<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ドラマ 新 美味しんぼ

[ テレビ ]
ドラマ 新 美味しんぼ
公式サイトよりストーリー

東西新聞・文化部。今日もグータラ記者の山岡士郎(松岡昌宏)が
デスクに突っ伏して眠っている。同僚の田畑絹江(中島ひろ子)や
花村典子(津乃村真子)が山岡の悪口を言っている。
新人の栗田ゆう子(優香)は眠りこけている士郎を見て、
ため息をついている。副部長の富井富夫(松澤一之)が慌てて
部屋に入ってくる。大原社主(神山繁)が呼んでいるというのだ。
 富井に怒鳴られ、目を覚ました士郎。悪態をつくが、
富井に耳をひっぱられ、大原の部屋に連れて行かれる。
その後ろをゆう子がついて行く。
同じ社内にある東西グラフの編集部の前を通ると、
二木まり子(上原さくら)と近城勇(木村彰吾)が何事かと
社主の部屋についていく。
 大原社主は、東西新聞の紙面で、文化の面で外国に対する
理解を深めるための国際化推進企画を始めることにしたと告げる。
東西新聞には「究極のメニュー」作りという大プロジェクトがある。
大原はその担当者たちに、食文化を通じて、読者が外国の文化に対する
理解を深める企画に取り組むよう命じた。
谷村部長は「世界のどの国から始めるかは君たちに任せる」と言うが、
士郎は不満顔だ。
 東西グラフの二木と近城も、食文化を通じた国際化企画に
参加することになった。二人は「世界味めぐり」の担当者で、
大原社主に「究極のメニュー」担当の士郎とゆう子を助けるよう
直々に言われたというのだ。
 士郎、ゆう子、まり子、近城の4人は打合せを兼ねて、山岡が行きつけの
小料理屋「岡星」に行くことになった。岡星精一(益岡徹)は
銀座一の腕を持つ料理人と評され、「究極のメニュー」作りに
協力してもらっている。カウンターに座った山岡は
「日本の国際化はただ単に欧米の真似をしていることが多いんだ」と
今回の企画に乗っていないことを話す。
仕上げの大根と油揚げの味噌汁を飲み、「やっぱり味噌汁は煮干がいい」
と山岡が言うと、若いカップルが「ニボシってなんですか?」と
聞いてきた。若者が煮干を知らないことに愕然とした士郎は
今回の国際化企画で「日本中を回る」ことを決意する。
 翌日、「日本中を回る」プランを大原社主に話すと
「日本の郷土料理はあか抜けなくてドロ臭い。やはり外国がいい。
最初はアメリカで決まり!」と怒る。さらには、来日中の世界新聞協会の
国際文化交流委員会のメンバーのための晩餐会の献立を考えろと命じる。
 文化部に戻ると、ソファに団社長(小田井涼平)が座っていた。
「究極のメニュー」と「至高のメニュー」の対決を掲載している
「週間タイム」を発行している大研社の社長だ。
団社長は士郎の考えに賛同する。ゆう子は「晩餐会のメニューを利用し、
日本の郷土料理を出すのはどうかしら?」と提案する。
すると、団社長は「究極のメニューと至高のメニューで、郷土料理を
やったらどうですか」と提案する。士郎は「至高のメニュー」側の
海原雄山の顔なんて見たくないと言うが、皆に押し切られ、
渋々、了承する。
 東西新聞のライバルである帝都新聞は、「究極のメニュー」に
対抗して「至高のメニュー」を作っている。その総指揮を執っているのが
海原雄山(松平健)だ。美食倶楽部という会員制の料亭を主催し、
美食の道を究めている。士郎は海原雄山に敵意を抱いているが、
実は二人は実の親子だ。士郎は父である雄山が美食を追及するあまり、
士郎の母親を追い詰め、過労で死に追いやったと思っているのだ。
 世界新聞協会・国際文化交流委員会・晩餐会会場。10人ほどの
外国人の国際文化交流委員に、士郎は北海道産エゾ鹿肉の大和煮、
秋田名産のキリタンポ鍋などをふるまう。
日本の郷土料理を「究極」VS「至高」の対決メニューにするかどうかは
士郎が国際文化交流委員のメンバーにふるまう料理をみて決めるという
海原雄山も立ち会う。国際文化交流委員たちは士郎の出した料理に
満足するが、海原雄山は「客を招いたら、その客にあった料理を出すと
いう基本を忘れている」と士郎を罵倒する。そして、翌日のお昼、
雄山が献立を作って、食事をふるまいたいと提案する。
 翌日、雄山がふるまった料理に国際文化交流委員はたいへん満足する。
「今日の料理こそ我々にふさわしい」という委員たちの反応に
士郎は打ちのめされる。
 数日後。美食倶楽部の雄山の部屋。板前の岡星良三(徳山秀典)が
長野から届いた新そばで、昼食にそばを打って持ってきた。
新そばの薬味として、ワサビと長ネギのみじん切りを添えたことに
雄山は激怒する。ワサビと長ネギが新そばの微妙な味と香りを
消してしまうというのだ。雄山は良三にワサビ以外で
新そばとマグロに合う薬味を探してこいと命ずる。
 良三は兄の精一のお店「岡星」で、士郎とゆう子に新そばに合う
薬味の相談を持ちかけている。本来なら、美食倶楽部に勤める良三は、
士郎とゆう子の「究極のメニュー」にとっては敵対関係にある。
だが、他に相談する相手がいない良三は、士郎や精一に相談を
持ちかけてきたのだ。さまざまな薬味をマグロで試してみる。
大根おろしをマグロにつけて食べた士郎ははっと気づく。
士郎は翌日、良三とゆう子を伴い、京都に出張することを決める。
 京都で辛味大根をつけてブリの刺身を食べた士郎たちは、
マグロにも合うことを確信する。だが、食通の雄山には良三が
辛味大根を提案してくるのはお見通しのはずだ。士郎は辛味大根の形から、
ある薬味を思いつく。士郎の入れ知恵を受けた良三は、
雄山の舌を満足させることができた。
 京極万太郎(伊東四朗)が士郎とゆう子に相談を持ちかけてきた。
京極は裸一貫から身を立てた京都の億万長者だ。美食家としても有名で、
海原雄山の美食倶楽部の会員でありながら、士郎やゆう子とも
懇意にしている。京極は、玉川財閥の総帥で去年亡くなった
玉川勝一(浅沼晋平)の一族の争いの解決を士郎たちに頼んできたのだ。
玉川勝一が先妻を亡くした後、夏江(岡まゆみ)は息子の邦男(蓉崇)を
連れて勝一と再婚した。勝一は遺言状を銀行の貸金庫に預けていたが、
パスワードを入力しないと開かないシステムになっている。
勝一は毎年、夏江の誕生日にパスワードを変更していたが、
銀行で変更した直後、事故にあって亡くなってしまったのだ。
勝一の弟の勝二(鈴木ヒロミツ)は、夏江がパスワードが
わからなかいから金庫の扉が開かないといっても信じない。
パスワードを士郎に探り出してほしいというのだ。
そのパスワードは料理の名前だという。生前、食道楽で、
料理を作るのも好きだった勝一が残した料理名のパスワードとは?
 勝一が銀座のレストランのシェフに最高のアワビを手に入れるよう
頼んでいた話を耳にした士郎は、アワビを使った料理のパスワードを探り、
ある料理にたどり着く。
 年が明けた元旦。士郎は運悪く、元旦に当直の当番だ。
そんな士郎をかわいそうに思ったゆう子は山岡におせちを差し入れる。
お正月気分を堪能しようと思った士郎。だが、3歳の時に母親に捨てられ、
養子にもらわれた新しい両親とブラジルに渡ったサチコ・サエキ
(加藤美佳)の本当の母親探しをするはめになる。
新聞の人探しの記事を見て、二人の母親が名乗り出た。
士郎は二人の母親にお雑煮を作ってもらい、サチコに昔味わった
お雑煮を思い出してもらうことにする。
 大研社の団社長の主催で「究極のメニュー」と「至高のメニュー」
の関係者を集めての新年会が開かれた。その席で、次回のテーマは
「鍋対決」に決まる。数多い鍋料理の中で、一番おいしい鍋を
決定するというのだ。士郎は人間国宝の陶芸家で士郎を孫のように
かわいがっている唐山陶人(麿赤兒)に自分が考えた鍋を食べてもらう。
陶人は味に満足するが、この鍋では雄山の鍋に勝てないと言う。
士郎は陶人とともに稀代の茶人・ノ貫(谷啓)がいる山寺に行く。
ノ貫からもてなしの心を学んだ士郎は、ある鍋を思いつき、
鍋対決の日を迎える。
 果たして、「究極」VS「至高」の鍋対決の行方は…?


キャスト

山岡士郎  松岡昌宏
栗田ゆう子 優香
岡星精一 益岡 徹
     北見敏之
富井富夫 松澤一之
二木まり子  上原さくら
田畑絹江 中島ひろ子
岡星良三 徳山秀典
大原社主 神山 繁
唐山陶人 麿 赤兒
ノ貫   谷 啓
京極万太郎 伊東四朗
海原雄山 松平 健


実は美味しんぼのコミックスも家にそろっていたりします^^;

海原雄山がそっくり。
似すぎ。
マンガからそのままでてきたかのよう。
見た目ばかりか表情まで似てるのに感心しました。
さらに料理のうんちくを語る長〜いセリフも
なんなくこなすあたりがさすがでした。

山岡士郎も雰囲気でててよかった。
父への反発心もみせてくれたし
あのちょっと軽いところも松岡くんのキャラにあってました。

実は岡星良三役の徳山秀典さん(矢車アニキ@ライダー)
お目当てにみたんですが
いきなりネギとわざびぶっかけられてましたね〜。
髪型違うと違う人みたい。
でも京都の錦市場にいったり
けっこう出番多くて楽しかったです。

内容が内容なので、見ていると食べたくなって困ります。
ああ、おいしそう。
食べる役のひとたち、いいなあ。

煮干を知らない若いカップルってネタなのか
現実にあるのか・・・ありそうですね。
テロップでわざわざ「煮干」とでてきたのは笑えましたが。

すっぽん鍋のところで、生きてるすっぽんが
テーブルの上にのっていると、食欲半減するのか
ますます食べたくなるのかはグルメ度によるかな。



☆今日は「演歌の〜」は見ていません。
一応録画はしたので見て気がむいたらレビューするかも?

2007.01.20 Saturday 23:23 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 天保異聞 妖奇士 あやかしあやし説十五(じゅうごのはなし)『羅生門河岸の女(らしょうもんがしのおんな)』 | main | 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.46「目覚めた闇」 >>
sorcerer (2007/01/21 12:17 AM)
honeyさんこんばんは!
私も徳山秀典さん目当てで見てましたよ〜!
というか、今日だって忘れてて、
途中まで風呂入ってましたけど(ーー;)~~
今、これから投稿する記事にチョロッと
書いたトコだったです(笑)

テニスの単行本ずーっと読み直してたので、
片目で見てたんですけどね〜
honey (2007/01/21 9:24 AM)
sorcererさん、こんにちは〜。
徳山さんのブログで宣伝してたのもあるし
家族が美味しんぼみたいというので
最初からスタンバイしてました(^^)
でもやっぱり別人ですね。









・フジテレビ「新・美味しんぼ」
2007年1月20日(土)21時から、フジテレビで、「新・美味しんぼ」(華麗なる料理の競演士郎の究極のメニュー雄山の至高のメニュー因縁の父子の愛憎劇が鍋対決で今夜始まる)が、放送されました。 (関東ローカルの話) キャラ(士郎・ゆう子・雄山)の面子が
| たまちゃんのドラマページ | 2007/01/21 5:42 PM |