<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Betsucomi (ベツコミ) 2007年 06月号

Betsucomi (ベツコミ) 2007年 06月号
ネタばれ感想。

Betsucomi (ベツコミ) 2007年 06月号 [雑誌]
Betsucomi (ベツコミ) 2007年 06月号 [雑誌]

表紙はリニューアル5周年でオールキャラ。
一番手前に矢野と七美。
こんな笑顔が見たいなあ・・・本編でも。
ふろくに僕らがいたオリジナルポーチ。


巻頭カラー
電撃デイジー

 亡くなった兄から、護ってくれる人「DAISY」を
 たくされた照。
 (ちょっとだけ、父から哲哉を紹介してもらった碧の
  ハーレム☆ロッジとかぶりました。)

 ビンボー人をばかにする生徒会からひどい目に
 あわされてもDAISYには頼らず笑顔でがんばる照。
 ハッカーをクラッカーと丁寧に説明しているあたり
 某ネット友達を思い出しました。
 pcに詳しい人にはそういうのは許せないらしいですね。
 ハッカーとは本来尊敬されるべき存在のようです。

 DAISYは普段は厳しいけど見えない場所では
 あんなやさしい顔をするんですね。
 正体をばらしちゃまずいのか。

オトメンタル

 おばあさまの人生プランは正しい、かも。
 東洋、温泉まんじゅうでちょっと心が動くあたり
 かわいいうえに、美貌を武器といいきるあたり
 好感がもてます。
 時男よりいいと思うけどなー。
 女の恨みは怖いけどあんなに強い子だからだいじょぶでしょ。

BLACK BIRD

 学校だというのにサービスショットが。。。
 でも匡の嫁になるともしかしたら大事なものを
 全部捨てていかなきゃならないかもと悩む実沙緒。
 好きだったらオールオッケーとはいかないようで。
 なんかまたやばいことにまきこまれそうになってませんか。。。
 少しは学習しないと。

天然くるくるパンダ

 ヒーローになる練習してる笹島さんがかーわーいーいー。

 靴の広告は同じこと思う人がいると思う。

運命の神様

 なんてひどい神様なんですか。 
 こんな結末はいやだ!!!!

 亜依の姿勢には拍手をおくりたいですが。

メガネ男子倶楽部

 メガネ男子なだけじゃなくて
 つぼを心得てますね、片桐君。
 メガネしてなくってもじゅうぶんカッコイーではないですか。

 自分のヘンタイ度を自認する浅川さん。
 真のメガネ男子好きってキスもメガネしたままがいいんじゃないの。

ハーレム☆ロッジ

 小田秀一のサイドストーリー。
 なんか感動したよー!(笑)なんていいやつなんだ、小田!
 今まで印象薄かったのに一気に好感度アップしました。
 料理上手なとこもポイント高いぞ!

ちゅーかな。

 標準語をつぶやいて赤面するマロくんが素敵w

 幼稚園児も関西弁、ていうのは記憶にあるな。
 「こんなちっちゃい子が関西弁つかってるー」
 と関西圏以外で感心されているシーンをみたことがあります。


サルヤマっ!

 あっちゃんは何をしてもさまになる。
 さまになるといえばまちゃるにタンバリンも似合ってますが。

 好きなんだけど一線を越えるのはためらわれる春奈。
 てことはやっぱまだ早いんでしょうね。
 好きで好きでいっしょにいたくていっしょになりたくて
 そうなるもんだと思うから。
 おっと、まじめに語ってしまった。

 でも春奈決心しましたね。

メンズ校

 野上くん、かっこいいじゃないの!変な男だけど。
 牧くんの話はひとまずおいといて
 野上くんと福原先生のその後でした。
 顔はいいのに恋愛経験知低そうな野上くん、
 いろいろとやることが間違ってるけど
 でも最後がカッコイー!!
 
 2巻は今月発売。

メンズ校 2 (2)
メンズ校 2 (2)

全部実話です

 一話目に心から同情しました。
 あと最後もありがち!!

僕らがいた

 久し振り!な気がする。
 以下長めにネタばれ。

 
北海道に戻って矢野のプチストーカーをする有里。
 でも矢野は一度も有里をみない。
 舞花にメイクしてもらう有里。
 別仁のようにかわいくなったのに、鏡の中に姉を思い出し
「媚びてるみたいで・・苦手。」と言う有里。

 矢野はバイト。
 けっこう女の子とおつきあいしてるらしく 
 客に冷やかされると、 久々に北海道に戻ってきたら
 北海道訛りの女の子が昔の彼女に見えて、と笑顔。
 そこへ入ってきた女の子、矢野が電話にでないことを
 おこってやってきたみたいですが冷たく突き放す矢野。
 「もう愛してないの?」
 「…好きだよ。けど愛してない。最初から」
 
 「女をモノだと思っているのね」
 「冷たい、一見やさしいけど 心の底は心底冷たい」
 と思われている矢野。

合コンに誘われる有里。舞花にもさそわれていってみますが
しらける有里に、「帰ろ」という舞花。
有里は偶然矢野のバイト先をみつけ、
舞花に「入ってみる?」といわれますが
かわいい舞花とくらべ自分のかっこうをみて
「また今度にする」という有里。

矢野を山に誘うバイト先の店長。
矢野に「何考えて生きてる?」ときいたら、矢野の返事は
「考えてません。考えたら立ち止まってしまいますよ」
店長は矢野を心配し
「たちどまったっていいじゃない」byみつを」と
かなり気にかけてくれていました。

メイクをしてきれいになった有里。
姉のための学費だったお金を使いたくないという有里は
姉にも親にも厳しい視線で、姉には今でも
コンプレックスがいっぱいにみえます。
その話をだまってきいている舞花の表情も気になりますが。
駅でキップを買おうとしたとき、偶然矢野が横にいて
矢野は有里を見て一瞬見つめて行ってしまいました。
「うそ、私のこと 見た」

無意識に姉に似せようとしている有里。
舞花に、矢野は「たったひとりあたしを受け入れてくれた人」
と話します。
「彼だけが私をわかってくれた。」
 彼を手にいれられるならなんでもする」

駅で有里にあったのは竹内君。
矢野の居場所を知らないかときかれますが
「知らない」とこたえます。

『これは野性のカン。まだあの子を近づけちゃダメ』

七美を思い出す有里、、、

大学をやめたことが母にばれますが
姉のことばかり思っていた母のいる家には
絶対帰らないと思う有里。

矢野に会いに行くことにした有里をはげます舞花。
ただ、バッグがもっと軽いほうが服にあっていないかといわれ
「ううん これ持ちたいの」と有里。
矢野が七美に買おうと思っていたあれです。。。
その日は矢野の誕生日。
矢野をまちぶせし、事故にあう前に姉が買っていたという
プレゼントを差し出します。
「なんで今さらもってくるの ただの口実だろ。
 とんだ姉妹愛ごっこだな。 おまえいつからそんな嫌な女になったの。
 それと何それ、コスプレ?」 と矢野は冷たく言い放ち、立ちつくす有里。

慰めてくれる舞花に、矢野の携番ききだして、と頼む有里。
矢野は舞花のことをおぼえていて単刀直入にきりだす舞花。
「有里ちゃんは あんたにとって自分は『忘れたい過去』だって」
「『忘れたい』じゃなくて『終わった』だけ。」
「終わる関係なんてあるのかな?」という舞花。
「・・たとえ死んだ人でも」
「死んだ人?ねえ、そういうの脚色っていうんだろ?
 自分を守るために 自分で作り上げた嘘を信じるわけ」

『それってつまりあんたは自分を許さない人ってこと?』

結局店長から矢野のメアドをきいた舞花。
有里に、矢野のことはもうやめたら、と忠告しますが
「生まれつき恵まれてみんなに愛されてきた人に
 あたしの気持ちなんかわかるわけない」と逆ギレ。
でも舞花は怒らない。
「有里ちゃん、前向きに見えない。
 有里ちゃんの恋愛は
 相手を陥れるのを願っているように見える。」
「あの人、優しいけど冷たい。
 たとえ一緒にいても幸せになれないと思う。
 有里ちゃんは愛されたい人なんだと思う」
『ばかばかしい』と思いながら
 またしても舞花にひどいことを言う有里。
「結局そうやってあなどってるんでしょ?あたしのこと。
 愛に飢えた可哀想な子だって。良かったね、あなたは恵まれていて」

バイト先に乗り込んできた有里の母。
あんなひどいことをいったのに舞花が味方になってくれました。

母に「好きな人を追ってきた」と言う有里に、これまた
母親らしくない暴言をはく母。
「奈々が生きていれば良かった」という母に姉の悪口をいう有里。
「お前みたいな子生まなきゃ良かったわ」
「あたしなんか産まなきゃよかったんだよ」
親子ともども間違ってる。。

『そう わかってるよ 自分がどんなに醜いか
 
 心も身体も だからあんな卑怯なことができた

 引きずり落としてあげたかったの。
 
 けど 彼は 綺麗で 曇りがなく まっすくで

 ああ そうか 本当は私 こんな人間になりたかったんだ

 お願い 私を 愛して』

バイト先にやってきて居座る有里。
有里の落としたお金を拾うのに足元にかがむ 矢野の頭を抱きしめ
「あの時、あたしを可哀想だと思ったんでしょ?

 言って 。同情でも 愛情を持ってくれたって」

と泣きながら言う有里。

『言って 気持ちをくれたって だってあんただけ 違ったの

 ほかのみんなと 誰とも あんただけが』

でも矢野の答えは冷たく。

「利用しただけだ。言ったろ?奈々の代わりだった。

 悪かったと思ってる。

 けどお前のことなんかこれっぽっちも考えてなかった」

店からでていく有里。
店長につれられて夜遊びにいきますが
そのまま店長の家に。矢野は睡眠薬をのんでいるらしい。
中3の夏から高1の途中までと去年の夏あたりの 記憶が
とんでいるという矢野。
「・・オレだってやっと立ってるんだ」

『・・だから 頼む オレに助けを求めるな』

欠勤続きの有里を心配してやってくる舞花。
有里は横になったまま。

幾度でも君に出会うよ。幾度でも君にだまされる
うんざりするくらい君とやり直し、嫌になるまで君と不幸に落ちる
道化にもなる 馬鹿者にも 犬にも 
誇りも 冷静さも
すべて捨てて 何もいらないから。
ただ君が 愛してくれるというなら。

次号休み。8月号につづく。


有里に同情しないでもないけど
(あの母親もそうとうおかしいし)
そこまできれいになれるのなら矢野に固執せず
新しい恋をさがしてもいいと思うのですが。
バカばっかりと思う前にそのひがみ根性を
なんとかしたほうがいいと思う。
舞花にも何か過去がありそうな気がしますが
それは描かれるのか。
自分に厳しすぎる矢野はみててつらいくらい。
七美に癒してもらのが一番の道だと思うんだけどなあ。
あの母もあんななくなり方選ばずに
ちょっとでも息子のことをおもいやってくれてたら・・・。

2007.05.11 Friday 14:20 | comments(6) | trackbacks(0) | 
<< DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第6話 「災厄の紅き夢は東欧に消えて…後編」 | main | 生徒諸君 第4話「転校・・涙のホームルーム」 >>
アリス (2007/05/12 9:50 PM)
はじめまして♪いつもネタバレ楽しみにしてます!
それで『僕いた』のネタバレを読みたいのですが「反転」とはどうすれば良いのですか??教えてください(T_T)
honey (2007/05/12 10:14 PM)
アリスさん、こんばんは。

反転はマウスでその部分を選択してもらうといいのですが
携帯からでは確認できませんね^^;
もう発売日もすぎてるのでオープンにしてみました。
アリス (2007/05/13 8:57 PM)
honeyさん>お返事ありがとうございます♪
オープンにしてくれたおかげで、ネタバレ読むこと出来ました(o^O^o)v
それで質問なんですが、honeyさんは“別コミ”以外の雑誌は読んでいないのでしょうか??
例えば“少コミ”や“別マ”“りぼん”“花ゆめ”など・・・!!!!
またお返事もらえると嬉しいです♪
honey (2007/05/13 10:13 PM)
アリスさん、こんばんは。
ベツコミ以外の雑誌で感想書いているのは少年ジャンプだけですが
読んでいるのはflowers、家族が買ってるChuchu、
友達がかしてくれるクッキーとコーラスです。
りぼんもだいぶ前は貸してもらっていたんですが。
別マなら「君に届け」と「キャットストリート」のネタばれ希望も
多いんですがそちらはコミックス派、
花ゆめなら「乙メン」もコミックス派。
少コミなら「僕きみ」をかしてもらう派です。
アリス (2007/05/15 8:43 PM)
honeyさん>そうなんですね!これからも『別コミ』のネタバレを毎月楽しみにしています♪
honey (2007/05/15 9:00 PM)
アリスさん、こんばんは。
ネタばれというか感想は当分続けると思います(^^)