<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

14才の母 第1話「中学生の妊娠・・ごめんね、お母さん」

14才の母 第1話「中学生の妊娠・・ごめんね、お母さん」
未希の元気なお昼の校内放送から。
ほんの一瞬のシーンで、ちょっとうるさそうな教頭(?)と
ものわかりのよさそうな校長と、やややる気にかける担任が
描かれていました。

「どうして空が青いのか」という話をしながら
空を見上げる未希は、エスケープすることを決意。
校門をよじのぼって脱出。
さっきのやる気なさそうな担任に目撃されますが
そのまま外へ。

「やっちゃった。 やっちゃった!

 やっちゃった〜〜〜!

 できた!ほんとにできた〜〜!」

と叫びながら走る未希。
途中おじさんにもあいましたが「あたし、やったよ!」と
ハイテンションのままかけぬけます。

母はファミレスのホール係でチーフ。
コーヒー一杯でねばる常連客は雑誌記者かライターか。
母の携帯に学校からの着信。

未希は河原でのびをしてきもちよさそうですが
そこに同志発見。
その少年・智志はさぼったわけじゃなくテスト中だそうです。
なぜ空が青いのかをおしえてくれたのは、智志らしい。
智志がみていたものは、橋の外側にはいってしまって
困っている仔犬。
未希はすぐさま助けにはしります。

父は住宅会社勤務?
接客中なのに、母から未希が学校を無断でぬけだしたと
電話をもらい、「そんなことで電話するなんて」とつめたい反応、
というか仕事中ってそんなもんか。。

結局未希は橋から落ちそうになり
智志が未希を助けにきて、そのままふたりして川に転落。
思ったより浅い川だったことで大笑いするふたり。。。

 未希とかいて みき

 平凡な人生でもいい
 
 でもいつも 未来の希望をもって生きてほしい

 そう思ってあなたに未希と名前をつけました

 お母さんは思ってもいなかったの

 自分の娘が 平凡とは程遠い過酷な未来を歩むことを

 14才と2ヶ月 未希 わたしたち家族にとって

 けっして忘れられないあの嵐のような日々は

 すぐそこにせまっていたのね


翌日。
学校をさぼったことを起こられる未希。
いい成績をとって、いい大学にいって、
いい会社にいって、いい人と結婚して
いい子どもをうんで、いい孫を・・・
という考えに納得いかなそうな未希。

「自分のすることに責任をもつこと」

母のいいたいこともわかってますが
父にも母にも反発したいお年頃。

「お父さんもお母さんも先のことばっかり。

 明日死ぬかもしれないのに」

そういって学校にいく未希を
危なっかしいと思う母と子どもらしいという父。

一方、智志。
住宅展示場にあったTVの中で
子どもの教育についてえらそうに語っていた女性が
母でした。
お金至上主義のようで、息子にも大金をわたし
世の中は、お金をうまくつかう利口者か、
ムダにつかうばか者かの二種類だといいきる
女社長のようです。

智志が、暗い顔をして橋の上から
もらったお金を投げ捨てようとしたとき
未希がバスの中から手と顔をだして(あぶない)
手をふります。
智志とは正反対の明るい笑顔の未希。

学校へいった未希は、先生にあやまりますが
この先生も「自分のことは自分で」というひと。
ちょうどいいからと転校生の世話をおしつけました。

その転校生、柳沢まゆなは、大学生とつきあって妊娠し
1年休学していたという噂のあるひと。
かまわず明るく接する未希に

「あたし、あんたみたいなやつが一番きらい。

 頑張ればなんでもできると思ってるんでしょ。

 一生ガキなんだよ、そういうやつは」

帰宅した未希。
おやつを食べたら塾へという母の置手紙をみるけど
行った先はおじさんのお店。
昨日助けた仔犬はなんとか飼ってもらえそうで
名前はジミ・ヘンドリックスからとったジミ。
そこに智志もやってきます。

「けさ、大丈夫だった?暗い顔してたから」
とたずねる未希に、「べつに」と答える智志。
ふたりで塾へ。この二人は塾でしりあったらしい。
しかし途中で「5万円あったらなにする?」という智志に
「どっか遠くにいく!いけるところまで!」と答える未希。

二人はゲーセンへいき、プリクラをとってあそびますが
不良(?)にからまれおいけかけられるはめに。
おいつめられて殴るけるの暴行をうけますが
大声をだして通行人に気づかれたので相手もひるみ、
そのすきに逃げ出しました。

どこかの小屋みたいな場所で手当てをする未希。
もう死んでもいいかなっておもったという智志に
「死んでもいいなんてサイテーだよ。 
 そんなこと思ってたらほんとに死んじゃうよ」
と怒る未希。

「ほんというと楽しかった。」

全力疾走したのもあんなふうに暴れたのもはじめてだという智志。
未希と手がふれあって思わずびっくりしてひっこめます。

寝転んで、屋根にあいた窓から月をみあげるふたり。

「きれいだね、あんなに明るいのにずっと夜なのかな」

「ずっと夜なんじゃなくて朝なのに真っ暗なんだよ」

「なんか寂しいね」

「ずっと暗かったら、それがあたりまえだから

 なんともないんじゃないかな」

「ね、よしよししてもいい。

 なんでかわからないけど

 キリちゃんの頭、よしよししたくなった」

智志の頭に手をのせてよしよしする未希。

「今度は私が守ってあげるね」

智志が未希をだきしめると
ぱっとはなれる未希。

「ごめん」

「ごめん」

でもふたりの手がそっと近づき、手をつなぎます。

「なんで、なんで、こうしたくなるの?」

「わかんないよ」

両手ともつなぐふたり。

「これ、いけないことなのかな」

「わかんないよ」

「いけないことなのかな」

「わかんないよ」

未希を抱きしめる智志、未希の手も智志をだきしめます。

10時過ぎになって、母が心配しているところへ
帰宅した未希は、塾にいっていたと嘘をついて
そのまま二階へ。
心配してくれた母に
「ありがと、お母さん、大丈夫だから」
と声をかけ、自分の部屋にいって
ふたりでとったプリクラを手帳の今日のところにはりました。

そして二ヵ月後。
頭が痛いとかんじる未希は
カレンダーをみて不安を感じます。

学校でも具合が悪そうで体育を見学。
教室にいくと柳沢さんもいました。
ちょうど机の上にあった保健体育の教科書で
妊娠・出産・生命の誕生の箇所をよむ未希。

「あなたもあの噂信じてるの?

 清純そうな顔してても

 あんたたちだってやれば子どもくらいできるんだよ」

という柳沢さん。

未希はひとりで手帳をみてあの日のことを
思い出し「まさかね・・まさか・・」と悩みます。
道で妊婦さんとすれちがって、そちらに目をうばわれる未希。

自宅では、お父さんが次長昇格したことを
散らし寿司をつくってお祝い。
でもその席におりてこない未希。
未希は、自分のpcからインターネットで妊娠チェックを
していました。そんなサイトあるんですねえ。
様子をみにいった父に冷たい未希。
父は、未希は赤ちゃんの時はかわいかったという話をしますが
「みんなに望まれてうまれてきたからな」
という言葉がひっかかる未希。
もしいま自分が妊娠していたら望まれるはずもなく・・。
父を部屋からおいだし、今度は母がきますが
母は部屋へはいることはせず、
困ったことがあったらいつでも相談して、と
声をかけていきました。
おなかに手をあてる未希・・。

智志の家では朝からステーキ。
未希からの電話を食事中だからといわれ切らせ

「くだらない女につかまっちゃだめよ。

 一時の感情に流されて損しなさんな。
 
 あんたもパパをみかえしてやりたいでしょ」

勉強にも仕事にも自分自身にも勝たなきゃならないという母に
智志はついていけないような様子。

智志をまちぶせていた未希。
駅までいっしょにいこうといい歩き出しますが

「あの・・子どもって好き?

 赤ちゃんとか好き?」ときくと

「いや、うるさいし」と正直な智志。

「何歳くらいで結婚したいと思ってる?」

「結婚はしたくない」

「一生?」

「親をみてるとそう思う」

「そっか」

「うん」

「そっか」

「うん」

未希はこれ以上何もいえなくなってしまいました。

意を決してドラッグストアにはいり
妊娠検査薬を手にとる未希。
財布をみるとお金がたりず、
店員さんから声をかけられたときに
あわててそのままとびだしてしまいました。

「万引き・・しちゃった」

トイレで検査薬をみつめる未希。
結果は無情にも妊娠反応ありでした・・・・。

ファミレスでなんとなく元気のない母。
その母の顔を外からみつめる未希。
雑誌記者かライターだかの男は、
声をかけても返事もせずに走り去った未希をみて
今度の特集を中学生にしようと提案。
何不自由ない生活をしているのに
死んだ目をしているいまどきの中学生たち。
この男も未希の妊娠にからんでくるのでしょうか。

未希はおじさんの店へ。
ジミをみて「大きくなったね」と泣き出してしまいます。

 怖かった
 
 自分の体が自分の体じゃないみたいで

 誰にも言えなくて

 はじめて私はたったひとりなんだって思った

 お母さん 助けて

 助けて お母さん



14歳・・・はやっぱりまずいでしょう。
好きになって、触れたい、手をつなぎたい、抱きしめたい
つながりたい、と思うのは当然かもしれないけど
14歳なら(相手は高校生だしもっと)
どうやったら妊娠するかみたいなことは
いまどき小学校でも習うご時世ではないですか。
ちょっとそのあたりを考えなさすぎというか。
だいたい、手をふれただけではっとするくらいなんだから
そのかわいい恋心なら抱擁するだけで満たされそうな気もします。
そこまで『好き』というかんじは伝わってこなかったけど。。。

こまって泣き出すのは当然だろうし
言いにくいのはわかりすぎるくらいわかるけど
とにかくはやくお母さんに言って!

というのが初回感想です。

関連記事 14才の母 ドラマ各話レビュー

キャスト

一ノ瀬未希   志田未来
一ノ瀬加奈子  田中美佐子
一ノ瀬忠彦   生瀬勝久
一ノ瀬健太  小清水一揮 
桐野智志    三浦春馬
桐野静香 室井 滋
三井マコト  河本準一(次長課長)
三井ひな子  金子さやか
遠藤香子    山口紗弥加
波多野卓    北村一輝
柳沢真由那  谷村美月 

北乃きい 高畑淳子 海東 健 井坂俊哉
 
主題歌 Mr.Children「しるし」

しるし
しるし
ミスター・チルドレン

14才の母公式サイト
2006.10.12 Thursday 00:33 | comments(3) | trackbacks(34) | 
<< 銀魂 第25話「鍋は人生の縮図である」 | main | アニメ NANA 26話 「すれちがうハチとナナ」 >>
真珠夫人 (2006/10/12 3:40 AM)

名前はジミ・ヘンドリックスからとったジミ


ジミヘンのジミでしたか・・そこんとこ良く見ていませんでした。助かりました。
TB頂いていきますね。よかったら遊びに来てくださいね。
ミマム (2006/10/12 2:28 PM)
honeyさん、こんにちは。
色々と気持ちにひっかかるものを感じながら見た第1話でしたが
とにかくお母さんに早く言って!は同感です。
来週からの展開も気になりますが、胃が痛くなるような思いで見るような気も…(汗)

honey (2006/10/12 2:42 PM)
>真珠夫人さん

 こんにちは。
 ギター好きなのがよくわかるエピソードでした。
 TB&コメントありがとうございます。 
 こちらからもさせていただきました。

>ミマムさん
 
 こんにちは。
 14歳で妊娠というのがとにかく衝撃的ですからねえ。
 いえない気持ちはわかるけど、黙っているわけには
 いかないしとにかく打ち明けて・・
 それからですね。
 でも嵐のような日々とか過酷な運命とか
 軽くすみそうにはないですね。









14才の母 【第1話】
正直、作品のストーリーや内容を見た限りでは興味をそそられることは特になかったけど 主題歌がミスチルに決まった以上、見なけりゃならない。いわば義務(笑) タイトルバックがMr.ChildrenのPVやジャケットでおなじみの丹下紘希さんでした。 ■イントロダクシ
| THE有頂天ブログ | 2006/10/12 12:37 AM |
14才の母 第1話 序章と言うことで(^_^;
内容街でカラマれた未希と智志は、どうにか逃げたあと、2人は関係を持ってしまう。そして、2ヶ月後。。。。。なんて言ったら良いんだろう。良く言えば、『ドラマの序章』悪く言えば、明らかに『詰めこみすぎ』ってトコロだろう。公式HPhttp://www.ntv.co.jp/14/の相
| レベル999のマニアな講義 | 2006/10/12 12:39 AM |
14才の母第1話
嵐の前の静けさ…なんてことはまったくなく、 初回から問題作っぷりを発揮してましたねぇ〜。 初回からもう妊娠が発覚するという急展開でした。 序盤は学校サボるために門から落ちたり犬を助けようとして橋から落ちたりと、 アクション映画さながらの(?)も
| 暇死人間ボヤキ日記 | 2006/10/12 12:42 AM |
14才の母 第1回 感想
『中学生の妊娠…ごめんね、お母さん』
| ぐ〜たらにっき | 2006/10/12 12:42 AM |
14才の母 第1話:中学生の妊娠…ごめんね、お母さん
そりゃ絶望的にもなるわな…(/TДT)/あうぅ・・・・ お互いに好意は持ってたんだろうけど、いきなりの急展開! しかも桐ちゃんは、一生結婚しないなんて言うし・・・{/namida/} こんな事、誰にも打ち明けられないし、自分ひとりで抱え込むにはあまりにも 悩みが大き過ぎ
| あるがまま・・・ | 2006/10/12 12:49 AM |
【14才の母】第1話
最後の未希の涙にやられてしまった。。。ちょうど昨日、我が子が14才の誕生日を迎えたばかりだった私にとって、このドラマは当然母親目線で見る物だと思っていた。現に、子供が出来たのかも、と言う不安で家族に当たり散らす未希の様子は、ああ思春期ってやっぱり不安
| 見取り八段・実0段 | 2006/10/12 12:52 AM |
14才の母
「14才の母」が放送されましたね。初回からツッコミどころの多いドラマですな。まず
| 裏 TV RANKING SHOW | 2006/10/12 1:42 AM |
14歳の母 第1回
ふむーむ。嵐の前の静かな第1話でした。
| 動画がないと死んじまう | 2006/10/12 2:10 AM |
14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜
今日から始まるドラマ14才の母を見ました(≧∇≦) キャストはこんな感じです(^^) 一ノ瀬未希  … 志田未来 一ノ瀬加奈子 … 田中美佐子 ←ママ 一ノ瀬忠彦  … 生瀬勝久  ←パパ 一ノ瀬健太  … 小清水一揮 ←弟 桐野智志  … 三浦
| zenの日記 | 2006/10/12 2:15 AM |
14才の母 第1話
ふぬーぬ。まあ、助走でしたよね。加速はついた…そんな感じ。
| まいにちおきらく! | 2006/10/12 2:17 AM |
14才の母 第一回 愛するために 生まれてきた
脚本 井上由美子 **************** 一ノ瀬未希/志田未来 一ノ瀬加奈子/田中美佐子 一ノ瀬忠彦/生瀬勝久 遠藤香子/山口沙弥加 三井マコト/河本準一 桐野智志/三浦春馬 波多野卓/北村一樹 桐野静香/室井滋 ■送料120円
| 海底自模(ハイテイ ツモ)! | 2006/10/12 3:42 AM |
《14歳の母》 第1話
ごく普通の家庭に育った未希が塾で知り合った智志は、母子家庭で、屈折した中で過ごしていた。そんな二人が、中学生らしく付き合っていた。
| まぁ、お茶でも | 2006/10/12 4:22 AM |
14才の母第一話 『中学生の妊娠…ごめんね、お母さん』
14才の母、こちらも期待していたドラマでしたが、その期待とはまた違った展開にビックリでした。 冒頭から放送部でアナウンスしている志田未来ちゃんこと、ごくごく普通の中学生、一ノ瀬未希ちゃん。 演技は凄く上手いですね。 初っ端からのめりこんでしまいました。
| レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ | 2006/10/12 6:23 AM |
14才の母(10月11日)
杉田かおるの「15の母」を上回る14才の母。女王の教室の名演以来絶好調の志田未来が演じるとあって、ストーリー性、キャスティングともに話題先行ぎみでしたがさて。
| 今日感 | 2006/10/12 7:39 AM |
『14歳の母』 第1回 「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん」
今期、あえて、期待度一番にしました。 「あえて」を強調するのには、内容的な期待もありますが、どれだけ、今のご時世をぶったぎれるか。そこに期待しています。 本来、見て欲しい年齢層は、10代の女の子および、その両親だと思ってます。 ので、自分はみごとに外れ
| つれづれなる・・・日記? | 2006/10/12 8:05 AM |
[日テレ]14才の母〜愛するために生まれてきた
う〜ん。一言で言うなら「女王の教室」第2弾ってとこだな。 というわけでこのドラマもリタイアです。ありがとうございました。 この時間帯空いてたら見るわってカンジ。レヴューはこれで最後です。 本当にありがとうございました。 今クールもつまらないドラマのオ
| テレビン、シネマン、&ドラマンベース♪ | 2006/10/12 8:23 AM |
日本テレビ「14才の母」第1話:中学生の妊娠…ごめんね、お母さん
このドラマのテーマの場合、まずはドラマの基本となる舞台設定にどれだけ感情移入できるかが、序盤の肝だと思うのですが、初回を見た限りでは、今ひとつに思えました。
| 伊達でございます! | 2006/10/12 10:31 AM |
14才の母:第1話
テーマと、主役の未希役に13歳の志田未来が挑戦するというところに惹かれて見てみた。  →14才の母 オフィシャルサイト 13歳の少女にはなかなか重い役だが、どう演じていくのか楽しみだ。 志田未来はベースがやや泣き顔だが、なかなか表情豊かな印象を受けた。
| 日常の穴 | 2006/10/12 1:02 PM |
14才の母 第1話
恐らく今期一番の問題作になるであろうドラマがスタートしました。 いきなり第1話で妊娠発覚かぁ・・・( ̄□ ̄;)!! タイトルが14才の母というくらいなんで、何故そうなってしまったのかというよりも、そうなってしまった後の事に主眼を置いた内容のようですねぇ♪
| ドラマの話をしてみよう | 2006/10/12 2:21 PM |
14才の母 第1話
このドラマの主人公・未希=志田未来ちゃんのキャラクターや家族の雰囲気が 彼女が出ていた「女王の教室」の時のような感じで明るく始まりましたが 1話目にして妊娠がわかるというところまで一気に話が進みましたね。 元々
| 塩ひとつまみ | 2006/10/12 2:26 PM |
14歳の母
初回の感想
| Akira's VOICE | 2006/10/12 3:49 PM |
「14歳の母」第1回
 さて、今回は主人公未希(志田未来)が妊娠に気づくまででした。  どうやら未希はエスカレーター式に進学できる私立中学校に通ってるらしい。 2年生で14歳。明るくくったくがなく誰とでも仲良くなれるタイプ。 子犬が危ない目にあっていたら躊躇なく助けに
| トリ猫家族 | 2006/10/12 4:08 PM |
14才の母 1話〜中学生の妊娠…ごめんね、お母さん〜
どこにでもいる天真爛漫な明るい少女が妊娠した。 14才の女の子が受け止めるには、大き過ぎる現実。 「こわいよ。。。お母さん、お母さん。助けて」 泣きじゃくる未希(志田未来)の気持ちが痛いほどわかるから 見てて涙が出てしまった。
| アンナdiary | 2006/10/12 4:19 PM |
14歳の母 第1話
なんでこうしたくなるの?いけないことなのかな?
| くつろぎ日記 | 2006/10/12 4:34 PM |
小学生から母親へ(14才の母#1)
『女王の教室』で旋風を巻き起こした志田未来が、またしても問題作に挑戦視聴率一桁続きの呪われた枠で19.7%を叩き出したよ(笑)『14才の母』兎にも角にも、田中美佐子と生瀬さんが念願のゴールインを果たしたのがうれしかった(なじょ次長課長つながりで次長とは・・
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2006/10/12 11:50 PM |
14才の母・第1話
タイトルが強烈! 「14才の母」って・・・。
| あずスタ | 2006/10/13 12:03 AM |
14才の母 第1話
う〜む、これまた突っ込みがいのあるドラマだなぁ〜{/ase/}(苦笑) タイトルと題材でてっきりかなり衝撃的な内容だと思ってたんですけど、 意外と最初はまったりとスタートしていきましたね。 しょっぱなから志田未来ちゃん演じる未希のハイテンションから始まりましたが
|  Rainbow Rain | 2006/10/13 12:17 AM |
「14才の母」第1回
『中学生の妊娠…ごめんね、お母さん』
| 気ままにいきましょう! | 2006/10/13 1:15 AM |
14歳の母 初回
期待度NO1作品が早速登場。 いやいやいきなり突っ込ませていただきましたよ!! あんなに浅い川にあの高さから飛び降りたら、しゃれじゃすまないでしょ~ もうひとつ。 いまどきゲーセンにあんな人たちいないでしょ~ 外ならまだしも、あんな施設の、しかも施設のど真
| ドラマ!テレビ!言いたい放題 | 2006/10/13 1:45 AM |
14才の母 第一話「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん 」
名門といわれる私立の女子中高一貫校に通う中学2年生の 一ノ瀬未希は、 住宅販売会社に勤務する父・忠彦(生瀬勝久)、ファミレス でパートをしている母・加奈子(田中美佐子)と小学生の弟・健太 (小清水一揮)の4人家族。 建売住宅ながら一国一城の主となった忠彦
| どらまにあ | 2006/10/13 3:20 AM |
・日本テレビ「14歳の母」第1話
2006年10月11日(水)、日本テレビで「14才の母 」が放送されました。初回放送は拡大版。(22:00〜23:09) ◇14歳で妊娠し出産を決意した少女の心の軌跡と両親や友人らの反応を通し、命の尊さを訴える社会派ヒューマンドラマ。井上由美子脚本、
| たまちゃんのドラマページ | 2006/10/14 7:20 AM |
「14才の母」 第一回
正直、妊娠ネタ自体は私が一番嫌いなもの。都合よく使うのは脚本家として 逃げ道でしかないと思っているから。さて、それを正面から描くこのドラマは私 のこの思いを払拭してくれるのでしょうか?
| The Glory Day | 2006/10/14 4:53 PM |
『14才の母』第一話の雑感。
♪TBさせていただきます♪『14才の母』第一話の雑感です。 テーマ、そして役者陣への期待もあってか 初回は数字取れたよーですねぇ♪ 静かな始まりながらも、インパクトの強さを感じました。
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2006/10/15 1:49 PM |
14才の母
なんかアンテナの調子が悪くて今夜9時からの『のだめカンタービレ』は見れるかビミョーです。 ┏(∴`┏ω┓´∴)┛むう! ワンセグケータイにしとけば良かった・・・。 HDレコーダーに録画しておいた『14才の母』を見ました。 中学2年生の一ノ瀬未希(志田未来)は学校
| Gecko's Cyber Cafe | 2006/10/16 11:41 PM |