<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダー電王 第2話ライド・オン・タイム

第2話ライド・オン・タイム
バットイマジンとの戦いを終えた良太郎(佐藤健)は、
ハナ(白鳥百合子)に誘われるまま、デンライナーの車内へ。
客室乗務員のナオミ(秋山莉奈)が笑顔であらわれました。

 「本日もデンライナーのご利用、まことにありがとうございます。

 客室乗務員の(くるりと一回転)ナオミで〜す。

 御用がある時は気軽にナオミちゃんって呼んで下さいね。

 ご注文は?」

 「何か飲めば?落ち着くよ」

 「いや、何か今は何も喉を通りそうもない」

 「オリジナルコーヒーはいかがですか?」

 「せっかくだけど・・」

 「すっごく美味しいコーヒーはいかがですか?」

 「じゃあ、コーヒー二つ」

 「は〜い」

 「俺も」

突然、モモタロス出現、良太郎びっくり。

 「は〜い、コーヒーお一つ追加ですね」

良太郎、またまた失神・・・・。

「僕はこれから・・どうなるんだろう・・」

「大丈夫?」

「ごめん、ちょっと。貧血気味で・・」

「〜ったく!この俺の契約者にしちゃ弱すぎだぜ」

「ちょっと!!」とモモタロスを怒鳴りつけ、再び良太郎にむかうハナ。

「君、名前は?私はハナ」

「野上良太郎」

「良太郎ね。こいつらはイマジン。私達はそう呼んでる」

「イマジン?」

「簡単に言えば未来から時間を越えて2007年にやって来たやつら」

「ってことは、未来の人間ってみんなこんな姿に!?」

「言っとくが、この姿はお前のせいだからな」

「え?どうして僕が!?」

「イマジンは口を出さないでよ。私が話してんの。

 イマジン達は2007年に来た時、体を持ってきてないんだよね。

 やつらは人に取り憑いて、その人が持ってるイメージを使って、体を作る」

 「つまり、俺がこんななのは、お前のせいってわけだ。

 な〜んだ、こりゃ?

 もっと格好いいのがあんだろ!?」


 「そう言われても・・

  あ、でも、もしかしたら桃太郎かも。

  小さい頃ヒーローだと思ってたし」


 「桃太郎?!笑うな!

  お前、イメージ貧困すぎだろ」


桃太郎というよりは赤鬼にみえる・・。

「イマジンは、とりついた人間の望みを、ひとつ、かなえる」

「望み」

「なんでもいいんだけど、

 イマジンはその望みをかなえてやるかわりに

 あるものを人間からもらう」

 「あるものって、まさか、命とか・・?」

 「時間だよ。その人の過去の、時間。

 それがイマジンと、取り憑いた人間の、契約」

 「そうだ、契約だ!!良太郎、俺に望みを言え!」

 「ダメ、今言ったでしょ。

 望みを言ったらこいつと契約したことになる。

 でも、言わなければ逆に身動きできないんだよね」

 「おい!よけいなこと言うな、鼻くそ女!!」

ハナに殴られるモモタロス。

 「なにすんだよ!」

 「フン!イマジンのくせに!!」

モモタロスとハナはケンカになり
それをとめようとした良太郎は酔ってしまいました。
停車して外へでる良太郎とハナ。

「大丈夫?まいったなあ、この程度でよっちゃうなんて」

「電車もだけど、話もむずかしくて・・」

空をみあげるとオーロラみたいな色の空でした。

「うわ、すごい。ここって・・」

「時間の中」

「時間の?」

「この砂の一粒一粒が流れる時間。

 デンライナーはこの時間の中を走って

 過去と今と未来を行き来する電車ってわけ」

「過去と今と未来・・」

「とにかその過去と今と未来に危険がせまってるってことだけおぼえておいて。

 私たちは、イマジンから時の運行を守る使命がある」

「私・・たち?」

バットイマジンに命じてキーホルダーをさがしつづけるテツオ。

ハナの落としたキーホルダーがそれでした。

「それ、イマジンが取り付いた子がさがしてたやつだよ」

「じゃこれをとりかえすことがイマジンに望んだことか。

 イマジンが契約を完了できなかったわけだ」

「ついでに返しておくよ、なんだか大事そうだったし」

姉の喫茶店におろしてもらう良太郎。

「顔色悪いわよ〜」

姉は青汁をだして良太郎にすすめます。

良太郎はテツオ(落合扶樹)をさがして街へ。
不良のみなさん、良太郎をみたとたん態度をかえ
「ちーす!」と挨拶。
テツオの居場所をおしえるから自分で返してくれといいました。
テツオは最近おかしいらしい。

良太郎は道でお姉さんのとりまきオザキさんにあい、
オザキさんは連れの女性をおいかえしごまかすのに必死。
怪物がキーホルダーを奪う事件の取材をしていたといいわけすると
良太郎がモモダロスに豹変。

「今のはホントかあっ?!

 あのコウモリヤロウ、生きてたのかあ!」


というとオザキさんを投げ飛ばしました。

「あいつめ!」

元にもどって、慌てて尾崎さんを助けようとする良太郎。

「おい、良太郎!

 そんなのいいから、コウモリヤロウを」


そこでハナに殴られるモモタロス。

「バカ!何やってんの!

 あんたは勝手に動かないの。

 もう、あのイマジンが生きてたなんて」

「おい、良太郎!

 こんなところ(デンライナーの中)においてっても、

 おまえとはつながってんだからな!

 おまえの望みを早くきめて俺を自由にしろ!」

「とんでもないやつに憑かれちゃったよ」

尾崎さんをたすけおこしてから
キーホルダーをもって急ぐ良太郎。

「イマジンが人を襲ってるって、きっとこれを探してるんだ。

 早く行かないと」

テツオとバットイマジン。

「貴様は役にたたん!」とテツオにむかうイマジン。

「待て!探してるのはこれだろ!

 もう人を襲うのは・・」

「ご苦労だったな。

 おまえの望んだものだ」

テツオに蘇る記憶。誰もいない病室、残されたクリスマスプレゼント。

「契約完了だ」

テツオの身体をまっぷたつにして中へはいるバットイマジン。

「なんだいまのは?!」

そこへハナ。

「良太郎!とんだみたいだね、イマジン」

「とんだって、どこへ」

ぼうっとするテツオにはなしかけるハナ。

「キミ、2004年の12月24日おぼえてる?」

「12月24日・・・あの日、俺は仲間といっしょで、

 家にも、ずっと帰ってなくて、ずっと遊んでて、ずっと・・

 母さんがあんなに悪いなんて全然・・」

病院へいくとすでに母はなくなっていて

これ、お母様からです、とわたされたキーホルダー。

「最後のクリスマスプレゼントだった・」

「良太郎、いくよ」

「え?」

「イマジンは望みをかなえる代わりに過去の時間をもらうっていったでしょ。

 やつらは人の強い記憶をたどって過去へとぶの。

 そのために契約し望みを果たす。
 
 今イマジンはこの子が一番強くつながった過去にとんでる。

 目的はひとつ、過去をかえて今も未来もかえること」

2004年のテツオはいきなり豹変し、トラックを素手でとめ
トラックにのりこむと暴走をはじめます。
すると2007年の世界でも、あちこちに異変が。

「はじまった、過去でイマジンが事件をおこしてる。

 これをパスにいれてあたし達もいくよ。

 早くイマジンをとめないと、町の人も、この子も死ぬ」

「あんだかよくわかんないけど、

 やらなきゃいけないことだけはわかった気がする」

「今はそれでいいから、早く!」

良太郎、変身。
椅子にこしかけていたモモタロスもたちあがります。
「きたか」

「俺、参上だ!」

デンラーナーに乗り込み、さらにバイクにまたがります。
目的地をセットしていくところがバック・トゥー・ザ・フューチャー。
トラックをみつけ、おうデンライナー。

「ぃよっしゃ!おしつぶせ!」

「ダメだよ、接触してブレーキをかける」

「なんだ、めんどくせえっ!」

デンライナーの前にいた女の子を
バイクで助けデンライナーは建物の直前でとまりました。
建物の中にいた謎の帽子の男。
女の子の母は助けてもらったのに、
ライダーをみてうばうように逃げていきました。

バットイマジンと戦うモモタロスライダー。

「やっぱこっちの戦いのほうが俺好みだぜ!」

「いくぜ!・・俺の必殺技・パート2」

しかしバットマンイマジンは巨大化してギガンテスに。

「イメージが暴走してる、気をつけて!」

ギガンデス強い。
バイクにまたがりおいかける電王。

「あいつ、俺の必殺技をくらったくせに」

「そんなのどうでもいいよ、どうしよう!」

「でかいもんにはでかいもんに決まってるだろう!」

電王はデンライナーに再びのりこみギガンテスを攻撃。

「なんでもいい!ぶちこめ!」

「え〜〜それでいいの?」

ギガンテス爆破。
変身解除。

「あ〜、おもしろかったぁ〜」

良太郎からはなれて座席にすわるモモタロス。

「なんとか時間の運行だけはを守れたかな」

「へへ」

「良太郎、きこえる?」モモタロスの顔をつかんでよびかけるハナ。

「乗って、帰るよ!」

トラックの中のテツオに近づく良太郎。

「ちょっと!何するの?私達だって時間の流れをかえたら・・」

「ちょっとだけ・・ほんの、ちょっとだけだから」

電車にのったテツオを見ても何もいわないオーナー。
良太郎は母の死にまにあうように、病室へつれていってやりました。
母からクリスマスプレゼントを
手渡され、涙を流すテツオ・・・・。

「まだよくわかってないけど、こういうことならぼくにもできそうかな」

「おい良太郎、望みはきまったか、早くいえ」

「うん、きまった」

「ちょっと!」

「僕の望みは・・」

「うんうん」

「もう少し、考えること」

「げ!」その場にくずれおちるモモタロス。

「望みは望みだもんね。契約成立」

「冗談じゃねえぞぉ!」

「コーヒーできました(^O^)」

「あ、できた?(←コーヒーに気をとられるモモタロス)

 そんなの、認められるかあ!

 俺は絶対認めねえぞぉっ!」



モモタロスが今週もおバカでおもしろかった。
「俺の必殺技」ってやっぱ技の名前なのか!
単純そうだしなあ。
このままパート49とかまでいくんだろうか。
ハナにやりこめられてるところとか
コーヒーに気をとられるところとかいちいち笑えました。
本編に書くの忘れたけど、
道端で犬におしっこをかけられる良太郎のシーンで
リアルにコーヒー噴きました。
何をしても運が悪いのね。。

「ちょっとだけ」過去をかえた良太郎。
テツオは救われたけど、あのあと更正して
不良仲間にくわわらなくなったら
良太郎がからまれることもなかったりして・・・。


内容に関係ないけどサーバー重すぎます(T_T)

Newtype THE LIVE (ニュータイプ・ザ・ライブ) 2007年 03月号 [雑誌]
Newtype THE LIVE (ニュータイプ・ザ・ライブ) 2007年 03月号 [雑誌]
2007.02.04 Sunday 13:24 | comments(6) | trackbacks(32) | 
<< 轟轟戦隊ボウケンジャー Task.48「恐怖なる大神官」 | main | NHKトップランナー YUI >>
sorcerer (2007/02/04 3:55 PM)
honeyさん、またまたこんにちは!

今日もモモタロス面白かったね!
ハナちゃんとのやりとりが可愛かったよ!

でも、高岩さん(SAさん)、カブトの時は
大体変身後アクションで良かったものが
ドラマパートまで演じなきゃいけないってことで
忙しそうだなぁ(笑)って思います・・・
すごいハッチャけた演技で好きですけどね(笑)

それではまた♪
honey (2007/02/04 5:28 PM)
sorcererさん、こっちもありがとう。

この時間になってようやく自分ちに入れるようになりました。

モモタロス笑えた。
そんなにコーヒー飲みたかったのか、ってかんじ。

なんか楽しそうにやってらっしゃるからいいのでは。
いちいちおもしろいし。
けろりん (2007/02/05 3:03 AM)
honeyさん、こんばんは。

今回も面白かったですね!

モモタロス、最高♪
特に、ハナちゃんにはたかれるところとか、最後にコーヒーを気にするところとか(笑)。
動きもコミカルで楽しいですよね。

個人的には「もう自ら変身しちゃうのか」という残念ポイントはありましたが、テンポはいいし、キャラもいいしで、これからもとにかく楽しみですよね!
honey (2007/02/05 9:16 AM)
けろりんさん、こんにちは。

楽しいですね、電王。
モモタロスとハナのかけあいもいちいち笑えました。
なんかすごく楽しそうにやってるし。

変身もともかく必殺技の名前に感服いたしました。
Radcliffe (2007/02/05 11:47 PM)
毎度ご無沙汰してます。
良太郎の「心の強さ」とモモタロスの「底抜けのバカさ+カッコよさ」で、結構ツボに入ってます。

それにしても必殺技の名前は何とかならんものか(笑)
honey (2007/02/06 8:50 AM)
Radcliffeさん、こんにちは。

モモタロスは単純でいいですねえ。
良太郎は弱々しく見えるけど
芯が強いというか真にやさしいんでしょうね。

必殺技は特撮にうとい私には覚えやすくて助かります♪
次はパート3でいいんだな、と。









仮面ライダー電王: 第2話
仮面ライダー電王 第2話「ライド・オン・タイム」。語られるイマジンの目的と手段。必殺技の名前は「俺の必殺技」で確定か?(笑) 以下ネタバレあり。
| きゃんずぶろぐ | 2007/02/04 1:50 PM |
『仮面ライダー電王』、第2話 「ライド・オン・タイム」の感想。
★TBさせていただきます★『仮面ライダー電王』、第2話 「ライド・オン・タイム」の感想ですっ! 車内の高岩さんがメッチャ楽しそう(笑)。 初回の提供ナレの「電王」の発音もダメ出しで直され(笑)、その使命も明らかになり 2話分合わせてツカミは非常に良かっ
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2007/02/04 2:38 PM |
電王 2両目
放送から1週間経ち 色々と情報が飛び交っている 「仮面ライダー電王」 第2話 ライド・オン
| ヤジャの奇妙な独り言 | 2007/02/04 3:02 PM |
第2話 ライド・オン・タイム
「時間の中」って綺麗なんだなぁ!?この中に居たら年をとらないのかなぁ?良太郎にとりついたイマジンは、なぜハナ(白鳥百合子さん)に頭が上がらないんだろう?昔、きびだんごをハナにもらったのかなぁ? □あれ
| be in its flower別館 | 2007/02/04 3:47 PM |
電王(2月4日)
第2話 「ライド・オン・タイム」 心和ますさわやかストーリーでよかったヨ  電王!2回目ですが、イイぢゃないですか!前作(=カブト)のバカアホダブル脚本家が抜けたおかげで話がわかりやすくて、感情移入できまくり。キーホルダー探していた兄ちゃんの心情も良
| KITAKO'S BLOG | 2007/02/04 3:48 PM |
仮面ライダー電王2話 巨大ロボなるのかとオモタ。
モモタロスは今日も面白かった(笑) TBしてくれたヒトのレビューを読んで、 後で色々気付くんだよね〜!! 憑依時の筋肉スーツとか、OPのモモタロス踊りとか、 みなさん、毎週アリガトです!やっぱり、ナオミはまだ好きになれないのだが、 ハナちゃんが可愛い!めっ
| ふしぎなことだま | 2007/02/04 3:49 PM |
仮面ライダー電王 第2話 ライド・オン・タイム
今回はとりあえず状況説明がてら、1つ事件を解決する話。 主人公良太郎に取り付いていたモノの正体はイマジン。 未来から2007年に来た『人間』で肉体が存在しないため、取り付いた人間のイメージを下に実体化するのだとい
| 感想記 | 2007/02/04 4:38 PM |
仮面ライダー電王 第2話「ライド・オン・タイム」
仮面ライダー電王の第2話を見ました。第2話 ライド・オン・タイムバットイマジンとの戦いを終えた良太郎はハナに誘われるまま、デンライナーの車内へ乗り込む。「本日もデンライナーのご利用まことにありがとうございます。客室乗務員のナオミで〜す♪御用がある時は気
| MAGI☆の日記 | 2007/02/04 4:41 PM |
仮面ライダー電王 第2話「ライド・オン・タイム」
たちの悪い不良たちに、弱いというか、気弱過ぎる主人公・良太郎を第1話で見せられたため、今回の放送への期待感がほぼ失せた状態で視聴へ・・・ですが、見方を変えました。 この番組の主人公はモモタロスと解釈すれば、面白い!・・・と考えましたので、今週もレビュ
| ガラダマの英雄(ヒーロー)大行進 | 2007/02/04 5:22 PM |
電王#2 + プリキュア5#1
こちらの方は2本まとめて。それにしても、どちらもこういう内容ではねぇ。発想が貧困というか、パクリ路線に突入したというか、どっちも1クールもあればもう十分。共に1年間をつきあおうという気にはなれない駄作ですね。(見方を変えれば、玩具を売りつけようというス
| MEICHIKUえんため・ぶろぐ | 2007/02/04 6:33 PM |
仮面ライダー電王
第2話 「ライド・オン・タイム」 バットイマジンとの戦いを終えた良太郎。 ハナと言う少女に誘われ、デンライナーに入る事に…。 乗務員ナオミからオリジナルコーヒーを勧められ、注文。 すると目の前に、赤鬼のイマ
| デバイス!マキシマム ブログ | 2007/02/04 6:42 PM |
仮面ライダー電王 『第2話』
*「ライド・オン・タイム」 そのマンマの意味だったねv でも電王がバイクに乗る人で良かった。 ナオミちゃん可愛いv ボウケンでのミニスカサンタの時「劣化したかも?」なんていってゴメンよ! きっとあの時はお肌の調子が悪かったんだね。 にしてもコン
| SISTER'S SHIP | 2007/02/04 7:46 PM |
仮面ライダー電王 第2話 「ライド・オン・タイム」
■ 「この俺の契約者にしちゃ〜弱すぎだぜ」     BY モモタロス 自分の生死に関わる契約者を選んだのはモモタロスなので自業自得である。 この事から関して、モモタロスは行き当たりばったりな性格だと思われる。 ■ イマジンの造形=契約者イメージ
| ファンタジスタ乙女のドキドキ☆バルコニー  | 2007/02/04 8:34 PM |
仮面ライダー電王 No2
昨夜寝るのが遅かったので、今日の電王は、とりあえず録画。さっきようやく見た。今日が2回目なので、全体として、今度の仮面ライダーの設定の説明のような感じだったが、割と面白いかも。今度のライダーは、バイクに乗らず電車で移動するとYAHOOニュースに出てた割に
| uranus planet world | 2007/02/04 9:51 PM |
■仮面ライダー電王 第2話「長い人生、賭け時と引き際を見極め...
■仮面ライダー電王 第2話「ライド・オン・タイム」     ◆イマジン今週でイマジンについてが結構語られました。まず、イマジンが契約の代償として求めるのはその人の過去。その人のもっとも強い記憶を辿り過去にゆく、という事らしいのですが・・・。この辺よく
| DYG0アドベンチャー | 2007/02/04 10:05 PM |
いいぞモモタロス!!電王第2話。
ボウケンジャー、いいとこで終わりましたね〜〜〜。 6人揃って、来週は最終回か〜〜〜〜。 ダークシャドウの二人はあれで終わりなんかなあ? 続きが気になる〜〜〜〜〜〜!!! そして電王は2話め。 設定が明かされましたね。 ・モモタロス、良すぎ! 電王
| Chewing Bomb! | 2007/02/04 11:36 PM |
今週のメビウス&電王
 メビウスではサコミズ隊長の過去が明らかに?一部で噂されていたサコミズ=ゾフィーというのはかなり少なくなってきたかな?確率的には。あと、アレだけ宇宙での生活が長ければ組織の中での出世とかも厳しそうだから、サコミズ=総監ってのも厳しいのかな?でもまぁこ
| 【非公式】世界日本ハムの間抜けblog@非公式 | 2007/02/05 12:14 AM |
仮面ライダー電王(2/4)
今週もモモタロスに始まりモモタロスに終わったよ。 モモタロスって名前が良いよ。 なんで桃太郎なのに赤鬼なのかとか色々あるけど、そんな事は気にしないぞ(笑) イマジンにイメージ貧困って言われるなんて・・・。 妄想感想いきます。
| オイラの妄想感想日記 | 2007/02/05 12:27 AM |
仮面ライダー電王 第2話「ライド・オン・タイム」
2話も面白かった!今回は第1話の後編にあたるワケですが、テンポの良さは健在。コミ
| 海の底まで何マイル? | 2007/02/05 2:10 AM |
仮面ライダー電王 第2話「ライド・オン・タイム」
今週のテラモモタロスw 「あぁ〜面白かったぁ〜♪」 なんともご満悦な発言w モモタロスさんは戦いを楽しんでらっしゃるww ついつい、誘われるままに着いていってしまった良太郎。 そこで見たものは、異世界の電車… 「本日もデンライナーのご利用
| オタク戦隊3バるカん | 2007/02/05 3:01 AM |
仮面ライダー電王 第2話 感想
仕事が終わって浮かれているせいか(笑)、今日は書く書く。 この勢いで、電王の感想もいっちゃいます。 率直に言って、今回…面白かったけど、がっかりした…。
| けろりん的ひとりごと | 2007/02/05 3:04 AM |
【感想】仮面ライダー電王第2話
第2話「ライド・オン・タイム」 ハナが特別なのか、それともイマジンってのはみんなそうなのか、ハナにいいようにあしらわれているのか、ハナとモモタロスのコントが楽しかったです。 うーん。これは新しいですね。楽しいです。 んでもって、今回はイマ
| dendenの特撮日記 | 2007/02/05 7:20 AM |
仮面ライダー電王:第2話 「ライド・オン・タイム」
「くぅぅ…めんどくせぇ!」…そのセリフ…。 ブレアードっ? あんた、ブレアードなのかい? テレビ朝日|仮面ライダー電王仮面ライダーカブト新シリーズ「仮面ライダー電王」オフィシャルサイト!この話題に関す
| 特撮!萌え散らかし劇場 | 2007/02/05 12:55 PM |
仮面ライダー電王第2話 「ライド・オン・タイム」
こんにちわです! 今朝「電王」見て、でかけまして・・・ 記事も、更新する気がおきなくなりそうになってしまいました。 ええ、いってきたんです 「ネットカフェ」に!
| ルーツ オブ ザ まったり! | 2007/02/05 6:34 PM |
仮面ライダー電王・2話「ライド・オン・タイム」
<日曜日> デンライナーに乗り込んだ良太郎は、実体化したモモタロス(鬼)と御対面。謎の少女ハナにモモタロス達「イマジン」についての説明を聞かされる。 イマジン達は姿が無くて、取り憑いた人間のイメージで姿を作り出すこと。取り憑いた「契約者」の望みを1つ叶
| 大吉。 | 2007/02/05 8:13 PM |
ボウケンジャー48話と電王2話感想
ボウケンジャー感想 Task.48 恐怖なる大神官 ・サージェスの信用も底辺をいってますねー  牧野先生は暁を止めてたよ、悪くないよ ・OP、ついにリュウオーンも消えましたよ。 ・普通に強いガジャ様が何だか悲しいです・・・ ・ゴーゴービークルがなかったらどうやっ
| 瑠璃色の蝶 | 2007/02/05 8:37 PM |
【電王】TimeTable 02 Sheet:ライド・オン・タイム
今週の『仮面ライダー電王』第2話。
| 彩賀の徒然なるままに… | 2007/02/05 11:55 PM |
仮面ライダー電王 第02話「ライド・オン・タイム」
◆TBさせて頂きます◆おそらくこの番組の正式発表があってから、日本中で一万回ぐらい「戦隊か!」「セラムンか!」というツッコミが成されていたと思われます。 なので、ボクは是が非でもその二つのネタは出さんぞ!!と心に誓いました。 でも初回からいきなりゴレンジ
| 『真・南海大決戦』 | 2007/02/06 12:16 AM |
電王2話 ライド・オン・タイム
「やらなきゃいけない事だけは、わかった気がする」 電王はあんまり絵を描く気にはならないんで 描くにしてもこんなやつくらいかも。 相変わらずこの描き方は描きやすい。 プラットフォームはシルエットにしちゃうとコケシ
| ぎあ魂なblog(たぶん別館) | 2007/02/07 1:26 AM |
仮面ライダー電王 第2話
「ライド・オン・タイム」 脚本:小林靖子 監督:田竜太 アクション監督:宮崎剛 闘いを終えデンライナーに乗り込んだ良太郎。ホッとしたのもつかの間、良太郎の体からこぼれた砂が、赤鬼の姿になり話しかけてきた・・・。 感想の前に。 >そして最初の敵がコウモ
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2007/02/09 11:01 PM |
仮面ライダー電王 第2話「ライド・オン・タイム」
『本日もデンライナー999のご利用、誠に有難うございます。 えー、次の停車駅は2004年12月24日、2004年12月24日。 停車時間は、イマジンを倒すまで〜・・・』 銀●鉄道かい!
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/02/10 2:33 AM |
電王・第2話 ライド・オン・タイム
とにかくハナの口のでかさ(横に広い)が気になって仕方なかった。 化粧や口紅のせいかなとも思ったが、どうやら元々でかいみたいだ。 赤イマジンに、左フックに助走付けての平手打ちが良かった。 こうゆう鼻クソ、…もと
| かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) | 2007/02/11 1:22 AM |