<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

魔人探偵 脳噛ネウロ 第5話「貸」

第5話「貸」
ネウロと“下僕2号”と呼ばれる吾代の出会いは、謎解き絡み。
夏のある日、弥子と一緒に、探偵事務所の場所探しをしていたネウロは、
雑居ビルにある一室に、『謎』の気配を感じて入り込んだ。
『早乙女金融』との看板があるその部屋は闇金の事務所で、
中では、社員らしき男たちが怪しげな電話を掛けまくっている。
そして、吾代もその中にいた。警察にも言えない事件を隠している、
とつぶやくネウロに、男たちは急に顔色を変える。
まもなく、責任者と見られる鷲尾という男が姿を見せ、
3日前に、社長の早乙女がここで殺されたことを明かした。

話を聞いたネウロは、事件をすぐに解決すると宣言。
もし、解決したらこの事務所の所有権の譲渡、
失敗した場合は弥子を一生タダ働きさせるとの交換条件を出して
捜査を開始した。



季節は秋。
「あれから4か月かあ」ということは
初夏ぐらいのお話か。

今の探偵事務所をかりることになったときの話でした。
同時にそこで働いていた吾代さんとの出会いも。

あいかわらずドS全開で裏表のはげしいネウロが楽しい。

いかにも怪しげな事務所の男たちを相手に
社長を殺した犯人さがし。
鷲尾がかわりに社長になるのはわかるけど
集金係の吾代さんが副社長になるの?
社長との付き合いが長そうだからかな。

解像度さげたらみえなくなるのか・・・?
あっというまにもとに戻ったけど
ネウロはあっさり真相をつきとめたようで。
弥子をおいて外出するときに

「ご心配なく。

 もし僕が逃げたら

 先生のことは煮るなり焼くなり

 好きにしてください」


と極上の笑顔。。。。

トリックは大きなゴムパチンコみたいなやつでしたが
某ドラマなみにめんどくさそうな仕掛けだな。。。

謎はおいしいのかもしれないけど
あんな化け物に食欲は感じない。
魔界人の好みはやはりわからん。。。

使い捨てだけどお金に困らず楽しい仕事ができて
いいじゃないかという社長と、そんな立場には
やはり疑問が残るけど社長のことは信頼している吾代。
こうなるまでにすでにいろいろあったんだろうなと思いますが
ネウロが思いのほかそんな吾代を気にいったようで。
しもべ2号としてこきつかわれてるのも
また幸せかと。

事務所をかりたときのネウロのセリフをきいていると
ネウロは本当に弥子のこと(いたぶり相手として)
気にいってるんだなあと思いました^^;






2008.02.19 Tuesday 09:49 | comments(2) | trackbacks(2) | 
<< キムタクがフジ月9で総理大臣に | main | ロス・タイム・ライフ 第3節 スキヤキ編 >>
sorcerer (2008/02/19 3:26 PM)
honeyさんこんにちは!

ネウロが本当にネウロらしくて面白かった!
でも、しかけがコナンみたいー!と思ったよ!

吾代さんの受難は、ここから始まったんですねぇ!
イビルブラインドっていう術が面白かったよ!
honey (2008/02/19 5:19 PM)
sorcererさん、こんにちは。

ネウロは鬼畜ですからね〜。
弥子、よくつきあってるな。

トリックは実際にはとてもやろうと思えないよね。
めんどうくさくって。

解像度さげるとかいう発想がおもしろかったです。









魔人探偵 脳噛ネウロ 第5話 貸
事務所がどうやって弥子ちゃん達の事務所になったか? という話でした。吾代さんとの出会いも込みで(笑) 吾代さんがヒト様にはチョット言えない職業のヒトだったのは 知ってたけど、こういう経緯で、ネウロは事務所を手に入れたのね(笑) えっと、あとコレ、ちょっとだ
| ふしぎなことだま | 2008/02/19 3:23 PM |
魔人探偵脳噛ネウロ 第5話「貸」
魔人探偵脳噛ネウロの第5話を見ました。第5話 貸「吾代さん、ネウロが探してたよ」「うるせえな、誰が行くか」「すっかり秋だね。あれから4ヶ月か…」ネウロと“下僕2号”と呼ばれる吾代の出会いは謎解き絡みだった。夏のある日、カキ氷を食べる弥子と一緒に、探偵事務
| MAGI☆の日記 | 2008/02/21 7:08 PM |