<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Betsucomi (ベツコミ) 2007年 04月号

Betsucomi (ベツコミ) 2007年 04月号
ネタばれ感想

Betsucomi (ベツコミ) 2007年 04月号 [雑誌]
Betsucomi (ベツコミ) 2007年 04月号 [雑誌]

表紙&巻頭カラーは芦原妃名子「月と湖」

 80ページ読み切りです。
 一応恋愛ものではありますが
 主人公一菜の話と、小説家だった亡き祖父の
 昔の恋の話と両方とりまぜて楽しめました。
 不倫と書いてしまえば不倫なんですが 
 小説から想像した繊細な美女ではなく
 いきなり肥だめの匂いのするひとだったため
 どろどろしたかんじにはならず。
「月が二つあればいいのに」とは不倫もしくは
 横恋慕してる人には切なる願いかもしれないけど
 やっぱ男が悪い・・・よなあ。

 一菜と先輩も仲良くなっていくところはいいかんじだったのに
 おばあちゃんにメインをとられたような気がしました。

あいひめ

 あいかわらずらぶらぶいちゃいちゃのまおと仁兄ですが
 帰国した父はいきなりまおをさらっていった。。。
 血がつながってないんだからいいんじゃないの?
 なんかほかに深い事情でも。

天然くるくるパンダ

 笹島さんが60億。
 楽しいじゃないですか。

メンズ校

 冬華、レギュラーいり?
 男子校の寮対抗の劇でなぜ恋愛モノ。。。
 
 野上くんのキャラは最高なうえ
 神木くんが今回もかっこよすぎですが
 オチがつくところがやっぱりコメディーの宿命でした。

ちゅーかな

 おかえしのおかえしのおかえしの・・・という
 絵本があったなあ、確か。

月曜日は秘密のロマンス

 彼氏がオタクなのかと思ったけど
 そっち系ではなくSF系でした。
 そして未来からやってきたというありがちな
 設定でしたが昔も今もちゃんと同じところを
 好きになるあたり、やっぱ愛ですね。

ハーレム☆ロッジ

 いきなりあらわれた外国人は弟だった。
 さらにテツヤは元貴族のおぼっちゃまだった。
 というこれまた少女漫画の王道をいくような設定でしたが 
 碧とテツヤの昔のエピソードのあたりはじわ〜っときました。
 バナナの皮でおとすところがなんともいえませんが
 気をとりなおして再びラブモード突入。
 いいですねえ。

サルヤマッ!

 春奈がどんどんかわいくなっていく。
 まちゃるに「そのまんまでいいって」って
 言ったあとの顔がかわいすぎです。
 さらに父親にきちんと向かっていくあたりも
 みてて清々しかったです。

 サルヤマっ! 5 (5)
サルヤマっ! 5 (5)
彬 聖子


全部、実話です

 ルビ先生、ありがち。。。
 

春行きバス

 玲があっというまに恋におちるのは十分納得だけど
 先生のほうが惹かれていく過程がもうちょっと
 あるとなおよかったかなあ。

ラブ・ラバ

 こんな美系の弟、いたら幸せだろうなあ。 
 顔よし、頭よし、スポーツ万能で処世術も完璧なら
 エロくてもさらにいいんじゃ。。。

BLACK BIRD

 あ〜、実沙緒、縛られてるし、、、、、
 ベツコミなんだからそんな暴走しなくても。
 もちろん危ないところで匡がきてくれました。
 昔の事情があきらかになったけど
 あれじゃあ祥ちゃんにはなつくまい。
 
天使をプロデュース

 忙しくてすれ違いなだけで
 お互い好き同士なので
 今回も十分楽しかったです♪

僕らがいたは今月休載。
来月の予告にも載ってないような。。。
ウニくん&マリモストラップ全プレは今月まで。
2007.03.12 Monday 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ 15号 感想 | main | 東京タワー 第10話「最期の選択」 >>