<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

14才の母 第10話「もう一度、笑って・・」

14才の母 第10話「もう一度、笑って・・」
赤ちゃんは生まれたものの、仮死状態のため
新生児集中治療室(NICU)へ。赤ちゃんは女の子。
「助けてやってください!お願いします!」と叫ぶ母。
一方、未希は出血がとまらず危険な状態。

智志をたずねていった忠彦は、変貌した静香をみて
驚き、心配しますが、智志は「なんかようですか」と
つめたい反応。忠彦は、今、未希が病院で手術を
うけているからひと目だけでもあいにきてくれないかとたのみます。
子どもの命も五分五分といわれ
「もし赤ん坊が助からなかったら未希は・・」という忠彦は
せめて無事な顔だけでもみせてやってくれればといいますが
静香が「いっそ死んだって言えば」と、そのほうが
未希もすっぱりあきらめがついていいと横から口出し。
しかし忠彦はひと目でいいから、とくいさがります。

「君はいつだったか逃げないって言ってくれたじゃないか!」

「うるさい!

 俺があいにいったって、どうなるわけでもないだろう!

 どいつもこいつも勝手なんだよ!帰れ!早く!」

と以前の智志とはうってかわって乱暴な態度で
忠彦をドアの外に押し出しました。

未希は意識がもどらずICUへ。
ストレッチャーで運ばれる未希をおいかける母。

 未希 目をさまして
 
 お母さん もうなんにもいらない

 人になんといわれてもいい
 
 もう一度 あなたの笑った顔が見たい

 おねがい


未希は手術がおわって12時間たっても目をさまさず。
出血が多くショック状態が長く続いたためだそう。
お医者さんにくってかかる忠彦に、出産は人知を越えたもので
自分たちは出来る限りのことをしたから
あとは未希の回復力を信じて病院にまかせてくださいという先生。

加奈子は未希のそばにつきそい、目がさめるのを祈ります。
赤ちゃんの容態はおちつき、面会してもよいという先生に
「娘がこんな状態なので」とことわる忠彦。
しかし加奈子は「未希ががんばって産んだのに
一刻も早くあってあげなきゃ」と夫婦でNICUへいきました。
赤ちゃんは1648gときいて、あまりの小ささに驚く加奈子ですが
これだけあれば母体の外にでても充分がんばれるし
2500gをこえたら退院できるという先生。
それには1ヶ月か2ヶ月かかるらしい。
保育器にはいっている小さな赤ちゃんをみつめる忠彦と加奈子。
この子は自力呼吸ができるので、それだけで果報者だそう。

未希は眠ったまま。

洗濯物を干す智志。
静香をたずねてきた元秘書は自己破産をすすめますが
静香はきくみみをもたず、会社をたてなおすつもりで
智志が高等部にあがるまえにはなんとかするといいます。
それを複雑な顔できいている智志。
外に出て歩きながら、忠彦に言われた言葉を思い出します。

未希のお見舞いにやってきた健太たち。

「大丈夫なの?」という健太に

「大丈夫にきまってるじゃないか」というマコト。

「おれがおこすよ。
 
 姉ちゃん、起きろよ、おい!姉ちゃん・・・・」

と声をかけ続ける健太。。。。

疲れた顔の加奈子に、自分がかわるから休めよというマコト。

「未希なら大丈夫だよ。

 あいつ赤ん坊にあいたがってたもん。

 あわないでどうにかなるわけないじゃん。

 だから、産んでよかったんだよ」

「あんたにいわれなくてもわかってるって。

 未希は大丈夫。

 だってもう母親なんだもん」

赤ちゃんの経過は順調で、ミルクを飲むこともできました。

「やるなあ、君。お母さん、守ってやりなよ」

と声をかける先生。

学校では、未希と赤ちゃんのことが気になるという
生徒たちの声が。ひどいことをいったままだから
あやまりたいという生徒たちに先生はいいます。

「一之瀬さんはあやまって欲しいなんて思ってない。

 彼女はおしえてくれたのかもしれない。

 人が生まれてくるのは、実はたいへんなことなんだって。

 生まれて、大きくなって、こうやって大きくなって

 こうやってみんなといっしょに教科書開いて・・
 
 それって、すごいことなんだって」

未希につきそう母。
着替えをもってくる父は、加奈子にいわれたラジカセも
もってきました。
中には未希のふきこんだテープがはいっていて
それをふたりでききます。
母子手帳をもらったときのこと、母親学級にいったときのこと、
未希の声で正直な気持ちが語られます。
「やっぱりお母さんは強くなくっちゃ」
そのとき、なんと智志が姿をみせました。

「未希、桐野くんよ。

 桐野君、元気よ、きてくれたのよ」

と声をかける加奈子。
黙ったままの智志に、何か声をかけてやってくれないかという忠彦。

「すみません、僕が・・なのに・・なんにも・・僕は・

 僕、子どもなんて死んでほしいと思ってました。

 責任とるなんてかっこいいこと言ったけど

 生まれてこなければいいなんてずっと・・・

 だからこんな・・」

そのとき、未希が目をさましそうになりました。
みんな未希のそばにより、智志は部屋からでていこうとします。
忠彦は智志をひきとめ、未希にあってやってくれないかというと
「あえません」という智志。

「今の僕には会えない。

 母がいったように、死んだも同然だから」

「だったらせめて子どもにあってやってくれないか」

未希は目をあけました。

「わかる?未希、お母さんよ。

 助かったのよ、赤ちゃんも元気よ。女の子よ」

「女の子か。あたし、産んだんだ」

「そうよ、産んだのよ」

「あたし、長い夢みてた」

「うん」

「あたしが生まれる夢。

 あたしが赤ちゃんで、お母さんをさがして泣いてた」

「いるわよ。お母さん、ここに。

 未希もいるわよ、ここに。
 
 よくがんばったね、未希。

 よくがんばった」

涙を見せる加奈子。

智志はNICUへ。

「小さいので驚くかもしれない」と智志をつれていく忠彦。
とまどっている智志に、先生は

「何にもしなくていいんですよ。

 したくたって男は何もできないんだけどね。

 むしろこっちが元気づけられるばっかりで」

と声をかけます。
赤ちゃんをみつめる智志。
しかしすぐにその場からでていってしまいました。

病院にいた波多野が智志をみかけて

「15で父親になった感想をきかせてくれよ」

といいますが、智志は答えず行ってしまいます。

未希はもう大丈夫で経過がよければ
10日ほどで退院できるそう。

「お母さん、赤ちゃんは今どこ?早く会いたいよ」

という未希に、赤ちゃんは小さくうまれたから
今はNICUにいるとおしえる加奈子。

「どれくらい?」

「1648g」

「そんなに小さくて、ちゃんと育つの?」

「赤ちゃん、ちっちゃいけど元気だよ」

と、1ヶ月か2ヶ月で退院できると伝えました。

智志は、静香に赤ちゃんにあってきたと報告します。

「元気だった。女の子だった。

 ガラスの箱の中で裸でオムツして
 
 一生懸命生きてた」

「だから何?」

「ママ、やりなおそうよ。

 もう逃げるのやめよう。

 全部消えたっていいじゃないか。

 生きてるからいいじゃないか!

 俺、もう、高等部にはすすまない。

 中学でたら働く。」

「あんたがどこで働けんのよ!
 
 あんたもすっぱだかの赤ん坊みたいなもんなのよ」

「最初はそうかもしれない。

 でも頑張る。俺、頑張るよ。

 できること、俺にできること

 たったひとつでもいいから見つけるよ。

 そして、子どもにお金をおくりたい。

 どんなに、どんなに逃げたって、

 あの子は俺の子だから。

 俺の子なんだよ!

 俺の子なんだよっ!」



未希のお見舞いにやってきた先生は
母乳をしぼる搾乳機をもってきました。
さっそくやってみる未希ですが、なかなかむずかしく
痛いだけでさっぱり。。

「おっぱいがでないなんて母親失格ですね」

と落ち込む未希を、母乳をのまなくたって
立派に育つと励ます先生。
赤ちゃんの名前は?ときかれ、
候補はあるけど顔をみてからきめるという未希。

波多野はまじめに原稿にとりくみ
静香はやつれた自分の顔を鏡でみて涙を一筋流します。

智志は波多野をたずねて、働く場所をしらないかと
ききます。母の助けは無理でも、自分のことは自分でやりたい、
さらに子どもを育てるお金を少しでもおくりたいという智志。
しかし波多野は、それがやっぱり甘い考えだといい

「健康ならいくらでも仕事くらいさがせるはず。

 本気で戦いたいんなら自分でさがすんだ」

と突き放しました。

母乳の出はあいかわらず悪いようですが
赤ちゃんにあってもいいという許可がおりました。
加奈子につきそわれNICUにむかう未希ですが
途中で、ひとりでいく、と言い出します。

「一対一で会いたいの。初対面だから」

その言葉に、加奈子も納得し
歩いていく未希の後姿に向かって

「ママ、がんばって〜」と声援をおくります。

未希は傷あとも痛そうで歩くのもゆっくりですが
途中、青空をみあげて微笑むとまたしっかり歩き出しました。
(NICUは別の建物なのか?)

加奈子をたずねてなんと静香がやってきました。
驚く加奈子に出産祝いを渡す静香。

「いまさらよね」

「そう思います。

 認知請求はするな、もうかかわりたくないって

 ずっとおっしゃってきたのはそちらですから」

「こうすればどう?」

というと、静香は誓約書をとりだし破り捨てました。

「智志に言われたの。

 やっぱり生まれてきた子に責任とりたいって、

 どんなにソリがあわなくたって

 これで他人じゃいられなくなったってわけね」

というと、静香は加奈子の手にお祝いをおしつけるようにして

「じゃ」とかえっていきました。

NICUにやってきた未希。

「一之瀬さんですよね。赤ちゃん、待ってますよ」

「はい」

「おい、お母さん、きたぞ」

赤ちゃんをみつめる未希。

「小さい・・でも、動いてる」

「そっと、さわってやってください」

「いいんですか?」

「不思議に思うかもしれないけど

 赤ちゃんは、生まれたときから
 
 母親のことがわかってるんだよな。

 お母さんにさわってもらうと

 安心してすやすや寝てしまう」


未希の指をしっかりにぎる赤ちゃんをみて
未希は胸がいっぱいに。。

 「ありがとう」

 お母さん  
 
 私 やっと会えたよ

 私は思ったよ

 きっと この子にあうために生まれてきたんだね


智志は静香の置手紙を見て驚いていて
波多野は原稿のタイトルを「14歳の母」と書いてから消し
「14才の母」に変更。

未希は

「先生、あたし、この子の名前、きめました」

というと

「おしえてください。
 
 その名前で呼びましょう」

と先生。

「ハイ」

しかし名前は明らかにならないまま最終回へ続く。



予告では赤ちゃんの容態急変?のようにみえましたが
未希が元気になったのに、今度は赤ちゃんが?!

せっかく未希が助かったのに。
これは14才での出産はこんなにリスクがあるということを
言いたいのでしょうか?
陣痛もかなりつらそうだったし。
今回、目ざめたときはほっとしましたが
やっぱり子どもが子どもを産んだようにしか
見えないなあと思うところも多かったです。

息子にいわれてかわった静香も
この先は加奈子たちといい関係が築けそうです。
甘ちゃんな智志は、しっかりした気持ちがあれば
中卒でもがんばっていけるか心配ですけど
母に立ち向かえるだけでもかなり強くなりましたね。

どんなおわりをみせてくれるのか最終回が楽しみです。

キャスト

一ノ瀬未希   志田未来
一ノ瀬加奈子  田中美佐子
一ノ瀬忠彦   生瀬勝久
一ノ瀬健太  小清水一揮 
桐野智志    三浦春馬
桐野静香    室井 滋
三井マコト  河本準一(次長課長)
三井ひな子  金子さやか
遠藤香子    山口紗弥加
波多野卓    北村一輝
柳沢真由那  谷村美月 

関連記事 14才の母 各話レビュー

14才の母公式サイト

14才の母
14才の母
一ノ瀬 未希


主題歌 Mr.Children「しるし」

しるし
しるし
ミスター・チルドレン

2006.12.14 Thursday 00:37 | comments(0) | trackbacks(23) | 
<< 銀魂 第34話「恋にマニュアルなんていらない」 | main | アニメ NANA 35話「レイラの孤独」 >>









14才の母 第10話 反町さん目立ちすぎ!!
内容手術は成功したが、未希の意識はすぐに戻らなかった。一方、智志は未希父の言葉に悩む。そして。。。まぁ、、なんて言ったらいいでしょうね。ヒトコトで言うなら、『反町さん目立ちすぎ!!』ってことかな(^。^)いや、『存在感がある』と言った方が良いかな。だって
| レベル999のマニアな講義 | 2006/12/14 12:43 AM |
【14才の母】第10話
その日、少女は母になった。1648g未熟児。この子はすごいんですよ。この位の赤ちゃんだと人工呼吸が必要な子もいますが、自分でしっかり呼吸ができる。新生児ICUの先生の言葉とケースの中で一生懸命動く子供の姿に感動しなかった人はいないと思う。出産には、1人1人の
| 見取り八段・実0段 | 2006/12/14 12:47 AM |
『14才の母』 第10回 「もう一度笑って…」 メモ
表現は悪いですが、やっぱり数字って大切だわね。 これ、1話延ばしてなかったら、どこをどう切ったのか・・・ それに若干の不安も・・・。
| つれづれなる・・・日記? | 2006/12/14 12:49 AM |
14才の母 【第10話】 もう一度笑って…
遠藤先生(山口紗弥加)、意外に絵が上手いなぁ。  (黒板に書いた馬とかライオンの絵ね) やたらと公表をもったいぶっていた、NICU担当の小児科医・土田太郎役。 唐沢寿明かなぁと予想してたんだけど、ハズレ。志田未来と同じ事務所(研音)の反町隆史と来まし
| THE有頂天ブログ | 2006/12/14 12:54 AM |
14才の母 第10話:もう一度笑って…
名前・・・けんいち・・・は却下だな(⌒▽⌒;) 女の子でしたね〜。生まれちゃいましたね〜。大変な出産でしたね〜。1648g・・・ 生まれた瞬間の赤ちゃんはお人形だとしても、ICUで保育器に入ってた未熟児は 本物の赤ちゃんでしたよね???こういうのの撮影って、どう
| あるがまま・・・ | 2006/12/14 1:04 AM |
14才の母 ついに対面(人´∀`).☆.。.:*・゚
前回未希が子供を産む所で画面がバグって(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ ってなわけでついに今回赤ちゃんが生まれるはずです(笑) 今までのお話はこんな感じ(^^) 一話14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜 二話14才の母 妊娠×家族=エライコッチャヽ(
| zenの日記 | 2006/12/14 1:15 AM |
14歳の母・第十回
先週、未希がふいの陣痛で苦しんでいる頃、なんと!!私もふいの腹痛に襲われ、急遽病院へ・・・。そのまま入院してしまったのです・・・。今日の朝、やっと退院。と、いうわけで、なんと!1週間ぶりのブログですA=´、`=)ゞ 前回、今回と波乱の展開、赤ちゃんは未
| Yが来るまで待って・・・ | 2006/12/14 1:35 AM |
14才の母 第10話 「もう一度笑って…」
無事生まれる赤ちゃん。しかし、女の子だった。春子先生(高畑淳子)に騙された。健一・・・。しかし仮死状態になる未希(志田未来)。出血性シュックで意識不明なのね・・・。
| テレビお気楽日記 | 2006/12/14 3:30 AM |
「14才の母」第10回
『もう一度笑って…』
| 気ままにいきましょう! | 2006/12/14 10:01 AM |
14才の母 第10回 感想
『もう一度笑って…』
| ぐ〜たらにっき | 2006/12/14 10:33 AM |
14才の母 10話〜もう一度笑って…〜
面白くなかった。 あっ、面白いとか面白くないとかじゃないか(失礼) 未希が目を覚ました時 何だ起きちゃった。。。と思ったの(苦笑) なんだか後半になってきてから、つまんなくなってきた。 視聴者の反響を考慮しながらストーリーを 変えていってるように感じ
| アンナdiary | 2006/12/14 12:28 PM |
14才の母:第10話
未熟児として産まれた子供と、14才で出産した母。 どちらにも死の危険が迫りながら、無事に落ち着いた。 智志は、未希に会って勇気付けるのかと思ったが、自分を責めて帰ってしまった。 しかし智志は、赤ん坊の姿を見て小さな命の生きる力を感じることに。 それで
| 日常の穴 | 2006/12/14 2:15 PM |
「14歳の母」第十回
 未希(志田未来)の子供は仮死状態で生まれる。 そこで登場したのが、友情出演の反町先生ですよ〜 いや〜、何か演技してるって感じですな〜  子供は反町先生のおかげで危険な状態を脱するが未熟児で生まれたため 新生児集中治療室に入ることになる。  一方、
| トリ猫家族 | 2006/12/14 3:26 PM |
14才の母 第10話 〜志田未来 14才の母になる〜
僕、こどもなんて死んで欲しいと思っていました。責任取りたいなんてかっこいいこと言 ったけど・・
| くつろぎ日記 | 2006/12/14 3:33 PM |
・日テレ「14才の母」第10話感想
2006年12月13日(水)、日本テレビで「14才の母 」第10話「もう一度笑って…」が放送されました。第10話も、簡単独り言をアップします!志田ちゃんの事務所の先輩、反町隆史さんを、医者として出すのは、かっこよすぎ(笑)。 ◇帝王切開で出産した未希(
| たまちゃんのドラマページ | 2006/12/14 7:39 PM |
「14歳の母」第10話(愛する子供に会うために生死との境を彷徨った先にみた対面)
13日ドラマ「14歳の母」第10話を視聴した。第10話は未希が帝王切開で出産したものの意識が戻らず、赤ちゃんの容態も危ないエピソードが描かれていた。
| オールマイティにコメンテート | 2006/12/14 8:12 PM |
14才の母 第10話
仮死状態の未熟児を出産した未希の目が覚めず、うろたえる両親。 赤ちゃんの状態が安定して面会ができることになった時 忠彦は― 未希のことが心配で、今はそれどころじゃない 加奈子は― 生まれた子に会いたい(会わなき
| 塩ひとつまみ | 2006/12/14 10:07 PM |
《14才の母》 第10話
難産の末に、帝王切開で生まれたのは、1648gの赤ちゃんだった。新生児室に移され、初めてのミルクを飲んだ。出血性のショックでまだ意識が戻らない未希に、周りは焦りの色が濃かった。
| まぁ、お茶でも | 2006/12/15 1:10 AM |
ヨーイドン(14才の母#10)
Hi! Everybody!みなさんごきげんいかがですかぁ?自己満足の『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』方式(何 もあと1曲となりました。予告編と雑誌の予告で、ストーリーを予想して候補曲を考えておくんですが、当てがハズレると一から探し直し(爆)まぁ誰も気にも留
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2006/12/15 7:08 AM |
14才の母 第10話
未希(志田未来)も赤ちゃんも無事だったかぁ〜♪ とりあえずは一安心というところですね。 (そうも言ってはいられないけど・・・) ようやく出産を終えたんですが、未希は危険な状態に陥ってしまいます。 赤ちゃんも危険な状態でした。 その頃、忠彦(生瀬
| ドラマの話をしてみよう | 2006/12/15 8:36 PM |
14才の母・第10話
前回第9話のラストを見て
| あずスタ | 2006/12/17 1:52 AM |
ドラマ「14才の母」第10話
ドラマ「14才の母」第10話、今までで一番良い話だったと思います!
| 描いた漫画を公開します!(日記&犬) | 2006/12/18 4:27 PM |
北乃きい画像動画
北乃きい画像動画
| 北乃きい画像動画 | 2007/05/21 9:50 PM |