<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

月刊 flowers (フラワーズ) 2007年 11月号

月刊 flowers (フラワーズ) 2007年 11月号
ネタばれ極力なしの簡単感想です。

月刊 flowers (フラワーズ) 2007年 11月号 [雑誌]
月刊 flowers (フラワーズ) 2007年 11月号 [雑誌]

暁のアリア

 いやな人というイメージしかなかった亜耶子さんが
 なんだかいいひとに。
 ありあはピアノが弾けなくなっても
 歌の道にすすめそうなかんじですね。
 ピアノも歌も含め音楽の力ってすごい。

人魚姫と半魚人王子

 賢者のおくりものをおもいだしました。
 でもできたらふたりで幸せになるのが一番でしょ。

坂道のアポロ

 どこでも生きていくのってたいへんでしょうが
 西見くんはこの出会いでかわれそうな気が。

7SEEDS
 
 牡丹さんたち、かなりやばいのでは。 
 救助まにあうといいけど。
 ナツが嵐を好きなのも好きだからこそおこる
 醜い感情もよくわかるけど・・こんな未来になっても
 人の心って本当にかわらないものなんだなあ。
 でもここでメッセージをにぎりつぶしてしまうのか。

世界の終わりにたった1人で
 
 後編。
 ちづ先生の恋心が美しかったです。 
 今の巴パパからは想像しづらいけど。
 テルヒは兄にも父にも似てないように思うけど
 生方さんみたいなお兄さんがいてよかった。
 テンちゃんも。

夢の真昼

 うーん、身勝手なのは男・・・。
 婆さまの迫力がすごい

アスフォレスト

 男女のいざこざがからむと
 めんどうなことになりますね。

町で噂の天狗の子
 
 イケメンは違うなあ。
 天啓だよ、天啓。
 秋姫が妄想族だったとは。

山猫天使

 上が女で下が男と納得してしまう公爵が素敵w

 次回はガブリエルがでてくるかな。

ドリームスケープ

 優二の過去はけっこう悲惨だったけど
 夢読の話はあっさり片付きました。
 ラストが悲惨じゃなかったのがよかったです。


 
 
  
2007.10.03 Wednesday 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< アニメ D.Gray-manディーグレイマン第51話 「出航、東へ」 | main | CG 銀魂 ボイスアラームクロック/銀時Ver. >>