<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ドキドキサバイバル 海編 跡部景吾 感想

ドキドキサバイバル 海編 跡部景吾 感想
興味のある方だけご覧ください。
ネタばれありなので未攻略の方はご注意。
でも攻略にはひとつも役立ちませんm(__)m

元気な子がお好きな跡部サマ。
つぐみの父を心配する主人公にも
いつもどおりふるまうほうがいいとアドバイス。

海側でもSOSをつくりましたが
無理するなよ、と主人公を、やさしく気づかってくれるジャッカル。
すると隣のブン太がすかさず

「大丈夫、大丈夫。

 一人で二人ぶん働くから、・・ジャッカルが」


「おいっ、俺かよ!」

オペラの話題。
ワーグナーのオペラ・タンホイザーについて語ってくれます。
タンホイザーサーブが見られる全国大会はこのあと。

探索で磯辺にいって離れ小島を発見。
途中の質問は攻略本なしだったので
なるべく跡部好みっぽくやってみました。
岩場で足を切った主人公は平気だと
とびはねてみますが、やっぱり足が痛い。。。
すると、跡部サマ、

「痛くなったらいつでも背負ってやる」

といったあと、ピンクのバラ〜!
でもおんぶシーンはなかったから
もしかしてポイントたりなかったのか
セリフだけなのかは攻略本見るまで不明。。。

噂集めをする主人公、かなり唐突。
ジローや長太郎をつかまえては
いきなり「質問です!」と跡部サマの得意技をきいてるし
露骨すぎなんじゃ。
長太郎がおしえてくれた「眼力(インサイト)」はともかく
ジローは、「破滅へのロンドン」・・・。

どんな技かときかれると

「ぼーっときて、どーんとなって、どかーん」

ジロちゃん。。。

主人公、またしても「質問があります!」と直球で、
長太郎から、跡部サマの趣味がフライフェッシングだという情報をGET。
さらに好きな食べ物ローストビーフのヨークシャープディング添え。

好きな人の情報を仲良しの人からきく話ですが
おとなしいつぐみがそんなことを言い出すはずもなく
これも主人公側から聞き出す形でした。
跡部サマと仲のいいのは樺地といわれると

「樺地くんは、

 基本的にウスしかいってくれないんだもん」


たしかに。

跡部サマのために、テニスコートのネット用に
やぶれた網をつくろってはほめられる主人公。

ゲームは動体視力。
たぶんレベルが低いのかけっこう簡単。

お料理イベント。
料理をする跡部サマって貴重・・・。
なんでもできる跡部サマだけあって包丁さばきもすばらしい。
しかしそれを誉めると

「バーカ。これはおまえのを見ておぼえたんだよ」

と樺地なみのコピー能力をおもちらしい。
「こんなの朝飯前だ」という跡部サマに
「今は昼飯前です」と返す主人公。。。
こういう子がお好みなんですね。

みんなでキノコ探索。
マツタケにこだわるくいしんぼブン太。
主人公のアドバイスにより発見。
ここでジャッカル大感激。

「おおっ!?これがマツタケか。

 スライスされてない実物をみたのは初めてだ」


ジャッカル・・・・(T_T)

剣太郎に部長の極意をおしえる面倒見のよさや
飽きのこないようなメニュー開発を主人公にたのむ
みんなのことを気づかう跡部サマ。

夜、いっしょにみまわりにいって、
怪しい物音に、野生動物?と危機を感じますが

跡部サマに守ってもらわなくても

棒でぶったたく主人公、強し。

しかもそれは動物じゃなくて剣太郎だった。。。


いっしょに夜釣りにいったらなかなか筋がいいと誉められました。

あんまり甘い会話にならないんですが
好きな人がいるんですかときかれて

「そんなことは一言もいってねえ。

 ただ気になるやつはいるがな」

とそのへんどまり。

水汲み会話。
氷帝には給食はないらしい。
あったらさぞ豪華だろうな。

氷帝日誌でました〜(^^♪

「次こそはししゃもを釣ってみせます!」に対して

「こんな南の島にししゃもなんかいるかよ」

とバカにする跡部サマ。
そんな跡部サマが書くとしたら・・・

「こういうのはどうだ?樺地を一度もよばない」

「難しそうですね」

「んなことはねえだろ。なあ、樺地」

「ウス」

「さっそく失敗しました」

・・・・。

主人公、ポジティブなところを気に入られていますが
しょっちゅう怪我してます。
こぶができているのに気づいた跡部サマに
海辺につれていかれ、消毒してもらった後
しばらくいっしょに強制的に休養をとれといわれました。

森でマンゴーをとるふたり。

「跡部さんはスーパーにいったことがありますか?」

てっきりないと思ったら、部のみんなと買出しにいったことが
あるそうです。へぇぇぇ。

で、こないだのジャンプにのってた蛇イベントきました。
テニスボールをさがしにいって、蛇に手をかまれる跡部サマ。

主人公、跡部サマの手から毒を吸いとったーー!

やると思ったけど。

口の中に怪我してないし、虫歯もないから大丈夫だそうです。
その後、念のために、主人公が跡部サマに肩をかして
ロッジに帰るふたり。

ベッドに横たわる跡部サマの顔には汗がうかび
ちょっとだけ毒がまわったみたい。
でもヤマカガシはおくのほうに毒があるから、と
たぶん大丈夫だそうです、ほんとかなあ。
樺地がやってきたので、そこでつきそいは交代。
もうちょっと弱っている跡部サマをみたかっ・・ry

そのあと、快復した跡部サマは主人公をたずねてきました。
比嘉中の暴走をおさえるため、
跡部サマはこのまま体調不良のふりをするそうで
主人公に比嘉中の様子見をたのみます。

そのあと、宇宙が・・・っ!

跡部サマ隠居の間、代理は幸村。
あの比嘉中メンバーにも負けてないところがさすがです。
比嘉中3人は宍戸と長太郎と一触即発な雰囲気。

起こしイベント。
部屋にいってみたけど、もう起き上がっている跡部サマ。
親愛度はたりてたと思うんだけどな〜。つまらん。
彼女でもない女に起こされるわけもないし
起こしに来るほどでもないのか。

翌日、主人公が比嘉中に話をききにいくと
これは氷帝の陰謀(青学もグル)だという木手。
事故を装って島に閉じ込め
めざわりなやつに全国大会を前に怪我をさせるというもの。
このシリアスな会話の中で笑えたのが

「葵くんは私が殴ったやつだし」

そんなに強く殴ったのか、主人公!剣太郎かわいそうに。

とうとうボートで脱出をはかる比嘉中。
跡部サマ、主人公とともにもう一艘のボートでおいます。
穏やかな海なのに、いきなり渦潮キター!!

跡部サマ、自らの危険もかえりみず、
ロープを投げ、比嘉中メンバーとともに岸に帰還。
木手たちは跡部サマを信頼したようですが
榊監督と跡部サマが話をしていたのを目撃していたらしく
隠し切れないと判断した跡部サマから真相が語られました。

その後、夜のデート。
名前もいきなり呼び捨てになってたし
主人公もあっさり景吾さん呼び。
丘へいって満天の星をみながら
自分が帰った後、無茶しないでくださいね、という主人公に

「バーカ。俺のほうが心配だってんだよ。

 おまえの方が無茶するタイプだろーが」


というセリフでバラ。

告白タ〜イム。
好きな人はいるかときかれて

「フン。俺は女には興味ねえ」

「えっ?」

「たった一人を除いてはな」

ほほう。
それが誰だかわからないというとぼけた主人公に

「フン、やはりそうか。難敵だったわけだぜ」

え、今回そんな天然系にみえませんでしたけど?

「教えてやる。俺が好きなのは、おまえだ。○○」

「まさかこの俺に告白させるとはな」

跡部サマのインサイトをもってしても
見抜けないくらいだったという主人公の気持ちだそうですが
あんなに長太郎たちに好みのタイプききまくってて
ばればれだったんじゃ・・・(-_-;)

「おまえの気持ちがはっきりわかった以上

 こういうことをしても文句は言うなよ」

「こうやってると素直でかわいいんだがな。」

どうやら抱きしめられてるみたいだけど
勝気な主人公はおとなしくなってしまうらしい。

「おまえの扱いはだいたいわかってきたぜ。

 ま、これからも色々と楽しませてもらうからな」

「わかってるな?

 俺がこういうことをするのは、おまえが好きだからだ、○○」

こういうことって抱きしめてるだけってことでいいんでしょうか?

エンディング後。

二人で乗馬してるよっ・・・・!

自分はあんまりお姫様らしくないという主人公に

「おまえの気の強い所、俺は気にいってる。

 それを欠点みたいに言うな」

「俺はか弱い女ってのは好みじゃねえ。」

はいはい。
で、体型を気にした主人公に

「腕とかも充分細いだろうが」とセクハラ(違)

「や、やだもう。触らないでくださいよ。くすぐったい」

いっしょに馬に乗ってるのにそんないまさら。

「おまえは充分女らしい。もうちょっと自信をもて」

「ええっ、そうですか。例えばどんなときですか」

「ほう、知りたいのか」

「う、その笑い方のときって、何か企んでいるときだから

 やっぱりいいです」

「遠慮するな」

「ちょ、なんで歩くの止めるんですか」

「揺れてるとやりにくいだろうが」

「うぅ・・ここ、外なのに・・・」

「誰もいない。気にするな」

セリフだけみてたらやばいですね。

「もう・・」

「おまえは・・こういうときは本当におとなしくなるな。

 女らしくてかわいいぜ」

「知らない・・・」

「ほら、こっち向いて、目、閉じろ。

 キスしにくいだろうが」


「・・・いつも強引なんだから」

スチルはずっと乗馬シーンのままでした。
ちゃんと止まったら馬の足音もやむという丁寧さ。
いったいここはどこですか。
ぼっちゃま専用乗馬クラブ?

それなりに楽しいんだけど
あんまりメロメロってかんじはしませんでした。
最後も余裕たっぷりだしな、跡部サマ。

ドキサバ キャラ別感想はこちらから
2007.01.25 Thursday 12:30 | comments(4) | trackbacks(1) | 
<< アニメ NANA 38話 「運命の引き金」 | main | 家庭教師ヒットマンリボーン標的15 「激突!サバイバル雪合戦」 >>
雪華 (2007/01/25 1:20 PM)
こんにちは! まだ、やってないのですが、跡部様は相変わらずみたいですねぇ〜♪ それに、最後のエンディングのセリフはヤバくないですか?! それとも、そういう方向に考えるあたしがまずいのでしょうか? でも楽しみです〜♪
honey (2007/01/25 8:32 PM)
雪華さん、こんばんは。

跡部サマ、堂々としてました。
山編でもそこらへんは妄想向け(?)になってましたからねえ。。。
楽しんでください。
今日は午後ずっとでてたのでやる時間ありませんでしたが
次の記事は木手永四郎の予定です(^^♪
sorcerer (2007/01/25 9:19 PM)
honeyさんこんばんは!

海、来たけど説明書しか読んでないよー!!
今日はがんばって、不二クリアして
リョマたんやってるんだけど・・・

山終わらないうちに海に手を付けてしまいそうで
怖いです(笑)

レビューはタカさんと海堂と不二が
メモの状態で置いたままですー
ああ、はやく海みたい!

比嘉中気になる(笑)

・・・しかしべー様のセリフ、凄いなぁ(笑)
honey (2007/01/25 9:25 PM)
sorcererさん、こんばんは〜。

いやいや、山も充分楽しいから。
sorcererさんのレビュー詳しいもんね。
海堂、楽しくなかったですか(^^)

木手、おもしろかったよ〜。
最初は冷たいのなんのって!!
でも宇宙が二回も。。

跡部サマにしてはおとなしいほうかも??









ドキサバ海編 跡部景吾 その1
海が来た時に一番に遊ぼうと思ってたんだけど、 とうとうこんな順番に! この物語の主人公(爆)跡部景吾様です! 常に出てるからさぁ、この人。クリアした気になってたよ! 7月29日 ある意味この人ホント、人外の代表というか。 絶対アリエナイ存在だと思うわけで(笑)
| ふしぎなことだま | 2007/04/17 1:03 AM |