<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

僕の歩く道 第9話

僕の歩く道 第9話
りんごを食べるテルにお金を返しにきた幸太郎。
これで5000円全部かえしおわったようです。
真樹も輝明に「すみませんでした」とあやまり
そのあとテルの母にも頭をさげました。
嫁姑の関係も以前にくらべてかなりやわらなくなったみたいです。
もうドラマの中では1年間経過したようで
テルが飼育係として働き始めてもう1年たちました。

りなの進路について語る兄と母。
りなはやりたいことがあるから家をでるといっていたという母に
今度自分が話をするという兄。

「りな、言ってた。私には私の人生があるって。

 ちょっとドキっとしちゃった。

 私、心のどっかで思ってたのよ。

 もし、私に何かあっても

 輝明にはりながいてくれるって」


「俺はあてにされてないんだ」

「あてにされたら困るでしょう?」

妻をみながら「ああ」という兄。

テルの積み立てはもうすぐ60万円たまりそうです。

動物園では飼育係の一日体験を募集することに。

今日は給料日。
「これからもよろしくおねがいします」と
給料を手渡す園長。

「たまった。60万円たまった」

というテル。
みんなにロードバイクを買うつもりだという話をしました。

古賀さんと並んで食事する園長。

「ねえ古賀さん、大竹さんみてたら息子さんと会いたくならない?」

「ずっとそのことを考えてます。

 一度、別れた女房に会ってみようと思ってます。

 息子にあわせてほしいって」

「息子さんの自閉症って重いの?」

「大竹さんと同じくらいなんじゃないかと思います」

「よけいなことなのかもしれないけど

 飼育係の一日体験にさそってみる。。。ってのはどうかな?

 あ、ごめん、よけいなこといって」

「いえ、ありがとうございます」

古賀さんは元妻を待ち伏せして話をしたいといいます。
奥さんは露骨に嫌な顔でしたけど。。。

テル、とうとう60万円たまりました。
手をたたいて喜ぶりなとテルと母。

「今度の休みにでも買ってくれば?」

「りな、いっしょにきて」

「え〜」といいつつもついていくりな。
しかし品切れ。。。。
他のするかときいてもテルはいやがり
在庫があるかどうかきいてもらうことになりました。

都古ちゃん。
今度の休みに千晶をよんでもいいかと河原さんにききますが
「断ったら自分がイヤだって言ったみたいじゃないか」
というところがほんとにやなかんじです。

 都古ちゃんへ
 
 今日はサイクルショップに行きました。

 ほしいロードバイクがありませんでした。

 在庫があれば取り寄せです。


「コーヒーのお砂糖はスプーン1杯です」

亀田さんの喫茶店でコーヒーを飲むテル。
りながやってきて、ロードバイクが取り寄せできるということを
しらせてくれました。

園長と古賀さん。

「園長、別れた女房にあってきました」

「息子さんにあいたいっ話した?」

「はい」

「どうだった?」

「息子は、父親は死んだと思ってるので
 
 生きてると知ったら混乱するだろうって。

 息子にちゃんと話してみて

 僕にあいたいかどうかきいてみるそうです」

「息子さんは、古賀さんのこと、おぼえてるの?」

「はい。自閉症の子は、そうじゃない子よりも

 ずっと記憶が鮮明ですから」

「そう」

「もしあってくれるなら、飼育係一日体験にこないかって

 さそってみました」

「きてくれるといいね。」

 都古ちゃんへ

  今日は動物園に仕事にいきました。
 
  ロードバイクの在庫がありました。

  取り寄せです。


都古の家に遊びに来た千晶。
河原さんは限定ケーキを買ってきたり外面がいい。
休みの日は何をしているかときかれ
夫好みの答えをいう都古。
でもそんな機嫌うかがいに気づく千晶。
千晶は、都古がほんとに好きな人と結婚できてうらやましいとか
ケンカもうらやましいとさんざん言いますが
それに対し、ついきつい口調で返してしまう都古。

「あたしは一生結婚しないんだろうなって思ってた。
 
 誰かを信じて裏切られるのが怖いから」

河原さんは自分のことをわかってくれて
ありのままの自分をうけとめてくれる人なんだと
思い込もうととしていたという都古ですが
それは違っていたといいます。

「まさやさんは、自分にとって

都合のいい奥さんなら

 あたしじゃなくてもよかったんじゃないかな。

 バカみたい。全部私が悪いんだけど」


千晶は、都古が親のことで辛い思いをしてきたので
その気持ちもわかるといいました。

「子どもがいるから我慢するしかない」と泣く母の記憶を
思い出す都古。
でもこのままどうもしないという都古になぜと問う千晶。

「ひとりになりたくない」

「これから出会えるかもしれないでしょう?」

「誰も信じられないと思う。

 あたしには無理」


 都古ちゃんへ

  今日派動物園に仕事に行きました。

  チキンカレーを食べました。

  ジンジンをお風呂に入れました。


都古はあの木のそばにいき
昔、テルとすごした子ども時代のことを思い浮かべます。
そこへテルの母から電話がはいり、久しぶりにあうふたり。
テルの元気そうな近況をききます。
60万円たまったことをすごいという都古に

「将来のために少しでも多く

貯金させるべきかなと思ったけど

 輝明だって、人生を楽しむべきでしょ。

 せっかくこの世に生まれえきたんだもの。

 楽しいって思えること、やってほしいから」


という母。
がんばってるテルの話をきいて自分もがんばんなきゃという都古。
自分は中途半端にあわないほうがいいかとききますが。。

動物園では飼育体験の日。
中学生が3人ともしかしたら自閉症の18歳の男性も
くるかもしれないという園長。
しかし集まったのは中学生のみ。
さっそく作業にむかいますが、園長がその様子を気にして
ずっと見守っています。
テルのすることをみて中学生あとにつづくのもいいかんじ。
テンジクネズミの体重をはかったりもして
一日体験は終了。
でも古賀さんの息子さんはこないままで
園長がずっと心配そうに見守っているのがなんともいえません。

しかしそのあと園長は、古賀さんの息子さんらしきひとと
すれちがいます。

「きた!」

古賀さんが固まっているテルの視線の先をみると
そこにいたのは息子。。。驚く古賀さん。

「こんにちは」

息子、無言。
テルは息子さんに近づいて

「飼育係り一日体験にようこそ」

というと、ほうきを渡しました。
すると息子さんは無言のままほうきを受け取ります。
それをみつめる古賀さん。

「やってみる?

 やってみよう。こっちね」


と息子さんをつれて作業にむかいます。
あとについていく息子は、掃除をはじめました。
息子さんをみつめる古賀さんの顔は真剣です。

体験がおわり、園の外までおくっていく古賀さん。

「今日は、きてくれてありがとう。」

無言。

「なあ」

「15時、23分の電車に乗ります」

「そっか。じゃ、また」

息子さんは歩き出し、その姿をみつめる古賀さん。

「いっしょ」

とテルがつぶやきました。
親子で、ポケットに手を入れている格好がいっしょでした。。。

息子を迎えに来た母は軽く会釈をし、
古賀さんもおなじようにかえしました。

診察をうける母は、テルが都古ちゃんにあっても大丈夫か
たずねますが、先生の答えは大丈夫というもの。
ただ、エクスポージャー不安がおきるかも?とのこと。

母は、都古ちゃんをごはんによぼうと思うとテルにいいます。

「都古ちゃんにあってはいけません」

「今の輝明なら大丈夫よ」

「都古ちゃん、いつくるの?」

「今度の日曜日」

都古は夫に、テルのところへいってもいいかとたずねますが

「まだ彼とつきあう気?」

という河原さん。。。
しぶしぶですがダメとは言いませんでした。

その日から毎日「都古ちゃん、いつくるの?」
ときくようになったテル。
出かける前も帰宅したときも食事の前も。

レストランで千晶と食事する都古は、
夫の大学時代の友人の姿をみかけて
挨拶をしにいこうとして、衝撃の事実をきいてしまいます。
離婚は、河原さんからではなく妻から言い出されたもので
最後はとりすがるようにして離婚しないでくれといったらしく
それでいてすぐ再婚したのはバツイチなんか耐えられないから。

「あいつはさ、
 
 人からどう見られてるかってのが重要な男だからさ」

都古、ショックをうけつつも表面はかわらず夫に接します。

都古ちゃんがテルの家に来る日になりました。
仕事帰りのテルを待つ都古。

「久しぶりだね。

 その服新しいの?似合ってる」

「都古ちゃん、その服似合ってないよ」

「久しぶり。会えてうれしいな」

「うれしくない」

でも表情はなんか笑っているみたい。

「テル、おなかすいたね」

「すいてない」

おなかのなる音。。。。

「すいてない」

「いこっか」

「いかない」

「いくよ」

「いかない」

「いかない」

といいながら並んで歩くふたり。

「都古ちゃん、こんにちは」

「こんにちは」

「手紙出したから」

「うん、待ってる」

これがエクスポージャー不安だそうです。
人とかかわるときに生じる不安で
ふだんわかる言葉がわかりにくくなったり
好きな人にヘンな反応したり
天邪鬼な対応をしたりするらしい。
都古ちゃんに、テルがヘンなことをいわなかったかと
きく母に「言ってました」と都古ちゃん。

みんなで鍋を囲んで食事。
ロードバイクがきたらまた新しい道をおぼえなきゃと
「いきたいとこある?」ときくとあるというテルですが
どこかはおしえないというテル。

都古ちゃんが幸せそうだと羨ましがるりな。
幸せなふりをしているだけの都古は
テルの家をでてとぼとぼ歩きます。

 都古ちゃんへ

テルはいつものようにハガキを書いていますが。。。

仕事がおわってみんなが動物園からでてきたときに
ロードバイクが届きました。
職場のみんなもびっくりしますが
テルはだまってみつめていて
三浦さんにいわれてようやく近づきます。

「ベルがない」

みんな笑顔に。。。

テルはロードバイクをもって亀田さんをたずね
ロードバイクの乗り方をおしえてもらいます。
最初はこけたりしますが、すぐに上手になり
気持ちよさそうに乗っているテル。

都古から先日のお礼のハガキがとどき
「幸せそうでよかった」と話すりなと母。
都古のもとへもハガキがとどいていました。

 都古ちゃんへ

  今日は動物園にいきました。
 
  都古ちゃんがうちにきてごはんをたべました。

  都古ちゃんが元気じゃありませんでした。


それを読んで泣きそうになる都古。
マンションの外へでると
道のむこうから近づいてきたのは
ロードバイクに乗ったテル。

「きた」

また泣きそうな都古。

「都古ちゃん、こんにちは」

涙で声にならない都古にもういちど

「こんにちは」

というテル。

「こんにちは・・」

泣き声でいったあとテルに抱きついて泣き出す都古。


「手紙、出したから」


「うん・・待ってる・・」


都古ちゃんにとって、誰よりも理解してくれる人、
自分をわかってくれる人はテルでした。
ほかの誰も気づかない都古ちゃんの本当の気持ちを
気づいてくれるテル。。。。
ふたりの絆の深さを感じます。

古賀さんと息子さんが同じ格好をしているのを
「いっしょ」と言ったシーンもよかったし
古賀さんの息子さんがこないのを心配して
ずっと見守る園長の姿もとてもよかったです。
ますます園長が好きになってしまいました。
なんていい人になったんだろう。
もともとはそんな人だったんですよね、きっと。

僕の歩く道 公式サイト
僕の歩く道 各話レビュー

ありがとう
ありがとう
REO, 森大輔, MORISHINS’, 大智, SMAP

僕の歩く道 オリジナルサウンドトラック
僕の歩く道 オリジナルサウンドトラック
TVサントラ, 本間勇輔


2006.12.06 Wednesday 00:03 | comments(2) | trackbacks(18) | 
<< アニメ D.Gray-manディーグレイマン 第9話「巻き戻しの街」 | main | 雑誌レビュー 日経エンタテインメント ! 2007年 1月号 >>
mari (2006/12/06 2:20 AM)
こんばんは。
ココログが、メンテ中で、TBが送れません。

テルは、小さな変化でも見過ごしませんでしたね。
少しずつの前進に、テルのがんばりに、背中を押されます。
honey (2006/12/06 8:51 AM)
mariさん、こんにちは。

tbはご都合のいいときにどうぞ(^O^)
うちもけっこう入らないときが多くて
一応全部お返しするようにはしてるんですが
一部どうしても入らないサイトさんがあります。。。

テルはまわりの人をどうしてやろうとか何も考えてないのに
その存在だけでそばにいる人をかえてしまうという
すごいものがありますよね。









【僕の歩く道】第9話
輝明の元に、ついにロードバイクが届いた。亀田さんの指導で一生懸命練習する輝明。。。このシーンで、何故か泣けてくる。亀田さんが優しくて、嬉しくて。輝明の父は輝明が自閉症だと言う事を認められないまま亡くなったと言う。古賀さんも息子の自閉症を受け入れる事が
| 見取り八段・実0段 | 2006/12/06 12:11 AM |
僕の歩く道 第9話
幸太郎は順調にお金を返して、全部返し終わったようですね。 って、これって1年後の話なんすか?! 一気に飛びすぎだろうw まぁ真樹も丸くなってよかったわ。 ていうかこの1年後っていうのは里江の体調が悪くなる前触れ・・・じゃねぇよなぁ・・・ それに
| 医療特撮部LOG | 2006/12/06 12:22 AM |
『僕の歩く道』 第9回 「再会!助けて、テル」 感想?
「古賀さんが息子さんに会いました 都古ちゃんに久しぶりに会いました ロードバイクが来ました。」 というところでしょうか。 言われれば、都古に会ってなかったんだぁ。>輝明
| つれづれなる・・・日記? | 2006/12/06 1:41 AM |
「僕の歩く道」第9話
やっと60万円たまった1年後…。 ロードバイクの取り寄せも待ち遠しいけれど、 久しぶりに都古と会うのにもそわそわしてしまうテル。 「都古ちゃんはいつ来るの?」と何回も訊いたり、 都古にあまのじゃくな受け答えをしてしまったり。 そんなテルを温かい目で見守
| fool's aspirin | 2006/12/06 1:48 AM |
僕の歩く道 第九話
●キャスト 大竹輝明/草なぎ剛 松田都古/香里奈 大竹秀治/佐々木蔵之介 大竹真樹/森口瑤子 大竹幸太郎/須賀健太 大竹里江/長山藍子 大竹りな/本仮屋ユイカ 三浦広之/田中圭  古賀年雄/小日向文世 堀田丈二/加藤浩次 河原雅也/葛山信吾 久保良介/大杉漣
| ちょっと変な話 | 2006/12/06 2:17 AM |
僕の歩く道 第9話「再会!助けて、テル」
都古ちゃんへ やっと気付いてくれたね、河原の本性に。 でも気付くのに1年もかかるなんて… 大丈夫、テルがいるじゃん!だから安心して別れよ?あんなカスとはさ? はっ、またも本音が! …ま、奴の自業自得だ!!ザマミロ河原!! で、冒頭から驚き
| オタク戦隊3バるカん | 2006/12/06 5:18 AM |
僕の歩く道 第9話
前話で仲良くなった親父2人・久保園長と古賀さんの話し合いで古賀さんの息子さんが登場したり、輝明と都古
| まいにちおきらく! | 2006/12/06 6:09 AM |
僕の歩く道(12月5日)
急に1年後とは速い展開です。
| 今日感 | 2006/12/06 9:29 AM |
僕の歩く道 第9話:再会!助けて、テル
ロードバイク キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!! 早いなぁ〜、テルが飼育係として働き出して、もう1年経ったんだ! てかロードバイクって、簡単には乗れない乗り物なんですねー。 足をペダルに固定するんだ〜{/face_sup/}慣れてないと、咄嗟の時に足が出なくて危
| あるがまま・・・ | 2006/12/06 1:16 PM |
僕の歩く道 第9話
なんてかわいそうな都古・・。 河原〜!ゆるせんっ。
| るりりんのお散歩雑記 | 2006/12/06 3:41 PM |
僕の歩く道 第9話
都古ちゃんが元気じゃありませんでした。
| くつろぎ日記 | 2006/12/06 5:04 PM |
僕の歩く道 第9話
河原さん、あなたって人は・・・
| 似合わないクツを脱ぎ捨てて | 2006/12/06 6:36 PM |
僕の歩く道第九話
再会!助けてテル:テル(草薙剛)の目標だった「ロード・バ
| 日々雑用 | 2006/12/07 3:41 PM |
僕の歩く道 第9話
またやられた・・・_| ̄|○ また輝明(草剛)に泣かされてしまいました(T_T) 最後に持ってくるんですよねぇ(^^ゞ 都古ちゃんが元気じゃありませんでした・・・。 明るく振舞っていた都古(香里奈)だったんですが、輝明には分かってしまったんですねぇ。
| ドラマの話をしてみよう | 2006/12/07 8:08 PM |
「僕の歩く道」(第9話:「再会! 助けて、テル」)
今回の「僕の歩く道」は輝明(草 剛)が動物園の飼育係として働き始めて1年後の話であり、輝明が60万円のロードバイクを購入したり、都古(香里奈)と再会したりする、というものだ。今回のエピソードの最後のほうで、輝明が都古に宛てた手紙に「都古ちゃんが、元気
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2006/12/08 12:53 AM |
『僕の歩く道』 第九話 「再会!助けて、テル」
輝明に借りた五千円を返し終わった幸太郎。 一年以上って、あれから一年経ったのか! ということは、都古と不倫夫との電撃に見えた結婚も、 そうでもなかった、ってワケか。 妹のりなちゃんが家を出たいと言ってると、 兄と話す母親。 「俺はあてにされてない
| *モナミ* | 2006/12/08 8:29 PM |
僕の歩く道・第9話
輝明が欲しがっていたロードバイクに似た自転車は、子供の頃持っていました。
| あずスタ | 2006/12/10 1:51 AM |
《僕の歩く道》 #09
都古の理想と現実。 両親の不仲にずっと悩まされ続け、人を信じることが恐くなっていた都古。やっと河原を信じることができそうだったが、結婚式に来てくれた河原の知人を見かけて、挨拶しようと近づいたとき、聞かされた話にショックを受ける。聞
| まぁ、お茶でも | 2006/12/10 7:33 AM |