<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アニメ NANA 33話 「ハチの選択」

33話 「ハチの選択」
 もうベッドが狭いだとか財布を忘れたとか

 適当な嘘でごまかす余裕もなかった

 あたしが どうしようもなく寂しい時

 そばにいてほしいのはレンじゃなかった


ナナが向かったのはヤスのところ。
ドアをあけるなりヤスに抱きついたナナをみて
ナオキはびっくり。
そのナオキに気づいてふりかえったナナの目に涙をみて
さらにびっくりして気をきかせてかえるのはいいけど
さっそくタクミにその話をメールするナオキ、、、

つわりのハチのためにグレープフルーツと炭酸水を
買ってきたタクミは、空のベッドをみて
さらに開いている窓を見て青ざめます。
まさかとびおり?
いくらなんでもそれはなかったけど
さすがのタクミもどっきり。
ハチとノブのラブラブなプリクラをみつけて

 「そんなにあいつが好きか」

とつぶやくタクミ。

ハチが走っていった先は淳ちゃんち。
こんなときでも淳子と京助は楽しい(^^)
けど、泣きながらたずねてきたハチに
やはり画面もシリアスモード。

ナナもヤスに気持ちをうちあけていました。

 苦しくて 息をするのも精一杯になって

 気がついたらここに来ていた

 全てを吐き出すようにぶちまけたけど

 上手く説明できたかどうかはわからない

 どうしてこんなにハチが欲しいのかも

 どうしてこんなにタクミが憎いのかも

 自分自身よくわからなかったし


「ノブがあたしのことおかしいって・・

 あたし・・おかしい?

 普通は、友達なら、こういうときどうするの?

 あたしハチと、普通の友達になりたいのに」


 ヤスはあたしの話をただ黙って聞いてた

 もしかしたら時々なだめるようなことを

 いったかもしれないけど

 正直よくおぼえていない

 だけど甘いブラックストーンの香りに包まれていると

 不思議な程 安らいでいくのを自覚した


淳子たちに妊娠のことをうちあけたハチ。
ハチが思うには、タクミはプライドの高い人だから
ノブのことを彼氏といったりしたから悔し紛れで
認知するといったのかもといいますが
それをきいた京助のおもちゃをとられた子どもみたいだという
発言も意外と正しいかも。

最初はとまどったハチだけど、母性本能が芽生えて
産みたい気持ちになったことを話します。
ノブのことが好きなのはほんとだけど
タクミがいってくれたことは嬉しかったというハチ。

「ノブはちゃんと避妊もしてくれて

 あたしのことすごい大切にしてくれたのに

 あたしはそれを全部踏みにじって

 タクミに頼って子どもを産むんだよ・・

 そんな自分勝手なこと許されるの?」


ノブの誤解をといたほうがいいという京助に
ノブに頼っちゃいけないと思ったハチの気持ちが
わかるという淳子。
さらにここぞとばかり説教をぶちかましてくれますが
それは全部ハチを思えばこそ。。
結婚もしてくれないのにタクミの子を産むなら、
タクミに一生操を立てるのが筋だといって
ノブのことはきっちりあきらめられるのかという淳子。

「それで覚悟きめたら

 二度とウジウジ泣かないで。

 そんなくらい女が母親じゃ子どもがかわいそうだよ。

 自分の母親を見習いな」


笑顔が戻ったハチを送って帰る京助と淳子。
この二人、ほんといい友人だ、、、

ハチを待っていたタクミをみつけてハチはびっくり。

ナナのほうもヤスに話してちょっとすっきりしたようです。

「大丈夫、ちゃんとやれる。

 普通の友達づきあいってのはやっぱよくわかんねえけど

 ハチが誰とどんな人生を歩こうと

 干渉せずに優しく見守るよ。

 あんたがあたしにそうしてくれるみたいに」


「口でいうほど楽じゃねえぞ?」

 ごめん ヤス

 ありがとう

 大丈夫 うまくやるよ

 だってあたしとハチは女同士だから

 でもだからこんなにもどかしいのかな


レコーディングでカンヅメになるまえに
ハチの決意をきかせてほしいというタクミ。
淳子に言われた言葉を思い出します。

「子どもは、

 タクミの子として生んで育てたいと思ってる。

 迷惑じゃなければ」


するとタクミから意外な言葉が。

「結婚するか?」

「え?」

「だっておまえ、隠し子はまずいだろ。

 世間にばれたらどう取り繕っても心証悪いし

 でもフツーに結婚するぶんには問題ねえじゃん?

 相手が一般人ならマスコミもそんな騒がねえしさ。

 嫌?」

ハチがあわてて首をふると、
極上の笑顔のタクミに涙がこぼれるハチ。

 あんたが誰とどんな人生を歩こうと

 あんたが幸せであればそれでいい
 
 心の底から そう思えるような

 出来た人間にはなれなくても

 あんたの眼に映るあたしは
 
 強くしなやかでありたかった

 出来すぎた漫画のヒーローみたいにね



ノブは回想にしか登場せず。
ハチとナナ、それぞれの心情をみせてくれました。
ハチには淳子と京助、ナナにはヤスと
頼りになる人がいていいけど
ナナはレンのところへいくわけではないんですね。
恋心というのではないみたいですが。
ナナがつぶやいていたセリフで
ハチとナナが異性同士だったら
またちがうやり方で(具体的にいうと抱き合ったりすると)
わずかな隙間は簡単にうめられてしまうのかもしれません。

タクミの結婚しよう発言にも驚きましたが
ハチ、サイアクどころか実はとことんラッキー・・・?
ノブのことがすきだけど、タクミにあこがれていて
抱かれたいと思ったのも本当だし。


アニメNANA 各話レビュー

アニメNANA公式サイト

NANA-ナナ- 5
NANA-ナナ- 5
2006.11.30 Thursday 09:15 | comments(4) | trackbacks(3) | 
<< 14才の母 第8話「二つの命・・どちらを選ぶ?」 | main | 天然コケッコー 映画キャスト >>
匿名希望 (2006/11/30 3:43 PM)
ノブはタクミにハチを譲るしかないでしょう。

タクミの子供を受け入れられないのにハチを独占するということは許されない。
いくらハチが悪いと言っても
ハチが産みたいと言ってる子供をおろさせてハチだけ自分のとこにおいとくなんてことは虫のいい話。

ハチを手放したくないなら子供ごと受け入れないといけない。
ノブにはそれができないなら諦めるしかない。

もちろん、それはタクミとハチが悪い。
ノブは正しいことしてるのに
いい加減な2人のために気の毒だけど
子供には罪はないわけだし。

いくら好きでも気持ちだけじゃどうにもならないことを改めて思い知らされました。
相性というのもあるのでしょう。
これからどうなるかは分からないけど、
ノブとハチは運命の相手じゃなかった。
タクミとハチがお互いにとっての最良の相手だったから
こういう結末になるのはむしろ自然だと思います。

ノブは本当にかわいそうだけど・・・。

相手を丸ごと受け入れるだけの寛大さ、責任、子供を産み育てる環境・・
好きになるのは簡単だけど、
相手を丸ごと受け入れるのは
優しさや愛情だけではだめ。覚悟と信念がないと普通の人間では難しいですかね。
honey (2006/11/30 5:29 PM)
匿名希望さん、こんにちは。

いくら好きでも気持ちだけだめ、
おっしゃるとおりですね。
ノブはまだパニクっててハチのすべてを受け入れてあげるような
度量もないし(まだ若いからしょうがないんですが)
もしいっしょになったとしても、タクミそっくりの子が
でてきたらいずれ破局をむかえそうです。

タクミが最良の相手かどうかはわかりませんが
この先はハチとタクミ結婚という流れでいくようです。
タクミとハチもそこまで深いつきあい方をしていたわけでは
ないと思うのですが(肉体関係ではなくて)
こうなるというのは縁があるんでしょうね。
sorcerer (2006/11/30 6:49 PM)
honeyさんこんばんは♪
今回もちゃんと見ましたよ〜!

何でしょう、タクミってイイヤツかも?
そんな読者の評判ほど悪くない。
っていうのはちょっと思った〜

ハチも結局、ココロのどこかで
タクミを想う気持ちもあるから、
結婚って聞いて、ちょっと嬉しそうだったのかな

ノブが好きな気持ちに嘘はないと思うけど、
結局タクミとのことに疲れて
逃げたっていう所もココロの奥底に
あったんじゃないのかな?

ハチの優柔不断を見てる方は
不快に思うかもしれないけど、でも人間て
そんなに強くないもんね・・・

ナナの方は、どうだろー?
寂しく育ってきたから、大切な人への執着が強いのかな?
ヤスが優しくて好きだ。

でも、密かにジュンちゃんと京助が好きだよー(笑)
頼りになる!熟年夫婦みたいだけど(笑)
honey (2006/11/30 7:01 PM)
sorcererさん、こんばんは。

タクミ、浮気性のところはともかく
仕事もできるしかっこいいしいい男ですよね。
ハチも最初はタクミにあっただけで舞い上がってたし。

ノブとラブラブのところはみていて楽しかったけど
ハチはやっぱりタクミにも惹かれているから
それなりに幸せになると思います。

ナナはどうなんでしょうね。
なんでレンじゃだめなのかなと思うけど
ナナとレンは似たもの同士だからなのかな。

淳子と京助は最初から今も達観してますよね。
貴重な解説キャラ。。。









甘い紫煙に包まれて
{/kaeru_rain/}ブラックストーンってタバコじゃなくて、葉巻なの? 『NANA−ナナ−』 33 もうベッドが狭いだとか財布を忘れたとか 適当なウソでごまかす余裕もなかった あたしがどうしようもなくさみしい時 傍にいて欲しいのは レンじゃなかった・・ ちょっと
| マイ・シークレット・ガーデン | 2006/11/30 5:42 PM |
NANA ♯33
「あたしがどうしようもなく寂しい時に傍にいて欲しいのはレンじゃなかった」…って、いきなりの衝撃告白。お財布忘れたのって、ヤっさんに会いたい口実だったんですね。 でもそうなんですよ。ナナの事になるといっつも親身になってくれるのヤっさんなんですよ。って事
| はざまの欠片 | 2006/11/30 7:32 PM |
NANA #33
あぁ、奈々はノブに云えなかったじゃなくて、云わなかったんだね…… と、淳ちゃんに...
| ひねもす のたり のたり かな ver.2 | 2006/11/30 9:14 PM |