<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アニメ D.Gray-manディーグレイマン第69話 「侵入」

第69話 「侵入」
苦しそうなフォー。

「バ・・ク・・バ・・・ク」

「フォー?」

「ウォーカーを隠せ!バクーーー!」

「おまえがここの結界の入口か」

「どうして、アクマなんぞの力で結界をやぶられるなんて」

「どうして?私は何もしてないよ。

 通してくれたのはノアの方舟だよ」

アレン、アクマをとらえます。

「白髪、奇怪な左目。

 おまえが、アレン・ウォーカーだね」

「フォーさんの中からなんかでてきた!」

「バカ!どうみてもアクマだろう!」

「でも!ここは結界で100年守られてきた場所だぞ。

 こんなあっさり破られるなんて。

 第一、どうしてウォーカーがここにいることがばれたんだよ」

『どうして・・はっ・・』

「あの蝶は・・」

「逃げろ。こいつはおまえを殺しにきたんだ。

 今のおまえには勝ち目はねえ!

 逃げるんだ!」

「そんなこと!」

「させないよ」

アレンの左胸が貫かれました。

「ああ!」

倒れるアレンにかけよる李桂たち。

「ウォーカー!」「ウォーカーさん!」

「しっかりしろ!ウォーカー!」

「貫かれている。

 これは、紐?」

「わたしのダークマターは物質分解能力。

 その糸があらゆる物質の構造を分子まで分解、

 吸収して存在を消滅させるよ。

 さあ、消えてなくなるがいい。ぼうや」

苦しむアレンとフォー。

「ノア様には生きていたらつれてこいといわれているが

 必ず生きたままつれてこいとはいわれていないのでね。

 分子になったおまえをつれていくよ」

「ウォーカーが消えていく。
 
 くそ。この糸切れねえ。どうしたらいいんだよ!」

「やだ!ウォーカーさん。消えちゃやだ!」

そこへバクさん。自分の掌をきりつけます。

「封神!召喚!我、血の元に許可する!」

糸がはずれました。

「支部長!」

「フォー!今のうちだ」

「おっせえよ、バカバク」

「はやくこっちへ!

 今の攻撃じゃ、わずかな足止めくらいしかできん。」

「攻撃、続行せよ」

緊急警報がなります。

「緊急事態発生。アクマ、支部内に侵入。

 場所は北地区中心部。

 繰り返す。アクマ、支部内に侵入。

 北地区は ?後閉鎖。厳戒行動へ移行してください。

 北地区にいるスタッフはおちついて迅速に行動を。

 各班、班長の指示に従って避難してください」

「まじでやべえぞ、こりゃ。

 どうするんですか、支部長」

アレンを背負った李桂。

「あ!ウォーカーさんが透けてみえるよ」

「なに?本当だ。ウォーカーの色素が薄いっすよ」

「くっそ。さっきの攻撃でかなり分解されたようだな」

とフォーを背負ったバクさん。

「え?」

「衝撃を与えないよう注意するんだ。

 今のウォーカーの体は、アクマの物質分解能力をくらって

 個々の分子構造が緩くなっている。

 もし強い衝撃をうけたら、彼の体は

 分子レベルに崩壊するかもしれん」


「え!」

すごい形相でアレンをおぶって走る李桂。

「気をつけてね!李桂」

「李桂にウォーカーの命が!」

「あんなアクマ、はじめてだ」

「あのアクマはレベル3だ」

「レベル3?」

「そうだ。レベル2のアクマとは、強さも能力も

 段違いらしい。

 僕も、教団の内部資料でみただけで

 実戦であうのは初めてだ」

「バクさま!」

「ホアン」

「北地区の支部員はすべてこちら側へ避難を完了しました」

「そうか。例のものは?」

「すでに準備ととのっております」

「そうか。フォー。フォー」

「うるせえ・・きこえてるよ、バカバク」

「フォー、すまん。おまえにたよることになるかもしれない」

「ふ。わかってら・・」

「よし!急いで移動するぞ」

「支部長、何をする気すか」

「この通路をふさいで、やつのいる北地区を隔離する」

「え!」

「北地区を捨てるんですか?」

「こっちには、アクマと戦えるエクソシストはいないんだ。

 全滅を避けるには、北地区を封鎖するしかない!」

「この通路をふさぐ?」

「そんなことできるんですか」

「僕らチャン家の人間は曾祖父から伝わった血によって

 この支部の守り神の力を操作することができるんだ」

「我、血のもとに命ず。封鎖せよ!」

「うわーーー!岩石がはえてきた」

「よし。その調子だ」

その頃アクマが地面から復活。

「つまらんしかけに手間取った」

「ふっふふふ。無駄なことを」

「く!フォー!」

「よっしゃあ・・

 ウォーカー。

 しっかりしろよ。

 おまえ、見た目より全然根性あるから大丈夫だよ」


アレンにふれるとフォーがアレンの姿に。

「きっとおまえなら発動できらあ。

 がんばんな」


「フォー。何を。

 まさか!やめろ!フォー!」


「エクソシストじゃない一介の守り神じゃ

 あいつは倒せねえだろうけど

 なんとか時間かせぐから、逃げろよ」


ふぉーはアクマのもとへとんでいきました。

「だめだ!バクさん!やめさせてください!

 僕が行きます!僕がいくから!

 フォー!!」


「おや。なんだ。戻ってきたのかい?

 逃げるんじゃなかったのかい?」とアクマ。

「ここから先におまえをいかせるわけにはいかない」

「お〜やおや」

「よせ。やめろーーっ!」

封鎖されました。
目の前にできた扉に手をつき叫ぶアレン。

「フォーーーーーっ!」

アレンに化けたフォーとアクマ。

「自分から戻ってくるとはねえ。

 追いかけようとおもったのに。

 まったくつまらないなあ。アレン・ウォーカー」

「ばいばい。バク」

アクマに切りかかるフォー。
アクマも応戦。

「つまらんなあ」

フォーがふっとばされました。

「ふん。

 ん?そうこなくては、ここまできた甲斐がないからな。

 もっと楽しもうじゃないか。アレン・ウォーカー」

「簡単にはいかねえから」

バクの襟首をつかむアレン。

「あけてください!バクさん」

「やめろ、ウォーカー」

「ここをあけてください!」

「だめだ」

「ウォーカー!おちつけ!」

「フォーを見殺しにする気ですか!」

「君は、エクソシストはわれら唯一の希望なのだ。

 エクソシストがひとり死ぬことが

 どれほど、この戦争に影響することだと思っている。

 フォーはしかたない」


「そんな」と蝋花。

「彼女のことを思うなら、

 今は耐えて、前にすすむんだ」


「冷静なふりしちゃって

 ほんとははらわた

 煮えくりまくってるんじゃないんですか。

 じんましんでてますよ」


「え」

と顔をあげたバクさんはじんましんのでた顔で涙を流してました。
 
「涙も」

「え、いや。これは!」

「バクさんの気持ちはよくわかりました。
 
 自分であけます」


「ええっ!」

「バクさんがここをあけられないなら

 僕が自分であけて、前に進みます!

 僕が一人で開けていけば、文句ないでしょ!」


「文句だと・・?

 大ありだー!バカモノー!!」


「そのとぉ〜り!」

「失礼します」

と押さえられるアレン。

「なんでですか!

 バクさんだってほんとは、フォーを助けたいんでしょ!

 その証拠にじんましんだっていっぱい!」


「う。じんましんはほっとけ!

 君の体は、ダークマターの影響で

 分子レベルに分解されかかっているのだぞ。

 戦うどころか、強い力で殴られるだけでも

 君の体は崩壊してしまうかもしれないんだ!

 そんな君をいかせるバカがどこにいる!

 命令をきけ!エクソシスト!」


黒アレンに変身。

「いいんですか。バクさん」

「なんだ?」

「リナリーを盗撮していたこと、ばらしますよ」

うろたえるバクさん。

「ただではすみませんよ〜、きっと。

 命の保証もできかねますね」


「ウォウォウォーカー、僕をゆする気か」

『そんな・・バクさんが

 私にそんなことをしていたなんて・・・

 不潔です!不潔です!不潔です!』


というリナリーを想像するバクさん。さらにコムイさんも。。。。

「バク様」「支部長」

アレン、立ちあがって扉の前へ。
しかしバクさんがたちふさがります。

「僕をゆするとはね。

 まったく、なんて子だ。アレン・ウォーカー。

 だがそうはいかない。

 僕は決して君をいかせない。

 さっきも言っただろう。

 相手のアクマはレベル3だ。

 そんなやつのところへいって

 今の君が何をするというのだ」


「無駄ですよ。僕は退きません!」

「いいかげんにしろ」

「はじめあったとき、あなたは僕に

 戦場に戻る気があるかと聞いた。

 僕は「イエス」と答えたはずです!」


「それは君がエクソシストとして

 戦えるようになったらの話だ。

 イノセンスが復活していない今の君は

 ただの人間でしかないんだぞ!」


「違う!

 違う。僕は、僕は、人間じゃない。

 さっき、アクマにあったとき
 
 今まで凍ってたんじゃないかと思うくらい

 全身の血が騒いだ。

 今まで止まってたんじゃないかと思うくらい

 心臓の鼓動がドクドクきこえてきて

 体中をどんどんめぐってくる血が、心地よかった」


「ウォーカー、何をいってる」

「わかったんです。

 あなたが前に僕を、存在自体が

 対アクマ武器だとたとえたのが
 
 あたっているかもしれない」


アクマと戦うフォーが苦戦中。

「僕の心が、ずっと望んで仕方なかったのは

 アクマだったんだ!

 僕はもう人間じゃない!

 エクソシストです。

 戦場に戻らせてください!

 アクマの元に・・・」


まばゆい光が。

「ウォン!李桂!」

「大丈夫です」

「あれ?ウォーカーくんは」

「行きます。

 ありがとう。バクさん」

「ウォーカー」

「封神」

扉あきました。

「存在自体が、対アクマ武器・・・

 たったの15歳で、アクマに魅入られたなんて」


『ありがとうございます!

 僕を助けてくれて、本当にありがとう』

『僕はもう人間じゃない!』

「そんなつもりで、言ったのではないのだよ。
 
 ウォーカー。

 すまない」


倒れたフォーに近づくアクマ。

「つまらない時間だった。

 こんなクズにノア様はなんの用だったのか。

 ノアの方舟までつかって。

 アレン・ウォーカー。
 
 なんなんだい、おまえは」

「ただのガキだよ」

「あっそ。じゃ、壊れな」

アクマの攻撃でフォーピンチ。
そこへアレンがとびこんできました。

「ウォーカー・・」

フォーの目から涙。

「なんなんだ。おまえ」

「エクソシストです」

 

フォーが素敵すぎなうえ
バクさんもさすが支部長!!
こんな場面で黒アレンになるアレンと
じんましんだらけのバクさんが
すごくよかった。
そしてとうとうアレンのインセンスが復活しそうですね。
 


Wish
Sowelu




2008.02.12 Tuesday 20:28 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 魔人探偵 脳噛ネウロ 第4話「犬」 | main | ハチミツとクローバー 第6話「一人前にはなぜなれますか」 >>









D.Gray-man#69「浸入」
苦しむフォー。フォーの中からなんか出てきたよ。アクマじゃん。狙いはアレンだった。アレンの左胸が・・・・・。アレンが透けてるよ。強い衝撃を受けたら崩壊!?アレンに化けたフォー。『ばいばい、バク』そんなこと言わないでよ。蕁麻疹が出てるバクが可愛い〜〜〜。
| Sweetパラダイス | 2008/02/13 10:36 PM |
D.Gray-man#69「侵入」感想
バク、カッコ良すぎる!!!たとえジンマシンが出ようとも!!!苦渋の涙の意味がアレンにはきっと伝わっっていたはず。エクソシストは対アクマ武器なだけではない。15歳の一人の少年・・・。「侵入」あらすじは公式からです。アジア支部の中に突然現れたティキから送
| おぼろ二次元日記 | 2008/02/14 7:56 AM |