<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」

第12話「走れタロス!」
アイビーイマジンに止めを刺さなかった電王アックスフォーム。
変身をといたキンタロス(声・てらそままさき)は
カスミ(小野明日香)のもとへ。

「おい、ホンマにさっきのは親父さんやったんか?」

「間違いないよ」

「そっか」

そんなキンタロスにつかみかかるハナ(白鳥百合子)。

「何でイマジンに止めを刺さなかったのよ!」

「親父さんがどんな思いでイマジンと契約したか確かめるんや」

「何言ってんの?!

 イマジンが契約を完了する前に倒さないと大変なことになるのよ!

 わかってんの?あんた!」

しかしカスミは沈痛な面持ち。

「あの怪物に私を襲わせてたのは、お父さんだったのね。

 やっぱり、お父さん、私のこと・・」

「それは、確かめてみないとわかんないよ」と良太郎(佐藤健)。

「無駄だよ!」とカスミはいってしまいました。

良太郎とハナは父・謙作(池田成志)をたずねます。

「帰ってくれ。カスミとはもう親でも子でもない」

「まだ12歳のカスミちゃんによくそんな酷いことが言えるわ」

「あんたらには関係ないことだろ、帰ってくれ」

「こないだ、カスミちゃんが怪物に襲われたの見たでしょう?」

「知らん」

「その怪物と何か契約したんじゃないの?

 そのせいでカスミちゃんは」

「知らんと言ってるだろ。もういいだろ、帰ってくれ」

それまで黙っていた良太郎がいいます。

「カスミちゃんを見守ってくれてる人がいるんです。

 カスミちゃんはカスミ草の人って呼んでる。

 僕、カスミ草の人はあなたじゃないかって思ってました。」

しかし父は無言。デンライナーの中でイライラと見守るキンタロス。

「行こう、良太郎」

とハナはでていってしまい、良太郎もしかたなく続きます。

イマジンが目の前に現れていたことを思い出す父。

「なんだ?」

「おまえの望みを言え。どんな望みもかなえてやろう。

 おまえの払う代償はたったひとつ」

「まさかあのときのことが。

 夢だと思っていたが」

デンライナーの中。

「それにしても、ひどい父親がいたものね」

「イマジンに自分の娘を襲わせるなんて、世も末ですよ」

とウラタロス(声・遊佐浩二)。

「あんたに言われたくないわよ」

「で?どうすんだ、良太郎」

「どうしよう。キンタロスは何か考えあるの?」

「ぐ〜〜〜」キンタロス、いびき。。。

「ふん、冬眠中だ」とモモタロス(声・関俊彦)。

「なんか言うたか?ももひき」

「誰がももひきだ!」

「俺は腹決めたで」

「え、何を決めたの?」

「信じることや」

「何をよ」

「ぐ〜〜〜〜」またいびき。

「何か悪い予感が」と良太郎。

「同感ね」とハナ。

ミルクディッパーにいる良太郎。

「良ちゃん、難しい顔してる。

 幸せの星が逃げ出しちゃうわよ」と愛理(松本若菜)。

「ねえ、親と子が突然憎しみ合うことなんてあるのかな」

「星はね、そう簡単に位置をかえたりしないの。

 これでも飲んで、元気だして」

そのドリンクに鼻を近づけて顔をしかめる良太郎。

「姉さん、これは」

「ニンニクたっぷりのレモネード」

良太郎、あきらめてドリンクに口をつけますが
そのとき携帯がなりました。相手はカスミ。

「はい」

「カスミだよ。
 
 明日、パリコレに旅立つんだけど

 それまでは私のこと、お父さんから守ってね」

「お父さんから?ええ」

「じゃあ」

翌日。
カスミの車の後ろを、尾崎(永田彬)の車でおいかける良太郎とハナ。

「いや〜、僕を選んでもらって光栄だなあ。

 ○○?尾崎正義、トップモデルカスミが世界にはばたく瞬間をお手伝い!

 見出しはきまったな!」

「いいからちゃんと前向いて運転して」

「わかってるってぇ〜〜〜」

そのときカスミの乗る車をアイビーイマジンが襲います。
車は迷走し、海に落ちる寸前にとまり、尾崎の車も急停車。
車からとびだす良太郎とハナ。

「きたきた〜!イマジンだぜ」とモモ。

「たまには僕も運動しよっかな」とウラ。

しかし2人を押しのけるキンタロス。

「どけ!」

「キンタロス」

キンタロス良太郎は、アイビーイマジンを殴り
「どけ!」と叫ぶと「俺がやる」と
カスミの乗っていた車を持ち上げました。

「何やってんの?!」

「親父さんが娘によくないことを契約するはずがない。

 それを証明したる!」


「え?イマジンに加担しようって言うの?」

『いくら何でも無茶だよ』

「親父さんはカスミを愛しとる。

 俺はそう信じる〜〜〜〜!!」


「やめて!お願いだからやめて!」とカスミ。

そこへ父も姿をみせました。

「これがカスミのためなんや!」

車を海になげとばすキンタロス良太郎。
やってきた父をみつけます。

「お前、来てたんか?」

「やっぱりお父さんがやらせてたの?

 そんなに私が憎いの?」

そばにはイマジンも。

「大槻さん、カスミを早く空港へ!」

「は、はいっ!カスミ、行こう!」

カスミと大槻さんは空港へ。

「もう遅い。

 これで娘の仕事は全部潰した。契約完了。」

イマジンは父の体から過去へとびました。

「おい、大丈夫か?!」とキンタロス。

「あんた、何てことしてくれたんだ」

「何でや?これがあんたの望んだことなんやろ?」

「違う。プロダクションの社長も

 スターになれると熱心に勧めてくれていたが、

 カスミは、家の手伝いでモデルになることを諦めかけていた。

 私はそんな健気なあいつの姿を見ていると、

 どうしても夢をかなえてやりたくて、

 あえて私は、娘と縁を切った。」

カスミはモデルの道へ。
影からそっとカスミ草を届ける父。

「そんな時、あの怪物に望みを聞かれて、

 『カスミに会いたい!』、思わずそう願ってしまったんだ」

「でも、何でイマジンがカスミを襲たんや?」

「カスミちゃんの仕事を全部潰せばいい、

 イマジンはそう解釈したんだ。

 でも、これからじゃパリコレは」

「私のせいで、娘の夢を、打ち砕いてしまうとは」

「いや、俺のせいや」

キンタロス、良太郎から離れました。
良太郎が父にカードをかざすと、2006年11月8日。

「もうカスミちゃんと仲直りは無理なのかな」

「行きましょう」とハナ。

そして過去。

「おまえがいると仕事の邪魔だ。

 おまえは社長さんの家にでもすまわせてもらえ」

「そんなことしたらお父さん、一人になっちゃうじゃない。

 お母さんが死んでからずっと元気ないくせに」

「親に逆らうようなやつは俺の娘じゃない。出てけ!」

カスミを突き放す父。
カスミは家をとびだしました。
そこへあらわれたイマジンは街であばれはじめます。
アイビーイマジンの前にたつ良太郎。

「待ってました!俺の出番だ!」

とはりきるモモタロスをつきとばすキンタロス。

「またまたかよ・・・・」

「体かしてくれ!」

『キンタロス』

しかしキンタロス良太郎はイマジンを放ったまま、
走り出しました。

『あ、キンタロス』

「どこ行くの?」とハナ。

「決まっとる!カスミを親父さんと会わせるんや。

 親父さんの本当の思いを、分かってもらうんやーーー!」

「駄目よ、戻って!イマジンを倒すの!」

「あかん!こっちが先や」

イマジンがあばれまわります。
バスをおうキンタロス良太郎。
道をよこぎり、ビルの壁を破壊してすすみます。

「キンタロス君。

 イマジンに加担した上、

時の運行を変えようというのなら

 乗車拒否です」


とオーナー(石丸謙二郎)。

「いやったぁ〜!邪魔もんが減るぜ」とモモ。

「彼がいると狭いもんね、ここも」とウラ。

「デンライナーから追放されたら、

 永遠に時間の中を彷徨うのよ。それでもいいの?」


「俺のせいやからな」

キンタロス良太郎はカスミの乗ったバスに追いかけます。

「カスミ!カスミ!バスを降りるんや!」

「あんた、何なの?!」

「俺は未来の友達や」

「何言ってるの、バカじゃない?」

「親父さんともう1回会うんや」

「私を憎んでる人と会ってもしょうがないでしょ!」

「親父さんはな、お前が夢を叶えられるようにわざと突き放したんや」

「そんなわけ」

「親父さんはお前を愛しとる。とことん信じたるんや。
 
 もう1度やり直せ!」

キンタロスはデンライナーへ。

「あなたを追放します」

「おおきに」

「キンタロス」とハナ。

アイビーイマジンの前にやってきた良太郎。

「いくよ、キンタロス」

アックスフォームに変身。

「おい!なんでおれじゃねえんだ!」とモモ。

「俺の強さにお前が泣いた。涙はそれで拭いとけ」

「ふん!馬鹿の一つ覚えが」

「これが俺の、電王としての最後の戦いや」

「もっと俺を怒らせろ。そのほうがもえてくるで!」

キンタロスは必殺技をきめイマジンを倒します。

「ダイナミックチョップ」

「やったあ!」トナオミ(秋山莉奈)。

「俺の出番なしかよ」とモモ。

「ま、いいんじゃないクマも見納めなんだし」

デンライナーに戻ってきたキンタロス。

「キンタロス君にはデンライナーをおりてもらいます。」

「でも・・・」

「これはすでに決定事項です」

「ええって。良太郎。ありがとう」

「キンタロス・・・」

モモとウラもなんだか所在なさ気。

「おっと、停止信号のようですね」

「ここは」

「良太郎くんが初めてカスミちゃんとあった

 そのちょっと前のようですね」

インタビューをうけるカスミは、いきなり席をたつとはしりだし
カスミ草をホテルの人にことづけている父をみつけます。

「お父さん!」

「カスミ!?」

「やっぱり、カスミ草の人はお父さんだったのね」

「お前、何でそれを?」

「去年、お父さんの信じろって言う人がいたの。

信じて良かった。」

「そうか」

「私、今度パリコレ行くんだよ。夢を叶えるために、頑張ったんだから」

「ああ、こんな物、もう、必要ないな」

「そんなことない。

 でも、これからはカスミ草の人じゃなくて

 お父さんとして私を見守ってね」

カスミを抱き締める父。
その光景をみて、涙を流すキンタロスに良太郎はハンカチを。

「涙はこれでふいたら?」

キンタロスは豪快に鼻をかむと、
良太郎にハンカチを返し、デンライナーを降りようとします。

「ほんなら」

「どこへ行くんです?」

「降りるに決まっとる」

「その必要はなくなりました。」

扉がしまります。

「カスミちゃんとお父さんが仲直りをしたことで、

イマジンとの契約はなくなり、

 良太郎君とカスミちゃんの出会いも、なくなりました」

「よくわからないけど、キンタロスの暴走もなくなった?」

「そのようですね」

「でも、それって変じゃない?

 2人が出会わなければ、

 私達が過去へ飛ぶこともなかったわけだし」

「そう、変です。

 だから、時の運行を変えてはならない。

 このようなことは、これっきりにして下さい!」


「ありがとうございます。

「私は何もしてませんよ〜」

「よかったわね、キンタロス」

「あ〜あ、元竿、じゃなくて元鞘か」

「冗談じゃねえぞ!クマ公はクビだー!クビ!」

「いつかまたあんなふうに走りたいな。」

「ぐ〜〜」

「キンタロス?」

キンタロス、いびき。。。。

「おい!こら、寝るな!

 おまえの話をしてるんだ!

 季節はもう春だ!!起きろ!クマ公!」

キンタロスをゆさぶるモモタロス。


タイムパラドックスのあたり、かなり変。。。
良太郎がであわなかったらキンタロスの暴走はなく
そうなるとカスミの誤解を解く人もいないわけで。
「変です」のひとことで片付けるオーナーが
裏技をつかったということか。

キンタロス、暴走しすぎでモモとウラの出番が。。。。
でもあそこで迷わずキンタロスを呼び出した良太郎はよかった。


2007.04.15 Sunday 10:49 | comments(6) | trackbacks(33) | 
<< 獣拳戦隊ゲキレンジャー【修行その9】「ケナケナの女」 | main | ラブ★コン 第1話 『高1の夏!絶対カレシ、つくったるわ!』  >>
sorcerer (2007/04/15 1:45 PM)
honeyさん、こっちもこんにちは!

やっぱり時間を扱う物語は難しいなぁって
思いました。
今回の解決法はかなり強引だと思います。
今回のが許されるのなら、全部これで解決すれば
ハナちゃんの居た消えた未来だって解決出来そうだもん・・・
honey (2007/04/15 3:14 PM)
sorcererさん、またまたこんにちは。

ですよねえ。
キンタロスを追放するにしのびないハナや良太郎の
想いをくんでくれた出血大サービスにしても
たしかにハナだってどうなの、ってかんじだし。
kaoru (2007/04/18 10:51 PM)
こんばんわ〜
タイムパラドックスの話は、考えるだけこんがらがりますよね。
うーん。
どうなんでしょ。別の世界が出来ちゃいそうです。
とりあえず、深く考えずにモモたちの活躍を楽しむのが一番?
honey (2007/04/19 8:15 AM)
kaoruさん、こんにちは〜。
いつもと同じくあまり深く追求したら
だめなのかもしれません。。。。
イマジンがどこからきたかとか
なんでいいイマジンと悪いイマジンがいるかとかも
わかんないしね。
風水 (2007/04/21 7:09 PM)
honeyさん、こんばんは。
時間の問題はどうも釈然としませんよね。

>でもあそこで迷わずキンタロスを呼び出した良太郎はよかった。

あそこでキンタロスを呼ぶ良太郎にはじんときました。
良太郎のああいうところが、良太郎らしくて大好きです。
良太郎のキャラクターが良いから電王はぎりぎりの線でちゃんとヒーローなんですね。
honey (2007/04/21 7:29 PM)
風水さん、こっちもこんばんは。

良太郎、いざというときはモモをおさえたりしますもんね。
あの性格ではあのままキンタロスを追放するわけないとは
思ったけど、けっこう考えて行動してますよね。
今のところイマジン3人とも暴走しちゃってるけど。









仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」
仮面ライダー電王の第12話を見ました。第12話 走れタロス!「おい、さっきのはホンマに親父さんやったんか?」「間違いないよ」「そっか…」「何でイマジンに止めを刺さなかったのよ!?」「親父さんがどんな思いでイマジンと契約したか確かめるんや」「何言ってんの!?イマ
| MAGI☆の日記 | 2007/04/15 11:13 AM |
仮面ライダー電王12 走れタロス!
ってキンタロスしか走ってないやーん。 みんな走ってくれるのかと思ってたよ。ウラに走るイメージはないけど。 良太郎のイマジンチョイスがなってないなぁ。 それぞれの性格をそこそこ見極めてるんだと思ってたけど。
| 仮面ライダー電王でんの | 2007/04/15 11:15 AM |
仮面ライダー電王: 第12話
仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」。やっと時間ものらしいタイムパラドックスで落とした一本。 以下読みたい方だけどうぞ。 もはやただの雑言なので(苦笑)
| きゃんずぶろぐ | 2007/04/15 11:25 AM |
第12話走れタロス!
「豚の角煮〜っ」「…ってか、番組が違うだろ」「仮面ライダー電ちゃん第12話走れタロス!」「そのまま話進めるのね。冬眠クマ〜」「信じることがキンタロスですよ」「それでもイマジンに加担するのは駄目だろ。契約内容が娘に会いたいだけなのに」「娘を襲うなんてイマ
| 翔太FACTORY+Zwei | 2007/04/15 11:25 AM |
【感想】仮面ライダー電王第12話
第12話「走れタロス!」 前回のあらすじ 「お前にわざと見切らせて、その裏をかいたんや。」 改めて聞くと、言い訳というか負け惜しみに聞こえるw さて。イマジンが契約履行する前に倒さないと大変なことになる、と、大げさな顔で良太郎に迫るハナ。
| dendenの特撮日記 | 2007/04/15 11:28 AM |
電王(4月15日)
第12話「走れタロス!」 泣けるでぇ〜(←ただのアホ熊) かすみちゃんを襲うイマジン  とどめをさそうそしてやめたアックスフォーム電王(熊)だが、その本心は、父親から本当のことを確認したかったためだった。  かすみが乗ったパリコレに向かう自動車を、
| KITAKO'S BLOG | 2007/04/15 11:40 AM |
第12話 走れタロス!
「信じる」だから走れタロス!(メロス)かぁ!しゃれてるねぇ!!だいじまんブラザーズの曲が聞こえてきそうですよ。でも、成田空港へ向かうワゴン車に凹みがありましたが、リハーサルでぶつけちゃったかな? □あ
| be in its flower別館 | 2007/04/15 12:20 PM |
『仮面ライダー電王』、第12話 「走れタロス!」の感想。
★TBさせていただきます★『仮面ライダー電王』、第12話 「走れタロス!」の感想ですっ。 キンタロスのベストに、“Kin”のロゴがシンメトリーで あしらわれていることに気づきました(笑)。
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2007/04/15 12:34 PM |
仮面ライダー電王 第12話 《走れタロス!》
キンタロスはなぜか動けなかった。 それはカスミのお父さんのことを考えてだった。 カスミに本当にお父さんだったか確認すると、間違いなかったと。 キンタロスはどんな思いでお父さんがイマジンと契約したか確かめると言いはじめた。 ハナは怒るが、キンタロスは帰
| SlowLife | 2007/04/15 12:43 PM |
電王 12両目
第12話 走れタロス! カスミをイマジンに襲わせていた契約者は 彼女の父・謙作?! イマジ
| ヤジャの奇妙な独り言 | 2007/04/15 12:50 PM |
宇宙刑事電王12(仮面ライダー電王)
 暴走キンタロス編決着。熊というよりは猪な行動の数々だったけど、話的にはうまくま
| Feldhernhalle | 2007/04/15 1:13 PM |
仮面ライダ―電王 ♯12
「走れタロス!」 やっとOPのキンタロスダンスを見れました。 身軽ですねぇ。 ジュリ扇ウラタロスが一番インパクト大。 紫の薔薇の人ではなく? もしや名前はマスミさんなんでしょうか(笑) 冬眠対モモヒキ。今回もグッジョブです。 お姉様何か久しぶりですね。
| 朔夜の桜 | 2007/04/15 1:18 PM |
今週の仮面ライダー電王「第12話 走れタロス!」
カスミ完結編。 何といいますか、それぞれのキャラの暴走が過ぎるような・・・。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2007/04/15 1:35 PM |
仮面ライダー電王 12話 バエが!
サーバーメンテで記事遅れました。 また寝てる!キンちゃん(笑) 今日はモモタロスのコトをももひき言うとるよ(笑) すぐ寝るのはワザとなの? それともマジ寝!? 親と子が突然憎しみ合うことがあるか?って お姉さんに訊いてる良太郎だけど・・・ それは突然じゃなくて
| ふしぎなことだま | 2007/04/15 1:40 PM |
仮面ライダー電王 第12話
 アイビーイマジンにトドメを刺さずにわざと逃がす電王アックスフォーム。 ハナ:「何でイマジンにトドメを刺さなかったのよ!」(ずいっ キン太郎ス:「オヤジさんがどんな想いでイマジンに契約したんか確かめるんや!」 ハナ:「何、言ってるの!イマジンが
| アミューズエイド | 2007/04/15 6:27 PM |
仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」
今日のタイトル『走れタロス』って『走れメロス』のパロ?←んな訳ない なんかテンション上らないよ。 だって興味の対象が他に移行しちゃったし。←私事 モモ中心だったらDKWKで1週間が過ごせたのにさ・・・。
| SISTER'S SHIP | 2007/04/15 10:07 PM |
タロスのように 電王12話
♪空に蒼い流星 時の狭間を すべるようだね〜♪  今回のサブタイ「走れタロス」でこれを想像しちゃった人はどれ程居るだろうか?だれかMAD作らないかなぁ。俺ですか?無理無理無理無理(井上雅央の形相で)。
| 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2007/04/15 11:29 PM |
仮面ライダー電王 第12話
「走れタロス!」 脚本:米村正二 監督:坂本太郎 アクション監督:宮崎剛 アイビーイマジンへのトドメを止めてしまったキン電王。父親が娘のためにならない願いを持つわけがない、と。 良太郎とハナはかすみの父を訪ね、真相を探ろうとするが・・・。 ウラタロス、
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2007/04/16 12:17 AM |
仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」
今週のテラモモタロス&テラウラタロス&テラキンタロスww 「来た来たァッ!イマジンだぜッ!!」 「たまにはボクも運動しよッかなぁ」 「フンッ!退け!!」 二回戦 「待ってました!俺の出番だッ!!」 「フンッ!」 「またまたかよ…」 走
| 特撮警備隊3バるカんベース | 2007/04/16 1:08 AM |
仮面ライダー電王(12話)
いやぁ、もぉ熱すぎですよキンさんw キンの熱さに俺が泣いた。 最後まで人の心というものを信じる心。 イマジンとしては、ぶっちゃけどぉかと思うけど、武人としては一流ですね。 自分のデンライナー追放をかけてまで、他人の絆を信じれるというのはなかなか出来る
| マンガ・雑貨のお店屋さん | 2007/04/16 2:11 AM |
仮面ライダー電王(4/15)
『走れタロス』って(笑) 電王の各回のタイトルはダジャレ系なのね・・・。 毎回考えるのが大変そうだよ。 妄想感想いきます。
| オイラの妄想感想日記 | 2007/04/16 6:16 AM |
仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」
今回も脚本家は米村正二です! 今回は 第12話「走れタロス!」。 ストーリーの方は公式サイトで!仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」 前回は戦闘シーンが少なくチョット残念でしたねぇ。 折角キンタロスの活躍する回だと言うのにアックスフォームも最後にチ
| OPUS MAGNUM | 2007/04/16 10:10 PM |
仮面ライダー電王 12話 感想
キンタロス暴走第2弾。 暴走しつつも、自分のしたことへの責任はきちんととろうとする潔さ。 先週の減点は帳消しになりそうです(笑)。 だけど…今回はちょっと、辛口…。
| けろりん的ひとりごと | 2007/04/17 12:34 AM |
仮面ライダー電王 第12話 「走れタロス!」
ずっとキンタロスのターン!! キンタロスの出番の多さに泣いた・゚・(ノ∀`)・゚・
| アバトーンの理想郷 | 2007/04/17 12:35 AM |
仮面ライダー電王 12話
シェアブログtokusatsuに投稿 今回のイマジンは、アイビーイマジン。 イメージは豆。 豆?! なんかさー11話で対したことしてないし、アックスフォームに一方的にやられてたしで 弱いと思っていたんだが、豆じゃ
| TRASH Rのぶろぐ? | 2007/04/17 1:33 PM |
仮面ライダー電王 第12話
仮面ライダー電王 第12話 「走れタロス」 脚本:米村正二/監督:坂本太郎 アクション監督:宮崎剛 (STORY) わざとアイビーイマジンに止めを刺さなかった電王アックスフォーム。カスミの父・謙作が本当に娘を襲わせる契約をイマジンと結んだかを調べたい…。
| ふぁくとりいD | 2007/04/17 4:40 PM |
■仮面ライダー 電王 第12話「我を通す前に筋を通さんかいッ(...
■仮面ライダー 電王 第12話「走れタロス」     はい、今週のオチは「変ですねぇ。」という、ただそれだけの一言で済まされてしまいました。^^;一瞬、米村さんがやる気無くなっててきと〜に終わらせたのかと思ってマジでビビったビビった。^^;これは違う
| DYG0アドベンチャー | 2007/04/17 6:38 PM |
ゲキレン9話と電王12話感想
修行その9 ケナケナの女 ・メレもあの仮面姿かー ?粘蕕鮟个靴浸?某瓦覆靴?薜錣蕕靴討泙擦鵑任靴拭???本 か、可愛い・・・ ・ブラコは普通に裏切ってくれました  うーん、急に小者くさく・・・  メレはスカウトしたってついてこないでしょうにね  しかし敵サイド..
| 瑠璃色の蝶 | 2007/04/17 7:34 PM |
仮面ライダー電王 第12話
第12話「走れタロス!」 ひとこと感想 ★良太郎のピンクの服が気になって仕方ありませんでした! ★にんにく入りレモネード……(ノ ̄Д ̄)ノ ★あの記者のうまい使い方その1でしたね。変身シーンは見られないように気絶(笑 ★キンタロス、鋭いとこがあると思
| kaoru@感想色々♪ぶろぐ♪ | 2007/04/18 10:52 PM |
仮面ライダー電王第第12話「走れタロス!」
ゆったりまったり遅れ気味で記事書いてます!
| ルーツ オブ ザ まったり! | 2007/04/20 12:26 PM |
電王 第12話印象
親子の関係がこじれまくったままでは…と心配していましたが、かすみちゃんとお父さんはハッピーエンドで何よりでした。が、印象が一番強かったのはオーナーでした。そして時間ものの難しさをくらくらしながら実感します。時間の運行って…??? 良太郎じゃないけどよ
| All's Right with the World! | 2007/04/21 7:09 PM |
仮面ライダー電王
第12話 「走れタロス」 アイビーイマジンに止めを刺さなかった電王アックスフォーム…。何故…。 その訳は、父・謙作が本当に娘を襲わせる契約をイマジンと接触したのか調べたい…。 良太郎とハナは謙作に訪ねるが…当然、
| デバイス!マキシマム ブログ | 2007/04/21 9:49 PM |
電王・第12話 走れタロス!
さすがキンタロスがメインだけあって、今迄以上に感動を呼ぶストーリーで、 なおかつドラマ部分がいつもより長かった様な気がする。イマジン暴走省略。 戦闘前にカスミを追いかけて走るキンタロス良太郎、カッコ良かっ
| かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) | 2007/04/21 11:24 PM |