<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハチミツとクローバー 第7話「今、地図のない道を前へ」

第7話「今、地図のない道を前へ」
就職をあきらめて、投げやりな竹本君。
そこへいっしょに将来のことを考えてやろうか、
と森田さんがはいってきて竹本君の
スーツを着始めました。
ウェディグドレスは3度もきたことあるけど
スーツは一度もないらしい。
ネガティブな竹本君のために、
真山と森田さんはかわりに将来を考えてくれました。
箱にはいったくじをひくと

F1レーサー

しかし、竹本くんは免許をもってない。
先輩たちに

「本当に今から僕がF1レーサーになれると思ってるんですか!」

というと

「なれると思えば、なれるんだよ」

ローマイヤ先輩が!

「ゴッホだってピカソさって

 自分で画家になれるっておもったから

 画家になれたんだよね」

「なれるって思うことが、一番の才能なんだよね」

「なれるかなれないかは他人がきめるんじゃない

 自分できめるんだから」

ローマイヤ先輩もくじをひいてみました。

モーニング娘。

「なれる・・・!」

「ローマイヤ先輩〜〜〜っ」

はぐちゃんは大神さんからコンクールに
出品しろといわれたことを考えていました。

またまた竹本君を待ち伏せする森田さん。
森田さんは竹本君の好きなものを知っているといって
またくじをひかせます。
竹本君の好きなものは、はぐちゃん。。。。

「竹本はほんとに全然手のばさないんだな。

 やっとできた好きなもんなのにな。」


森田さんは彫刻ではなく絵でコンクールに出品するつもり。
賞をとったらちゃんとはぐちゃんにむきあえるような
気がするという森田さん。

あゆのおうちで食事するはぐ。
はぐちゃんは、描くのは好きだけど
賞を競ったりするのは好きじゃないというと、
自分はうれしくなくても、まわりはうれしいと
あゆの小学校時代の賞状(皆勤賞ほか)をみせて
自慢するあゆパパ。
あゆパパに悪気はないけど
このタイミングではきついなあ。

卒業制作に何をつくればいいかわからない竹本君に

「悩め悩め。それも含めて卒業制作だよ」

という庄田教授。

商店街のひとたちと草刈中、
はぐちゃんとあゆは四葉のクローバーをさがしますが
あゆファンのみんなも手伝おうとして
あゆパパに叱られました。

森田さんは絵を一生懸命描いてますが
手をうごかしてればついてくるといわれても
竹本君にはわからないのかも。。。
寺登はいやみをいいいきたのか?

あゆに近づく野宮さんに反応する真山。

理花さんも真山のことを気に入っているみたい。
黙ってそばにいてくれる真山に救われていたけど
どこか後ろめたいと美和子さんに話す理花さん。

真山は、あゆは大事な友人だから
あまり近づくなと野宮さんに忠告。
野宮さんは、真山は理花さんが好きなのに、
あゆを生殺しにしないで
中途半端なその態度が一番つらいことだと気づけ、
といって去って行きました。

絵を描く森田さんをはじめてみたというあゆに
人は目標の前に、努力するか、あきらめるかの
ふたつしかないという森田さん。

「なのに山田あゆみは何もせずに

 ただ待ってる」


真山のことをただ待っているだけのあゆですが
本当のことだけにつらいところです。
「このドアはもうあきません」とか
かかってるといいのにな、という森田さん。。。

竹本と真山は部屋でごろりと横になり
森田さんの話題。
部屋にあった写真に気付いてたずねると
理花さんの撮ったものだそう。
かわいい犬の写真で、それもおなかをみせている写真。
人によほど気を許さないと腹をみせない犬の写真を
理花さんが撮るようになるまでのことを考えると・・
と真山の話をずっときいている竹本君。

ちゅうちょせずまっすぐにつきすすむ森田さんをみて
竹本君も卒制にとりかかります。

はぐちゃんは、コンクールに出す気になったかと
またまたせまられますが、とまどうはぐちゃんに
花本先生が、海外へいくのをやめて
はぐちゃんのために自分の人生を犠牲にしたという大神。

「描きたい絵なんてこの賞をとってからいくらでも描けるでしょ」

とコンクールの資料を渡していきました。

悩むはぐはキャンバスにむかっても手が動かない・・・。

花本先生は、はぐに可能性があるなら
いけるところまでいってほしいと思ってる、
と理花さんにいっていますが
絶対に大神さんのいうような意味ではないはず。。。

花本先生の言葉を思い出すはぐちゃん。
東京にさそってくれたときにいってくれた
「俺は、はぐみの絵をたくさんの人にみせてやりたい」
という言葉も。。。

竹本くんのそばにすわりこむはぐ。
竹本君の作ったものは、いろんなものでできた塔。
迷ってることとか悩んでることとか
ぜんぶ作品にいれてみたらしい。
昔から好きなようにやっていいといわれたら
迷って何をしたらいかわからなくなるという竹本君。

「結局僕にはやりたいことなんかないんだろうなあ。

 だからはぐちゃんみたいにさ

 やりたいことが次から次へとでてくるひとを
 
 ほんとに尊敬しちゃうよ」


でもはぐちゃんは、今まで描きたいものだけ描いていたけど
今は絵は自分だけで描いてるんじゃなくて
出会った人のすべてが絵の中にはいってると
思うようになったらしい。

「わたし、がんばることにきめたの。

 だから、竹本君もがんばってね」

はぐはコンクールに出品することをきめ
絵を描き始めました。
竹本君も作品制作にうちこみます。

真山は一年間、鳥取へいくことに。

あゆを訪れる野宮。
陶芸は失敗しても何度でもやりなおせるというあゆに
恋愛もそうだという野宮さんは、
あゆに真山が鳥取へ出向することになったと知らせます。
驚くあゆ。。。

真山は理花さんへの想いがあふれかえり
理花さんをたずねていきます。
理花さんの事務所へおしかけました。

「俺、いいましたよね。また戻ってくるって」

「きっとまたおなじことになるから。

 またあなた頼るだけ頼って傷つけて・・」


「いいです。傷つけても。
 
 傷つきませんから」


真山!!

絵を描く途中、その場にすわりこんでしまうはぐ。
大神先生にいわれた、花本先生が自分のために
人生を犠牲にしたというのがかなりショックなよう。
そんな想いで絵を描きなぐっても・・・。

寝ていた竹本君は、はぐちゃんからのさしいれをみて
笑顔に。どれにもメッセージつき。

「竹本君に好きなことがみつかりますように」

と書いてあるそばには四葉のクローバー。

竹本君ははぐちゃんをたずねていきますが
はぐちゃんが泣きながら絵ととりくんでいました。

「はぐちゃん・・」


 それ以上 言葉がでてこなかった

 彼女は 必死に戦っていた

 自分がきめたゴールにむかって 

 必死にたたかっていた

 こんなにも泣いている姿からでさえ

 感じたのは はてしない強さだった

 やりたいことの中で 苦しんで泣くのと

 やりたいことがなくて泣くのとでは

 どっちがつらいんだろう


事務所へやってきた真山は辞表を提出。
「僕は東京を離れるわけにはいきません」
という真山。
美和子さんに、理花さんのところへ戻ります、と宣言。
今これ以上離れてしまうことは考えられません、という真山。

野宮さんは外へ、あゆも外へ飛び出し
野宮さんをおいかけ

「どこでもいいからつれてって」

と野宮さんに手をひかれて車へ。
真山はそれをみつめているだけ。

こういう使われ方は気分悪いんだけどという野宮さんは
車をだしました。


森田さんは絵に没頭中。
はぐちゃんも、そして竹本君も。

 みんなは何かをめざして 

 必死に走っていた

 目に見えない何かにむかって

 必死に手をのばしていた

 そこにゴールはなかったとしても

 手が届かないと 気づいていたとしても

 歯をくいしばりながら

 必死に前にすすんでいた


真山も、あゆも・・はぐちゃんも、森田さんも。


 なのに僕は いったい何をしていたんだろう

 ただじっとみてるだけで

 手をのばそうともしなかった

 ただ結果を怖がるだけで

 足を踏み出すことさえできなかった

 みんなが懸命にみつけた道を

 うらやましそうにみているだけだった

 みんなとは違うんだと

 自分にいいわけをして

 傷つくのをおそれていただけだった



 地図がなければどこにむかえばいいのかわからない

 どこにむかうのかきめるのは

 地図をみてからだと思っていた
 
 でも、それは違っていた

 地図がないからまよっているんじゃない

 ぼくには 目的地がないんだ


つくりあげた塔をこわしてしまう竹本君。


 もっとはやくすすみたくて

 もっと前にすすみたくて

 無我夢中で ペダルをふみつづけた


竹本君、自転車で青春さがしの旅へ・・・・。


竹本君が本当にせつない。
たまたまそばに森田さんとかはぐちゃんとか
すぐれた芸術家がいたばっかりに
自分だけがやりたいこともわからないと劣等感を
もってしまったけど、まよえる若者なんていっぱいいるのに。

はぐちゃんもかわいそうだなあ。
花本先生はそんなこと思ってないのに。。

真山は・・ほんとなら仕事にいくべきだと思うけど
大事なものが何かわかってて偉いなと思います。
でもあゆへの態度は野宮さんのいうとおりだと思う。。。









2008.02.19 Tuesday 22:53 | comments(0) | trackbacks(13) | 
<< 学校へいこう!おもしろすぎ | main | 貧乏男子 ボンビーメン 第6話「ボンビー借金完済!?父再会の涙」 >>









ハチミツとクローバー 第7話:今、地図のない道を前へ
自分探しの旅!キタ━(゚д゚)━!! とうとう竹本くんの旅が始まりましたぞ〜{/bikes/} {/dododo/}{/dododo/}{/dododo/} てか竹本のみならず、それぞれが転機のようですねー。 はぐちゃんは気の進まないまま、賞の為に絵を描かなければいけないという 状況に身を置く羽
| あるがまま・・・ | 2008/02/19 11:02 PM |
ハチミツとクローバー 第7話
第7話:今、地図のない道を前へ オレはただうろうろと迷ってばかり・・ でもきずいたんだ---- なぜ迷うのか・・。 それは地図がないからじ...
| shaberiba | 2008/02/19 11:25 PM |
ハチミツとクローバー〜第7話・今、地図のない道を前へ
ハチミツとクローバーですが、一方的に内定破棄された竹本(生田斗真)は就職活動諦めます。とりあえず卒業製作に何か作るようで、体育館の一隅を占領します。 有難い先輩たちはくじ引きで竹本の就職先を占ってくれますが、F1レーサーやモーニング娘。、徳川家康など
| 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2008/02/19 11:30 PM |
【ドラマ感想】 ハチミツとクローバー第7話「今、地図のない道...
やりたいことの中で苦しんで泣くのと やりたい事がなくて泣くのではどっちが辛いんだろう地図がなければどこに向かえばいいかわからないどこに向かうか決めるのは地図を見てからだと思ってたもっと早く進みたくてもっと前に進みたくて無我夢中でペダルを踏み続けた「な
| 読書とジャンプ | 2008/02/19 11:30 PM |
ハチミツとクローバー 第七話「今、地図のない道を前へ」
就職予定の会社は倒産し、竹本(生田斗真)はまた、将来に迷っていた。森田(成宮寛貴)や真山(向井理)はくじ引きで竹本の将来を決めようとするが、F1レーサーなど飛んでもないものばかり。ローマイヤー先輩(木
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2008/02/19 11:57 PM |
【第7話】ハチミツとクローバー 「今、地図のない道を前へ」
もうすぐで終わってしまうと思うと、寂しくなるもんです。予告では見所満載でした。やはり竹本祐太(生田斗真)からは目が離せない。竹本は就職を完全に諦めていました。真山巧(向井理)から気にされていますが、竹本はこれでいいのだと。森田忍(成宮寛貴)は産まれて始めて
| 箒星 | 2008/02/20 12:02 AM |
「ハチミツとクローバー」第7話
青春の塔、崩壊! 今回はメンバー全員苦悩に満ちてるぞ。 ハチミツとクローバー (7) (クイーンズコミックス?ヤングユー) 羽海野 チカ JUGEMテーマ:エンターテイメント
| fool's aspirin | 2008/02/20 12:05 AM |
『ハチミツとクローバー』第7話「今、地図のない道を前へ」メモ
最終回でもないのに、変に回想が多かったのは気のせいかな?
| つれづれなる・・・日記? | 2008/02/20 12:38 AM |
ハチミツとクローバー 第7回 感想
『今、地図のない道を前へ』
| ぐ〜たらにっき | 2008/02/20 1:03 AM |
ハチミツとクローバー 第7話「今、地図のない道を前に」
ハチミツとクローバーの第7話を見ました。キャンバス/君はス・テ・キ就職するはずだった会社が倒産するという憂き目に遭った竹本は完全に就職を諦めようとしていた。それを知った森田や真山は、自分達が責任を持って竹本の将来を考える、などと言い出すと、様々な職業が
| MAGI☆の日記 | 2008/02/20 11:38 AM |
「ハチミツとクローバー」第7話
第7話はぐみは教授の大神から、あるコンクールに絵を出品するよう命じられる。一方、就職するはずだった会社が倒産した祐太は就職をあきらめようとしていた。そんな祐太に森田は、専門とする彫刻ではなく絵のコンクールで賞を取り、はぐみと向き合おうと決めたことを伝
| 日々“是”精進! | 2008/02/20 4:44 PM |
「ハチミツとクローバー」第七話 〜一心不乱に、ただ真っ直ぐに〜
みんなは、何かを目指して必死に走っていた。 目に見えない何かに向かって、必死に手を伸ばしていた。 たとえそこにゴールがないとしても、手が届かないと気づいていたとしても。 歯を食いしばりながら、必死に前に進んでいた。  はぐみ(成海璃子)は、教授の大
| 混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜 | 2008/02/20 10:43 PM |
・フジ「ハチミツとクローバー」第7話
2008年2月19日(火)21時から、フジテレビで、「ハチミツとクローバー」第7話(「今、地図のない道を前へ」)が、放送されました。さて、私の今の感想・・・。「もう、リタイアしようかなぁ・・・」って思っている自分がいます。 ハチミツとクローバー◇は
| たまちゃんのドラマページ | 2008/02/21 11:21 PM |