<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

BUZZER BEATER(アニメ)#013 (最終話)JAM(最終話)

#013(最終話) JAM
いよいよ大宇宙リーグの入れ替え戦である。
しかし依然として、ヒデヨシは地球チームに姿を見せなかった。
もうチームには戻ってこないのか……?ヤキモキするチャチェだが、
結局、試合当日にもヒデヨシは来なかった。もう頼ってはいられない。
スターターの面子は、ヒデヨシ抜きに決まった……。
試合開始。大宇宙リーグチームが、余裕しゃくしゃくでゲームを進める……
と思いきや、意外や意外。地球チームが奮闘する。ヒデヨシがいない分、皆、気合の入り方が違う。特に、エースであるDTの気迫は凄まじい。
無茶と言われるほどの、力強いプレイをする。自分たちの力を信じろ。
今の地球チームには、それしかない。
しかし、気迫だけでは、大宇宙リーグには通用しない。
奮闘していたDTも、負傷してしまった。
が、そこへ駆けつける、少年の足音が聞こえて……!


ヒデヨシがもどってこないまま
キラーリップスとの試合。
みんなの、なかでもDTのすごい気迫で大活躍。
まわりのみんなから「われわれもいるんです」
といわれるくらい。
勝利は目前かと思えたのに、むこうのDTつぶしにより
DTが肩を脱臼。
個室にとじこもってくやしがるDTの前にあらわれるギューマ。
DTはギューマに大宇宙リーグであおうといいます。

試合はあと2分。
DTは試合に参加。

「こんなやつらにてこずるなんて

 なんてのろまなんだ。地球人てのは。

 だけど頑張れば、

 大宇宙リーグにだっていけるのさ」


あと10秒。
マルが残り1秒で3ポイントをきめたらしい。
そのシュートがきまったのは完璧なパスのおかげ。

地球チームのピンチに登場したヒデヨシ。
ヒデヨシは最後まで泣きながら
地球チームを勝利にみちびき
そして消えました。

地球チームは来シーズンの大宇宙リーグ参加を延期し
1年後に参加すると発表。
さらに大宇宙リーグと小宇宙リーグのほか
ジュニア宇宙リーグ創設。

マードックもなんかものわかりがよくなった。
エリートもストリートの子どももバスケがしたくて
どこからでもヒーローは生まれるといいます。

二年連続マイナーリーグで優勝して
大宇宙リーグに参加するのがヨシムネの考えを
かわりチャチェがつぶやきます。

「この手でつかむものさ。

 夢は金でかうものじゃないのさ」

DTもチームを抜け、大宇宙リーグの入団テストをうけに。
大反対するヨシムネに
地球人だけのチームでは大宇宙リーグに
いくことができないというのは
誰かが嘘といってやらなくちゃ、と
自分がゴル星人であることをあかすDT。

ジュリアスもヒデヨシが戻ってくることを確信。

そして1年後、成長したヒデヨシと出会うDT。


地球人だろうがゴル星人だろうがバスケが好きなのには
かわりない。
この先のヒデヨシの活躍をもっとみたかったけど
もう最終回だったとは。
そういえばヒデヨシパパの消えたわけも
そのままでしたね。
時間があったらそのへんもみてみたかったけど。

深夜にするにはもったいない
おもしろい話でした。


キャスト

ヒデヨシ:瀧本富士子
チャチェ:小林沙苗
DT:うえだゆうじ
ハン:中尾隆聖
ローズ:藤田大助
イワン:稲田徹
モー:中田譲治
マル:小杉十郎太
ラズーリ:浅川悠
エディ:飯塚雅弓
レニー:伊藤実華
ギューマ:子安武人
コーチ:勝生真沙子
ヨシムネ:石森達幸
ジュリアス:陶山章央

BUZZER BEATER公式サイト

BUZZER BEATER オリジナル・サウンドトラック
BUZZER BEATER オリジナル・サウンドトラック
Every Little Thing, Pay money To my Pain, TVサントラ


BUZZER BEATER 1 (1) (ジャンプコミックス)
BUZZER BEATER 1 (1) (ジャンプコミックス)
井上 雄彦

BUZZER BEATER 2 (2) (ジャンプコミックス)
BUZZER BEATER 2 (2) (ジャンプコミックス)
井上 雄彦

BUZZER BEATER DVD-BOX
BUZZER BEATER DVD-BOX
2007.10.23 Tuesday 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ガリレオ 第2話「離脱る(ぬける) OL殺人と空を飛ぶ少年の謎」 | main | こんなのがほしいなあ、という話。 >>