<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

セクシーボイスアンドロボ  Voice #10幸子

Voice #10幸子
ニコの家では食事中。
硬い肉を食べながら一生懸命のみこむみんな。

『テレビとかじゃ うそー、口の中でとける〜

 とかいってるのに、そんな肉、まだ食べたことない』


テレビのニュースでは人気マンガ「もえもんの作者
篠田コーンさんプロデュースによりオープンした
水族館がうつっていました。
その資金は20億。

「20億もありゃ夢だってなんだってかなうよね」

「お父さんの夢って何?」

「俺?俺ぁそりゃあれだよ。世界平和だよ。

 世界から、平和がなくなりますように!」

そこにおきゃくさん。
よっちゃんとマキでした。

手土産にメロンの山をつみあげ

「お嬢様を私どもの養子にいただけませんか?
 
 ニコちゃんを私どもの娘にいただきたいんです。

 もちろん、ただでとはもうしません。

 2億でいかがでしょうか。

 とりあえず1億もってきました」


「ちょっとあんたたち!何たくらんでんのよ。

 そんなもんでうちの親がいいですって

 言うわけないでしょう!」

しかし家族はお金に釘づけ。

『えーーー』

もちろん養子といっても書類だけのことで
今まで通りいっしょに生活していいといわれ
うなづく親たち。

『ある晴れた昼下がり

 私は二億で売られようとしている』


ドナドナを歌いながら、ケロ山くんちから
ロボットたちがロボの家に仲間がやってきました。
親が借金つくって田舎に帰らなくちゃならなくなったらしい。

「おまえにこいつら買ってもらってよかったよ。

 知らないやつらにばらうりすんの

 しのびないもんなあ」


(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン、

すごくよくわかる!!


「これ、持ってけ」

「でも」

「ガンマスター。おまえの一番のお気に入りじゃないか!

 餞別だ」

「ありがとう」

「ケロ山!

 友情に、距離は関係ないからなあ!」


「おう!じゃな」

『お金さえあれば 幸せになれるってのは

 本当かもしれない。

 でも世の中それだけじゃないって

 だれかいってなかったけ。』


お金さえあれば怖いものなんて何もないと話すかずみちゃんに
高額マンションのチラシをみてこんなところに住んでみたいと
つぶやくパパ、「2億円・・」とつぶやくママ。
ニコを養子にだすわけないというママですが
家には300万の借金があると話します。

「それなかったらさ、高い方のもやし

 かえるんだけどね」


極太もやしとか根きりもやしでしょうか。
数十円の差とはいえ、なんかすごく実感こもってます。

「だからって養子にいってとかそういう話じゃないからね。」

ロボの部屋にいったニコ。

「あ〜あ、お金さえあればなあ」

「ロボまでそういうこという?」

「だって、現実は厳しいじゃん。

 ケロ山だってお金さえあれば田舎に帰らずにすんだのになあ」

「なんか悲しいな」

「なんで?」

「なんだかんだいって、結局みんなお金がほしいんでしょうって

 言われたら、誰も何もいいかえせないんだよねえ」

「そうなんだよなあ」

『ロボのそうなんだなあは

 世間のそうなんだよなあなわけで』


水族館はちっちゃいときからの夢だとかたるコーン。

『お金があればどんな夢でもかなうのか』

翌朝、よっちゃんにあって話しかけられるニコ。

「でも結局二億円もらうって話になってんじゃないの?

 まあ話しの流れからいってそういうふうに

 いきつつあるのはあたりまえでしょう。

 違う?ね?」
 
『そんなこと絶対にないって言いきれないのが悲しい。

 みんながそういうのが当たり前って思っている

 世の中が』


よっちゃんの顔を殴るニコ。

「いった。なんで俺にあたるの〜?

 家族にあたるべきでしょう〜」

『悲しいっていうより なんか悔しい』

地蔵堂へマキをたずねていくニコ。

「あたしを娘にほしいってどういうことですか?」

「あのね、あたし年をとっちゃったから

 一人で生きていくのが不安になっちゃったのね」

「だったらよっちゃん養子すればいいじゃないですか」

「それはやだ〜」とよっちゃんと社長同時発言。

「とにかく、こんな変な話おことわりしますから」

「ご家族は?それでいいっておっしゃってるのかしら?」

「ご本人がいやだっつってんだからそれでいいでしょう!」

ニコ、怒ってでていってしまいました。

「50億、もうけそこねちゃいましたね」

「そうかしら?もうちょっと待ってみましょう」

掃除中に、マキたちがおいていったおかねをみつけて
驚くママ。

ニコと友達は男子生徒がいじめにあっているのを目撃。

「なんかさあ、ああいういじめ方ってさあ
 
 なんかこう、陰湿でやだなあ〜」

「やば、きこえたんじゃない?」

いじめていた生徒たちがむかってくると
どこからかあらわれた黒服の男たちが
あっというまにそいつらをやっつけてしまいました。

「な・・んで?」

そのあと喫茶店のお店の行列に並ぶニコは
予約がしてあると店内にまねきいれられ
その席には「林二湖様」とかかれたホールケーキ。
窓の外には黒服の男たち。

「変だよ、これ、絶対に変」

ロボを呼び出して相談するニコ。
でも気のせいじゃないかというロボ。

「でもさあ、ニコには親切にしてくれるんでしょう?」

「いや、あたしの知らないところで

 こう、あたしをなんとかしようとしてるんだよね。

 子供だからなんとでもなると思ってるんだよ、きっと。

 ああ、かんじ悪い。」

「大人になってもさ、そういう扱いされるよ、きっと」

「いや、あたしは幸子には絶対そういうことはしない」

「だれ、幸子って?」

「将来生まれてくる子ども」

奈々?!

「え、ちょっと結婚できるとか、いやするの?」

「したらの話!

 幸子って死んだ犬の名前なんだ。

 もう大丈夫みたいだなあ。

 よし。帰ってよし!」

「え?それだけ?え?それだけで呼んだの〜?

 感じ悪ぃなあ!」

ロボはコロッケを買おうとして
お金ないことに気づき、買うのをやめて歩いているときに
黒服の男たちに拉致られました。

ロボがつれていかれたのはどこかのマンション。
おそるおそる中へはいっていくと、男性が一人いました。

「なんかごめんねえ。急にきてもらったりなんかして。

 俺締め切りで手はなせなくて。

 おまけにアシスタントさんが熱だしたりちゃって」

ロボがそこにあった原稿をみると、もえもんを
かいている篠田コーンでした。

「うわ、すげー!!ここ篠田コーンの仕事場?!」

「実はね、今日きてもらったのは

 林二湖さんのことなんだけど」

「え?ニコ?」

「あなたはニコさんとはどういう関係ですか?」

「どうって、友達ですよ」

「変でしょう。」

「え、何が?」
 
「だって14歳のちゅうがくせいと、秋葉原でお勤めしているサラリーマンが

 お友達ってのは、これ変でしょう」

「え、じゃなんなんですか?」

「う〜ん、なんなんですかってそりゃぼくがききたいな」

「そんな変かなあ」

「やっぱ変でしょう。

 で、できればニコさんに近づかないでいただきたい、はい」

コーンは引き出しからお金をとるようにいって
もうニコと会わないようにと頼みます。
ロボの家に出入りしてることも
一般的に考えてよくないというコーン。

「いりません!

 お金なんてね、もってますから!ほれ!」


それはロボ手書きの1億マックス札。

「これ、君が描いたの?」

「そうですけど」

家族に養子の話を断ったと話すニコ。
家族は残念そうですが。。。
母は突然たちあがって、別室へ。
実は今朝1枚かりたというお金を札束にいれようとしますが
入らないと大慌て。
そこに風がふき散らばるお金。。。。

コーンのアシスタントをしながら泣いているロボ。

「どうしたの?」

「だって・・・このもえもんが、

 健気すぎる〜〜〜〜」


ロボ、好きだ〜〜〜(T_T)

「なんだよ、マンガみて泣いてたのか。

 ああびっくりした。

 でもなんか羨ましいね。そういうのみて泣けるなんてのは」

「え、自分で描いてて泣けないの?」

「正直いってね、僕もう自分の描いてるもんに

 興味持てないんだよね

「嘘ぉ!」

「ほんと。今興味もってるのはね、

 お魚と、自分の来世」

「来世」

「来世。僕ね、あんまり長生きできそうにないなんだって。

 占いがそういったの」

「なんだ、占いか」

「でも、僕はね、今度はニコさんの子どもとして

 うまれかわるらしいんだよ」

「来世では今の数千倍の資産を築くことも夢ではありません。

 そのためには、来世であなたの母親となる

 林二湖をけっして、おろそかにしてはなりません。

 できうるかぎりのことをなさい」

「じゃあ、さあ、ニコがかあちゃんてこと?」

「そう。だからさ、ちゃんとした男と結婚してもらわないと

 困るんだよね」

「ふう〜ん。あ、じゃあさあ、あんたが幸子だ」

「何?」

「なんかさ、子どもがうまれたらさ、幸子って名前つけるんだって。

 ニコがそういってたよ」

「ほんとに?」

「うん」

「え、そいじゃさ、

 生まれかわったらさ、僕は、僕は

 幸子か〜。サチ、ね」

ロボすっかりアシスタント。、
原稿ができあがったとき、
奥さんが差し入れを持ってたずねてきました。
ロボ、感激。ロボにお礼をいうコーン。

「いいよなあ。
 
 才能があって、お金があって、美人の奥さんもいて

 こういうのをさ、幸せっていうんだろうな。」

「そうかなあ。」

「なんで生まれ変わるとかいうかなあ。
 
 ちょっと贅沢なんじゃないの?」

「幸子、食べよ!」

「あ〜うまい、幸せ」

そこへ不気味なファックス発見。

「サカナ ミナゴロシニスル」

「魚って」

「これ、水族館の魚のことかな」

ロボによばれてきたニコ。

「誰?」

「ほら、幸子〜!ニコだよ」

「幸子?」

「篠田、コーンです」

「え?もしかして、もえもん描いてる人?」

「はい〜」

「すごい」

「この人はね、生まれ変わったらニコの子供になるんだって。
 
 だから幸子!」

「なんで?」

「あの、占い師にそう言われました」

「あ、あ、そういうのを信じてるんだ」

「あ、今、自分の遺産を50億、円

 ニ、ニコさんのとこにいくように手配してますから」

「50億〜?!ちょっと、ニコ、つかいきれんの。そんなの?」

「50億って、家族の人知ってるんですか」

「もちろんです」

「いや、絶対にもめるでしょう」

「ニコさんのところへいってこう、

 そのときにはよろしくおねがいします」

「だって占いでしょう?」

「なんかあの気持ち悪かったり迷惑だったりしますかね」

「あはは、迷惑です!」

「でも、この人はね、幸子はね、

 この件に関しては本気なんだ!」

「本気です」

ニコにファックスをみせて
水族館にいく三人。

「なんでこういうの作ろうと思ったんですか?」

「四角い箱の中に入ってるものが昔から好きだったの。

 で、その箱の中で、何かが生きてるっていうのが

 とっっても好きだった。
 
 う〜、なんていったらいいかなあ。
 
 こう、お魚だけじゃなくてね、

 そうだ、たとえば夜走ってるバスとか。

 車中だけがこうほんわり明るくてさ
 
 おうちに帰る人たちがその中で

 たったりすわったり思い思いのかっこうしてるの。
 
 そういうの見るとさ、なんかこう胸があったかくなって

 ジンときちゃう!ははは」


「だからマンガ描いてるの?」

「はい?」

「だって、マンガも四角い箱の中に描くじゃん」

「は、そうだ。そうだよねえ!

 そっかあ。それで僕はマンガ家になっちゃったのかなあ」


と嬉しそうなコーン。

ロボの家で仕事をさせてもらうことにしたコーンに
奥さんが荷物をとどけにきます。

「なんか懐かしい部屋でしょ」

「ほんと。昔を思い出す〜。

 あたしたち、こういうアパートからはじめたんだよねえ。

 ねえ」


「ん〜?」

「おぼえてる?

 売れないとき公園の砂場で、よく山作ってたの」


「ああ、君と僕とがよく両方からトンネルほってくってやつ」

「真ん中でお互いの手が触れ合ったら開通したって喜んで

 あたしたち、暇だったね〜」


「あれって僕たち、なんだっけ、ジンクスにしてたんだっけ」

「そう、トンネルがうまくつながったら

 仕事がうまくいくってきめてたもんね。
 
 あのころに戻りたいな」


夫を見つめる妻。

水族館の水槽の前で、寝袋でねるニコとロボ。

「ロボの夢ってなに?」

「俺?うーん、なんか作るのがすきだからさ

 そういうのずっと続けていければなって思う」


「そんなんでいいんだ」

「何ーそのみくだしたような言い方」

「あ、なんか引きずるような音する」とニコ。

コーンには

「イマカラ サカナヲコロス」

という電話。

電線のようなものをみて、犯人を捜すふたり、
人影をみつけおいかけます

「誰?」

さらにオイ追いかけ犯人をおいつめますが

「近づくと、水槽に電気流すから。

 本当に魚全部死ぬんだからね」

と脅す犯人。

「こうなったら」

ともっていたもえもんロボットをうごかしますが

「とこのあとどうなんの」

「いや、これだけだ」

「え?」

「だって、ほかにうつ手ないでしょ」

もえもん、蹴飛ばされました。

「あー!もえもーん!」

そこへコーンもやってきました。

「ようこ?!」

犯人は奥さんでした。

「なんの変化もなくて、とても退屈なんでしょ。

 あなたほんとは、自分がふ幸せってしってるんでしょ。

 だから来世とかいってるんでしょ。

 だったらあたしが、全部なしにしてあげる。

 トンネルを掘ってたときがあたし

 一番幸せだった。

 明日はどうなるかわからない毎日だったけど

 あなたの指先が触れた瞬間

 あたしたち、絶対大丈夫って思った。

 もう、そんな日は絶対戻ってこないんだね。」


「嘘だろう〜〜〜」

頭をかかえるコーン。
電源を通そうとするようこ。
しかしそのとき停電がおこり
その場にすわりこむようこ。
奥さんに近づき、
その手に手をのばすコーン。

「停電だって」

ふたりをみて、帰るニコとロボ。

ニコの家では懐中電灯をさがして大騒ぎ。
一億円は大丈夫かと心配してとんでいくママ。

「プロフェッショナルな〜仕事をしたよ〜今日も〜」

と歌を歌うよっちゃんの近くで、「助けてください」という声。
シャッターがあがらないからお願いしますという声に
助けにいくよっちゃん。

「ま〜だ〜?

 もう少しで犯人がわかるところなのに〜」

とローソクに火をつけるマキは推理小説を読んでいました。

コーンと奥さん。

「君のいうとおり、明日どうなるかわからない。

 でも僕たちまだまだ暗〜い道

 二人で歩いてるんだ。

 ああ。(光がつきました。)

 ああ、窓が、マンガの枠に見える」


手繋ぐ奥さんは笑顔。
ふたりで街の灯りをみつめます。

ニコの家でも電気がつき、
大事に抱えていたものはお金じゃなくて
家族のアルバムでした。
中にあったニコの育児日記をみて笑うママとパパ。

マッチ箱(よっちゃんの顔写真つき)の中から御札を見つけるマキ。

「これは、よっちゃんのへそくりに間違いないとみた。

 しめしめ」

ニコとロボ。

「俺だけかなあ、明るいのさびしいって思うの」

「なんで明るいのがさびしいの?」

「だっておわりってかんじがすんじゃん。

 映画館とかでもさ、おわったら明るくなるでしょう。

 はい、遊びの時間は終わりですってかんじがするんだよ」


 あ」

「停電終わったんだ」

シャッターの中からでてきたのはかずみちゃん。
感動のあまりよっちゃんにしがみつき
そこをロボとニコが目撃。

「あ、違うよ、これ違うからね」

ロボ、ショック。

お金をかえして養子の話を断るパパとママ。

「そうですか〜ダメですか〜、残念です」

『停電のあと みんなは

 少しずつかわったような気がする』


ニコとマキ。

「あたしに遺産が入るのを知って

 養子なんて言いだしたんでしょう」

「ううん、ほんとはね、あなたといっしょに暮らせたら

 日々、面白おかしく暮らせるんじゃないかと思ったの」

「社長は幸せですか?」

「あたしたちは、時間の中を生きてるの。

 日々かわっていって

 ずっーとなんて幸せ、此の世にはない」


「じゃあ幸せじゃないんですか?」

「あたしは時々、幸せ」

とニコに抱きつくマキ。

ロボはもえもんのおもちゃを子どもにあげます。

「ね、それほしい?

 ほしい。よし、あげる!」

「悪いから、お金払う!」

「いいよ〜」

「一億マックスで、たりる?」

その子がとりだしたのはロボがかいた御札。

「これはもらいすぎだなあ。

 今おつりつくるから待ってて。

 マックス小切手ーーーー!」


「ロボはそういうことしてるときが

 一番幸せそうだな」


「ニコは?何知れる時が幸せ?」

「あたし、そうだなあ。

 ここ見て」

看板にはってある紙をはがすニコ。

「もとはこんな綺麗な色してんだよねえ。」

「ほんとだ」

「あたしはこういうの見つけられる人になりたいって思う。

 みつけて、世の中そんなに捨てたもんじゃないなって

 誰かに思ってもらえたら。

 それがあたしの幸せかな」


「そっかぁ、それがニコの幸せか」

「はい、5000万マックス!」


よっちゃんにお弁当を渡してるかずみちゃん!

『お金がほしいとか
 
 美人になりたいとか

 誰にでもわかる幸せは

 本当はどうでもいい幸せなのかもしれない。

 誰にも絶対譲れない

 本当の幸せっていうのがあって

 それはそれぞれ形がっていて

 違うから

 歩く道もそれぞれに別れていて

 あたしの幸せとロボの幸せが

 いっしょだったらいいのにと思う。

 でもたぶん

 違うだろうなあ』




幸せについて考えてしまうお話でした。
コーン、奥さんがいるのに来世がどうのって
たしかに失礼な話かもしれない。
幸せは目の前にあったのに。

あの占い師はどうしてあんなこといったのか
地蔵堂の二人がそこまでするとは思えないし
ほかになんかいるんですかね・・・?

ちなみに私にも、幸せはいろいろありますし
お金もないよりはあったほうがいいと思うけど(正直)

何気ない普通の日常生活の中にこそ幸せはあると思います。

キャスト

須藤威一郎(ロボ) 松山ケンイチ
林 二湖(ニコ)大後寿々花
林 一海(ニコの姉) 村川絵梨
林 竹男(ニコの父) 塚本晋也
林 雪江(ニコの母) 片桐はいり
名梨秀吉 岡田義徳
真境名マキ 浅丘ルリ子
信田コーン(篠井英介)

セクシーボイスアンドロボ 各話レビュー

「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック
「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ



2007.06.13 Wednesday 00:55 | comments(2) | trackbacks(23) | 
<< アニメ D.Gray-manディーグレイマン第35話 「風をまとうエクソシスト」 | main | アニメ のだめカンタービレ LESSON20 >>
sorcerer (2007/06/13 10:25 AM)
honeyさんおはよう!

見てみましたーリアルタイムで!
ニコの子演技上手いし、可愛いし!
あと、松山クンのロボがとってもツボです。
ああいうヲタなら可愛くて良いなぁ(笑)

サチコには噴きました(笑)
来週最終回なんですねぇ。
もっと早く見てればよかったかな。

あ、でも1話は見てたんですよー!
実は。
honey (2007/06/13 12:24 PM)
sorcererさん、こんにちは。

セクロボ、毎回おもしろいんですよ。
1話目ではかなり冷めてたニコが
かなりまともになってきたような。
ロボの純粋なところも好きだし
またさかのぼってみてください(^^♪









セクシーボイスアンドロボ−第10話−
セクシーボイスアンドロボ−第10話 幸子−を見た。ロボの親友の寺山(?)も父親の借金がらみでロボットたちを売って(餞別にガンバスターをあげたロボがけなげ,微笑)田舎に帰ることになり,お金がらみでイヤな展開になりかねないとも思ったが,全体的に楽しく,うま
| まあぼの交差点 | 2007/06/13 2:05 AM |
セクシーボイスアンドロボ 第10話 それぞれの幸せ
内容突然、マキがニコの家を訪れる。マキ『2億で、いかがでしょうか』ニコのことを養子にしたいというのだ。すぐに断ったニコだったが、手付け金に1億置いて帰るのだった。大金で心が揺れる林家。一方ロボは、ニコから相談を受けていた。最近、まわりで謎の集団が暗躍
| レベル999のマニアな講義 | 2007/06/13 8:36 AM |
セクシーボイスアンドロボ 【第10話】 来世の幸せをお金で買う男
セクシーボイスアンドロボ (日本テレビ系) ドラマ「セクシーボイスアンドロボ」第10話・幸子。 ゲストは篠井英介。 ■セクシーボイスアンドロボ 「第10話」 あらすじ  ニコ(大後寿々花)の家を訪ねたマキ(浅丘ルリ子)と名梨(岡田義徳)は、二億円でニコを
| THE有頂天ブログ | 2007/06/13 8:45 AM |
セクシーボイスアンドロボ VOICE 10:幸子
1億マックス、高っ!( ̄○ ̄;)ゲ おつりを渡すとこがロボらしい・・・{/hiyo_en1/} 2億円で売られそうになったニコ。家族が浮き足立っちゃうのもわかるわ〜(笑)。 ニコもマキさんの養子になれば、お口の中でとろけるようなお肉が毎日食べられたかも しんないのにね〜
| あるがまま・・・ | 2007/06/13 10:12 AM |
メロンと2億で買収かよ
uraraさんに「今日の記事のネタがないー」って言ったら、 「セクシーボイスアンドロボ」を見たらー? とお告げがあったので、見てます。 あ、でもレビューとかあらすじ全く関係有りません。 見ながら叫んでるだけの馬鹿な記事です。 読んでも何のことかワカンナイよ多
| ふしぎなことだま | 2007/06/13 10:22 AM |
セクシーボイスアンドロボ 第10回 感想
『来世の幸せをお金で買う男』
| ぐ〜たらにっき | 2007/06/13 10:47 AM |
「セクシーボイスアンドロボ」第十回
 ある日曜日の午後、一億円をしょってよっちゃん(岡田義徳)とマキ(浅丘ルリ子)がニコ(大後寿々花)の家にやって来た。 「ニコさんを養子にいただけませんでしょうか? 2億円でいかがでしょうか?とりあえず、1億お持ちしました」マキ 紙袋の中には札束がびっ
| トリ猫家族 | 2007/06/13 4:31 PM |
セクシーボイスアンドロボ 第10話
幸せってお金とか美人とか誰にでも分かる幸せはどうでもいいのかも。 誰にも譲れない本当の幸せというのがあって、 それはそれぞれの形が違うから。
| くつろぎ日記 | 2007/06/13 5:52 PM |
セクシーボイスアンドロボ 第10話 「来世の幸せをお金で買う男」
突然、2億円でニコ(大後寿々花)を養子にもらいたいと家を訪問するマキ(浅丘ルリ子)。
| テレビお気楽日記 | 2007/06/13 6:13 PM |
セクシーボイスアンドロボ 10「幸子」
「お金が欲しいとか美人になりたいとか、誰にでもわかる幸せは、本当はどうでもいい幸せなのかもしれない。誰にも絶対譲れない幸せというのがあって、それはそれぞれ形が違っていて、違うから歩く道もそれぞれ分かれていて、あたしの幸せとロボの幸せが一緒だったらいい
| はざまの欠片 | 2007/06/13 7:54 PM |
セクシーボイス アンド ロボ 第10話
2億円でニコを養子にしたいと申し出たマキ。 メロンの積み方が〜!(笑) そんなことできるわけない!と思うニコの気持ちをよそに 置いていかれた1億の現金を目の前に 色んな思いを馳せるニコの家族っていうのは 何とも
| 塩ひとつまみ | 2007/06/13 9:16 PM |
ガンバスター、お前の一番のお気に入りじゃないか・・・田舎に帰っても・・・トップをねらえよ・・・・。(松山ケンイチ)
ロボ(松ケン)のロボヲタ仲間であるケロヤマ(六角精児)が田舎に帰る。ロボットも持
| キッドのブログinココログ | 2007/06/13 9:20 PM |
鴎+14&セクシーボイス
セクシーボイスは幸せになれば前のほうが幸せだと思う事が多い感じだし は久保7回3失点も6勝目で打線も初回6点を取り連敗ストップだ 6時過ぎに起床してしたセクシーボイスなどを見たりして過ごしていて 8時過ぎに背中の消毒のためにへ出掛けて次に大日本人
| 別館ヒガシ日記 | 2007/06/13 9:20 PM |
セクシーボイスアンドロボ Voice10
『お金さえあれば、幸せですか???』
| 似合わないクツを脱ぎ捨てて | 2007/06/13 9:30 PM |
『セクシーボイスアンドロボ』Voice10「来世の幸せをお金で買う男」(幸子)
打ち切りという最悪の事態はまぬがれたものの、予告がずっとないところを見ると、かなり撮影押してるみたいですな。
| つれづれなる・・・日記? | 2007/06/13 11:23 PM |
『セクシーボイスアンドロボ 第10話』
お金があればな・・・誰だって、人生一度はそう思ったことはあるはず。世の中、金次第。お金があればなんとかなる。世の中で一番大切なものはお金じゃないそう思っていたって、やっぱりお金のことは気になる。幸せとお金これって、人間が抱える永遠のテーマ。今日はそん
| *+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+* | 2007/06/13 11:29 PM |
「セクシーボイスアンドロボ」第10話
突然2億でニコを買いにくる(!)マキ様&よっちゃん。 「家族がそんなことする訳ないでしょ!」と言い放つニコだが、 お母さんもお父さんも一海ちゃんも札束に目が釘付け。 ドナドナド〜ナ〜、ドォ〜ナァ〜 って、どーなる?! 大切なもの(初回限定盤)(DVD付)
| fool's aspirin | 2007/06/14 12:08 AM |
《セクシーボイスアンドロボ》VOICE.10
「あなたはニコさんとはどんな関係ですか?聞かれてロボは「友達ですよ」と答えると「変でしょう。」「え、何が、?」「14才の中学生と、秋葉原にお勤
| まぁ、お茶でも | 2007/06/14 1:24 AM |
セクシーボイスアンドロボ 第10話
 「セクシーボイスアンドロボ」第10話を見ました。  第10話は、「幸子」の話。ニコの家にマキとよっちゃんがやってきて、2億円でニコを養子に迎えたいと言ってきます。ニコは拒否するけど、家族は2億円という金額にまんざらでもない様子で…。一方、ロボは超人気
| あいりぶろぐ | 2007/06/14 9:12 PM |
【ドラマ感想】 セクシーボイスアンドロボ「Voice10 幸子」
このドラマ、つくづく、タイトルに偽りありです。セクシーボイスは?スパイは?セクシーボイスは?スパイは?セクシーボイスは?( ̄□ ̄;)!!……みたいな(笑)←笑いごと?お金があればどんな夢でも叶うのかう〜ん……否定できない自分がかなり悲しい第10話【来
| 読書とジャンプ | 2007/06/15 6:18 AM |
セクシーボイスアンドロボ VOICE10「来世の幸せをお金で買う男」
あと1回で最終回か……寂しい……。 ところでVOICE7は結局お蔵入り?
| TV雑記 | 2007/06/15 2:26 PM |
セクシーボイスアンドロボ 第10話
セクシーボイスアンドロボ 第10話 日本テレビ? 2007/06/12 (火) 22:00〜 「幸子 」 原作 黒田硫黄 小学館スピリッツ増刊IKKI連載作品 ★はじめに 主演の大後寿々花さんが、「読売ウイークリー」07年6月17日号の表紙に! ? ? いつまでこのネタで通
| シャブリの気になったもの | 2007/06/15 5:38 PM |
『セクシーボイスアンドロボ』“Voice10 幸子”の感想。
♪TBさせていただきます♪『セクシーボイスアンドロボ』“Voice10 幸子”の感想ですっ! ロボは信田のアシスタントとして働いた方が、ロボットいっぱい買えると思う(笑)。
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2007/06/16 10:39 AM |