<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

花より男子2リターンズ 第7話「一期一会の初恋」

第7話「一期一会の初恋」
起床5時、学校からはまっすぐかえって
就寝11時というタマ。
「俺は牧野を使用人にするつもりはねえ」という司に

「それでは・・ぼっちゃん専用の使用人にしてはいかがでしょうか」

とナイスな提案をするタマ。


「俺様専用?」

すると司の楽しすぎる ありえない妄想が炸裂。

「おかえりなさいませ〜ご主人様ぁ〜」というつくし とか

膝枕をして耳掃除してくれるつくし とか


膝の上にすわって「あ〜ん」と食べさせてくれるつくし
 とか。

その妄想をうちけし、
「そんなの困ります!」というつくし。

「いかがですか、ぼっちゃま」

司は にやけた顔 をみせないように

「タマにまかせる。

 タマがきめたことなら

 仕方・・ねーんじゃねえか」


爆笑。

学校ではつくしが道明寺家に居候していることから
またしても三人娘たちの態度がかわってる。

類からも、「今、司の家にいるんだって」きかれ
すむところがなくて、ご好意に甘えているというつくし。

「でも、司のこと、呼び出したんだよね、バレンタイン」

「あ、それは、もう遅いって話をしたんだ。」

「え?」

「そんな簡単にはいそうですかって、もとにはもどれないよ」

「悩んでるんだ。
 
 牧野を悩ませてる原因の一つに、俺もいる、よね。

 俺にもまだ可能性はあるってことなのかな」

道明寺宅。
部屋の掃除にやってきたつくし。
ぎこちない口のききたに

「牧野、2人の時は普通に話せ。これは俺様からの命令だ。

 今までどおりにしろ」

という司。

「うん」

「なあ、牧野」

「ん」

「おまえこのまえいったよな。

 それって俺ともう一度きちんとむきあうってことだよな」

また後ろから抱きしめキター。

「牧野、俺はおまえに命をかける」

覗き見してるタマ!!!!
そこへアキラがやってきて
声をかけてはいっていくと
ふたりはあわてておおげさに掃除してる!

「あ、今、入り口のところにタマさんいたけど」

「うっ」

アキラの用事は、総二郎に全然連絡がとれないというものでした。
そこへつくしの携帯がなり、おかみさんからで
優妃とも連絡がとれないということがわかりました。
おかみさんがいうには、今年のバレンタインは
気合をいれて総二郎にアタックっていうかんじだったから
ふられてショックで・・とよくない想像。

優妃のことが気になってスープをこぼすつくし。
部屋で優妃に電話してもつながらず
そこへ司がやってきました。

「なんかあったのかよ。あきらかに様子変だからよ。

 相談にのれることあったらのってやるぞ」

「いや、たいしたことじゃないよ。

 ただ、優妃と連絡がとれなくてさ」

「どういうことだよ」

「本当に、たいしたことないと思うんだけど」

「さがしにいくか」

「いまから?」

つくしの手をひっぱっていこうとする司。
それをたずねてきた滋が見ていました。

司は総二郎の家に電話をしてみると
しばらく帰ってないといわれます。

「もしかしていっしょにいんのか?あいつら」

「さがすっていっても何の手がかりもないような」

「よし、警視総監に連絡すっか」

「ちょ、ちょっとやめてよ、警視総監」

「いや、おまえの親友の一大事なら、
 
 国家権力総動員しないと」


「ありえないっつーの」

そこで屋台のホットドッグをみつけて買ってくる司。

「食えよ。腹減ったら戦はおわるってな」

「戦はおわるって、なら食べないままのほうがいいじゃん」

「なんでだよ、いいから食えよ。

 ニューヨークじゃ2人では食えなかったしよ」


「え?」

「俺もあんときはあんときで、必死だったけどよ

 今こうしておまえといると

 何がほんとに一番大事かよくわかる」


そのホットドッグはまずかったけど、つくしも笑顔。

翌日、アキラから、去年のバレンタインデーに
ちょっとした事件があったことをきくふたり。
総二郎の初恋の幼馴染の女の子に久々に再会したけど
バレンタイン以降ばったり姿をけしたらしい。
でも、その子には高1のときにすでにふられていたそうで
更さんではないかと気づくつくし。
つくしは、総二郎がバイクの後ろには絶対女の人はのせないという
話をします。

「今でも好きなんじゃないかなあ、西門さん」

「あいつら絶対三角形だ」という司。

ふたりはお茶のサークルをたずねていきましたが
更さんはすでにやめて、引っ越した後。

そこへたずねていった総二郎。
更は陶芸をしていました。

「ジロー」

「ひさしぶりだな、そうよばれるの」

更のお父さんは陶芸が趣味で
昔、ここに更の家族と総二郎の家族でよくきたらしい。
総二郎は陶芸教室に忘れてあった茶わんをもってきました。
それはここで買ったもので、総二郎もまだそれをつかっているらしい。
更がおわるのを待つ総二郎。

一方、アキラのつてで優妃が東京タワーの近くのビルを
うろついているのを見つけたという連絡がはいり
さっそくそちらへいく司とつくし。

「なんか楽しそうじゃない?」

「楽しいよ」

「え?」

「どんな理由であれ、

 牧野といっしょにいられんだからよ」

司、今回、いいセリフがいっぱい!
ふたりは優妃をみつけますが、優妃はその場で倒れてしまいます。
優妃を家につれかえり、もっていた手帳をみると
東京タワーがみえるビルをさがしていたらしい。
めざめた優妃に事情をきくふたり。

バレンタインデーにチョコを渡しにいったときに
家にあげてくれたけど、それは更さんのことをきくためでした。

「更はさ、ずっとあそこにいたの?」

「西門さんがうちのサークル訪ねてきた次の日に

 更さん、やめましたけど」

「やめた?まじかよ」

ショックをうけてる総二郎をみて、優妃もショック。

「あの、更さんが、あのとき、朝の6時に呼び出した人だったんですか」

去年のバレンタインデーに、朝の6時に更さんが
総二郎をよびだしたらしい。

「あのさ、バレンタインの日に告白すんのに

 朝の6時によびだすやついるかな。

 しかも東京タワーのみえる、まあ、とにかくビルの屋上なんだよ」

「え、なんですか?それ。超意味不明ですよ」

「いったらバカみるよね」

「みます、絶対みます。いったらダメですよ」

「あたしが、西門さんと更さんのこと邪魔したんです」

「そうじゃないよ、最初から更は俺にそんな気持ち抱いてないから。

 引導渡したかったんだろ。

 あいつが惚れてんのはアニキなんだよ。俺のアニキ」

司の話によると、総二郎の兄、しょういちろうは
型破りな男で、家のしきたりとかにがまんできず
家をとびだし、そのときに更が泣き出して
総二郎の初恋はおわったのだそう。

「でも実際ずーっとおもってたわけだ」

「いや、忘れようと思っても

 実際あって顔みると、想いはたぎるっつーか、

 そうなるととめららんねーのが、

 男の純情ってもんよ」


優妃はバレンタインの次の日に、更がわすれていった
茶わんを総二郎に渡しにいったのでした。

「それでまた火がついたか」

「去年のバレンタインデーの朝6時に、更さんは何を伝えようとしてたのかな」

優妃は、何かがわかるかもと、そのビルをさがしていたのでした。
手伝おうする司とつくしに

「もしかしたらあたしの人生の中で今が一番大事なときかもしれない。

 だからお願い。だまってみてて。すぐおわるから」

と強い目でいう優妃。
そこへもどってきた総二郎。
山の幸をみやげにツーリングにいってきたという総二郎を
さそってつれていく司。

「道明寺にまかせて大丈夫かなあ、美作さん」

「It's all right.

 あいつはなんだかんだいってもF4のリーダーなんだから」

そこへ優妃からつくしの携帯に電話がはいります。

「今朝ね。みつけたの。

 明日の朝6時にきてくれるかな、西門さん」

「道明寺からはなしてもらお。

 でさ、何があったの、そこには」

「大事なものがあった。

 西門さんと更さんにとってものすごく大事なものが」

司は総二郎から話をききます。

「今なら俺もおまえの話きちんときけるかもしれねえぜ。

 お互いガキじゃないんだから」

気がついたらバイクでとびだしていたという総二郎。

「去年すっぽしたことあやまろうと思ってさ」

「悪いと思ってたの」

「謝りたくても更、どこかに消えちゃうし」

「優妃ちゃんにね、更がお茶サークルやめたってきいて

 あんとき俺にあったのが原因かなって」

「ジロー、それであいにきてくれたの」

「つーかさ、幼馴染なのになんか不自然じゃん。

 久しぶりにあっても声もかけないなんてよ」

「そうだね。

 でもね、こっちきたのはジローがどうのって話じゃないんだ」

「うん。あのさ」

「みんなは?!元気?

 おじさんとかおばさんとか」

「ああ」

「しょうちゃんは?あいかわらずとびだしってったきり?」

「連絡もないよ、どこでなにしてんのかわかんない」

「そっか」

「更はさ、ほんっとアニキのことが好きだったもんな」

「え?」

「アニキがいなくなったときも一人でピーピーピーピーないてさ」

「そりゃなくでしょ、いきなりでびっくりだったし」

「今でも、アニキのこと想ってる?」

「何それ?あたしにとって、しょうちゃんはおにいちゃんだから。

 ただそれだけだよ」

「じゃあさ・・俺は?

 俺は更にとって、なんだったのかな」

しかしそのとき、更を呼ぶ声が。

「更、そろそろ帰るぞ」

「うん、すぐいく」

「優妃ちゃんてさ、すごくいい子だね。

 ジローのことホントに大好きみたい、

 あーんなに純粋にジローのこと想ってくれる子
 
 そうそういないと思うし、大事にしてあげたほうがいいよ」

「更、ちょっとひとっ走りいかねえか。

 後ろ乗っけてやるよ」

「あたしね、結婚することにしたんだ」

さっきの彼、パパの友達の息子さん。
陶芸の世界で注目されているという彼に
結婚前提でお付き合いをもうしこまれたらしい。

「こんなにあたしのこと想ってくれるのって

 ほかにいないんじゃないかなって、

 今ほんとにそう思ってる。」

「よかったな。幸せになれよ」

「ジローも」

「じゃあな」

総二郎の回想おわり。

「まるでピエロだわ。

 結局俺は常に蚊帳の外にいたってことを

 再確認しにいったっつーわけよ。

 でも全然落ち込んでねーから。

 そもそも何もはじまってねーから終わってもねーから。

 最初からおわってたっつーわけよ」

「総二郎よ、おまえが朝の6時にいかなかったビル

 どこだったかおぼえてるか」

「どこだっけ。忘れたよ」

「牧野のダチはそれ毎晩毎晩一生懸命探しててよ

 みつけたらしーんだわ。

 明日の朝6時にきてくれって。今度はあの子がよ」

ひとり待つ優妃。
総二郎は女の子をはべられせていますが
優妃のことが気になり、途中で席をたって走り出しました。

「よかった、きてくれて!

 まにあわなくなるとたいへんだから早くいきましょ」

と総二郎をひっぱってビルの上につれていく優妃。

「ですぎたまねだとわかってます。

 でも、どうしても西門さんに見てほしくて」

「手前のビルに、朝日が反射して、

 6時から3分間だけ文字がきえるんです。」

看板に朝日がのぼり、うかんだ文字は

「すき ジロー」

「ジローってよばれてたんですね」

それをみて驚き、泣き出す総二郎。

「ばっかじゃねえの、

 あいつ、こんなもんのために朝っぱらから俺呼び出して・・

 冗談じゃねーっつんだよ・・冗談じゃ・・・」


なき続ける総二郎。。。

「俺、更はずっとアニキに惚れてると思ってたからさ。

 ほんとに大事な人だと、あと一歩が踏み出せないっていうかさ。

 かっこわるいよね」

「そんなことないです」

「ありがとう、優妃ちゃん。

 今回のことで、俺の中の何かが変わった気がするわ。

 優妃ちゃんのおかげだね。

 今度きちんとお礼させて。ね」

「はい」

その後、つくしと話す総二郎。

「今朝、優妃のところへは?」

「行ったよ。行っていいもんみせてもらった」

「そうですか」

「牧野。がんばれよ。」

「え」

「人の目とかまわりのこととか

 気にする必要ないんだよ。

 自分の気持ちときちんとむきあって

 それで、自分の気持ちに正直に生きないと

 やっぱりダメなんだよ。
 
 今という時は二度と戻らないんだから。

 一期一会だぞ」


考え込むつくし。
携帯を手にしますがかけられない。
思い出すのは類のことや滋のこと・・。
そのとき優妃に電話がかかります。

「あたし、好きなものは好き、

 これはもうどうしようもないもんなんだなーって思った。

 ムリだよ、好きなのに、その気持ちを押し込めるとか。

 次はつくしの番だよ。

 最近つくしのはじけた笑顔見てない気がするからさ。
 
 いつもはじけて、

 元気いっぱいじゃないとつくしらしくないよ」


「そうだよね」

「がんばれ」

「うん」

帰宅したつくしは、ためらいながら司の部屋をノック。

「あのさ、ちょっと話があるんだ
 
 明日、花沢類にあってくる。」

「どういうことだよ」

「花沢類とはつきあえないって言ってくる。

 やっぱり、今一番大事にしたいって思えるのは

 あなたじゃないって、きちんと話してくる」


「牧野」BGMスタート!

「話はそれだけ。じゃ」

つくしは部屋にもどります。
その手には土星のネックレス。
つくしは、類に電話します。

「もしもし」

「久しぶりだね」

「ごめんね、ちょっとバタバタしててね」

「嬉しいよ、連絡くれて。どした?」

「明日ね、時間あるかな?」

「今の俺はさ、牧野に呼び出されたら

 いつだって、どこにだっていくよ」


「ちょっと話があるんだ」

「いい話?悪い話?何時にどこにいけばいい?」

「じゃあ、夕方四時に中央図書館の前で」

「わかった。じゃあ、おやすみ」

そこへ滋。

「どした?ためいきついて」

「え?滋さん」

「ここで住み込みしながら使用人してるんだって?」

「そうなの」

「なんだよなんだよ、まさかつくしがここにいるとは思わなかったよ」

「ごめん、連絡しないで」

「いいのいいの。
 
 親友のつくしが司のそばで監視してくれたら
 
 ヘンな女もよってこないだろうし」

滋によると、来週は正式に合併の話になるそうで、
司の母も帰ってきて、そのとき披露宴の話もでるらしい。

「そしたらつくし、お祝いしてくれるよねえ?

 あたし、今日は司の部屋にとまっていこうかなーって思って。
 
 じゃ」

滋は司の部屋に。

「よっ!なんだよーそんな顔して」

「滋、もうおまえ、俺の気持ちわかってるよな」

「俺の気持ち?今日はあたしとずっといっしょにいたいとか、そゆこと?」

「あのよ」

「今日はここに泊まらせてもらうから。

 婚約者なんだから、あたしたち、

 誰も文句はいえないと思うけど」

見詰め合う司と滋。
考え込む類。
動揺をかくせないつくし・・・・・。
つくしは立ち上がります。


今日は総二郎と優妃メインでした。
そのときを逃してしまった更さんとの恋。
今からでもおそくないような気もしましたが
その時をのがしたらもうダメだという話でした。
総二郎の一期一会のエピソードも
朝日に照らされる看板の話も
それをがんばってさがす優妃の話も
原作でもとてもいい話なので、とてもよかったです。

司の気持ちに気がついているのに
明るくふるまい司から離れようとしない滋が
今回もかわいそうで切なすぎ。
同じく類もすごく愛情ある言葉を投げかけてくれるのに
こちらも切ない。。。
でも、やっぱり

つくしに堂々と気持ちを伝える司が一番よかった!!

萌えセリフいっぱいだったし!
ちょっとだけ昔みたいに、つくしも司と
楽しそうに話せていたし。


花より男子2リターンズ各話レビュー

キャスト

牧野つくし … 井上真央
道明寺 司 … 松本 潤
花沢 類 … 小栗 旬
西門総二郎 … 松田翔太
美作あきら … 阿部 力

松岡優紀 … 西原亜希
大河原滋 … 加藤夏希
浅井百合子 … 瀬戸早妃
鮎原えりか … 深田あき
山野美奈子 … 松岡恵望子

藤堂 静 … 佐田真由美
西 田 … デビット伊東

千石幸代 … 加藤たか子
牧野 進 … 冨浦智嗣
牧野晴男 … 小林すすむ
牧野千恵子 … 石野真子

道明寺 椿 … 松嶋菜々子 (特別出演)
道明寺 楓 … 加賀まりこ

美作の ママ… 西村知美
双子の妹・絵夢… 北山伊万里 芽夢 北山向日葵

花より男子2リターンズ公式サイト

主題歌 嵐 「Love so sweet」

Love so sweet(初回限定盤)
Love so sweet(初回限定盤)
嵐, SPIN, mugen, 櫻井翔, ha-j, 北川吟, youth case

イメージソング 宇多田ヒカル 「Flavor of life」

Flavor Of Life
Flavor Of Life
宇多田ヒカル, Alexis Smith, 冨田謙


花より男子DVD-BOX
花より男子DVD-BOX

花より男子―完全版 (Vol.20)
花より男子―完全版 (Vol.20)
神尾 葉子
2007.02.17 Saturday 00:42 | comments(4) | trackbacks(25) | 
<< ストレイテナー in Mステ | main | DEATH NOTE キラゲーム >>
Eureka (2007/02/17 1:26 AM)
今回は楽しめませんでした。
つくしと道明寺、類に絞ってみればよいものを
総二郎の大好きなエピだったせいで
冷静にみることができなかったのが失敗の原因です。
とほほ。
最後、つくし、司、滋、類
それぞれが辛い夜を迎えたラストでしたね。
honey (2007/02/17 10:20 AM)
Eurekaさん、こんにちは。

総二郎ファンだとそうかもしれませんね。
私は司のセリフとか、ふられるのがわかってるのに
素晴らしい類のセリフとかにいちいちときめいてました。
滋もほんとにかわいそうなんだけど。。
シャブリ (2007/02/17 10:33 PM)
はじめまして、シャブリと申します。
台詞起こし大変でしょう。
この早さでUPしていることに驚いています。

私は、やっとVTRを見終わっったところで
これから記事を書くところです。
UPしましたら、TBしますので、宜しくお願いいたします。

ブログを始めて40日ぐらい。
まだまだ、わからないこともあります。
なにか有りましたら、ご指導くださいますよう
宜しくお願いいたします。

I appreciate in your cooperation.
Best Regards,Chablis
honey (2007/02/18 12:30 AM)
シャブリさん、こんばんは。

勢いにまかせてバーっと打ち込んでいますので。
ろくに見直しもしないので間違いも多いかも、、、

ブログ、二ヶ月目くらいですか。
なんか日々おもしろいことを叫んでいるだけで
どんどん記事がふえつつあります。
こちらこそどうぞよろしくおねがいします。









花より男子2 第7話
(総二郎)一期一会の初恋!?:道明寺家の使用人頭・タマ(
| 日々雑用 | 2007/02/17 12:53 AM |
花より男子2(リターンズ)第7話 恋は一期一会
内容タマの言葉で、『坊っちゃん専用使用人』となったつくし。ぎこちない2人の前に、あきらが訪ねてくる。『総二郎と連絡が取れない』と。。。心配になったつくしは、優紀に連絡とるが優紀もまた、一週間前から音信不通だった。あきらの『ウチのヤツ』の活躍で、優紀は
| レベル999のマニアな講義 | 2007/02/17 12:58 AM |
花より男子2 第7回 感想
『一期一会の初恋』
| ぐ〜たらにっき | 2007/02/17 12:58 AM |
ドラマ 『花より男子』 #7
◇ 『花より男子2 』 出演 井上真央 松本潤 小栗旬 松本翔太 阿部力 う〜『類』はどうなる!! 今回は「つくし」ちゃんがお手伝いさんとして働くので、コミカルな部分もあるといいけど。 ■ GroupTube (グループチューブ
| Cold in Summer | 2007/02/17 1:01 AM |
『冬ドラチェック!花より男子 第7話』
総二郎と更の初恋。そして、優紀の恋。原作では外伝として書かれた、この二つの恋が絡み合うエピソード。あたしにとっては一番大切にして欲しかったものなんだ。先週の予告を見て、いよいよあたしが大好きな総二郎と更と優紀のエピが描かれるって知って、ずっと心待ちに
| *+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+* | 2007/02/17 1:26 AM |
「花より男子2」第7話
つくしは、道明寺家の使用人として働くことに。司専用の使用人?として。一方で、つくしの友達の優紀と連絡が取れなくなってしまう・・・。さらに西門も行方をくらましてしまうが・・・。「牧野・・・俺はお前に命を懸ける!」と、冒頭で司はつくしの宣言するも・・・今
| 日々“是”精進! | 2007/02/17 5:54 AM |
花より男子2(リターンズ) 第7話:一期一会の初恋
それぞれが切ないのぉ(_ _;)。。。ウゥ、、、 せっかく、つくしが司への想いを自覚したのに、や〜なタイミングで滋登場{/ee_2/} あぁ、でもその滋も司とつくしの想いを確信してしまってるくせに、無理して 突っ走るしか無いって感じ…そして、類もフラレるのを覚悟{/eq_
| あるがまま・・・ | 2007/02/17 7:06 AM |
花より男子2(リターンズ) 第7話
花より男子2(リターンズ)の第7話を見ました。文字数制限を越えたのでレビューはフリーページに書きました。  
| MAGI☆の日記 | 2007/02/17 9:51 AM |
花より男子2(リターンズ)第7話
西門くんの展開は「やっぱりなぁ」という展開でした。でもビルの朝日のシーンはめちゃ感動しまくりで泣けましたね
| 自由の森ブログ | 2007/02/17 11:12 AM |
第7話 一期一会の初恋
パソコンが10時ぴったりにフリーズして録画をストップして再起動しなければならなかった・・・・・何かの呪いですか;; 花より男子2リターンズ、とことん録画運が悪いですorz 一期一会・・・一生に一度限りの機会 『茶会に臨むとき、その機会を一生に一度のものと
| 埼玉の中心から毎日を語る | 2007/02/17 11:20 AM |
花より男子2(リターンズ) 第7話
司の妄想シーンがなんとも・・・。 真央ちゃんコスプレ、さらに暴走ね。。
| るりりんのお散歩雑記 | 2007/02/17 11:34 AM |
花より男子2 第6話〜一期一会の初恋〜
今回は西門総二郎(松田翔太)の回でしたね。 良かったです〜 地味な存在だけど、走る姿がお父さんの優作さんに ちっとだけ似てた。ちっとだけ(笑) 総二郎の更 (貫地谷しほり)への思い。 優紀 (西原亜希)の総二郎への思い。 それぞれの思いが切なくてねぇ。。。
| アンナdiary | 2007/02/17 12:14 PM |
花より男子2リターンズ 一期一会(・・?
前回道明寺の家で メイドさんをする事になったつくし… メイド♪(人´∀`).☆.。.:*・゚ 道明寺は嬉しいやら嬉しいやら嬉しいやら(笑) 今回この二人はどうなるんでしょうね(・・? 花より男子2リターンズ7話!! 今までのお話はこんな感じ(^^)
| zenの日記 | 2007/02/17 1:42 PM |
花より男子2 第7話 「一期一会の初恋」
タマ(佐々木すみ江)の提案で道明寺(松本潤)専用の使用人になるつくし(井上真央)。ここにも妄想族が・・・。
| テレビお気楽日記 | 2007/02/17 3:06 PM |
花より男子2 第7話「一期一会の初恋」を見ました!
花より男子DVD-BOX出演:井上真央・松本潤・小栗旬・ 松田翔太・阿部力・松嶋菜々子 等 Flavor Of Life歌:宇多田ヒカル 花より男子2 第7話の主人公は、道明寺司(松本潤)と 牧野つくし(井上真央)と西門総二郎(松田翔太)かな ちょっと7話は、始めっ
| 宝物のフレンドリーBlog | 2007/02/17 5:42 PM |
花より男子2リターンズ 第7話
自分の気持ちに正直に生きるんだよ。今という時は二度と戻らないんだから。
| くつろぎ日記 | 2007/02/17 7:43 PM |
好き!(貫地谷しほり)と一期一会のおもてなし告白をしたのだがそりゃ一期一会が過ぎるのです。
象徴としてはわかるけどねーっ。一世一代の告白をすっぽかされて、タイミングを逃して
| キッドのブログinココログ | 2007/02/17 9:12 PM |
花より男子2 7回目
 改めて感想を。  何度も繰り返してしまったシーンというのは、つくしが電話をしたところ。  ひたすら個人的な思い入れなんですが。  「悪い話?」と聞いたあと、つくしからは沈黙を受けてしまって。  でも視線をきゅっと上に向けた類。  なんだか眩しくて
| 京草紙 | 2007/02/18 12:25 AM |
《花より男子2》◇#07
つくしは、タマに、結局は、使用人として使われるよりはと、喜んでいる司の専用使用人として働くことになりました。司が命を賭けて、なんて口説いている所へ、美作が現れ、総二郎が1週間も連絡取れないと心配して来た。
| まぁ、お茶でも | 2007/02/18 2:26 AM |
花より男子2 第7話
今回は、司(松本潤)がつくし(井上真央)に大接近
| 頑張る!独身女!! | 2007/02/18 2:41 PM |
『花より男子2(リターンズ)』第7回 「一期一会の初恋」メモ
今回は西門がメインのお話。
| つれづれなる・・・日記? | 2007/02/18 3:07 PM |
花より男子リターンズ 7話
早くも7話〜。 今回は西門さんの 取り戻すことのできない恋 そして彼に思いを寄せる優紀の恋が せつなく綴られる。 【一期一会】の大切さ・・ 【好きならもうどうしょうもない】 2人の言葉に支えられ つくしちゃん
| shaberiba | 2007/02/18 3:55 PM |
花より男子2 第七話
花より男子2(リターンズ)第七話 TBS 金曜22:00  2007/02/16OA ★はじめに また一歩進んだ今回、つくしがまた決断。それは類への姿勢。 もう司に決めたようだが、最後のシーンから、波乱が待っているのか。 司の行動力とリーダーシップぶりをみせたし、
| シャブリの気になったもの | 2007/02/18 5:57 PM |
花より男子2 第七話
●キャスト 牧野つくし/井上真央 道明寺司 /松本潤 花沢類 /小栗旬 西門総二郎 /松田翔太 美作あきら /阿部力 松岡優紀 /西原亜希 大河原滋 /加藤夏希 道明寺椿 /松嶋菜々子 道明寺楓 /加賀まりこ ●原作 花より男子―完全版 (Vol.13)/神尾 葉
| ちょっと変な話 | 2007/02/19 12:38 AM |
花より男子2 第七回 「一期一会」
今週は総二郎と更さんのお話がメインとなりました。総二郎の恋は悲恋で 終わりましたが、総二郎と優紀の後押しでつくしも漸く、自分の素直な思いの ままに・・・にと決意。でもまた滋がぁ〜。
| The Glory Day | 2007/02/19 9:57 AM |