<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

地球へ section24 :  地球の緑の丘

section24 :  地球の緑の丘
グランド・マザーの前にいったジョミーとキース。

「キース・アニアン。結論はでたか」

「いいえ、まだです」

「ミュウの長としてグランドマザーに問う。

 人類のミュウの共存は、なぜ認められないんだ」

「ミュウのせん滅は、われにあたえられし絶対命令だからだ」

「かつて人類は、繁栄の名のもとにあらゆるものを破壊し

 絶滅させてきた。ついには自らをはぐくんだこの星さえ。

 そして気づいたのだ。人類こそが悪であると。

 われは人類が作りし最後の良心である。

 SD体制は人類の欲望を制御し、世界に恒久的な秩序と

 平和をもたらした。

 だが、この体制に反発するものが出現する。

 それがミュウ、おまえたちだ。

 ガン細胞のように増殖し、人類を駆逐するミュウ。

 ゆえに、おまえたちは根絶される。」

「まて!僕たちは調和を乱す存在ではない!」

「このプログラムを変更できるのは、

 そのためにつくられた完璧な人間のみ。

 答えをきこう。

 人類はわれを必要や、否や」

「キース!僕らは理解しあえる!

 そのことは君が一番わかっているだろう!」

「おまえは人類の真の愚かさを知らない」

「そんなことはない!僕は人間に育てられた。

 人間もミュウも、基本は同じだ」

「ではなおのこと、SD体制はやめるわけにはいかない」

「な、なぜだ?」

「基本が同じなら、その欲望はおさえねばならない!

 SD体制をやめれば、人類の欲望を宇宙全体に解き放つことになる!」

ジョミーに剣をつきつけるキース。

「さあ、ミュウの力で私の心臓をとめてみろ。

 おまえには、それができる!

 ミュウが生き残るためには、

 人類をせん滅するしかない!」

「君はそれでいいのか?キース」

「私が人類である以上、それが運命だ。のがれようのないな。

 SD体制は人類の欲望を封じ込めたパンドラの箱だ。

 つぶす気ならそのなかみごとつぶせ!」

セルジュたち。

「下では何がおこなわれているんだ?」

「グランドマザーは、国家首席以外のコンタクトを拒否している。

 我々にはどうしようもない」

「まあマザーのところにいったんだ。

 マザーがうまくやってくれるさ」

『なんだ?この不安感は』とセルジュ。

いったりきたりおちつかないトォニィ。

「若者は待つことになれておらんな」

「グランパを心配しているだけだ。

 あんたらは心配じゃないのか」

「そりゃあ心配だよ。だが今はソルジャーを信じて待つしかないだろう」

「ま、気分転換でも」とテレビをつけるとスウェナがうつっていました。

「こちらは自由アルテメシア放送です。

 これから我々は、国家首席キース・アニアンが

 私たちに託した記録をすべて放送します」

キースが画面にうつります。

「諸君。今日は、一個人キース・アニアンとして話をしたい。

 諸君らは疑問に思ったことだろう。

 なぜマザーは、ミュウ因子を排除しないのか。

 これに対して私は、その排除は現代科学をもってしても

 困難であると説明してきた。

 だが、それは嘘だ」

「なんだって?」

「どういうことじゃ?」

「ミュウ因子を排除することはできる。

 だが、それを行ってはならない。

 マザーはそうプログラムされている。

 話はSD体制以前にさかのぼる。

 そのころは最初のミュウ因子が発見された。

 あるものはこれを進化の必然とみなし

 あるものは進化の気まぐれのひとつにすぐないと論じた。

 が、結論はでなかった。

 将来、世界の主導権を握るのは、ミュウか人類か。

 そこで壮大な実験が行われた。

 ミュウ因子を残したまま管理出産を行い

 ミュウ化したものは、これを排除する。

 もし、ミュウが進化の必然でなければ

 このストレスによって自然消滅する。

 しかし、彼らは生き残った」

「そんな、バカな」「なんだって?」

「われわれが進化の必然」

「だがSD体制にミュウをうけいれるためのプログラムは
 
 存在しない。プログラムは完璧ではないということだ。

 マザーにすべてをゆだねていられる時代はおわった。

 これからはひとりひとりが、何をすべきか考えて行動せよ!」

「キースめ!こんなことをすればどうなるのかわからないのか!」

とマードック。

「大佐」

「かくして戦線が崩壊していく」

「戦闘を放棄した艦隊が多数」

「われわれはミュウに敗れたということなのか」

「そうではないだろうが闘い続けるのは不可能だ。

 少なくとも軍人は自分の考えで勝手に動くわけにはいかない」

ミュウ達も困惑。

「なぜ?なぜだ?なぜキースは今になって宣言を」

「あんな言葉で人類が立ち上がると思ったのか」とトォニィ。

「賭けたのです。人類が人としてたちあがる

 最後のチャンスをつくったのです」


とフィシス。

「そして賭けに負けた」

というトォニィをぶつフィシス。

「何しやがる!」

「それはソルジャーシンに対する侮辱です。

 ソルジャーも今賭けているのです。

 ここで。地の底で。人類とミュウの未来を」


キースと剣を交えるジョミー。

「なぜだ?なぜ他の道を模索しようとしない?!」

「道があればとっくにやっている!」

「人類の暴走をおさえる力が必要なら

 僕らがその力になる!」

「綺麗事を言うな!

 能力的に劣る人類は劣等種になりさがれというのか?!」

「そうじゃない!」

「こうして戦っていても、おまえは本気をだしていない!

 それが現実だ!」

ジョミーの肩を刺すキース。

「きみだって本気じゃない。なぜ銃をつかわない?!」

そのときどこからかあわれた触手によってつかまるジョミー。

「うわ〜〜」

「体制の続行は承認された。

 これよりわがシステムはフェイズ4に移行される」

「キース・・」

「キース・アニアン、ジョミー・マーキス・シンを撃て。

 これよりわがシステムはミュウ因子の排除と

 現存ミュウのせん滅を敢行する」

「キース、僕は・・」

「だまれ!だまれ!だまれ!なぜ力をつかわない!ミュウの力を!」

「僕は君と、話し合うためにきたんだ」

「命令を実行せよ。キース・アニアン。命令を」

「うるさい!もう私の心に触れるな!」

マザーにむかって銃をうつキース。

「キース・・」

「私は自分のしたいようにする!」

「理解不能。キース・アニアン。ジョミー・マーキス・シンを撃て」

「彼を放せ!あなたは時代遅れのシステムだ。

 もういい!」


「精神解析終了」

ふっとばされるキース。

「キース!」

「キース・アニアンはミュウによる精神汚染の可能性あり」

「違う!

 ミュウたちの生きざまを目にした時

 人は自らを顧みずにはいられなくなる!

 ただそれだけだ」


「ミュウ化の傾向がみとめられた場合

 フェイズ4上?では

 これをすみやかに処分すべし」

キースの胸に剣がささります。

「キース!」

「マザー・・・」

キース倒れます。

「処分終了」

「きさま。機械め!

 うわぁぁぁぁぁ!!!」


ジョミーが力をだしました。

「地震だ!」「近いぞ!」

「何が起こっているんだ?!」

「グランパ!」

「トォニィ。感じたのですか、ソルジャーを?」

「一瞬だったが、強い怒り、だけど悲しい。

 感情が白熱しててとてもちかよれなかった」

「トォニィ。ジョミーを助けて」

「すべてのミュウよ。僕に力を。

 地の底へ。テラにむけて」


「うわぁぁあぁぁ」
 
マザーを破壊。
マザーの声ききとれず。

「勝ったのか?」

「キース!」

「抜くな。もう手遅れだ。

 おまえと話しがしたい。

 さすが、タイプ・ブルー。すさまじい力だな」


「ありがとう。君のおかげで戦えた」

「礼にはおよばん。

 生まれてはじめて、自分のやりたいように

 やったまでだ。」


「キース」

「これでマツカやサムに、顔をあわせられる」

そのとき、また剣がとんできてジョミーにささります。

「グランパ!!」

「逃げろ!ユグドラシルがくずれる!」

「フィシス」

「もうこの施設はもたないね」

「脱出するしかない」

「待って、ジョミーは?」

「大丈夫だ、彼なら」

「いや!ジョミー!」

「大気圏突入可能な船はすべて

 テラに残っている人々の救出にむかえー!

 本船もこれより、テラへの降下準備にはいる」

とシド。

『ソルジャー。命令にそむきます。

 仲間であろうと人間であろうと

 地の底からの叫びをきかぬにはいかない!』


「グランパ!

 くっそう、どこまでおりればいいんだ?グランパ!」

「ジョミー、待っててください。

 今、僕がいきます」とリオも。

「我々はネットワーク端末機械?

 あまねく我?は人類とともに存在する」

「何?」

「ミュウの徹底的な根絶は承認された。

 政府テラの消滅をもって、SD体制は

 最終フェイズへと移行する。

 この命令をとめることはできない」

「ネットワークコンピューター・・」

「宇宙規模に広がっているネットワークを

 破壊することなど」

「ここまできて、あきらめられるか」

シャングリラ。

「メギドシステムが動き始めました。

 テラへむけ解凍中」

セルジュ。

「マードック大佐!何がおきているんです?」

「わからん。

 すべてのコントロールが我々の手を離れてしまった」

「どういうことです?」

「グランドマザーのご意志ってやつだ!」

「グランパ!」

「トォニィ」

ジョミーの血をみてキースにつかみかかろうとするトォニィ。

「きっさま!よくも!」

「ちがう!彼はいっしょに戦った仲間だ」

「グランパ。帰ろう。シャングリラに」

「待て。トォニィ。おまえに頼みたいことがある。

 メギドを、テラを破壊しようとしているメギドを

 とめてくれ!」


「いやだ!こんな星どうだっていい!

 早くしないとグランパが死んじゃう!」


「トォニィ。僕からの最後のたのみだ。

 死んでいった仲間の想いを無駄にしないためにも、

 おねがいだ」


「いやだいやだいやだ!

 グランパをおいてなんかいけない!」


「トォニィ、おまえは強い子だ。

 ぼくの自慢の。

 人類を、ミュウを、人を、頼む」


「いやだ!そんなのいやだよ!」

「おまえだから頼んでいるんだ、トォニィ。

 おまえは次の時代を生きろ。

 そのために僕たちは戦ってきた。

 ブルーとの約束を果たすために僕はここまできた。

 次は、おまえが人類と手をとりあい

 新しい時代をつくれ。トォニィ」


「若者よ、伝えてくれ。

 人類とミュウはともに手をとりあえと」


とキースも。

「僕は、強くなんかない。僕はまだこどもだ。
 
 グランパがいなきゃやだ!」


「トォニィ。

 おまえが次のソルジャーだ。

 ミュウを、人類を、導け!」


「グランパ」

「セルジュ、きこえるか。

 ミュウとともにテラを守れ。」


「閣下」

「よくこれまで、私についてきてくれた」

「アニアン閣下」

「総員、ただちにワルキューレ出撃。

 攻撃目標、軌道上のメギドシステム」

「で、でも、グランドマザーの」

「それがどうした」

スウェナ。

「スウェナママ」

レティシアがあらわれました。意識体?

「レティシア」

「やっとわかったの。私たちの力がなんなのか」

「何?」

「伝える力なんだよ。

 人類とミュウをつなぐ」


「レティシア」

「スウェナママ」

人々の声がします。

「何あれ?」

「みんなが自由になる声よ」

「人類がたちあがったの?」

「ううん。人類とミュウが人として立ち上がったの」

シャングリラ。

「各惑星で暴動がおこっています。

 マザーネットワークの破壊、拡大中」

「ネットワークは破壊不可能じゃないのか?」

「スケールネットワークならハブの20%が破壊されると

 80%以上の機能が低下します」

逃げる女性を助けるリオは岩の下敷きに。

「はやく逃げるんだ」

「しっかりして」

「僕は、ミュウだ」

「だからなに」

「のぼるんだ。僕のかわりに。行くんだ」

「ジョミー、たどりつけないの。許してください」

トォニィもメギドを破壊に。
セルジュたちもむかっています。

「弾のだしおしみはするな、いっきにいくぞ」

残るメギドはあとひとつなのにまにあわない。

「だめか」「まにあわない!」

そこへあらわれたマードックが自分を犠牲にしてとめに。

「どけぇ!ひよっこどもぉ〜〜!」

「マードック大佐!」

「若造。おまえたちにだけかっこうはつけさせない」

「大佐」

「あのバカにあったら伝えてくれ。

 おまえはよくやったよ、とな」


「グレイブ」

「ミシェル。退艦しなかったのか」

「あなたのいない世界でひとり生きろと?」

「バカな女だな、おまえは」

「あなたに似ちゃったのよ、グレイブ」

「ミシェル」

ミシェルにキスされながらマードックの船、爆発。

「マードック大佐ぁぁぁ〜!!!!!」

子どもたちをみつけたゼルたち。

「どういうことじゃ?

 こんなところに人間の子どもがおるとは」

「もう大丈夫だ。安心しなさい」

「ソルジャーをさがしておりてはきたが

 私たちがこれ以上先にすすむのは無理なようですね」

「ここも長くはもたないよ。どうするんだい?」

「この子たちを救わなければ」

「しかしこんなおおぜいの子どもたちをどうやって」

「わしらが力をあわせれば、なんとかなるじゃろ」

「やれやれ。しかたないか」

「この子たちのため。あしたのために」

「力をあわせましょう」

手をつないで子どもたちをとばす長老たち。
でもフィシスまでとばされます。

「どうして?!」

「あなたは生きるんじゃ」

「私たちのことをおぼえていてください」

「だめ。私もいっしょに」

ジョミーとキース。

「すごいよ、人は。思っていた以上だ」

「あらゆるものを破壊してきた人類だ。

 このあとは手がつけられなくなきゃいいが」


「大丈夫。彼らが」

「パンドラの箱をあけてしまった。

 よかったのだろうか」


「わからない。

 だけど後悔できるのは人間だけだ。

 機械は後悔しない」


「全力で生きたものにも、後悔はない。

 おまえにあえてよかった」


「ぼくもだ。キース」

「ジョミー」

目を閉じたジョミー。

「箱の最後には希望が残ったんだ」

「最後まで、私はひとりか」

長老たちも死亡。

シャングリラにとばされたフィシス。

「私も、私もいっしょに」

子どもたちに囲まれていました。

「あなたがマザー?そうなんでしょ」

くびをふるフィシス。
 
「じゃあ女神さま?」

「誰でもないわ。人よ。人だわ」

「ここどこ?」

「あなたたちをつれていく方舟の中よ」

「どこへ?」

「清らかな大地」

テラをみおろすトォニィたち。

「シャトル、全機回収しました」

「テラをあとにするの?」

「そうだね。もう僕らにできることは何もない」

「どこへ」

「僕たちの、人の未来へ」

ブルーに報告するフィシス。

「ブルー、テラへ行ってきましたよ。

 あなたが選んだジョミーが

 立派にみなを導いて」


幼いころを思い出すトォニィ。
絵を描いていてママにたずねられます。

「トォニィ。トォニィ。何やってるの?」

 まあ上手にかけたわね」

「パパ、ママ、ぼく。えへ。グランパ!」


「ありがとう、ジョミー。

 あなたのおかげで

 なぜ命が紡がれていくのかがわかったよ。

 そして何が大切かも」


最後に花咲く、美しい地球がうつりました。



キースが死ぬのはともかく
ジョミーまで逝ってしまうとは。
まだトォニィには荷が重いうえ
地球にはキース以外に
カリスマ的指導者がいないから
混乱必至な気がしますねえ。。。
純粋な子どもたちだけならともかく。

ふたりが命をはってマザー(とSD体制)を打ち負かしたけど
あまりにも大きすぎる代償。
キースも気づくの遅いよ。。。。

手をとりあって生きていく最後だとなおよかったかなあ。
長老たちまで子どもたちを守るために亡くなったし
リオも死んでしまったし。

最初のころから好感度が180度かわった人物ナンバー1は
なんといってもマードックですね。

最初は簡易レビューではじめたくせに
どんどん長くなっていってしまいました。
原作もおもしろいけどアニメも堪能しました(*^。^*)

JET BOY JET GIRL(初回生産限定盤)(DVD付)
高橋瞳

This Night
CHEMISTRY

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.4 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.4 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.5 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.5 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.6 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.6 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.7 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.7 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.8 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.8 【完全生産限定版】





地球へ… 1 (1)
地球へ… 1 (1)
竹宮 惠子

地球へ… 2 (2)
地球へ… 2 (2)
竹宮 惠子

地球へ… 3 (3)
地球へ… 3 (3)
竹宮 惠子
2007.09.22 Saturday 20:33 | comments(2) | trackbacks(44) | 
<< おおきく振りかぶって 第22話『防げ!』 | main | 獣拳戦隊ゲキレンジャー【修行その30】「セイセイでドウドウな女」 >>
Kyan@IE7 (2007/09/22 8:47 PM)
詳細なレビューをいつもありがとうございます(^^)
原作を知っていても楽しめたようでなにより。

>なんといってもマードック
 賛成。
 彼がそんなにスタッフに愛されているとは思いませんでした。
honey (2007/09/22 9:28 PM)
Kyanさん、こんばんは。
いえいえ。好きでやってますんで。

原作とアニメは別モノ、と思っていますし
今回の話はちゃんと作者サマも了承済みのようですし
だいたい昔読んだので(家にはありますが)
記憶がすっかり抜け落ちていたりもして、、、

マードックが男をあげて逝きましたねえ。
ある意味キースより地球を救ったかも。









地球へ… section24
地球へ… section24「地球の緑の丘」 エンディングテーマの後に用意されたラストシーンは青い地球。
| Kyan's BLOG III | 2007/09/22 8:39 PM |
地球へ… 第24話 「地球の緑の丘」(最終回)
地球へ…   現時点での評価:3.0   []   TBS・MBS : 04/07 18:00〜   SBS・RCC : 04/14 17:30〜   原作 : 竹宮恵子   監督 : 山崎理   メカデザ : 出渕裕   キャラデザ : 結城信輝   2クール   アニメ制作 : 南町奉行所・東京キッ
| アニメって本当に面白いですね。 | 2007/09/22 8:42 PM |
『地球へ…』最終話『地球の緑の丘』
サブタイ聞いた時は、まさかミュウが力を結集して、地球を蘇らせるオチじゃあるまいなと思っていたのですが……、そこまでではなかった! しかし予想を遙かに逸れた落とし方に、どびっくり。 これは読めない展開だった。やられました。
| なまけもののひとりごと | 2007/09/22 8:51 PM |
地球へ… 第24話
「地球の緑の丘」 泣・け・た!! 終盤、駆け足で詰め込み過ぎな感もしましたが、良い最終回でした。 グランドマザーの元に降り立ったキース&ジョミー。 人間と手を取り合おうとするジョミーに対し、人間の愚か
| ラブアニメ。 | 2007/09/22 9:30 PM |
地球へ… #24
18話以降、感想は書いていませんでしたが、視聴は続けていました。何だか最後になって慌ただしい展開でしたね。ジョミー&キースとグランドマザーとの戦いには、もう少し時間をかけて...
| 日々の記録 on fc2 | 2007/09/22 9:45 PM |
地球(テラ)へ・・・ #24「地球の緑の丘」(9/21)感想
あらすじは公式HPから。キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。一方、全人類圏へ向けてキースのメッセージが発せられる。人類とミュウ、その相容れることの出来ない二つの種族に共存
| よろず屋の猫 | 2007/09/22 9:51 PM |
地球へ… section24「地球の緑の丘」(簡易版)
地球へ…の最終話を見ました。section24 地球の緑の丘キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。グランドマザーにとってミュウの殲滅は絶対命令だった。人類は繁栄の名の下にあらゆる者
| MAGI☆の日記 | 2007/09/22 9:56 PM |
地球へ… 24話『地球の緑の丘』
最終回なので久しぶりに感想書きます。前に感想書いたのはキースが 学生の頃だったなぁ。遠いところまで来たものです。
| Girlish Flower | 2007/09/22 10:00 PM |
地球へ…TOWARDTHETERRA 第24話(最終回)終わりと始まり
内容キースに導かれ、グランド・マザーに会ったジョミー。決断をうながされるキース。キースは、矛盾を抱えながらジョミーと戦おうとする。そして、SD体制の意味と。その時マザーが、ジョミーを捕らえるのだった。一方、スウェナによる自由アルテメシア放送は、キース
| レベル999のマニアな講義 | 2007/09/22 10:01 PM |
地球(テラ)へ… section24 「地球の緑の丘」
ミュウを殲滅するプログラムを埋め込まれたグランド・マザー。一体誰が、そんなプログラムを作ったのかは謎ですがコンピュータに未来を委ねるなんて、無謀すぎる。
| ゼロから | 2007/09/22 10:01 PM |
地球へ… section24「地球の緑の丘」
『キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。 彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。 一方、全人類圏へ向けてキースのメッセージが発せられる。 人類とミュウ、その相容れるこ
| Spare Time | 2007/09/22 10:04 PM |
地球へ… 第24話 「地球の緑の丘」
地球へもついに最終回。 ていうか、それよりも記事がまたも消えてしまったことがショックでorz 最後まで書いて、文字に色付けてたら突然「セッション時間がきれました」とか見たくも無い文字が・・・ はいはい、コ
| リリカルマジカルS | 2007/09/22 10:10 PM |
アニメ 地球へ…最終回『地球の緑の丘』 感想
フィシス…僕をぶったね…。 グランパにもぶたれたこと無いのに…。 先週のトォニィのシャワーシーンが名場面第1位でワロタ。 皆さんホンマ正直ですこと!
| またつまらぬものを書いてしまった | 2007/09/22 10:14 PM |
地球へ…・第24話
「地球の緑の丘」 「ミュウの殲滅は、我に与えられし絶対命令」 人類とミュウの共存
| たこの感想文 | 2007/09/22 10:26 PM |
地球へ・・・#24「地球の緑の丘」
僕らは理解しあえる。話し合い中のジョミーとキース。この二人が温和に話し合えるわけがないですよね。ジョミーに刃を向けるキース。待つことになれてないトォ二ィはイライライラ。キースの演説!!さあ子安ヴォイスを堪能ですわよ。お互い本気で戦わない二人。初めてキ
| Sweetパラダイス | 2007/09/22 10:35 PM |
地球へ sction24 「地球の緑の丘」
妖奇士の後番組として急遽始まったアニメ「地球へ」も今日が最終回。原作とは違う決着はどうなるのか?
| 見ていて悪いか! | 2007/09/22 10:44 PM |
地球へ… 24話「地球の緑の丘」
7月終わりから見始めた地球へ…もついに最終回。 原作既読者としては、原作とは違っててもいいけど1つの作品として綺麗に終わるのか、そしてアニメ視聴のみの方々はどんな感想を持つのか、この2点に関心がありました。
| † CROWN † | 2007/09/22 10:46 PM |
地球へ… 24「地球の緑の丘」
「SD体制は人類の欲望を封じ込むパンドラの箱だ」 SD体制は「人類こそが悪」という考えを元に人間を徹底的に管理してきたんですね。確かに人間の繁栄によって地球は汚染、破壊されているので、このへんわからなくもないです。 しかしSD体制が敷かれる以前、人間は世界
| はざまの欠片 | 2007/09/22 10:54 PM |
地球へ… 第24話(最終回) 地球の緑の丘
年寄りの冷や水とはまさにこのこと。 イシスは役に立たないと言うのに輪に加わって。 結局送り返されてしまったけれど、この人はこれから活躍するって言うのか?っていうか今週で最終回か。 ジョミーもキースも死んでしまって次からどうするんだってリアルに悩んでし
| なななな駄文 | 2007/09/22 10:58 PM |
最終の地球へ・・・「section24 地球の緑の丘」
いよいよ最終回。 少々投げっぱなし感がありますが、作品としては良かったなあと。 しかし死者出すぎ・・・。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2007/09/22 11:04 PM |
地球へ… 最終話 『地球の緑の丘』
ありがとう、ジョミー。 あなたのおかげで なぜ命が 紡がれていくのか分かったよ。 そして、何が大切なことなのかも− トォニィと一緒に大泣きしながら見ました。 「イヤだイヤだ」とジョミーに抱きつい
| ティンカーベルをください | 2007/09/22 11:07 PM |
地球へ・・・ 最終話「地球(テラ)の緑の丘」
視聴者が選ぶ先週の第1位のシーンがトォニィのシャワーシーンですって。アッハッハ〜〜!やっぱみんな好きなんだなぁ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆そりゃぁ、あんだけのオスカルなトォニィシーンだもん、ものすごいお色気でしたね(笑)ついに来ました。いつも録画してるからいいや
| まったり感想日記 | 2007/09/22 11:16 PM |
地球へ… 第24話 「地球の緑の丘」
箱の最後には希望が残ったんだ――。 ミュウを弾圧し、人類をSD体制で支配してきたグランドマザー。 明かされる隠されてきた真実…。 キースは最後の決断を下し行動にでる…その意思は全人類にもメッセージされる。
| SERA@らくblog | 2007/09/22 11:17 PM |
地球へ・・・ 第24話「地球の緑の丘」
とうとう来ちゃったよ、最終回がっ!!! と言う訳で、キャプもいつもより多めにコレクションしてみました♪ あうぅ・・・、皆さん、悉く逝っちまったゼぃ・・・。゜(゚´Д`゚)゜。 地球再生機構“リボーン”の拠点
| のほほんホビー | 2007/09/22 11:20 PM |
地球へ… 第24話感想
地球へ… 第24話感想いきます。
| AAA〜悠久の風〜 | 2007/09/22 11:23 PM |
地球へ・・・第24話(最終回)「地球の緑の丘」
とうとう最終回を迎えてしまいました。 後半になり原作とは少し違う道を辿った「地球へ…」でしたが アニメ版は原作にはない魅力もあったと思います。 登場人物も魅力的だったと思います。 キースと2人、地球の地
| ユメノツヅキ | 2007/09/22 11:39 PM |
アニメ「地球へ…」最終話 感想。
最終話「地球の緑の丘」 ああああああ、辛い。辛すぎる。まさかあんな最終回だなんて……。 感想書くの、正直辛いんですが、最後なので気合入れて頑張りましょう。 グランド・マザーの前に辿り着いたジョミーとキース。 キース・アニアン。結論は出たか?マザー
| ぎんいろ(旧夢の日々)。 | 2007/09/22 11:59 PM |
地球へ・・・#24(最終回)「地球の緑の丘」感想
グランドマザーと対面し、ミュウと人類の存亡を掛けた選択が今、なされようとしている。選ばれるのは人類か、それともミュウなのか!?「地球の緑の丘」あらすじは公式からです。キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。彼を待ち構え
| おぼろ二次元日記 | 2007/09/23 1:04 AM |
(アニメ感想) 地球へ… 第24話 「地球の緑の丘」
地球へ・・・Vol.4 【完全生産限定版】 キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。一方、全人類圏へ向けてキースのメッセージが発せられる。人類とミュウ、その相容れることの出来な
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/09/23 2:18 AM |
地球へ… section23&24(最終回)
「地球へ…」ラスト2回(23回目&24回目=最終回)を見ての雑感です。 まず、各話のあらすじから… section23 地球(ちきゅう)へ ☆脚本:大野木 寛/絵コンテ:金崎貴臣/演出:柳瀬雄之/作画監督:高乗陽子 ☆あらすじ:地球再生機構『リボーン』の拠点、地球。
| naitou-souの「So-net的」日常 | 2007/09/23 2:31 AM |
「地球へ・・・」第24話(最終話)
section24「地球の緑の丘」キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。一方、全人類圏へ向けてキースのメッセージが発せられる。人類とミュウ、その相容れることの出来ない二つの種族に
| 日々“是”精進! | 2007/09/23 5:15 AM |
『地球へ…』#24「地球の緑の丘」(最終回)
パンドラの箱の最後には希望が残ったんだ とうとう最終回を迎えました〜!!! ある程度、お亡くなりになるだろうと覚悟はしていましたがこれほどまで亡くなるとは〜(;つД`) ...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2007/09/23 10:41 AM |
地球へ… #24地球の緑の丘(終)
長いようで短かった半年間、まだまだだと思ってたけど、あっという間に最終回。トォニ
| 才谷屋DIARY | 2007/09/23 2:50 PM |
地球へ・・・ 『地球の緑の丘』
終わってしまいましたね。 約束通り、半年間放送だったせいか内容は充実して つまらん回想回を重ねることもなく、すっきり綺麗に終われたんじゃないかしら。 実は、私 遠い昔に『地球へ・・・』の劇場版を見てまして
| 日々是「紫」 | 2007/09/23 8:42 PM |
固唾を呑んでしまった
「地球へ…」の最終話となる第24話を見ました。 <感想> 最後の最後でジョミーとキースが魂の深いところで結ばれた シーンに生唾を飲んで静観していました。これで本当に終わってしまったんですね。 普通人とミュウの確執から全ての元凶となっているシステム
| じろグ! | 2007/09/23 9:16 PM |
地球へ… section24『地球の緑の丘』
とうとう終ってしまった…。 対面したジョニーとグランドマザー。 人類こそが悪で、マザーはその為に生まれたもの。 コンピューター管理で秩序を作り、ミュウはその調和を乱すもの。 それが必要だったと?  キースは
| 漫画やらドラマやら紹介(´・ω・`)中辛風味 | 2007/09/23 10:29 PM |
地球へ・・・ section24 :  地球の緑の丘
サーセン、途中でネタ切れしたんで感想放置してました 何話か前にサムがキースにおも
| 幻想領域〜それから〜 | 2007/09/24 9:41 AM |
地球へ…☆第24話☆感想
一時間かけた感想が消えました… ありえない!! だから短い感想 section24 地球の緑の丘 マザーの間に甲冑 先週全く気付かなかったわ… マザーによるSD体制についての説明 プログラム変更ができるのはキースのみ 甲冑から剣を取りジョミーに
| ☆ジョージの日記☆ | 2007/09/24 4:58 PM |
地球へ 第24話 「地球の緑の丘」
こっ、これは・・・グレイヴに尽きる またしても最終回を成田さんに持ってかれたっ! かっこええ!!ちゃっかり隣にいるお姉さんも最高! そうだ、「全力で生きた者にも後悔はない」んだよ! この台詞聞いたときはシリアスシーンなのにそれはネタか!?ってあた
| ばーむぅーすの徒然日記 | 2007/09/24 6:48 PM |
地球へ… section24 最終回 愛の惑星(プラネット)
?地球へ… section24 最終回 地球の緑の丘 どう表現していいのか… 古き時代の人類(原作時から、映画化から・・・)としては、困る最終回でした。 以下、原作・映画ネタバレ大の感想(?)に、ならないかもしれない、感想です。 古き者の記憶としてお付き合
| 中学生日記…かな?(熱闘!!受験生編?…かな??) | 2007/09/24 9:51 PM |
地球へ… 最終回を視聴して
昼頃は雷に見舞われた札幌から、ren.です。直上で爆ぜること数回、稲妻も2度ほど観ることができて、荒天マニアとしては満足(wさて、先週土曜日にめでたく最終回を迎えた「地球へ…」。リアルタイム視聴では、その詰め込みっぷりによる濃さと、原作からアレンジされたポ
| 希望屋 〜renka ci=set〜 | 2007/09/26 12:24 AM |
「地球へ…」#24(終)/「平和へ…」
描きたいシーンが多すぎて困りました脳みそのキャパが小さいので、気の利いた解説は入れられないですが、感極まってしまうシーンがたくさんありました通勤電車の中で感想を考えてたら、泣けてきてしまいました^^;【ジョミーとキース】結局最後は機械との対決になりま
| quroer'sROOM | 2007/09/29 2:25 AM |
『地球へ・・・(TOWARD THE TERRA)』 キース・アニアン
『地球へ・・・』のキースです。 グレーの軍服、ザ○トみたいな紅い軍服、そしてラストコスとなった国家元首としての衣装・・・どれを描こうか、めっさ迷った挙句、結局は一番印...
| ゆったりイラスト空間 | 2007/11/18 7:41 PM |
地球へ・・・ 第19〜24話
いまさらながらにやっと最終話まで見ることができました素直に良い最終回でした今回後半だけを一気に見て書いた感想なんでちょっとピントがずれてるかもしれませんし、前半の展開もあいまいな部分があるので週間で見てた人とは違う印象かもしれませんねこのアニメ途中色
| にき☆ろぐ | 2008/02/21 7:35 PM |