<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ドキドキサバイバル 海編 木手永四郎 感想

ドキドキサバイバル 海編 木手永四郎 感想
興味のある方だけご覧ください。
ネタばれありなので未攻略の方はご注意。
でも攻略にはひとつも役立ちませんm(__)m
木手永四郎、最初はものすごく冷たい。
最初のロッジ内探索を手伝おうという主人公に

「君の手を借りる必要などありません。

 お引取り下さい」


おお、これは期待できそうですね。(何を?)
でも主人公、木手の話なんかきいちゃいねー。
強引にお手伝いしてしまいます。つぐみじゃ無理だったな。
サーフボードほかいろいろ見つけますが

「ここで見つけたものは我々のものです。

 報告する必要はありません」


協調性まったくゼロ。

「用がすんだら帰ってください。

 一応お礼だけは言っておきます。

 ご苦労様でした。」


と他人行儀バリバリ。

そんな比嘉中の皆さんに、もっとみんなと協調性をもつようにと
説得にかかる主人公のおかげで、一応ミーティングにだけは
出席するといってくれました。主人公グッジョブ。

冷たくされても気にせず日参。

「またキミですか」

とあきれながらも琉球空手の形をみせてくれ
護身術代わりにならおうかなという主人公に

「身を護るのに大事な事はたった一つ。

 危険な場所に近づかないことです。

 特に今キミがいるような場所にね」


木手のそばにいると危険?!
意味わかんない主人公に

「自覚がないのも困り者ですね」と永四郎サマ。

水をもっていった主人公にちょっとだけやさしい。

「キミはみかけによらず頑張りますね。

 ですがあまり無理をして倒れないようにして下さいよ。

 迷惑です。」

と最後のひとことが・・・・笑

忙しい永四郎サマに話しかけると

「見てわからないんですか。

 ちょっとそこどきなさいよ」


と冷たくあしらわれてしまいます。
でもきっとこんなキャラは忙しくても話しかけなくちゃ
いけないはずと思い(攻略本まだこない)がんばりました。

海側メンバーと別行動をしているため
食料も自給自足。今日は海で魚釣り。
そんな比嘉中にすでに一心同体とちゃっかりまぎれこんでいる主人公。

「ふぅ。つまみだしましょうか」

永四郎〜〜〜!

「まあいいでしょう。

 足手まといにならないで下さい。いいですね。」

となんとか許可をもらいました。ほっ。
甲斐くんがタコを釣ったり永四郎がイシガキダイを釣ったり
主人公にシマガツオのあたりがきてみんなから誉められちょっと嬉しい。

平古場くんからきいた噂バランス感覚をつかうと
永四郎は、片足で立ってても普通の生活ができるレベルらしい。

「キミは普通に両足で生活してても転ぶようですね」

ドジっ子主人公設定らしい。

なんか、だんだんやさしい発言もふえてきました。

「キミはすぐに元気になりますね。見てて飽きません」

とか、休んでおくほうがいいとアドバイスしてくれながら

「無理をして倒れられて

 迷惑するのはこちらですからね」


と一言つけたすのも忘れない。
主人公、心の中で『一応心配してくれてるのかな?』とつぶやきます。

そうです、素直じゃないんです、永四郎サマは。

薪割りの手伝いをしますという主人公に
「けっこうです」と冷たく言い放ち、
薪を運ぶだけでもとめげずについていけば
案の定、薪につまずいて転びそうになる主人公。

それを縮地法で助けてくれましたーー!

「まったく、手間を取らせる人ですね」

一瞬で近づいてきた永四郎に驚く主人公に
「キミの勘違いでしょう」とごまかしますが
この主人公はしつこいからそんなもんではごまかされません。
でも全国大会をまえに縮地法は秘密にしたいところ。
主人公は「ハマグリの○○(名前)」と呼ばれているくらい
口が固いです、と自信満々。

「ハマグリというのは熱せられると

 あっというまに口を開きますよ」


といいながらも白薔薇。

跡部サマたちのことを疑っている永四郎は、
自分もいわば被害者である主人公にそのへんをどう思うかといっても
トンチンカンな答えをかえしてあきれられました。

「キミにきいた俺がバカでした」

夜、話をする比嘉中3人。
主人公と仲がいいとひやかされると

「気のせいでしょう。

 むこうが勝手につきまとっているだけです」


とクールな返答。さらに主人公には優しいといわれると

「俺はいつも優しいでしょう」

という答えに、あとの二人は納得いかなそう。
そのあと、今回の件は、
全国大会の前に他の学校をつぶす氷帝の陰謀ではないかという方向に。
さっきとどいた攻略本によると苦労人ルートというらしいです。

平古場くんたちと違って永四郎はあんまり方言をつかわない、という話。
部長という立場で話すことが多いため、こういう話し方になるそうですが
しつこい主人公に

「ぬぶらんけーよ」

「調子に乗るなといったんです」

コワー。いや、実際はやさしそうだったけど。

いっしょに海をみて、沖縄の海は世界一だという永四郎サマ。
主人公がいつか見てみたいというと

「キミが望むのなら」

えっ?!

「あ、いえ、なんでもありません」

二度目の白薔薇。

探索にいった先で、甲斐くんがあらわれ
跡部と手塚がこっそりあっていたという話をし
蔦にかくされたロッジを発見。
するとそこに跡部サマと樺地がやってきました。
ふたりは草陰に隠れて様子見。ふたり接近スチル。
主人公に「近いです」といわれて
「す、すまない」とちょっとあわててました。

跡部サマは携帯でだれかと連絡をとり
この島は携帯がつかえないはずなのに、と
ますます怪しむ永四郎。

跡部サマがいなくなったあと、
帰ろうとしたら雨が降ってきたので雨宿り。

髪が乱れ、雨にぬれた永四郎が

めちゃめちゃかっこいいんですけど!


そしてまたまた白薔薇!

二度目の忙しいアイコンのときに話かけると
「今はだめです」「けっこうです」とことわられるんですが
結局お手伝いをすることになり

「一応お礼だけは言っておきましょう。ご苦労様」

とお礼をいってくれたあと、ビッグバン(サーブね)の話になり
またまたまた薔薇が咲いた!

やっぱ忙しくしてても

話しかけてほしいタイプだったのね。


氷帝陰謀説をますます強めた永四郎は、
この先は危ないから自分達に近づくな、と主人公を遠ざけます。
でもそんなことでめげない主人公。
「責任は自分で取ってくださいよ」といいながら
つきまとってもいいことになったらしい。
このへんもやっぱりつぐみみたいなおとなしいキャラじゃ無理ですね。

永四郎の手料理を味見するイベントもありました。
苦いけどおいしいと無理していう主人公に
実はまだ味付けしてないと、楽しそうな永四郎・・意地悪。

永四郎、きれいな貝をプレゼントしてくれました。

「喜んでいただけで光栄です」

なぜ自分に、ときくと

「まあこれを俺が持っていてもしょうがないでしょう。
 
 それに・・・」

「あっ、いえ、それに、

 いつもお世話になっているお礼だと思ってください」


素直じゃない。

比嘉中メンバーと果物&山菜とり。

主人公、ゴーヤ発見!

とってかえりましょうかというと

永四郎のメガネが不透明になったーー!!

こんままここにおいてあとで取りに来る、と
なんかたくらんでる!

そのあと、「ゴーヤ食わすよ」 といっても
ゴーヤはもうないだろうといわれたら黒い笑みが、、、

いっしょに森に散歩して見つけたハイビスカスを
主人公の髪にさしてくれる永四郎!

「たいへん似合っていますよ」

「ハイビスカスの花言葉は、勇ましさ、華やか、常に新しい美、

 いつも新しい発想、俺たちを驚かせ、活動的なキミにぴったりですね。」

とべた褒めしたあと 心の中で

「ハイビスカスには、私をあなたを信じます、

 というのもあるんですよ」


とつぶやいたあと、白薔薇っ!

夜、流れ星をみて

「帰宅!帰宅!帰宅!」

と叫ぶ主人公。
流れ星をみて「金!金!金!」っていうのなんかのマンガでみたな。。。
(ワンピースのナミだっけ?)

跡部サマが毒蛇にかまれて重態との情報が!
さっそく怪しむ比嘉中メンバー。
主人公が、永四郎の顔をみにきたとあいにくると

「フッ。いいですよ。

 こんな顔でよければいくらでも見てください。」


それをからかいにやってきた平古場くんと甲斐くん。

「急におまえの顔がみたくなってな・・なんつって」

そんなこといっちゃっていいの〜?!

「二人ともあとでゴーヤですね」

邪魔者がきえたあと、
みんなが無事に帰れるといいですねという主人公。
 
「そんなことになったら私が哀しいですから」

「比嘉中のみんなと一体化しちゃって」という主人公に

「君は・・・その中でも誰が・・・」

とついにきいてしまう永四郎。なのに邪魔者再び。

「おーい永四郎ー」

「・・・あの2人、またしても・・・!」

笑!でも宇宙キターーー!

起こしイベント。
「やれやれ、無防備な寝顔だ」といいながら起こしてくれました。

氷帝陰謀説をとなえる比嘉中。
あの樺地もあやしいといいました。

「彼のあの目、ただものではないでしょう」

そこへ長太郎が乗り込んできて、
反目するのはやめて仲良くしようと提案するんですが
陰謀説をきかされて温厚な長太郎も怒ってしまいました。
永四郎、ここから先は危険と思い、
主人公に仲間じゃない宣言し傷つく主人公。。
メンバーからそれでよかったのかときかれると

「これ以上巻き込むと彼女の身にも危険が及びます」

比嘉中3人はボートで脱出するつもり。
それをとめにきた主人公が、うっかり永四郎と
ふたりで海に漕ぎ出してしまうことに。

「キミは俺が守りますよ」

そこで渦潮&跡部サマキター!
永四郎がたぶん主人公を抱きかかえて跡部サマのボートに
のりうつり、力をあわせて岸へ。
真相があきらかになり跡部サマとも和解。

夜のデートで小川のホタルをみにいって また宇宙が!!

告白ではなんと永四郎のやさしい笑顔をみてしまいました!

エンディング後・・沖縄との遠恋をするふたり。
空港で別れを惜しむ彼女に

「俺たち二人の間には時間と距離は障害になりません」

「そんな目で見つめないでくれますか」
一人旅は危ないから彼女にはさせられないという永四郎。

「キミの分まで俺が会いにいきます。

 それまで我慢しなさい」


「だから、そんな目で見つめるなといっているでしょう。

 このまま連れて帰りたくなる」


今はダメでも大人になったらあいにいってもいいかときく主人公。

「キミはバカですね。

 会いにくる必要などないでしょう。」


大人になったらあってくれないの?と泣きそうな主人公。

「そうじゃない。

 同じ場所にいたら会いにくる必要などないでしょう」


主人公、沖縄にお嫁にいきますっ!

でもまだ続くんだ、このあと。

「あと数年の辛抱だ。

 だからそれまでは、

 見送ってくれる時のこの泣きそうな目も悪くない」

「それに久しぶりにあったときに、

 あの笑顔もしばらくは堪能したい。

 だから、今は我慢しなさい」


永四郎、おもしろかったです(^^)
マンガじゃ怖そうで悪そうなとこしかでてこなかったから
いったいどんなんだろうとワクワクしてましたけど
案外、(好きになったら)優しいし♪
薔薇は咲きまくりだし宇宙はくるし。
ゴーヤ食わすよって主人公にもいってほしかったかも。


追記 永四郎 こっちから告白バージョン

「好きです、つきあってください」と告白すると

「ああ・・ありがとう、○○」

と、ちょっとはにかんだ永四郎がみられます!!

「俺は、臆病者でしたよ」

「二人を隔てる距離のことを考えて・・
 
 この言葉を口にだすことができませんでした」


「好きですよ、○○」

「喜んでおつきあいさせていただきます」

そして遠距離ネタ。

「キミの言葉が俺に勇気をくれました。

 もう恐れることはありません。

 たとえ、どんなに距離があろうと、

 キミとは心で繋がる事ができる・・

 そう、確信できました」


ちょっと自信なさげな永四郎もなかなかよかったです。

おまけ 全クリメッセ。

「ほう・・すべてのゲームクリアですか?

 ごくろうさまでした。
 
 信じられませんね。

 また、俺を探してもらえると嬉しいのですけどね」


探しますっ!!

ドキサバ キャラ別感想はこちらから
2007.01.26 Friday 13:30 | comments(4) | trackbacks(1) | 
<< 今日からマ王!大全集VI 禁忌の箱編 | main | 花より男子2リターンズ 第4話「命がけの修羅場」 >>
sorcerer (2007/01/26 2:48 PM)
honeyさんこんにちは!!

なんかすげー!木手!
すごい楽しみ〜!!眼鏡だし!(眼鏡フェチだもん)
冷たいのに敬語っていうのが凄い良い!
ゴーヤ喰わそうとするのも。

なんか色んな萌えキャラの集合体
みたいな感じですね(笑)

ああ、海編も楽しみ。

といいつつ、ちょっとある読み物のせいで
今、脳内、宍鳳でいっぱいだったりするんですが・・・
宍戸さんとチョタにも会いたい!
ああ!海編見てみようかな?

いやいや、山あと3人(あと3人なんですよ!)
クリアしてから・・・
honey (2007/01/26 5:16 PM)
sorcererさん、こんにちは〜。

木手、あの冷たさが楽しいですよ〜。
眼鏡の下の目も動くんですが、ゴーヤみつけたときだけ
曇るんです!!

あと3人ならクリアしたほうがいいかも。
スキップモードつかったりして。
今日、攻略本がきたので、途中から
山編のデータ読み込んでやったんですが
ハイキングとか温泉とか超楽しかったですもん!!
山ももっかいやらねば!(萌えキャラだけ)
けろりん (2007/12/25 2:43 PM)
えへ!今さら書かせてください!

こんにちは、honeyさん。

うわーーー、細かいレビューだ♪
台詞、メモるの忘れたらこちらに来る事にしよう(笑)。

しかし、こうやって並べてみると、永四郎さん、冷たい台詞ばかり(笑)。
それに、原作はああいう人でしたしね、最初の方は結構「本当に恋愛とかできるのかよ〜」なんて思っていました。

でも、いかにも恋愛モードという人より、こういう人の方が結構ドキドキしたりして(笑)。

一発目にしてはちょっと強烈なキャラを選んでしまったようですが、かなり堪能しました!

また違うキャラでクリアしたら読みにきますね!
honey (2007/12/25 3:03 PM)
けろりんさん、こんにちは〜。

山編はけっこう適当にかいたんですけど
海はなんだか長くなっております。

永四郎さんはこの冷たさで人気なので(*^。^*)
みんなノックアウトされてますよね。

ぜひほかのキャラも楽しんでください。









ドキサバ海編 木手永四郎 その1
にわか脳内琉球ブームです(笑) 「永四郎、でーじはばやっさー!」 (永四郎、とってもかっこいいよー!)余談ですが、私の眼鏡、2〜3年前に買ったんだけど 永四郎の眼鏡と似てるんだよねー (フレームが青でレンズ上部は縁なし) [画像] 前から「木手仕様」と呼んでたけど
| ふしぎなことだま | 2007/03/02 2:38 AM |