<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

諸葛孔明時の地平線 13巻発売

諸葛孔明時の地平線 13巻発売
ネタばれ感想につきご注意。

諸葛孔明時の地平線 13 (13)
諸葛孔明時の地平線 13 (13)
諏訪 緑
波乱は続く。
関羽が亡くなってすすぐに今度は曹操がついに死亡。
その死を身をもって感じる孔明。
やり方こそ違えど目指していたものは同じ二人でした。
ところどころでてくる華陀の存在がほんとに貴重です。
いまさらですがかなり重要な役どころもになっていますし。

劉備が漢王朝最後の帝に。
なのにすでに劉備の体にも病魔が巣食っていて
張飛が亡くなったうえ
劉備様まで死んでしまった・・・・(T_T)
劉備様にいわれて孔明の気持ちをたしかめる子竜の言葉が
とってもよかったです。
華陀の力にも匹敵する子竜の孔明への思い。。
泣けましたとも。

孔明を裏切った馬謖もただ単に裏切り者と切り捨てることはできず。
寝返るにはうけた傷が深すぎただろうし
でもそのまま知らんぷりをきめこむには
孔明のことを知りすぎていて見過ごしにもできず。
馬良もなくなり、再び姿をみせた馬謖の別人のような姿に
自分のしたことへの後悔の大きさがみえます。

元気な馬超と英さんがいることがほんとにありがたいです。
子竜はもちろんですが。



2006.11.25 Saturday 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< フィギュメイト 涼宮ハルヒの憂鬱 | main | テニスの王子様 Original Video Animation 全国大会篇Vol.5 >>