<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

セクシーボイスアンドロボ  Voice #05 うしみつ様

Voice #05 うしみつ様
かずみちゃんはパパを相手に教育実習の練習中。
緊張するというかずみちゃんに、ママが
さしだしたものはうしみつ様。
最近おお流行りの、あらゆる禍いから
まもってくれるすごいお方らしい。
人形を放り投げるパパにおおさわぎのママとかずみちゃん。

『いい年して なんであんなもん信じるんだろう』

「ただし!この人形を粗末に扱うと呪われるから

 気をつけてちょうだい」

というママの顔のほうが怖いよーー!!

仕事中のロボは、高校の前で、慌てふためく女性とぶつかり
女性は逃げていったけど、変な声にさそわれて
思わず中へ・・・・。
赤い照明のうかぶその部屋からは不気味な笑い声と
斧をふるっている人影、そしてガラスに飛ぶ血しぶき。

「うしみつ様ぁ〜」

ロボ、腰を抜かして逃げだしました。

 『呪いなんか信じてないけど』

登校中のニコ。
みんなのかばんにはうしみつ様がついています。

 「みんな好きだなあ」

そこへあらわれたお祓いグッズ完全装備のロボ。
首からにんにくぶらさげてるし、神社でお祓いにつかうやつ
もってるし和洋折衷、むちゃくちゃ。

「ニコ〜、助けて〜」
 
 
『呪いなんか信じてないけど、それ以上に
 
 やっかいなものに私はまきこまれることになる』

ニコについてきてもらってマキの店にいくロボ。

「そ〜お〜、あなた、見ちゃったの」

「あれから・・寝ても悪夢ばかり見るし

 そのせいで寝坊するしそのせいで電車に乗り遅れるし

 痴漢に間違われるし〜〜」

「それってさあ、いつものことじゃないの?」

「違う!絶対あのおぞましい光景を見たからだよ!」

「本当ね。だってあなたが見たの、呪いの儀式だもの」

「やっぱりね!ここにきてよかった〜。

 ここにくればそういうたぐいのことわかると思ったんだ」

「あたし関係ないんだからさ!あ〜あ、もう授業はじまっちゃったよ〜」

「だって一人でここくるの怖かったんだよ〜。

 さっそく呪いをとく薬をください!」

「薬なんてないわよ。

 ただし、呪いを解く方法はひとつだけある」

「なんですか?!」

「それはね、二人でその高校に入学すること」

「は?すみません。言ってる意味がびた一文わかりません。」

「よっちゃん」

「今あそこではおかしなことが次々とおこっててね。

 学校でかっていた鶏が一夜にして大繁殖。

 ある生徒の体操服に突然カイワレが出現。

 校内のプランターから、筍がにょきにょき。

 まあ最初は、誰もがいたずらだと思ってた。

 だけど、先週あるクラスの女子がバタバタと倒れて

 救急車で運ばれるって事件がおきた。

 検査の結果、彼女たちは異常なし。

 ただ、彼女たちはそのときのことを何にも覚えてないらしい。

 それから、呪われた学園て噂は広まって

 頭をかかえた理事長が、このままじゃ新入生がはいってこないって

 社長に泣きついてっきたってわけ」

「あの、それとロボとどういう関係が」

「その呪にね、この人形がかかわっているらしいの」

「うしみつ様だ」

「ちょっと調べてきてくれる?」

「いや、でもですね。あたし、学校にいかなきゃならないし」

「高校だって学校じゃない?」

「そんな。むちゃくちゃだ」

「行かないと、あなたの手下、呪いがかかったまんまよ」

それまでずっとニコにしがみついてふるえていたロボ・・・。

「ぃや〜〜〜。でもやだ!あんな怖いとこ、もう二度と行きたくない!

 もう帰る!」

帰ろうとするロボによっちゃんが声をかけます。

「女子高生!」

ロボ、止まった!

「ミニスカ!ハイソックス!放課後!

 体育館の裏!初恋!告白!」


「ロボ、出動します・・・」

ニコ、超いやそう・・・。

ロボとニコ、高校に転校生として潜入。
ニコはともかくロボがかなり無理がある!
ズボンがつんつるてんだし。

「好きな言葉は愛と、勇気と、正義!」

「あの男子、微妙にふけてない?」「ほんと、おっさんだわ」

という声も。
そんな中ロボたちを見つめる美少女。
その子の隣の席になったロボ。

「よろしくおねがいします」

「よろしく」

「かわいいなあ〜〜〜〜」

平和な休み時間。

「呪なんて嘘だったんだよ。

 ほら、俺も青春の甘酸っぱ〜い香りを吸って

 もうすっかり元気」

すると生徒たちが「うしみつ様はじまるって」と
走り出し、ニコたちもそのあとに続きます。

そこではいかにもあやしげな儀式。

「お待たせしました。これよりうしみつ様をおよびします。

 みなさん、時計を2時29分にあわせてください」

「草よ、木よ、お眠り下さい。

 おめざめください。うしみつ様」

女生徒たちにあわせてみんなも足踏みをしはじめます。

「ねえ、あれ何してんの?」と隣にいた女子生徒にきいたニコ。

「ああ、あれね、よく知らないけど占いみたいなもん」

「占い?」

「あたしは信じてないけどね」

「ちょっとちえ。そんなこといってばちあたってもしんないよ」

「バッカみたい」そのちえという子は笑って外へでていきました。

ベルがなります。

「おめざめになりましたら おすすみください

 うしみつ様」

「え!動いた!嘘でしょう!」

「しっ!」

「予言をおおしえください、うしみつ様」

「チ」「エ」

「ちえ?」

「カ」「カ」「ミ」

「ちえ かかみ」

「鏡じゃない?」「そうだ、鏡だ!」

鏡の割れる音と「きゃ〜」という悲鳴。
そこへいくとちえが割れた鏡でけがをしていました。
呪いだとさわぐ生徒たち。

「聞いた。今の?呪だって。怖い〜〜〜」

とニコをゆするロボ。
それをみつめるさっきの女生徒。

マキの店。
うしみつ様人形は一個300円だけど
ネットのみの販売でオークションでプレミアがついて
12000円らしい。

「あのふたりにまかせといて大丈夫すかねえ?」

「よっちゃんも高校行きたいんでしょ。」

「リーゼント、マブダチ、メンチ切り、

 タイマン、尾崎豊」


「行ってきます!」

よっちゃんの反応するものって。。。

授業中、こわいから帰るというロボを
とめるニコ。
しかし土星の衛星の話に反応したロボは先生にかわって
説明をはじめます。

「スパイが目立ちすぎ〜〜」

と頭をかかえるニコ。

そのとき校門にバイクでやってきた
昔の不良ファッションのよっちゃん。。。

「だから目立ちすぎだっての」

「私が炎の転校生!名梨秀吉っす」

よっちゃん、先生にひきずられていきました。。。。

再びうしみつ様の儀式。

「ユリコとマナミ」

文句をいったふたりに

「どんな災いがふりかかるのでしょう」

「き り き ざ む」

「何!切り刻むなんて」「ちょっとやめてよ!」

「さわらないで!うしみつ様がめざめてるのよ」

「それに呪なんてないんでしょう?」

重い空気の中にシャッターをあけてはいってきたロボ。

「ちょっとちょっとみんな!

 青春まっただなかなんだからそんな暗い事やめてさ

 もっと明るくスポーツで青春を謳歌しようよ、ね!」

熱血教師ふうのかっこうですがみんなしらけてかえっていきました。

ユリコとマナミの体操服がきりきざまれていました。
学校中にはやるうしみつ様人形。
その様子をみて声をきいているニコ。
うしみつ様を売ってもうけている生徒たちをみつけました。

「やったね」「ちえ、演技うますぎ」

それをかげから見ているニコに声をかけるよっちゃん。

「あいつらグルか?」

「びっくりした。驚かさないでよ。もう〜」

「なんであいつらあんなことしてんだ」

「全然わからない。うしみつ様も、あなたのセンスも」

「なんで?なんで?制服といったら学ランでしょ。

 あいつは?」

「あそこ」

「ロボットアニメ研究会、入会者募集!」

ロボ、通りすがりの生徒を勧誘。

「完全に青春をやりなおしてんな」

首謀者たちをみつめるニコ。教室でちえにはなしかけます。

「ね。うしみつ様ってあなたがよばないとこないの?」

「さあ?」

「あたしにも一回やらせてよ。

 それとも、ほかのひとがよぶとこまることでもあるの?」

そこへ先生がやってきて話は中断。

なんと教育実習生のかずみちゃんが入ってきました。
ロボをみて驚くかずみちゃん。
声色をつかって音読を断るニコ。

「つーか、おばさん、超うざいんですけど」

「おばさん?これが・・学級崩壊・・」

かずみちゃん、でていってしまいました。

テレビの上にかざられるうしみつ様の
悪口をいったパパの足の裏には画鋲が!

夜の学校でしらべるロボとニコ。

「でもさ〜あの子たちがやったなんて俺は思えない」

「なんで?」

「かわいいから」

うしみつ様の儀式のおこなわれる部屋へきたふたり。

「ちょっとちょっとあんまりさわらないほうがいいって!」

「何いってんの?絶対しかけがあるにきまってんじゃん」

「いやいや。世の中には、科学では証明されないことが

 たくさんあるんだよ。たとえばね、愛の力とか」

「はいはい、わかりました」

廊下へいくロボは割れた鏡の前に。
その後ろに「助けて・・」と女の影。。。。
逃げ出すロボ。
でもそれは保健室で寝ていて帰れなくなったかずみちゃんでした。
かずみちゃんは警備員さんと外へ。

ロボが逃げ込んだ先はこないだの部屋。
斧もつくりものなら血しぶきはぺンキ。

「もう〜呪いなんかないじゃん!」

さらにうしみつ様売上げノート発見。
そこへニコもやってきました。

「インチキな予言だけじゃなくて

 自分たちで作ってお金もうけまでしてたんだ」

さらに「うしみつ様人形←ウソ 達成表」もみつけるロボ。

「こんなの、大人になったらいやでもやらされるのになあ」

ニコは箱の中にうしみつ様をみつけ、ロボにみせました。

「ん?」

ほほ笑むニコ。しかけ発見。

翌日。今度はニコに予言がでたらしく
災いは「とびおり」。
ニコの机には花瓶の花。

「こんなくだらないこと、いまどき中学生でもやらないよ。

 もういいかげんやめたら?

 5人がグルだってわかって・・」

「あんた、それ以上いったらどうなってもしらないよ?」

ニコにすごむ生徒たちの間にわって入るロボ。

「はいはい、ストップストップ。

 あんまり子供をいじめないでもらえます?

 それより、呪いとかたたりとか、もうやめない?

 もっと高校生にしかできないこといっぱいあるでしょ。

 文化祭とか。

 君はお化け屋敷ね。君は○?ね。

 君と僕は、アニメのコスプレ喫茶をやります」

「誰もいかないよ」

「だまれよ、おっさん」

「きもいんだよ、オタク!」

「いま、キモいっていったよね?

 オタクのどこが気持ち悪いの?いってみて」

でていく生徒たち。

「あれ、おい、待ちなさい!」

「もういいよ」ひきとめるニコに

「よくない!」といって

さらによびとめるロボ。

「こうなったら君たちの預言みやぶってやる!」

「見破る?誰が?」

「この子が!」

ロボはニコがひとの気持ちが読めると宣言してしまいました。
ニコ、困惑。

ステージにあがってニコの力を証明することに。
みんなが今食べたい物を紙にかき、
それをニコがあてるということに。
はずれたらニコは歌を歌い、ロボは踊ることに。

次々とあてていくニコ。
実は後ろでよっちゃんがよんでつぶやき
ニコにおしえていました。
でも「雲丹」がよめなかったよっちゃん。
「うんたん」「くもたん」とつぶやいて
おばかなロボのせいで、みんなにばれてしまいました。

前につれてこられるよっちゃん。

「さ〜何をうたってくれるのかな。インチキ女」

ニコのピンチにロボが待ったをかけました。

「ちょっと待った!

 たしかに今はインチキした。
 
 けど、これでおあいこ。

 君たちだって、そうとういんちきしてるでしょう」

「なにをいうの?」

「じゃあやってみてくださいよ、うしみつ様」

儀式開始。
うしみつ様が動いたあとのよっちゃんの反応がおかしい。

「え?どういうこと?
 
 な、なんで動くの?霊魂的なもん?

 それともエクトプラズム的なもん?」


うしみつ様の預言が「ニ」そして「コ」のほうにいくと
にやっとわらうちえ、なのにうしみつ様はそこをとおりすぎて
「ク」へ。

「ニ ク」

「何?ニクって?」

「うしみつ様、もう一度予言を」

「ニ」「ラ?」

「ニ ラ!」

「わかった!姉ちゃんは、ニクニラいためが食べたい!」

あせるちえの横で踊るロボ。うしみつ様もぐるぐる。

「ねえ。どうなってるの?早くとめてよ」

「とまらない!とまらないの!」

『ヤイ、コムスメども!わしは怒ったぞ〜〜〜〜』

「まさかこの声うしみつ様?」と騒然。

「わ、うそ!しゃべんの?これ!」とよっちゃん、おバカ。

「うしみつ様ー!あんた神様なのか?」

『あに?』

「あにじゃねえよ!神様でしょ?」

『とんでもねえ。あたしゃ人形だよ』

ロボが手をさげると人形が壊れて下におちました。

「マックス!ビ〜〜〜ム!」

ニコは人形をひろいます。

「この磁石を、ブレスレットでうごかしてたんでしょ」

「うしみつ様の正体、みやぶったりー!」

「いまどき磁石かよ」「なんだよ、それ」とさわぐ生徒。

でも、ちえは笑いだしました。

「あはは。あ〜あ、バレちゃったあ。

 せっかくうまくいってたのに。

 あなたたちがこなければ、もうちょっとかせげたんだけどなあ」

「お金がほしかったの?」

「あたりまえでしょ。

 でもね、おもしろかったのよ、単純に。」

「あたしたちが考えたことで、学校や町が大騒ぎになって

 いつもみんながあたしたちの顔色うかがって、媚びてきて」

「別に悪い事じゃないでしょう?

 こんなのどっかの誰かが流行りの服とか髪型とか
 
 決めることとかわんないじゃん」

「ただのゲームだったんだよ。

 学校という、おそろし〜くつまんない場所を

 おもしろくすごすための、ゲーム」


「ゲームだったって言うならさあ

 呪いとかたたりとかじゃなくて

 もっと幸せな予言にしてよ!

 ただでさえやなことばかりおきてるんだからさあ」


「もういらね、こんなん」「あたしも」

みんなうしみつ様を捨ててでていきました。

ニコはそれをみつめ、よっちゃんはかえります。

いきなりうしみつ様がうごきだしました。

「おい!また遊ぼうな」

ニコ、笑顔に。

学校をでるニコとロボ。

「あ〜あ、もうちょっと青春、あじわいたかったなあ。

 文化祭もしたかったし。

 今なら体育祭でも活躍できたかもしれないし」

「あたしはもういいや。

 なんか高校生になるの、やんなっちゃった」

「いやいや、これからもっといやなこと、経験するよ。

 そういうのを通り過ぎて

 みんな大人になっていくんです」


「ふ〜ん」

「それにしても、大人な真似してくれたじゃないの」

「何が?」


「また遊ぼうなって、あの子らにいってあげたでしょ」


「いや、あたし言ってない」

「え?またまた〜!」

「だって、あれロボが動かしていったんじゃないんの?」

「俺、動かしてないよ。磁石はずしてんだから」

「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」

マキの店にやってきたふたり。

「喜んでたわよ、理事長。変なことがぴたりととまったって」

「ふ〜ん、そうですか」

「報酬は、高校入試免除みたいよ」

「遠慮しておきます」

「あら、そう?」

「でもなんでみんな、あんな人形のこと信じてたんだろ。

 中にはインチキだってわかってた人もいたかもしれないのに」

「インチキだろうとなかろうと

 何かにすがったり頼ったりよりかかったり

 よじのぼったりするものよ。

 でもそれは悪い事じゃないわ。

 みんなそんなに強くないもの。

 さ、できた」


木の人形の顔によっちゃんの顔がはりつけてありました。

「何これ?」

「よっちゃん様」

「あの、それはいったい・・・」

「はい」

「なんですか?これ」

「売ってきて。

 だってよっちゃん、今回○?プレしただけで何にもしてないじゃん」

「いってらっしゃい」

道端でほんとによっちゃん様をうるよっちゃん。。。

 あれから あっというまに うしみつ様は廃れ

 かわりのものがうまれた


「もってるだけで運気があがるよっちゃん人形〜」

ニコのママも買ってた!ニコパパはいまさらうしみつ様。

 かずみちゃんにはラブレターが届いた

 相手は 実習先の生徒から


「やっぱりもういっかい がんばろ」

 あの5人は罰として1年間 

 花の手入れをやることになった。


「ねえ。この種さあ。幸せをよぶ種だっていって売ったらさあ

 はやるかなあ?」

 でも またもや何かを計画中

 仕事をさぼって嘘をついたロボは

 当然 信じてもらえず

 本当のことをいった私も 同じく信じてもらえなかった

 私が信じてるものって いったい

 何なんだろう?



黒川智香ちゃんがかわいかったです。
ストーリーも学園にありがちな呪いとかたたりとか
楽しめました。
青春やりなおしてるロボの青春ってやっぱり
暗かったんだろうかとか、よっちゃんのリアクションが
大笑いだったりとか、ロボのいうことにいちいち納得したりとか
今回もおもしろかったです。
あいかわらずクールなニコもいろんな経験をして
かわりつつあるし。
マキの商魂もたくましい。
 

キャスト

須藤威一郎(ロボ) 松山ケンイチ
林 二湖(ニコ)大後寿々花
林 一海(ニコの姉) 村川絵梨
林 竹男(ニコの父) 塚本晋也
林 雪江(ニコの母) 片桐はいり
名梨秀吉 岡田義徳
真境名マキ 浅丘ルリ子
うしみつ様(黒川智香 入山法子 仲 里依紗 
高瀬友規奈 木南晴夏)

「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック
「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ




2007.05.09 Wednesday 00:44 | comments(0) | trackbacks(19) | 
<< アニメ D.Gray-manディーグレイマン第30話 「魂を売る者・後編」 | main | のだめカンタービレ Lesson15 >>









【ドラマ感想】セクシーボイスアンドロボ 「Voice5 うしみつ様」
【連ドラ初主演でボロボロになっている松山ケンイチ】というニュースを読みました。視聴率が急落してるこた知ってるけどさ(以下ニュース記事から抜粋)若い女性の間でカリスマ的な人気を誇る松山ケンイチ(22)が急ブレーキだ。(略)「脇役なら才能を発揮する俳優がい
| 読書とジャンプ | 2007/05/09 6:16 AM |
セクシーボイスアンドロボ 第5回 感想
『高校入学!?恐怖の三日間!!』
| ぐ〜たらにっき | 2007/05/09 9:25 AM |
セクシーボイスアンドロボ 第5話
儀式の様子をうっかり見てしまったロボに呪い{/eq_2/} 呪われた学園の真相を暴くべく、高校生になって潜入するよう 社長に指示されるニコとロボ。 ロボのやる気を沸き立たせるために、 よっちゃんが次々と言い放つフレーズが面白い(笑 無事潜入したニコとロボ。二人
| 日々緩々。 | 2007/05/09 10:01 AM |
「セクシーボイスアンドロボ 第5話」炎の転校生
だって、よっちゃん、今回ツッパリしただけで何にもしてないじゃん
| バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る) | 2007/05/09 10:12 AM |
セクシーボイスアンドロボ 【第5話】 高校入学!?恐怖の三日間!!
セクシーボイスアンドロボ (日本テレビ系) ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」第5話・うしみつ様。 今回のゲストは5人(黒川智花、入山法子、仲里依紗、高瀬友規奈、木南晴夏)。 ■セクシーボイスアンドロボ 「第4話」 あらすじ  世間で”うしみつ様”
| THE有頂天ブログ | 2007/05/09 10:58 AM |
鴎+4とDグレとセクシーボイス
7時半前に起床し背中の消毒のために出掛けに帰って来てから で美味紳助とQさま見ながらで本館ブログのTB返しなどした 12時過ぎからに出掛けて待ち時間は週刊少年ジャンプを読んでいて 15時前にに帰って来てで日記の下書きしたり休憩したりした ? 夜はで
| 別館ヒガシ日記 | 2007/05/09 11:02 AM |
日本テレビ「セクシーボイスアンドロボ」第5話:うしみつ様〜高校入学!? 恐怖の三日間!!
今ひとつな出来でした。最初から事件の真相を明かした展開でしたが、それを踏まえての以降の展開に工夫や捻りが見られず、ストーリーとしてのおもしろみが感じられません。
| 伊達でございます! | 2007/05/09 1:04 PM |
セクシーボイスアンドロボ VOICE 4:うしみつ様
よっちゃん人形、ホスィ━━━(*ノ´Д`)ノ━━━!!! 運気上げた〜い!{/up/} うしみつ様って、金儲けの道具だったとはねぇ・・・ 何が呪いぢゃ!自作自演やんかーーーっ!{/ase/} 磁石で動いてるのは想像が付いたんですけど、ブレスレッドだったとはねぇ〜。 てっき
| あるがまま・・・ | 2007/05/09 2:03 PM |
セクシーボイスアンドロボ 第5話
インチキだろうとなかろうと何かに頼ったりすがったりするものなの。 それは悪いことじゃないわ。みんなそんなに強くないもの
| くつろぎ日記 | 2007/05/09 2:42 PM |
「セクシーボイスアンドロボ」第五回
 明日から教育実習に行くということで緊張している一海(村川絵梨)に 「うしみつ様」を差し出すママ(片桐はいり)。 「何コレ、きったねー人形!」パパ(塚本晋也) 「(コレは)あらゆる災いから守ってくれるものすごいお方なのよ! 渋谷やら六本木やらアメ横や
| トリ猫家族 | 2007/05/09 5:11 PM |
セクシーボイスアンドロボ 第5話 短パン少年ロボ、出動!
内容ある高校で呪いの儀式を見たというロボ。不安なロボは、ニコと供に地蔵堂のマキのトコロへ。呪いを解く方法は、高校にあると言われ高校に入学したニコとロボ。潜入捜査が始まる。その学校では、うしみつ様占いという物が流行っていた。。。それなりに、学園モノで面
| レベル999のマニアな講義 | 2007/05/09 6:21 PM |
セクシーボイスアンドロボ Voice5
しょっぱなからシュール(#´∀`)
| 似合わないクツを脱ぎ捨てて | 2007/05/09 6:42 PM |
『セクシーボイスアンドロボ』 Voice5 「高校入学!?恐怖の三日間!!」(うしみつ様)
都市伝説シリーズなんかな?ざっくりいっときます。
| つれづれなる・・・日記? | 2007/05/09 9:16 PM |
セクシーボイスアンドロボ−第5話−
セクシーボイスアンドロボ−第5話 うしみつ様−を見た。迷信と都市伝説の広がりとネットでの商売と何事も「ゲーム」ととらえる高校生たちやそれに巻き込まれていく人々やらを中心とした話。呪いの儀式を見て怯えるロボのために2人で高校入学することになったニコとロ
| まあぼの交差点 | 2007/05/09 11:58 PM |
セクシーボイスアンドロボ VOICE 5 「うしみつ様」
「ぜんっぜんわかんない!うしみつ様も、貴方のセンスも」 裏タイトルは「怪しげな学園にはオカルトが似合うといっても過言ではないのだ!」(時効警察風 うしみつ様の儀式の謎を探るため、会社員と中学生が高校に潜入捜査!! …2人が違和感が無いのは炎
| 特撮警備隊3バるカんベース | 2007/05/10 2:43 AM |
『セクシーボイスアンドロボ 第5話』
ニコ&ロボ、高校に潜入捜査、の巻。今週は旅行に行っていたのでいつもにも増して撮り溜めしたドラマがますますたまって、収拾がつかなくなりそう・・・という訳で、感想はかなり薄味で物語としてはいまいちかな〜なんかあまりにありきたりすぎたって感じかな。来週は白
| *+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+* | 2007/05/10 8:39 PM |
『セクシーボイスアンドロボ』“Voice5 うしみつ様”の感想。
♪TBさせていただきます♪『セクシーボイスアンドロボ』“Voice5 うしみつ様”の感想です! ニコの父ちゃんカープファン?それともアンチ巨人(笑)?
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2007/05/11 10:40 PM |
《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.#05
ロボがぶつかったのは、とんでもないものを見てしまった女性だった。学校の裏口が開いていたのでそこから入ったロボは斧が振り下ろされ、血のりが窓にかかる場面だった。すっかりその場面が頭から消えず、
| まぁ、お茶でも | 2007/05/13 6:04 AM |
セクシーボイスアンドロボ 第5話
VOICE 5 うしみつ様 呪いの儀式を見てから災難続きのロボ(松山ケンイチ)。 ニコ(大後寿々花)と共に地蔵堂の真境名(浅丘ルリ子)の元へ行くと、呪いを解く方法はひとつだけあり、それはある学校に二人で入学する事だと言う。 今、その学校では可笑しな事が次
| BLUE MOON | 2007/05/18 5:27 PM |