<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

D.Gray-man ディーグレイマン 第2話 「黒の教団」 

第2話 「黒の教団」
「や、やっとついた・・・

 エクソシスト総本部 黒の教団・・かな?」

崖をのぼりきり、おどろおどろしい建物をみあげるアレン。
その様子を中で監視する人々。

「だめだよ、部外者は入れちゃ〜〜」という」と言うコムイ室長。
でも妹のリナリーがティムキャンピーを見つけます。
「ここみて、兄さん。

 この子、クロス元帥のゴーレムを連れてるのよ」

リナリーかわいい♪

クロス元帥の紹介で来たことを告げるアレン。
元帥が生きていたことを驚く教団のメンバーですが、
コムイが知らないというので、アレンは門番の身体検査を受けることに。
門番は、目をこらしてレントゲン検査。
アクマか人間か判別!
しかし・・映らない?

ブーーーーーーーー!!

「こいつアウトォォォォ!!

 こいつバグだ!

 額のペンタクルに呪われてやがる!

 アウトだアウト!」


すかさずかけつける神田!!

「一匹でくるとはいい度胸じゃねえか」とにらみをきかし
有無をいわせず六幻で斬りかかります。
かっこい〜〜、神田!!
よけるアレンですが、対アクマ武器に傷が。。

「おまえ、その腕はなんだ?

「対アクマ武器ですよ。
 
 僕はエクソシストです。」

「門番!!」とにらみをきかせる神田。
「僕は人間です!」と叫ぶアレン。
しかし神田は聞かず。

「ふん まあいい。中味をみればわかることだ。

 この六幻で切り裂いてやる」

あわてたアレンは、、クロス師匠からの紹介状が
コムイあてに届いているはずだと説明し
一同の視線はコムイさんに・・・。
机は山積みのうえくもの巣まではっていますが
ようやく元帥からの手紙が見つかり、
アレンの疑いも晴れ、無事開門。

「クロスがよこした子か。

 鑑定し甲斐がありそうだ...」

神田はまだ疑わし気ですが、リナリーがうまく助けてくれて
ようやく中へ。
しかし、神田に握手の手をさしだしても

「呪われてるやつなんかと握手するかよ」

と第一印象からめちゃめちゃ悪いとみた。
他のメンバーの噂にものぼりますが。。。

リナリーから教団本部を案内されるアレン。
エクソシストはみんな、ここから任務へむかい
本部のことをホームと呼んでいるひともいるといいます。

「でていったきりわざと帰ってこない人もいるけど」

「師匠です・・」

三ヶ月前、インドでのこと。
アレンの師匠、クロス元帥は、
アレンにエクソシストと名乗ることを認めますが
そのためには、教団本部へ挨拶に行かねばならず、
ティムキャンピーをアレンにつけてやり
自分はアレンを殴り倒して逃走・・・。

「オレ、あそこ嫌いなんだよねーーーーー!」

とんでもない師匠です。。。

神田によって傷つけられたアレンの左手を
科学班室長であるコムイさんが診察。

「君は寄生型だね。」

寄生型人体を武器化する適合者のことで
対アクマ武器の中でも珍しい部類だそう。
コムイさんの治療、怖すぎ!!

「コムイ兄さん、このあとあそこにいくんでしょ?

 アレン君、一応人間か検査しなくていいの?」

「ん?いいよ、いいよ。人間だから」

「どうして?」

「この世界で呪いなんて受ける種族は人間だけだからだよ」

まじめ顔のコムイさんはなんか声まで違います。

アレンはコムイとともに、ボスのもとへ。

「それは神のイノセンス。

 全知全能の力なり。

 またひとつ、我等は神を手に入れた・・」


教団のボスである大元帥たちの前につれていかれたアレン。

「さあ、キミの価値をあの方々にお見せするんだ」

アレンの前にあらわれたヘブラスカ。
ヘブラスカはアレンに触手をのばすと
左手に触れてアレンの能力をチェックします。
思わず左手の能力を発動させようとするアレンですが
神経がマヒしてるのに無理に発動しちゃだめだ、
とヘブラスカに注意されます。

「おちついて・・・私は敵じゃない」

「どうやら83%が、今、お前と武器との

 シンクロ率の最高値のようだ」


シンクロ率とは、対アクマ武器発動の生命線となる数値で
低いほど能力の発動が困難となり適合者も危険に。

「アレン・ウォーカー

  お前のイノセンスは、いつか黒い未来で

 偉大な”時の破壊者”を生むだろう」


ヘブラスカの予言はよく当たると拍手して喜ぶコムイさん。
入団するエクソシストはみなへブラスカに
イノセンスを調べてもらう規則だそうですが
そのイノセンスが何かを知らないアレン。
コムイの説明によると、
この事を知っているのは、黒の教団と関係者、
そして千年伯爵だけ。

すべては約百年前 1つのキューブが発見されてから始まった

「後追いの者たちへ...

 我々は闇に勝利し、そして滅びゆく者である
 
 行く末に起こるであろう禍から汝らを救済するため

 今ここにメッセージを残す...」

そこには、古代文明からの1つの予言と、
ある物質の使用方法が収められていた。
その物質とは、キューブ自体もそうでしたが
「神の結晶」と呼ばれる不思議な力を帯びたもの。

「それがイノセンス。

 君の左手に埋め込まれた武器のことだよ」

対アクマ用武器とは、イノセンスを加工して武器化したもので
かつてキューブの作り手は、そのイノセンスを用いて千年伯爵と戦い
一度は千年伯爵を倒すことはできましたが、
そのあと結局世界はは一度滅んでしまい、
それが旧約聖書に記されたノアの洪水。。。
そしてキューブの予言によれば、
千年伯爵によって世界は再び終末を迎えることになるそう。
予言通り、千年伯爵がこの世に再来し
黒の教団が設立されました。
イノセンスの適合者を探し出し、エクソシストが集められますが
伯爵もエクソシストに対抗すべくアクマを造り出しました。
イノセンスが白ならば、黒いイノセンスとでも言うべき
ダークマターという物質によって、アクマが造られていて
千年伯爵もイノセンスを探し、破壊すべく行動しています。
ノアの洪水の際に世界に飛散したイノセンスは、全部で109個。
各地に眠っているイノセンスを回収し
伯爵を倒せるだけの戦力を集める必要があるらしい。

「我々がこの聖戦に負けた時、

 終末の予言は現実となり、この世は滅ぶ

 戦え

 それがイノセンスに選ばれたお前の宿命なのだ」


コムイと握手するアレン。

「ようこそ、黒の教団へ」

エクソシストはアレンの加入で19人に。
ほとんどは世界各地に散らばっていますが
あのヘブラスカもエクソシストの1人。
ヘブラスカは教団設立当初から居る存在だそうで
イノセンスの番人らしい。

「アレン... 

 お前に神のご加護があらんことを」

部屋で休むアレン。
ティム・キャンピーの姿が見えず。
壁の絵をみつめながらつぶやくアレン。

『立ち止まるな』『歩き続けろ』

「ようやくここまで来たよ、マナ。

 やっとスタートラインだ。 

 誓うよ。

 何があっても立ち止まらない。

 命が尽きるまで、歩き続けて行く」


2話目にして教団へ到着。
コムイさんもリーバー班長も楽しいし
神田は仏頂面しかしてないけどかっこよく決まってるし
リナリーはかわいかったです。
イノセンスと教団、アクマの説明が長々と続きましたが
まだ対アクマ用武器のいろいろとか、これからですね。

キャスト

 アレン 小林沙苗
 リナリー 伊藤静
 神田 櫻井孝宏
 千年伯爵 滝口順平
 コムイ 小西克幸
 リーバー 置鮎龍太郎
 クロス 東地宏樹
 ラビ 鈴村健一
 ミランダ 豊口めぐみ
 ブックマン 青野武
 ロード・キャメロット 清水愛
 ティキ・ミック 森川智之

オープニング曲

 abingdon boys school(アビングドン・ボーイズ・スクール)
「INOCENT SORROW」

INNOCENT SORROW
INNOCENT SORROW
abingdon boys school


エンディング曲

 NIRGILIS「SNOW KISS」

SNOW KISS
SNOW KISS
NIRGILIS

D.Gray-man テレビ東京公式サイト

DVD1巻は2007/02/07発売
DVD2巻は2007/03/07発売
DVD3巻は2007/04/04発売

D.Gray-man 01
D.Gray-man 01

D.Gray-man 02
D.Gray-man 02

D.Gray-man 03
D.Gray-man 03


2006.10.17 Tuesday 21:15 | comments(2) | trackbacks(4) | 
<< アニメ DEATH NOTE 第1話「新生」 | main | 僕の歩く道 第2話 >>
かずは (2006/10/17 9:42 PM)
今回はちゃんと見ました!
ディグレ、絵がきれいですねえ。
そして、神田役の櫻井さんの声にうっとりでした\(o⌒∇⌒o)/
honey (2006/10/17 9:45 PM)
かずはさん、こんばんは。

アニメ、いいかんじですよね。
マンガを読んだときからアニメ向きだとは思ったけど
ほんとにぴったり。
櫻井さん、お好きですか。
神田もかっこよかったです。









D.Gray-man第2話「黒の教団」
1回目を見逃したディグレ、今回は見逃さなかった!っていうか、ちゃんとビデオに撮った!えらい!なんかこう・・・・・・真っ黒なアニメですね。いや、雰囲気どうのじゃなくて、画面が。とりあえず、OPを見て一言。あーセカイ系っぽい(笑)っていうか、ミランダさん
| 読書とジャンプ | 2006/10/17 9:40 PM |
D.Gray-man 第3話「マテールの亡霊」
第3話「マテールの亡霊」   1ヶ月くたばらなかったら(名前)覚えてるやるよ――。  おまたせ神田とアレンの最悪コンビ結成です(笑) このころの神田ってかなりイヤなヤツにしか見えないね^^;  アレンの黒の教
| SERA@らくblog | 2006/10/17 11:30 PM |
D.Gray-man 第2話
第2話「黒の教団」 切り立った崖の上にあるエクソシスト総本部、黒の教団。 崖をよじ登り門前に立ったアレンの姿を、関係者達は教団内部の映像で見ていた。 「侵入者?・・・・・室長、何か聞いてます?」 「・・・・・・・・・知らない」 岩扉門番くんが
| 孤狼Nachtwanderung | 2006/10/18 12:38 AM |
D.Gray-man 第2話「黒の教団」
D.Gray-manの第2話を見ました。神田の姿をようやく知った。OPとか見てても誰が誰だがわからないんだもん。第2話 黒の教団黒の教団に着いたアレン。教団幹部への謁見を許可をもらえるように頼みますが、科学班室長のコムイは紹介してもらった覚えがないと返すのだった。
| MAGI☆の日記 | 2006/10/18 6:29 PM |