムライフ?〜 | 2006/08/27 10:39 PM |
仮面ライダーカブト第30話「自分に溺れる者はいずれ闇に落ちる...
なんか田所さんの使い方が、響鬼でいう斬鬼さんだな〜(^^;今日は夏のお遊び後半。天道が汚いあばら家で修行してリベンジすると言うもの。じいやが天道の師匠役で二役。しかし生簀もフォアグラとかふぐとか使ったのに、ただの大根に負けてしまいました。ありえね〜。
| 裏荻窪楽天支店アフェリエイトブログ(ダンス-シルバーアクセサリ... | 2006/08/27 10:59 PM |
仮面ライダーカブト
今日のストーリーを一言で。 なんだ? あの安っぽいストーリーは?(怒) 何をどうしたいのか全くもってわからなかった。 田所隊長の実家が有名なそば屋さんなのはいいんだけど、 あの弟さんは演技が下手すぎはしませんか?(笑) なんか無理に話を
| 青春ってなんだ!? -別邸- | 2006/08/27 11:44 PM |
ZECTのあのひと(仮面ライダーカブト)
 新 味っ子後編。 ぶっちゃけこういうおまけ的な話は嫌いじゃないです。でも、今回
| Feldhernhalle | 2006/08/27 11:57 PM |
仮面ライダーカブト(30話)
今回も料理の鉄人の如き展開ですねw この路線でも割と面白いな、と思ったのは私だけですか? (元々料理要素が入っているだけに) 色々突っ込み処は多いのですが、まず、これだけは言わせてください。 田所さんの弟、ワームかと思いました(←失礼) …いや、似てる
| マンガ・雑貨のお店屋さん | 2006/08/28 12:33 AM |
カブト30話 黒と白の包丁・後編
「ミサキーヌは俺が守る・・・・必ず、この手で」 夏のコメディ料理対決、完結編。 そう言えば前回と今回は冒頭にナレーションが入ってましたね。 すごい久しぶり。 OPにナレーションの方の名前出てるけど いつ
| ぎあ魂なblog(たぶん別館) | 2006/08/28 1:07 AM |
仮面ライダーカブト 第30話
料理人対決の後篇なわけですが・・・ えーと、もうなんてコメントしていいやら・・・ 記事の書きようがねぇよorz 相変わらずミサキーヌが岬犬にしか聞こえないのはご愛嬌。 天道や生簀の目論見どおり、料理人としてのプライドがずたずたにされて 樹
| 医療特撮部LOG | 2006/08/28 1:15 AM |
仮面ライダーカブト第30話
料理人・生簀との料理対決に敗れたじいやの敵討ちを天道はできるのか? 「仮面ライダーカブト」第30話の展開は・・・。
| Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜 | 2006/08/28 7:51 AM |
仮面ライダーカブト第30話
 夏休みSpecialの番外編も,今回で終わり。(ですよね?)来週からは,本筋に戻ってくれるはずです。(よね?)
| よろずな独り言 | 2006/08/28 10:18 PM |
仮面ライダーカブト 30話 
仮面ライダーカブト 30話 今回の見所 ★とりあえず、話やぼっちゃんはおいといて(おいとくのか?) 最高ッス、田所ブラザーズ! 300年という歴史を持つ蕎麦屋の息子で、腕も店をやってる弟より上だという田所さん。 いったい、アナタはどこへ行こうとし
| kaoru@感想色々♪ぶろぐ♪ | 2006/08/28 10:53 PM |
仮面ライダーカブト「第30話」
先週、あんなに楽しかったカブトが、今週は全然・・・ 理由はただ一つなんですが今週は、加賀美っちの出番が少なくてがっかり・・・いや、少ないわけではないんだろうけど、先週のサルでのまったりとした、天道くんとのやりとりから比べると、今週はね、あんまり見所が
| ab COMPLEX | 2006/08/28 10:59 PM |
ボウケンジャー&仮面ライダー task26 30話 感想っ!!!
ここで豆ちしき。雑巾、つまり綿はセルロースという物質でできている。セルロースは炭水化物っ!炭水化物とは主に、ご飯、パン、麺類などである。つまり! 雑巾はおかずを添え、一緒に食べるのが、オイシクいただく方法と言えよう! つまり、天道は一品しか出してな
| 根暗の自己満特撮ブログ | 2006/08/29 12:08 AM |
仮面ライダーカブト30話感想
輪っかと羽根の大安売り〜〜〜!!な30話。 ああ、もう30話・・・・・あと何話・・・・?! もういいでしょ・・・?(涙)な30話感想です。
| Mayの人生舞台裏 | 2006/08/29 2:26 AM |
料理対決・・・カブト30話。
えー、今回も短いです。 ご覧になった方はわかると思いますが。 では早速。 ・がんばれよ、坊ったま だから、馬車を雇う金があったら貯めろよ。 ミサキーヌって言い方はどうなんやろねえ。 ・料理対決ふたたび 田所さんまで・・・・(涙) でもまあ夏の特
| Chewing Bomb! | 2006/08/29 6:22 AM |
カブト・第30話
今のままじゃかなわない、強い敵の出現。 それに対抗する為に、天道は特訓を決意した。 おやじさん、いや、じいやに鍛えてもらう事に。 感動した。これぞまさに、仮面ライダーの真骨頂『特訓』だ。 仮面ライダー2号一
| かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) | 2006/08/30 9:02 AM |
仮面ライダーカブト「第30話」
今週のカブト。 ギャグ編の割には、笑いどころが少なかったような{/down/} それでも、田所さんの 「おぉう! 錆びてるぅ{/ee_1/}」 には思わず麦茶吹いたwww あと、エプロンかわいいしw しかし、思いっきり「美味しんぼ」とか「ミスター味っこ」の流れだな{/s
| だいすけでした(^^)v | 2006/08/30 6:24 PM |
仮面ライダーカブト #30
◆TBさせて頂きます◆♪あ〜ららららら〜 遂に本編と全く関係無いイラストを描いてしまった。いつか、この日が来るかと予期していたがな。そのぐらい、今回は困ったってことさ〜♪(自暴自棄)次々に食い物屋の看板を狙って主人を倒して行く生簀....
| 『真・南海大決戦』 | 2006/08/30 9:53 PM |
カブト #30
 あの食事会に爆弾を落とせば、ZECT はリーダーと支援者を失って、話を終わらせることができたのではあるまいか。
| blog mr | 2006/08/31 8:06 AM |
仮面ライダーカブト 30
脚本:井上敏樹 監督:石田秀範 アクション監督:宮崎剛 うわ、こりゃヒドイっすね。(褒め言葉) ギャグ回後編。「白包丁」だって。 しかしこれだけネタだらけだと何処から突っ込んでイイやら。 【今週の弟】 ※田所サンとじいやに弟が!しかもじいやは双子! ※
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2006/08/31 10:04 PM |