<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アニメ NANA 30話 「決壊ギリギリの心」

アニメ NANA 30話 「決壊ギリギリの心」
 あたしは今もナナの名前を呼び続けている

 どんなに痛くても 応えてもらえるまで


今度はナナからのモノローグ。

 約束を 果たせなくてごめんね

 あんたは覚えちゃいないだろうけど

 広い庭のある立派な家を

 あたしは本気で建てるつもりだったんだ

 海の見える高台に

 最新のシステムキッチンと地下スタジオ

 あんたの部屋のクロゼットには

 流行りの服を絶やさず取り揃えて

 男に泣かされてばっかのあんたが

 何度で戻ってきても笑えるように


ナナサイドからのストーリー開始。
上京するナナを見送るヤスは
ナナにレンの携帯番号を渡します。
きつい顔になるナナ。

「誤解しないで!

 あたしはあいつに会いに東京いくわけじゃねえんだ」

「わかってるよ。それとこれとは話が別だ」

 分かってねえよ

 あんたは何にも分かってない
 
 あたしの気持ちが分かるんなら

 一緒にきてよ ヤス
 
 あたしはその一言が

 どうしてもいえないんだよ

 だってあんたにはあんたの選んだ人生がある

 ノブにはノブの恵まれた未来がある

 いえないよ だからあんたが
 
 自分から望んで


「ナナ、行くなよ。

 寂しいじゃない」

「ふざけんな!だったらてめえがこい!」

「この町にいたって歌は歌えるぞ」というヤス。

 でも ここにドームや武道館はないじゃない

 バカげた夢だと思ってもいい
 
 あたしはいつか絶対 でっかいステージに立って

 ものすごい数のスポットライトと歓声を浴びて

 使いきれないくらいの金を稼ぐんだ

 ただ歌ってりゃ幸せなお姫様じゃねえから

 歌はあたしの生きるための手段だから
 
 いつか絶対に


電車の中でハチとの出会い。

 あれは忘れもしない2001年3月5日

 二十歳の誕生日

 あたしはあんたとであった


そして現在。
台風のため花倍大会は中止。
大魔王のバカ!と泣き出すハチは
貯金をくずして買った浴衣姿。
 
いつのまにかノブまで魔王と交信しだして
シンちゃんに白い目でみられます。。。。
そこへナナから誘いの電話。
暴風雨ででられないというノブに

「見たくないの?ハチ子の浴衣姿。鼻血もんよ」

嵐をものともせず、ノブとシンちゃんがやってきました。
とりあえず雨がやんだから、河原で花火。
ノブと仲がよいハチを笑顔でながめるナナ。

 あんたは気づいちゃいないだろうね

 自分の一挙一動が

 今や台風並の勢力を持って

 あたしの気持ちをかき乱しているなんて

 あたしはまるで初めて恋を知った少年のように
 
 高ぶる想いが 決壊ギリギリ


そんな想いをレンに話しても
なかなか理解はしてもらえませんが
なんだかんだとこちらの二人もラブラブ。
こんなシーンがはいるのも深夜アニメならでは。。。

「こら おまえのスイッチはどこだ」

「そんなもんねーよ」

 あったら取り付けてよ
 
 誰かあたしを調節して

 どうしていまだにこんなに

 胸が焼け焦げて熱いんだろう


レンは仕事。
でかけるレンを狙うパパラッチ。
カレー話をするトラネスメンバーから
画面はハチへ。
試食販売のバイトで炊き上がったごはんのにおいに
吐き気をもよおすハチ・・これってやばい。

世間はまだ夏休みで、宿題をする美里ちゃん。
シンは外国育ちで英語ぺらぺらのようです。

「てゆーかハーフじゃないんですか?

 その顔で」


「納得いかない?」

「いかないですよ」

「僕もいかないよ。生まなきゃよかったんだ」

妊娠検査薬を買ったハチ。
結果は陽性・・・・・。

まだまだバイトで生活費をかせぐノブとナナ。
 
 あの頃あたしには譲れない夢があって

 おかげでたくさんのものを手に入れ

 かけがえのないものをなくした

 だけどがむしゃらに生きたから
 
 もう何も悔やんでなどいない

 ただ心残りはひとつだけ

 ねえ ハチ

 あんた今 笑ってる?



順調だったハチの幸せは長くは続きませんでした。
ここへきて妊娠。。。
父親はタクミかノブか。
自分の軽率な行動のツケがまわってきたわけですが
幸せそうなハチやナナの様子をみていただけに
大魔王の非情な展開に唸りそう。
さすが矢沢あい。

今回からエンディング曲もかわりました。
「黒い涙」/ANNA inspi' NANA(BLACK STONES)
しかしもう30話。
何話まで、というかどこまでアニメでやってくれるんだろう。


アニメNANA 各話レビュー

アニメNANA公式サイト
2006.11.09 Thursday 11:02 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 14才の母 第5話「バイバイ・・初恋が死んだ日」 | main | パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト DVD >>









NANA #30
約束をはたせなくて、ごめんね。 あんたは覚えちゃいないだろうけど、広い庭のある立派な家を、私は本気で建てるつもりだったんだ。 海の見える高台、最新のシステムキッチンと地下スタジオ─── あんたの部屋のクローゼットには、流行の服を絶やさずとりそろえて。
| ひねもす のたり のたり かな ver.2 | 2006/11/09 3:35 PM |
NANA ♯30
モノローグがハチからナナに変わりました。って事は、これからナナ目線で語られるんですね。美しい夕暮れと海とは裏腹に、寂しい結末になりそうなのがまた気になるんですけど…。 ナナから見たハチ、決壊ギリギリだったんですか。そんなに心をかき乱していようとは知り
| はざまの欠片 | 2006/11/09 7:50 PM |