<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

BUZZER BEATER(アニメ)#009 ALL COURT PRESS

#009 ALL COURT PRESS
いよいよ地球チームとソニックスが、マイナーリーグ優勝を賭けて
激突することに。優勝すれば、大宇宙リーグへの挑戦権も手に入るのだ。
試合前、様々な思いを馳せる地球チームのメンバー。
オーナー・ヨシムネの胸にも、感慨深いものが去来する。
しかし未だにチームの評価は低い。スタジアムに集まっているファンも、
当然ソニックスが勝つと思っている。圧倒的なアウェーである。
一方、ソニックスのジュリアスの許には、ギューマが訪れていた。
ジュリアスの計らいで、ギューマが育ったスラムの子供たちを
招待してくれたからだ。礼を言うギューマに闘志をみなぎらせる、
ジュリアス。
それぞれの思いは頂点に達し、試合開始のホイッスルが鳴らされた──。
周囲の予想に反し、地球チームが先行を取るが……。


最初から最後までおもしろかった。

何がおもしろかったって、最初の靴磨きの少年が
ヒデヨシそっくりなんだけどヒデヨシじゃなくて
ヨシムネだったとは。

「あきらめたらそこでおわりだよ」と
安西先生みたいないいことをいうし。
でもあんな若かりし頃から、自分がバスケやるんじゃなくて
自分のチームをつくって地球チームで宇宙リーグに
いくという夢があるなんて(いや、夢じゃなくて実現するんだった)
先を読みすぎというか壮大な計画というか。
靴磨いてもらってたおじさんは見られたかな。

ヨシムネの若いころが想像できないな〜、
この人もバスケ好きだからきっとバスケしてたんだろうけど、
などと思いながらみていたのでよけいびっくり。
てことは遠い将来ヒデヨシもあんな顔に?!

スワローズのジュリアスもいい人だけど
ヒデヨシにくらべるとやはり優等生タイプにみえます。
ギューマがやっぱりかっこいい。
あと3年であいつら=ジュリアスとヒデヨシの時代がくる
というギューマ。
一流選手にしか見抜けないものなのかな、このバスケセンス。

チームのため、自分の気持ちをおさえてプレイしていたジュリアスが
解き放たれたとたん動きまで別人になったけど
このままヒデヨシもやられっぱなしじゃないよね。

ヨシムネの評価がぐっとあがった回でした。

キャスト

ヒデヨシ:瀧本富士子
チャチェ:小林沙苗
DT:うえだゆうじ
ハン:中尾隆聖
ローズ:藤田大助
イワン:稲田徹
モー:中田譲治
マル:小杉十郎太
ラズーリ:浅川悠
エディ:飯塚雅弓
レニー:伊藤実華
ギューマ:子安武人
コーチ:勝生真沙子
ヨシムネ:石森達幸
ジュリアス:陶山章央

BUZZER BEATER公式サイト

BUZZER BEATER 1 (1) (ジャンプコミックス)
BUZZER BEATER 1 (1) (ジャンプコミックス)
井上 雄彦

BUZZER BEATER 2 (2) (ジャンプコミックス)
BUZZER BEATER 2 (2) (ジャンプコミックス)
井上 雄彦

BUZZER BEATER DVD-BOX
BUZZER BEATER DVD-BOX
2007.09.25 Tuesday 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 俺、参上!モモタロスケーキ作ってみました | main | テニスの王子様 Original Video Animation 全国大会篇 Semifinal Vol.2 >>