<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

セクシーボイスアンドロボ  Voice #04 かんにん袋

 Voice #04 かんにん袋
「テストやだね〜」と言いながら友達と歩くニコ。

 数字を わざとややこしくして

 一体将来何の役に立つのか

 私は今まで、連立方程式や

 平方根を使っている大人をみたことがない。

 そんな勉強、無駄じゃないのだろうか。


ロボはガンダムをみてうきうきとドライブ中。
ニコはベンチにすわって勉強中。
いきなり爆発あおこり、「おしどり喫茶」の
看板の「ど」が落ちて「おしり喫茶に」

 ほら 世の中には数学よりも

 わけのわからないことがいっぱいあるのに


自宅でマックスロボのアニメをみているロボを
警察がたずねてきていきなり家宅捜索。
大事なマックスロボをさわられそうになって

「ちょっと!これ一番大事でしょう!
 
 さわっちゃだめでしょ!爆発しちゃうよ!

 マックス!ボンバー!!」


などといったものだから、爆弾犯と勘違いされて
連行されてしまいました。
あの爆破事故のとき、近くを通っていたから
疑われたらしい。
車の中からは看板の「ど」。

「なんなんですか、これ」

「はい、『ど』発見」

 人間は、

 いきなりわけのわからないことにまきこまれる


テレビのニュースでもその事故のようすがながれていました。
おしり喫茶になったことに驚くニコの父。
ニコはロボが参考人としてつかまったらしいことを知り
あわてて地蔵堂へ。

「ほんとに爆弾しかけたんじゃないの?」

「ロボはそんなことしません。バカでスケベだけど」

「おしどり喫茶をおしり喫茶にしたんでしょう。
 
 バカでスケベの犯行じゃない?」

「でも、絶対ロボじゃない」

「人間なんてね、裏で何やってるかわからないものよ。
 
 あらまあ。ピュアな目。

 あんまりきれいだと、よごしたくなっちゃうわ」

「ロボを警察からだしてください。おねがいします」

「警察に頼むくらい簡単だけど、条件がある。

 あたしが知り合いの大学教授にね、こんなラブレターが届いたの」

『おひさしぶりです。かんにん袋の緒が切れちゃいました。

 だからあなたを殺します。かんにん袋より』


「なんですか、これ」

女性の写真をみせるマキ。

その女性は、煙草のポイ捨てをした男に
何もいえず、その吸殻を男のポケットにいれ立ち去ります。
よっちゃんも尾行中。

取り調べをうけるロボ。
マックスロボの得意技は何と誘導尋問をうけて
マックスボンバーといってしまいました。
マックスロボを警察が預かったといわれて怒るロボ。

 生きていくということは 

 自分の力ではどうしようもない

 納得のいかない連続らしい

 
マンガ喫茶「マンガの鉄人」にやってきたかんにん袋。

 我慢に我慢をかさねていったら

 そこに何かみつかるのだろうか

 みつからないのだとしたら

 あたしは、どうやって生きていけばいいのだろう

警察から解放されたけど、ロボはかえしてもらえず
放心状態のロボ。
ロボのせいで仕事ひきうけることになったから手伝ってと
ニコが言ってもやる気なし。
ニコは、今回の任務はかずみちゃんの大学にいかなきゃならないと
いうと、ロボいきなり復活。

「マックスチャージ、完了!」

よっちゃんは、かんにん袋がやることが小さくて
モチベーションがあがらないとマキに愚痴り中。
マキがここによんでガツンと説教すればいいというと

「やだ。あたし説教できるほど人間ができてないもん。」

というマキ。
よっちゃんは何をしにここにいるかといえば
チャーシューメンを作るためにきたんでした。
社長、言うことが矛盾してる。。。。

勉強しながら歩いてるニコ。
ロボはうきうきのステップ。

「何してんの?」

「明日もテストなの。たいへんなの、中学生は」

かずみちゃんしか眼中にないロボに

「かずみちゃん、日曜日だからいないと思うよ」

「大人をだましやがったなあ!」

かんにん袋は宇佐美という名前で
就職面接をうけていました。
長所を「どんなピンチも笑顔でのりきれることです」
と答えると、面接官は次々に意地悪な発言を。。
「あなたもういいや」と退室をうながされます。
よっちゃんもいる。。。。
外へでたかんにん袋はあたりをみわたして
かばんから爆弾をとりだします。

「むかついたからふたつ」

よっちゃん、面接中に爆発がおきました。

とぼとぼ歩くかんにん袋は、かえされた履歴書を破って捨てました。

「全部、全部あいつのせい」

教授にあうロボとニコ。

「今日から田崎教授をこの人が護衛しますから」

「え?俺?やだよぉ!テレビとかみれなくなっちゃうじゃん」

「少しくらい我慢しなさいよ」

「なんだよ。子どもとバカをよこすとは僕もなめられたもんだね」

「バカじゃないです。オタクですー」

そんなロボをまるっきり相手にせず
「仕事の邪魔しないよね」と去っていく教授。
やだというロボに文句をいうニコ。
そのとき、かんにん袋をみつけて走り出すニコ。

かんにん袋は教授とすれちがいますが
教授は知らん顔。

「おぼえてもないんだ」

ニコをおいかけてあやまるロボは
かんにん袋をみかけて声をかけます。
先輩だったらしい。
かんにん袋が去っていくとニコはおいかけます。

「ちょっと〜、宇佐美先輩のわけないじゃない〜」

そこへよっちゃんも来てかんにん袋をおいかけ
宇佐美がかんにん袋だとロボにいうニコ。

教授の部屋にはいる三人。

「気をつけろよ、爆弾しかけられてるかもしれない」

というよっちゃんに

「あのさ、宇佐美先輩はそんな人じゃない。

 いい人だよ」とかばうロボ。

でもロボが教授の椅子にすわると爆弾が爆破しました。
警備員もやってきてやばいことこのうえなし。

影からみつめるかんにん袋。

元気のないロボにラーメンをつくってあげるニコ。

「最近ついてないなあ」

「ついてないんじゃなくて、とばっちりうけてるだけだと思うんだけど」

「宇佐美先輩はね、かんにん袋じゃないよ」

「もう警察に頼んだほうがいいと思うけど」

「警察?冗談じゃない!俺は警察は嫌いだ!

 俺のマックスロボを奪った警察を、俺は絶対許さない!」

ロボ、出撃中になってました。。。

「それに、警察に頼ったら、宇佐美先輩が捕まっちゃうかもしれないだろ」

「でも放っておいたら人殺しちゃうかもしれないんだよ?」

「それをふせぐために俺たちが動いてんだろ。

 ほら、おれの心には、愛と、勇気と、正義が宿ってんだ。

 守ってみせる、俺が!

 愛と、勇気と、正義のために」

「下心は?」

「ない!」

「ほんと〜は?」

「ちょい!」

「ま。いいかあ、ちょいなら守るしかないか」

梅酒を飲む父に

「人を恨んだことってある?」とたずねるニコ。

恨まれたことは?ときくと

「あるかもしんないなあ。

 気付かないうちに恨まれてる事あるかもなあ、

 誰からが喜んでる時は誰かが悲しんでる、そういうもんだからさ」

という父。
母の梅酒を飲んだばかりに母に恨まれてました。。。。

マンガ喫茶にいるかんにん袋。
マンガ喫茶のポイントカードをみながらつぶやきます。

「2年間有効・・あたしの恨みは無期限」

回想。

「あたしがこの単位を落としたのは何かのまちがいだと思うんです。

 ひょっとして、内田さんとあたしの採点、入れ違いになってないかと」

「私のミスだって言いたいの?」

「あたしはただ確認したいだけなんです」

「あのさ、ひょっとしてこのこと

 委員会に異議申し立てするつもり?

 それさあ、面倒なんだよねえ。

 私の信用問題にもかかわるし」

「あたし、この単位とれないと卒業できないんです。

 就職だって内定してるし!」

「もし私が間違ってたとしたら

 その内田さんが、君のかわりに単位を落とすことになるよ。

 君はさ、自分さえよければそれでいいの?」

そのことを思い出し頭をかかえるかんにん袋は
ネットで「デンジャラスゾーン・爆弾の作り方」の
サイトをみつけます。

コップをつけて聞き耳をたてるロボ。

「なんだ、このオーラは?」

そこにはマキがたっていました。
マックスロボをとりかえしてくれたのでした。
そのマキにお礼をいい、マッサージチェアを
動かすロボ。
マキの出す声にみんな集まってきました。。。

学食でスパイシーカレーを頼む教授。
ロボもおなじものをたのみます。
かずみちゃんをみつけて声をかけて
かずみちゃんは迷惑そう。

かんにん袋は調理員としてはいりこんでいて
カレーの皿に爆弾をしかけます。
しかしそのカレーはロボに。
ロボ、はりきってかずみちゃんの隣へ。
かずみちゃん、露骨にいやがっているのに
気付かず、つばがとんだカレーを交換。
そこへニコもやってきて、かずみは
ニコにロボとの関係をきき、なんであんな男と
つきあっているのかと注意します。

「変態じゃないの」

「オタクだけど、変態じゃないよ」

「変態よ〜〜〜」

かずみちゃんが口をつけたスプーンに口をつけて
間接キッスを試みているロボはたしかに変態ーーーーー!
欲望に打ち勝とうと必死ですが、
スプーンを放り投げたとき、爆発して
顔がカレーまみれ。。。。

「どうしたの?」

「俺の感情が、カレーにのりうつって、スパークした」

おいだされてしまったロボは、かんにん袋をよびとめます。

「先輩が、やったんですか?」

「だったらどうな?」

「すごく・・・残念です」

「そうなの。あたし残念な女なの」

「何があったんですか?

 ひとりでためこむの、よくないですよ」

そこへニコもやってきました。

「この人ためこんでないじゃん。

 爆発させてんじゃん」

「ちょっと黙ってろよぉ!

 先輩、話して下さい」

「あたしはちゃんと卒業もして就職できるはずだった。

 それを全部あいつがめちゃくちゃにした。

 なんであたしがこんな目にあわなきゃいけないのよ」

「僕にできることがあったら、なんでもしますから」

「ほんと?

 じゃあさタイムマシン作ってよ。

 そしたら戻るから、5年前に」
 
「タイムマシンは・・・・まだ完成してません」

「できたら連絡してよね。じゃあね。」

行ってしまうかんにん袋。
ロボをみつめるニコ。

「ほっとけない。絶対ほっとけない!」

ロボ、おいかけていきました。

「ロボ、大丈夫かな」

マンガ喫茶でまたまた隣に聞き耳を立てるロボ。
ニコは試験中。
試験がおわると気になってロボに電話しますが
かんにん袋がいるかどうかたしかめさせると
隣にはもういない。
メモが残されていて

「喫茶店、会社、教授室にカレーに、ん?地球儀?

 大きな爆弾の配線。

 地球儀だ!」

教授のもっていた地球儀を思いだすロボたち。

「ロボ、出動だよ」

「ロボ、出動します!」

よっちゃんも社長を追跡。
ニコと出会い、いっしょに探します。

「地球儀!地球儀が爆発する!」

教授の居場所をさがし、あとを追います。
ロボも走る!
かんにん袋も遠くからながめます。

ロボ、走る。
地球儀を机の上におく教授。

ニコとよっちゃんは放送室へ。
よっちゃんが操作しようとしていたら
職員のおばさんが邪魔を。
そのおばさんを黙らせるため

よっちゃん、おばさんにチューしたーーーーー!

「地球儀ーーー!」

と叫んでロボも到着。

よっちゃんコンセントいれると
ニコ、さけびます。

「だるまさんがころんだ!」

みんなの動きがとまります。
教授の手もとまった。

「ニコ?」とかずみちゃん。

「あ、俺は動いていいのか」とロボ。


かんにん袋のもとへやってきたニコとロボ。
教授の声がきこえます。

「こんなものに爆弾いれないでくれるか。

 私を殺して何の意味があるんだ。」

「何、今の?」

ラジカセをみせるロボ。

「堪忍袋の緒、切ろ」とニコ。

3人は教授を呼び出しました。
録音した声をきかせるニコ。

「何の用?私は忙しいんだよ」

「私のミスだって言いたいの?」

「あたしはただ確認したいだけなんです」

「あのさ、ひょっとしてこのこと

 委員会に異議申し立てするつもり?

 それさあ、面倒なんだよねえ。

 私の信用問題にもかかわるし」

「あたし、この単位とれないと卒業できないんです。

 就職だって内定してるし!」

「もし私が間違ってたとしたら

 その内田さんが、君のかわりに単位を落とすことになるよ。

 君はさ、自分さえよければ、それでいいの?」


「なんだ、これは脅しのつもりか」

「今の言葉、そっくりそのままあんたに返すよ」とロボ。

「先生がこんなことしちゃダメだよね〜」とニコ。

「こんなテープが存在するわけない。でっちあげだ!」

「会話の内容も?でっちあげ?」

「さあ?記憶にないな」

「ちょっと調べればさあ、やったこと、わかると思うよ」

「お望みなら頑張って調べますよ〜」

「おまえら何がしたいんだ!」

「あたしの5年間を返して下さい。

「何言ってる?」

「無理mたいだよ〜」

「じゃどうしよっか。爆破しちゃう?」

「ちょっと待って。まず話そう。今は記憶にない。

 なんか、おもいだしてきた。

 その節は本当に申し訳ない事をした」

「あたしの名前覚えてます?」

「山田君?」

「ブブー!傷つけたひとの名前くらい覚えときなよ。

 どうする?」

「ちょっと待ってくれ、待って下さい。すべて私が悪い。

 この償いは、どんな形であれ必ず。

 就職、就職決まってますか。

 よければご紹介します。

 ごめんねえ。つらい思いしてきたんだねえ」

土下座。

「許して下さい!
 
 ちゃ〜んと償うから、大学には言わないでほしい。

 このことがばれたら首にされてしまう。

 それだけはこまるんだ、ほんと

 傷つけてごめんね」

 「あたしはね、あたしは、

 あんたになんかこれっぽっちも傷つけられてない」


「じゃあここできれいさっぱり、爆破しちゃいましょ」

ラジカセをあけるとそこから打ち上げ花火がとびだしました。

「うあ」と驚く教授。

花火をみあげる三人。

「きれいだな〜、なんかいろんなこと、

 どうでもよくなっちゃうねえ」


マンガ喫茶のカードを笑顔で破り捨て宙になげるかんにん袋。

おしり喫茶が前よりお客がはいるようになったという父。

「世の中って何がどうころぶかわかんないもんだよな。」

 これから私がどうなるかなんて 

 誰にもわからないんだ

 いきなり 自分に 

 お先まっくらになるような出来事がおきたら

 どうすればいいのか


とんできたボールにぶつかって倒れる父。
そのボールはマキからのよびだしでした。

「あの、普通によんでもらえます?」

「はい。今回の報酬」

「なんですか、これ」

「笑い袋」

「いらない?」

「もらっときます。」

「任務遂行御苦労さま。
 
 なあに?その顔」

「結局、あの教授もそのままだし

 かんにん袋さんも、結局、我慢したままなんですよね。

 なんか、納得いかないというか」

「それでいいといいんじゃないの?」

「え?」

「我慢するのもひとつの方法よ。

 そうすれば日々のことにまぎれて
 
 どうでもよくなってくる。

 それでいいんじゃない?」


笑い袋の笑い声をきいてほほ笑むニコ。

 どんなことだって いつか役に立つ日がくると

 無理やり自分にいいきかせるのも

 ひとつの方法なのか

 そうすれば 生きていくのも

 少しは楽になるかもしれない
「宇佐美先輩、元気にしてるかなあ」とロボ。

「いらいらしたらこのかんにん袋にでストレス解消。
 
 いかがですか〜」と

笑い袋を売るかんにん袋。

 その後、宇佐美さんは、かんにん袋という

 おもちゃを考えた
 
 袋に誰かの悪口を吹き込むと

 だんだんふくらんで最後は破裂するというもの

 現代人のストレス解消グッズとして

 大好評となり

 つらかった5年間を

 さっぱりとふっとばした


各地で叫ぶ人々。

マキは

「よっちゃんのバカ野郎〜〜〜」

ロボは

「女なんて、女なんて、大っきらいだーー!」

ニコも

「勉強なんて、大っきらいだーーーー!」

かんにん袋が爆発して友達と笑顔のニコ。

 何事も無駄なんてない、そう思った。


おもしろかったです。
世の中理不尽なことも多いけど
どん底で落ち込むかんにん袋を
ロボとニコが見事に救ってました。
教授には腹が立ったけど、
人生すべてうまくいくというものでもないし
誰でも少なからず我慢をしながら生きて
うまくストレスも解消しつつ
生きていくのかもしれません。
人生無駄なことは何もない。

「あなたに傷つけられたことはない」
と言い切るかんにん袋も素敵でした。


キャスト

須藤威一郎(ロボ) 松山ケンイチ
林 二湖(ニコ)大後寿々花
林 一海(ニコの姉) 村川絵梨
林 竹男(ニコの父) 塚本晋也
林 雪江(ニコの母) 片桐はいり
名梨秀吉 岡田義徳
真境名マキ 浅丘ルリ子
宇佐美(市川美和子)

「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック
「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ




2007.05.02 Wednesday 00:36 | comments(2) | trackbacks(14) | 
<< アニメ D.Gray-manディーグレイマン第29話 「魂を売る者・前編」 | main | アニメ のだめカンタービレ Lesson14 >>
シャブリ (2007/05/05 2:34 AM)
シャブリです、まいど、いまごろの邪魔です。
やっと出た「ロボ、出動だよ!」
まあニコちゃん命なんですが・・・
いつもながらのマキの存在感が凄いですね。
次回は、智花ちゃんだ!わ〜〜い!マイボスの制服だ!!
(アホかと一人ツッコミ)

>よっちゃん、おばさんにチューしたーーーーー!
時効警察2#4話の脚本のケラ様主催のナイロン100℃の
おばさんです。

I appreciate in your usual cooperation. Best Regards,Chablis
honey (2007/05/05 10:19 PM)
シャブリさん、こんばんは。

マキはさすが年の功といいますか
でもニコもあの若さでなかなかですよね。
予告はみてないんですが高校が舞台だと
また楽しそう。

時効警察まだ見てないんです。
そのへん気をつけてみてみますね(^^)









【ドラマ感想】セクシーボイスアンドロボ 「Voice4 かんにん袋」
セクロボは面白くないとのたまう友人と、深刻なケンカになりかけたかずはです。友情の壊れる音がした!(笑)いやまあ、よく言えば個性的な、悪く言えばアクの強いドラマなので好き嫌いは極端に別れるドラマではあるんでしょねえ。ついでに、松山ケンイチきもい〜と言い
| 読書とジャンプ | 2007/05/02 12:44 AM |
セクシーボイスアンドロボ 【第4話】 爆弾魔になった彼女を救え
セクシーボイスアンドロボ (日本テレビ系) ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」第4話・かんにん袋。 今回のゲストは市川実和子。 ■セクシーボイスアンドロボ 「第4話」 あらすじ  ある喫茶店で爆破事件が発生。車で通り掛かったロボ(松山ケンイチ)が、
| THE有頂天ブログ | 2007/05/02 1:08 AM |
《セクシーボイスアンドロボ》VOISE.#04
近くのおしどり喫茶に爆弾が仕掛けられて、爆発したためおしり喫茶になってしまった。そこを車で通りかかったロボは、警察の取調べを受けることになってしまう。それをTVのニュース絵知ったニコは、慌てて地蔵堂へ走った。ロボは、そんなことしないと、彼を庇った
| まぁ、お茶でも | 2007/05/02 2:10 AM |
セクシーボイスアンドロボ 第4回 感想
『爆弾魔になった彼女を救え』
| ぐ〜たらにっき | 2007/05/02 10:43 AM |
セクシーボイスアンドロボ  VOICE 4:かんにん袋
○○のバカヤロー!(。´>д
| あるがまま・・・ | 2007/05/02 11:04 AM |
鴎+3とガンバ大勝と時効と喰い2
7時半前に起床しでブログのコメ&TB返しやネット検索してて 10時過ぎまで過ごし11時前から背中の消毒でに行った に帰ってからは週刊少年マガジンを読んだりして過ごしていて 13時から吉本新喜劇とした時効警察を見たりして過ごしていて 15時からで
| 別館ヒガシ日記 | 2007/05/02 2:34 PM |
「セクシーボイスアンドロボ」第四回
 「おしどり喫茶」が爆破されて「おしり喫茶」になってしまった!  車の中に「ど」があったため、ロボ(松山ケンイチ)は容疑者として警察に連行されてしまう。  真境名(浅丘ルリ子)に助けを求めたニコ(大後寿々花)だったが 助ける代わりに「堪忍袋」という
| トリ猫家族 | 2007/05/02 3:47 PM |
セクシーボイスアンドロボ Voice4
国家権力に、マックスパ―――ンチッ(笑
| 似合わないクツを脱ぎ捨てて | 2007/05/02 4:59 PM |
鴎+4と欧州CLとセクシーボイスとBLEACH
8時過ぎに起床し背中の消毒でに出掛けてに帰宅してからは で欧州CL準決勝2戦目の結果を本館ブログに更新やTB返しや 日曜までの本館ブログと別館ブログの下書きをして午前は過ごした 午後からベットで寝転がって週刊プロレスを13時過ぎまで読んでて した
| 別館ヒガシ日記 | 2007/05/02 9:12 PM |
セクシーボイスアンドロボ VOICE4「かんにん袋」
「だ…だるまさんがころんだッ!!」 「…あ、俺は動いて良いんだ。」 あんな教授いらねェ… あのねェ…なんで就職決まるとかいう時期の必修講義の単位落としますか! そんな時期に必修科目残してる彼女もアレだけど、単位を落としちゃう教授も鬼畜だろ? そ
| 特撮警備隊3バるカんベース | 2007/05/02 11:33 PM |
セクシーボイスアンドロボ 第4話(+鬼嫁日記ちょろっと)
 「セクシーボイスアンドロボ」第4話を見ました。  今回は仕事で帰ってくるのが遅かったのもあってリアルタイムでは見ずに録画しておき、リアルタイムで「鬼嫁日記」の方をチラチラと見てました。  「鬼嫁日記」は前作シリーズは途中でリタイアしていることもあ
| あいりぶろぐ | 2007/05/03 1:46 AM |
『セクシーボイスアンドロボ』“Voice4 かんにん袋”の感想。
♪TBさせていただきます♪『セクシーボイスアンドロボ』“Voice4 かんにん袋”の感想です! ロボは いわゆる“巻き込まれ体質”なんやと思います(笑)。
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2007/05/04 9:55 PM |
セクシーボイスアンドロボ 第4話
セクシーボイスアンドロボ 第4話 日本テレビ? 2007/05/01 (火) 22:00〜 「かんにん袋」 原作 黒田硫黄 小学館スピリッツ増刊IKKI連載作品 ★はじめに 今回は、テンポも良くて面白かった。が、荒っぽいつくりが目立ってちょっと残念。 OnTimeで見たときに、
| シャブリの気になったもの | 2007/05/05 4:46 AM |
セクシーボイスアンドロボ 第4話
VOICE 4 かんにん袋 数字をわざとややこしくして、一体将来何の役に立つのか。 私は今まで連立方程式や平方根を使ってる大人を見たことがない。 そんな勉強、無駄じゃないのだろうか。 おしどり喫茶の看板が突然爆発して、おしり喫茶になった(笑) そこをタ
| BLUE MOON | 2007/05/07 6:55 PM |