<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

わたしたちの教科書 第5話

第5話
 珠子(菅野美穂)は、喜里丘中学校に内容証明郵便で
公開質問状を送付した。珠子は、学校側からの回答を待って、
提訴するかどうか判断するつもりでいた。

 ところがその矢先、珠子は、クライサー法律事務所で
喜里丘中学校副校長の雨木(風吹ジュン)の姿を見かけ、愕然となる。
珠子は、恋人でもある直之(谷原章介)に事情説明を求めた。
すると直之は、事務所が学校側の依頼を受ける可能性がある以上、
あらゆる状況を想定して情報は共有しないほうがいい、
と悲しげな表情で珠子に告げる。

 一方、耕平(伊藤淳史)は、突然、同僚たちから無視されるようになり、
困惑していた。早紀(真木よう子)は、そんな耕平に
面倒な仕事を押し付けると同時に、剣道部の顧問まで担当させる。
ほどなく耕平は、何故自分が無視されるようになったのかを知る。
トイレで一緒になった戸板(大倉孝二)がこっそり教えてくれたのだ。
戸板によれば、耕平が学校を訴えるために教職員の素行を調査している、
という話が伝わったのだという。それを皆に話したのは雨木だった。

 耕平は、雨木と早紀のもとに向かい、何故いじめの実態について
調査を行わないのか、とかみつく。耕平は、生徒が死んだのに
誰も悲しんでいないのはおかしい、と主張すると、怒りに任せて、
自分に対するいじめを指示した雨木の行為も非難した。
すると早紀は、臨時教員という立場をわきまえるべきだ、と耕平に告げる。
耕平は、暗に辞職を促そうとするその言葉に動揺しながらも、
絶対に辞めない、と言い放つ。

 あくる日、耕平は、剣道部の練習に顔をだす。
そこにいたのは、2年3組の兼良(冨浦智嗣)だけだった。
すると兼良は、もう2度とここにこないでほしい、と耕平に告げる。
「あなたのことが嫌いです」という兼良の言葉に、
耕平は大きなショックを受け…。


珠子が直之に問い詰めても、直之は語らず
シンガポールに出張へいくといいました。
珠子が何もいわずに動いていたことが
気に入らないようですが、そのわりに
頭をぐりぐりしたりするし、それが珠子のやり方だと
言っているあたり、どこまで本気で怒っているのか。

耕平は職員室であからさまないじめにあいはじめました。
学校の先生たちに無視され、早紀にはやまほど仕事を
おしつけられ、剣道部の顧問までおしつけられました。
戸板先生から、耕平が学校を相手に訴訟をおこすつもりで
先生方のプライベートをさぐっているのは、素行調査して
裁判に利用しようとしているため、と副校長から
いわれたせいらしい。

耕平は副校長に直談判。
この学校ではあすかが死んでも
誰も傷ついていないのがおかしいと言いますが
相手にされず。

「副校長、傷ついてますか?

 僕は、相沢をまもれなかったことを後悔しています。

 だから相沢がどうしてしんだのか知りたい。」

「副校長はもしかして、

 相沢が死んだことを悲しんでないんですか?」

しかし副校長はだまったまま。
立ち去ろうとするふたりに加持はさらにいいます。

「いじめでしょ。あなたが先生方にさせたことは
 
 僕に対するいじめでしょ!

 いじめを否定するべき立場の教師が、あんな」

「加持先生、どうお考えになろうとご自由ですが

 少しは立場を考えたらどうですか?」と早紀。

「臨時教師は、黙っていろとと?」

「学校はあなたを束縛してはいないということです。」

「やめろと?

 僕はやめません!」

 僕は絶対にやめません」


珠子と加持。
生徒を法廷にたたせるのには反対の意見。
珠子から、あすかのお墓に白いスミレの花が
供えられていたときいて、手帳をひらき
あすかの誕生日だったことに気づきます。
ふたりでケーキを買ってローソクをともします。

「誕生日なんて気にしてあげたこともなかったわ」

「だから今してあげるんです。

 積木さんが、相沢さんのためにがんばってること
 
 母親として頑張ってること、きっと届いてます。

 そんな夢見がちな気持ちでやってるんじゃないわ。」

「あんた、なんで?」

「はい?」

「どうしてあたしに協力してくれるの?

 あすかがいじめられてたことに気がつかなかったから?」

「もちろんそうです。

 でも、それだけじゃありません。

 後悔だけじゃがんばれません。」

「じゃあ?」

「積木さんのことを同志だと思っているからです。」

「同志?」

「はい、同じ未来をみてる、同志だと思っています。」

「同じ未来?」

「相沢の、相沢あすかの笑顔です。

 目を閉じると、相沢の顔がうかびます。
 
 どこか悲しそうな、相沢の顔です。

 だけど、たしかに彼女は、僕の前で笑ったことがあった。

 だからもう一度、相沢の笑顔を思い出したい。

 積木さんも、そうなんじゃありませんか?」


「珠子はローソクに火をつけました。

「おめでとう、14歳」

 しかしその後もみているのもいやになるくらいいじめは続きます。
剣道部へいってみれば新部長の兼良から、
「大人はお金で女の人を買うから薄汚い」といわれ、

「もうここにはこないでください。

 僕はあなたを軽蔑しています。

 僕はあなたがきらいです」

と言われる始末。
このへん唐突でよくわからなかったんですが
その兼良は女子高生のストーカーをしていて
それを注意すると「偽善者」と言われてしまいました。

朋美とあう珠子。
言葉の通じないアラブ人が
血を流しながら「サンキュー」と言いつづけるという
話をしていました。
自分とあすかが似ているといわれ

「私とあすか、似てますか。

 いじめられやすいのかな?」という朋子。

「よくいわれるけど、

 いじめられやすいっていう子がいるわけじゃないの。

 どんな子だっていじめられる可能性はあるわ。

 いじめられる子がいて、いじめがおこるんじゃない。

 いじめがおこる、場があって、いじめられる子が選ばれるの。

 誰でもいいの。

 あすかのときもそうだったと、私は考えてるわ」


そうきいた朋美は珠子に次にあったときに
いじめていた人の名前をいうと言いました。

いじめにつかれてふらふらになってついに倒れる耕平。
そのそばに誰かがメモをおいていきました。
それは校外持ち出し禁止の金庫の番号で
中にはあすかの教科書やノートがはいっていました。
それを持ち出し、珠子に連絡する耕平。

しかしその途中でストーキング中の兼良を発見。
兼良に声をかけると兼良は泣いていました。
ストーキングしていた女の子は父親の援助交際の相手。
やけになってとびおりようとする兼良をとめる耕平は
父と同じ薄汚れた大人で、自分を裏切ったといわれます。

「加持先生は、僕たちが相沢あすかさんを

 殺したと思ってるんですよね?

 僕たち2年3組が相沢あすかさんをいじめたから

 彼女がとびおりたと思ってるんですよね?

 僕たち2年3組が犯人だと思ってるんですよね?

 クラス全員がもう知ってます!」

「気付かなかった?

 当然だよ、先生は僕たちのことなんか見てなかったんだから。

 先生は相沢さんのことしか見てなかったんだから。」

ふらふらと学校へもどる耕平は仕事中の副校長をみつけます。
副校長は、耕平に正式採用試験をうけるように誘いました。
しかし加持は牛ひしがれていました。

「僕には、教師はむいてません。

 教師としてもっともしてはいけなことをしてしまった。

 彼らを裏切って、彼らの心を傷つけてしまいました。

 僕は、教壇に立つ資格はありません。

 僕は教師失格です」


加持は先生の机の上に、白いスミレの花をみつけ
あすかのお墓参りにいったのが副校長だと知りました。

「あの日、彼女の誕生日だったから。

 先生は、私が、相沢さんの死を悲しんでいないのかと
 
 おききになったわね。

 忘れたことは一度としてないわ。

 だからいつか彼女が話していた

 彼女の好きな花をもっていったの」

ころっとだまされてしまう加持。
副校長に頭をさげ、もちだしたノートをかえしてしまいます。

「子供たちを守れるのは、私たち、教師だけなのです!」

「はい!」

その後、手帳にはさんだ写真をみる副校長。
その裏には「晋也 3歳」という文字。
晋也は少年院か刑務所の独房にいました。

珠子とあった朋美。
いじめた人の名前を話す条件として
その人が死刑になるなら話すといいますが
死刑にはならないときいて、やはりやめます、
とでていってしまいました。

学校にきて耕平につめよる珠子。

「うちの学校には、喜里丘中学校には

 いじめは、ありません。

 いじめはありません」


「何いってるの?何いってるのよ!

 だったら、ど、どうしてあすかは死んだの?」

「あれは、あれは転落事故です」


う〜ん・・・・。
耕平、ころころ変わりすぎだろう。
いじめの犯人を捜す=生徒を疑っていることになるのでしょうが
あの教科書やノートはいじめとしか言えないのに。
絶対やめませんといっていてあれですし。
職員室あげてのいじめもあきれますが
それで心身ボロボロになってたときに
生徒からいわれた一言でとどめをさされました。

たしかに教師にはむいてないかもね。

さて、珠子がどうたちむかうのか見ものです。
 


キャスト
積木 珠子(30) ・・・・ 菅野 美穂
加地 耕平(24) ・・・・ 伊藤 淳史
大城 早紀(27) ・・・・ 真木 よう子
吉越 希美(25) ・・・・ 酒井 若菜
戸板 篤彦(29) ・・・・ 大倉 孝二
八幡 大輔(25) ・・・・ 水嶋 ヒロ
熊沢 茂市(45) ・・・・ 佐藤 二朗
雨木 音也(20) ・・・・ 五十嵐 隼士
宇田 昌史(30) ・・・・ 前川 泰之
大桑 久雄(40) ・・・・ 戸田 昌宏
日野 圭輔(?) ・・・・ 小市 慢太郎
瀬里 直之(36) ・・・・ 谷原 章介
藍沢 明日香(14) ・・・・ 志田 未来
雨木 真澄(53) ・・・・ 風吹 ジュン
【 2年3組 】
仁科 朋美 ・・・・ 谷村 美月
山田 加寿子 ・・・・ 鈴木 かすみ
須藤 彩佳 ・・・・ 柳田 衣里佳
山西 麻衣 ・・・・ 伊藤 沙莉
野部 千春 ・・・・ 山本 ひかる
兼良 陸 ・・・・ 冨浦 智嗣
本多 雅樹 ・・・・ 池田 晃信
洋食屋『ぶらじる』コック ・・・・ 土田 アシモ
洋食屋『ぶらじる』おばちゃん ・・・・ よしの よしこ

Water Me
Water Me
BONNIE PINK
2007.05.10 Thursday 23:53 | comments(2) | trackbacks(23) | 
<< 山下智久@食わず嫌い | main | DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第6話 「災厄の紅き夢は東欧に消えて…後編」 >>
葉月 (2007/05/20 6:33 AM)
とてつもなく遅いコメント&TBですみません^^;
先日はこちらの方が失礼しました。
一週間以上も遅い記事なので、勘違いされても無理ないです。
お手数おかけしちゃってすみませんでした^^;

加地くん、根性あるのかないのか、よく分りません。
彼にイライラしている人は多いでしょうね^^
私もその一人なのですが・・。
これからの珠子さんの戦いぶりが楽しみです。
honey (2007/05/20 1:32 PM)
菜月さん、こんにちは。

いえいえ、よく確認せずに失礼しました。
わざわざありがとうございます。

加地はすぐころころ態度がかわりますからねえ。
素直といえば素直なんですけど。
珠子、味方が少なすぎです。









わたしたちの教科書〜第5話・職員室でのいじめ!
わたしたちの教科書ですが、熱血教師・加地(伊藤淳史)が教員達によっていじめられます。今回主役は菅野美穂というより伊藤淳史という感じですが、副校長・雨木(風吹ジュン)は積木弁護士の事務所に依頼するなど離れ業も使っているわけです。(わたしたちの教科書、第
| 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2007/05/11 1:08 AM |
わたしたちの教科書 第5回 短め感想
『職員室のイジメ!!』
| ぐ〜たらにっき | 2007/05/11 10:07 AM |
「わたちしたちの教科書 第5話」教師失格
あなたは何も分かってない!ひとつも分かってない!
| バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る) | 2007/05/11 10:37 AM |
不適格狂員はクビに!  (わたしたちの教科書 第5話)
『わたしたちの教科書 第5話』 今回のメインはやっぱり加地の心の動きだろう… 「絶対に教師をやめない」と言ってみたり、 「僕は教師失格です」と言ってみたり、 見ていてイライラしてしまった… 確かに生徒(兼良)に言われた言葉はこたえるかもしれない…
| ☆独断雑記 JOY Part? | 2007/05/11 11:10 AM |
わたしたちの教科書 第5話:職員室のイジメ!!
加地せんせったら…あうっ(o_ _)o彡☆ 雨木副校長ってば、無視と激務というイジメに合い心神喪失状態の加地を 上手く操っちゃった? んがっ、もしそうだとしてもどこからどこまでが雨木の作戦なのかが わから〜ん{/face_cry/} 体調を崩した加地を残業させ、イジメの証
| あるがまま・・・ | 2007/05/11 11:39 AM |
わたしたちの教科書 第5話 「職員室のイジメ!!」
耕平(伊藤淳史)「辞めろって事ですか?僕は辞めません。僕は絶対に辞めません!!」
| テレビお気楽日記 | 2007/05/11 5:13 PM |
わたしたちの教科書 第5話 先生のことが嫌いなんです!
内容珠子のいる弁護士事務所に、副校長の雨木がいた。説明を瀬里に求めるが、学校の依頼を受ける可能性があることを告げられる。一方、加地は、同僚の教師たちから無視される。そして、面倒な仕事をやらされたり、剣道部の顧問になったりの加地。次の日。剣道部の練習に
| レベル999のマニアな講義 | 2007/05/11 5:47 PM |
わたしたちの教科書 第5話
積木さんのことを同じ未来を見てる同士だと思っています。
| くつろぎ日記 | 2007/05/11 5:54 PM |
フジテレビ「わたしたちの教科書」第5話:職員室のイジメ!!
“いじめ”から一転、懐柔策に出た雨木に屈することなく、最後まで戦うものと思っていた加地が、最後は脱け殻のようになって雨木の懐に落ち……。ショッキングな展開でした。
| 伊達でございます! | 2007/05/11 7:00 PM |
5月10日は公式に私の誕生日なんですけど世界は変わりそうですか?(志田未来)
忘れられた少女。明日香(志田=小野花梨)・・・。その誕生日を知っていた敵?の副校
| キッドのブログinココログ | 2007/05/11 7:49 PM |
わたしたちの教科書(第5話)
先週から始まった、先生達の、加地に対するイジメ。 ずっと無視し続けられてる状態なんて、 見ていられないよ~、と思っていましたが。 戸坂先生(大倉孝二)は、コソッと加地に理由を教えてくれました。 やっぱり副校長が吹き込んだものではありましたが、 加地にそれ
| 霞の気まぐれ日記 | 2007/05/11 8:57 PM |
『わたしたちの教科書』 第5回 「職員室のイジメ!!」 メモ
そろそろ半分。 いまだにどうなるのか・・・ようわからんです。
| つれづれなる・・・日記? | 2007/05/11 10:37 PM |
「わたしたちの教科書」第5話
『職員室のイジメ!!』
| 気ままにいきましょう! | 2007/05/11 11:18 PM |
わたしたちの教科書 【第5話】 職員室のイジメ!!
わたしたちの教科書 菅野美穂主演ドラマ「わたしたちの教科書」第5話を見ました。 ■わたしたちの教科書 「第5話」 あらすじ  珠子(菅野美穂)は、クライサー法律事務所で雨木(風吹ジュン)の姿を見掛ける。直之(谷原章介)に説明を求めると、事務所が喜里丘中
| THE有頂天ブログ | 2007/05/11 11:30 PM |
私たちの教科書 第5話
大人のイジメも相当陰湿なようで…{/face_gaan/} わざと色んな仕事を振って、「あの事」に手が回らないように?? 副校長が吹き込んだことによって、一気に他の先生が敵に回ってしまい… もう、見ていられないほど居たたまれない状態{/hiyo_shock1/} そんな中でも加
| 日々緩々。 | 2007/05/12 12:35 AM |
「わたしたちの教科書」第五話 〜汝は、女を金で買ったことがあるだろうか?〜
 珠子(菅野美穂)は、喜里丘中学校に内容証明郵便で公開質問状を送付した。珠子は、学校側からの回答を待って、提訴するかどうか判断するつもりでいた。  ところがその矢先、珠子は、クライサー法律事務所で喜里丘中学校副校長の雨木(風吹ジュン)の姿を見かけ、
| 混沌と勇気日記。 〜破滅の世界に打ち砕く勇姿を持て〜 | 2007/05/12 3:44 AM |
14才の誕生日(わたしたちの教科書#5)
『わたしたちの教科書』 偶然なのか、それを知ってシナリオに盛り込んだのか、4/10は藍沢明日香の14才の誕生日でもあり、志田未来14才のバースデーでもあった。『14才の母』ってくらいだから14才だと思ってたら、まだ13才だったのね (* ̄0 ̄*)兼良@冨浦くん、『東京タ
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2007/05/12 7:53 AM |
わたしたちの教科書(5月10日)
学校で完全に孤立する加地(伊藤淳史)、露骨なイジメだな。 しかし、ぶっ倒れた加地のもとに、ロッカー番号をのこす人がいるということは、教員の中に加地にシンパシーを感じている人がいるということ。 だれ?
| 今日感 | 2007/05/12 12:36 PM |
《わたしたちの教科書》◇#05
加地は、職員室で完全無視されて、透明人間になっていた。いたたまれない加地は、それが何故なのかここうとするが、さらに無視されて、挙句に、副校長の指示と証して仕事の押し付けがあった。トイレで、一緒になった戸
| まぁ、お茶でも | 2007/05/13 9:36 AM |
わたしたちの教科書 第5回
ちょい遅くなりましたが・・・・「わたしたちの教科書」のレビューです☆実は木曜日
| せるふぉん☆こだわりの日記 | 2007/05/13 12:41 PM |
わたしたちの教科書 第5話
やっと見れたよ、最初数分撮れてなかったけど…orz 「辞めろってことですか? 僕は辞めません!絶対に辞めません!!」 このバ加地!! 事件を振りだしに戻してどうする!! 兼良君の気持ちがスゲェ分かるじゃないか!! 「僕はあなたを軽蔑しています。
| 特撮警備隊3バるカんベース | 2007/05/14 11:42 PM |
「わたしたちの教科書」(第5話:「職員室のイジメ!!」)
今回の「わたしたちの教科書」は、耕平(伊藤淳史)が喜里丘中の職員全員からいじめを受ける、という内容である。今回は喜里丘中の職員が全員で耕平をいじめていたのだけれど、鉄火丼は「教師がいじめをするというのはダメ!!」と思った。 また、今回のエピソードでは「
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2007/05/15 1:39 AM |
わたしたちの教科書 第5話
「加地!」 私も呼び捨てにしたい(笑) クライサー法律事務所で喜里丘中学校副校長の雨木(風吹ジュン)の姿を見かけ、愕然とする積木珠子(菅野美穂)は恋人の瀬里直之(谷原章介)の元へ行く。 「説明して」 「君は説明なんてしなかった」 依頼を受けるかどう
| BLUE MOON | 2007/05/20 7:09 AM |