<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

サイエンスミステリーV アシュリー続編

[ 脳と心 ]
『サイエンスミステリーV それは運命か奇跡か!?
〜DNAが解き明かす人間の真実と愛〜』
「短い命を刻む少女・アシュリー/続編」
<2007年2月17日(土)21:00〜22:54放送>
番組内容 番組ホームページより

第四章「短い命を刻む少女・アシュリー/続編」
 平均寿命13歳。普通の10倍近い速度で老いていくアシュリーは、
15歳になった。かつて「もう一度生まれ変わっても自分でいたい」と
言っていたアシュリー。いま15歳の誕生日を迎え、彼女は自分の
運命をどう受け止めるようになったのか。心身の成長は、
彼女の意識をどう変えていったのか。弟のエヴァンも2歳となり、
希望と絶望の狭間で生きてきたこの家族。そんな一家の歴史に、新たな1ページが刻まれようとしている。母・ロリーが3人目の子を産んだのだ。
 アシュリーが暮らすカナダのアルバータ州では、義務教育は16歳まで。
あと1年も経てば社会に出て働きはじめる生徒もいる。
彼女もまた、自身の進路について考えなければならない時期になった。
そして、動物をこよなく愛する彼女が選んだ進路とは…。
 家族にとって、今年は節目の年である。15歳というアシュリーの年齢は
もう限界に近い。何かが始まり、何かが終わる現実…。


アシュリーは公立高校へ進学。
カナダでは義務教育は16歳までなので
卒業後の進路にむけて学校では週に三時間進路指導があります。

アシュリーの近況はというと、
体がしんどいことが多く歩いて5分の通学も苦痛になっていました。
弟のエヴァン君は2歳、新しく生まれた弟タイタン君は4ヶ月
家族5人で食卓を囲む日々はにぎやかで楽しそうでした。

アシュリーは最近胸焼けの薬をのむことが多く
胸の痛みに苦しめられていました。
半年前には高熱と胸の痛みで緊急入院しました。
4日で退院したけど、原因はわからず。
昔は骨や体の問題がほとんどでしたが
最近は心臓の問題が多くなっているそうです。

「もう『その時』が来たのかと思った。

 これで終わりかもしれないけど
 
 それならそれでもって・・

 誰だっていつ死ぬかわからないし
 
 死ぬ時のことばかり考えてられない。

 入院してる時は『もし今日が最後の日になっても

 あるがままに』って考えてた」


学校では就職にむけて職場体験という行事があります。
アシュリーは希望の職場を学校では書けず
担当の先生から、うちでゆっくり考えてきても
かまわないといわれました。

アシュリーが書いたのは

「犬や猫やハムスターを飼っている

 ペットショップで働きたい」


アシュリーは動物とかかわる仕事がしたかったのでした。
先生が大手のペットショップのチェーン店にきいてみても
何かあったときに責任がとれないとことわられれ
個人経営のペットショップが一日だけの体験ならという
条件で了承してくれました。

ペットショップでは
アシュリーのために制服を用意してくれる店長アランさん。
ぶかぶかの帽子を調節してかぶせてくれました。
マネージャーのジョリーンさんの手伝いが
今日のアシュリーの仕事でした。
獣医になることはあきらめても
動物にかかわることができるだけで
嬉しくてたまらないアシュリー。
とても楽しそうに動物の世話をしていました。
予定より3時間も多く働かせてもらいました。

しかしはりきりすぎた反動がきたのか
翌日は体調不良で、つらそうなアシュリー。

ペットショップにはってあったアルバイト募集の貼り紙をみて
応募してみたいといいだしたアシュリーは、母に相談して
履歴書を書きました。

 アシュリー・ヘギ 15歳
 特技・動物の世話をすること
 趣味・バギーに乗ること
    アイスホッケー観戦


母・ロリーはいいます。

「アシュリーの老化がこのまますすめば

 もっと強い薬を飲むことになると思います。

 それは覚悟してるんです。

 だからこそ、今のうちに

 彼女の人生の質を高めてあげたいんです」


でも父親のジェイはアルバイトには反対でした。
まだ15歳のアシュリーには学校のほうが大事だと思うジェイ。
アシュリーの残された時間の中で好きなことをさせてあげたい
と思うロリーと学校のほうが大事ジェイとの間で話し合いが続き、
両親がだした結論は、学校を週に1日か2日休んで
アルバイトをしてもいいということでした。
学校を休ませてでも娘の願いをかなえてあげたいと思ったのでした。

アシュリーは学校に許可をもらって履歴書をだしにいきました。

「この前すごく楽しかったからここで働きたいです」

とマネージャーのジョリーンさんに履歴書を渡します。
ジョリーンさんは店長に相談して三日後に返事をくれることに。
でも店長は

「15歳はちょっと若すぎる。

 アシュリーは毎日8時間も働けないだろ。 

 毎日働くっていうのは楽しいことばかりじゃないからな・・」

と消極的。
でもほんとに、いい人そうでした、この店長。

朝からずっと電話を待続けているアシュリー。
ペットショップからの返事は条件付きでしたが
雇ってもらえることに。
週に2日、5時間ずつ、まずはアルバイト代のでない見習いから。
プロジェリアのアシュリーを雇うことが
心配だった店長を説得してくれたのはジョリーンさん。

「この前はあくまでも職場体験だから

 実際はもっと仕事はたいへん。

 でもきっとアシュリーにもできる仕事、

 みつけてあげられると思う。

 あの日、いっしょにランチを食べる前、

 アシュリーがお祈りしたの。

 私の人生に起きてるすべてのことに感謝します。

 今日もすごくハッピーですって。

 世の中には不満ばっかりいってる人もいるのに

 あの子は本当に前向きなの。

 私までそういうふうに生きたいって思えてくるわ」


アシュリーのアルバイトがはじまりました。
合計24時間はたらくごとにペットショップの
商品券を一枚もらえることになりました。

 生きるってなんなのでしょう。

 アシュリーはなるべくはやく一人前になりたいとおもっています


「誰でも自分のやりたい仕事が出来るわけじゃないけど

 いつかは働きにでなきゃいけないでしょ。

 いつまでも両親といっしょに暮らせるわけじゃないし

 親も年をとっていつかは

 老人ホームに行くかも知れないからね」

 

今回もとてもよかったです。
好きな仕事をして生き生きするアシュリーがステキでした。
ジョリーンさんがいっていた言葉もいいですね。
みんなが思うことではないかと思いました。


関連記事
短い命を刻む少女〜アシュリー・14年間の軌跡〜 2005.09.26
短い命を刻む少女・アシュリー (2006年2月18日放送)
アシュリーの本

それは運命か奇跡か!? ~DNAが解き明かす人間の真実と愛~
それは運命か奇跡か!? ~DNAが解き明かす人間の真実と愛~

アシュリー ~All About Ashley~
アシュリー ~All About Ashley~
アシュリー・ヘギ
2007.02.18 Sunday 00:57 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 天保異聞 妖奇士 あやかしあやし説十九『三人往壓(さんにんゆきあつ)』 | main | 獣拳戦隊ゲキレンジャー 【修行その1】「ニキニキ!激獣拳」 >>









-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/04/16 9:53 PM |