<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハチミツとクローバー 第9話「奇跡の告白、衝撃の大事故」

第9話「奇跡の告白、衝撃の大事故」
自転車で旅を続ける竹本君。

 なんのために走っているのか

 いまだによくわからなかった


通りかかったトラックの運ちゃんに話しかけられ
お茶とおにぎりをわけてもらいます。

 旅をしている間

 ずっと自分のやりたいことについて

 考えていたけど

 まだ答えはみえてこない

 でも 東京にいるころよりは

 どんなことに興味があって
 
 何が苦手なのかも 整理できてきたような気がする

 旅にでて かわったことがひとつだけある

 それは

 ・・・

 ひとりごとが異常に増えた


東京では絵に没頭するはぐちゃん。
それをみつめる森田さん。

花本先生から卒業制作についてたずねられる森田さんは
卒業証書がほしかったら自分でつくるといいます。
自分がいなくなったあと、ものすごいおもしろいことが
あったらと気になるタイプらしい。
あゆは長年の片思いから卒業できていないとからかわれてます。

真山は理花さんの事務所で仕事中。

森田さんは竹本くんもいないし暇そう。
しかも賞をとったのにもう絵は卒業といいます。
そんな森田がうらやましいというあゆ。

「もう真山のこと好きじゃないって思いたい。

 早く真山から卒業したい」


「そうだよ。さっさと忘れて新しい恋しろよ」

「でもさ」

「ん?」

「別の人を好きになったら

 今までの自分の気持ちが、

 うそになっちゃうようで

 怖いの。

 ずっと、ずーっと好きで

 あんなに悩んだこととか

 つらかった気持ちとか

 全部ウソになっちゃうようで怖いの」


花本先生に意見する大神に
今のはぐのやりかたで上をめざせると
はぐの絵をみてやってくださいと頼みます。

藤原設計事務所にいた真山と理花さん。
そこにあゆもやってきて、真山に平静を装って
挨拶しますが、それをみていた野宮さんが
あゆの手の甲にいきなりマジックで「バカ」と書きました。
今一瞬真山のこと忘れてたろ、という野宮さん。
真山のことを思い出しそうになったら
それをみて、腹をたてたことを思い出せばいいと
さりげなく元気づけてくれてました。
あゆは、真山が幸せそうでちょっとほっとしたといい
そうじゃなかったらまた自分がゆれちゃうだろうなあと
いってでてきました。

卒業制作をする森田さんに
また都合よく近づく寺登。

今度は野宮さんに鳥取行きの話。
「ちょっと考えさせて」という野宮さん。
やっぱりあゆが気がかり?

はぐちゃんは花本先生にあやまりますが
花本先生はそんな必要ないし
この絵が好きだと言ってくれて
はぐちゃんは笑顔に。。。

あゆは手にかかれたバカの文字を見て
こちらもやさしい笑顔。

仕事に精をだす野宮さんは鳥取の資料をみながら
考え中。。。

自転車旅行中の竹本君。

 小さい頃 

 自転車に乗っているときに ふと思った

 このままふりかえらずに

 どこまでいけるんだろうかと


 東京をでて ふりかえらずに

 ひたすら走ってきた

 ペダルをふめばふむだけ

 体にこびりついていた 将来への不安や

 ふがいなさ 自分へのいらだちが

 ゆっくりと消えていくのがわかった

 そして 前に進めば進むだけ

 背中から遠ざかっていくすべてのことが

 自分にとって どれだけ大事だったか

 身に染みてわかった


 僕には 戻りたい場所がある

 だから この旅をつづけることができるんだと

 会いたい人たちがいる

 だから 胸をはれるような自分でありたいんだと


 誇れる友達がいる

 だから くじけそうになっても

 前にすすんでこれたんだと


 そして 旅の果てに

 雨が終わる場所をみた


晴々とした顔で自転車をこぐ竹本君。
立ち止まって振り返ります


 帰ろう

 みんながいる場所へ

 帰ろう

 また同じ数だけ ペダルをふんで


おでんを食べる森田さんと真山。
真山、理花さんとまだチュウもしてませんが
戻ってほんとよかった、と発言。

その理花さんは、原田さんが描いた絵をみて
彼が日本で一番だと言っていたその景色を
見てみたいと思っているよう・・・。

はぐちゃんが絵を描いているところへ
竹本君が帰ってきました!!

「はぐちゃん」

驚くはぐちゃん。

「はぐちゃん。

 好きだよ。

 俺、はぐちゃんのこと、好きだよ」

 どうしても伝えたかった言葉が

 ずっと言えなかった言葉が

 自然に口からこぼれおちた

 はぐちゃんの答えは

 きかなくてもわかっていた

 だからぼくは 言えただけで

 本当にうれしかった


「ありがとう」

うなづく竹本君。

「おかえり」

と笑顔のはぐちゃん。

「ただいま」

 長旅でくたくただったはずなのに

 この旅一番のスピードで

 自転車を走らせた

 久しぶりの見慣れた風景と

 冷たい風がやけに心地よかった


竹本くんは部屋で大の字になって寝ていました。
その口におでんをいれようとする真山と森田さん。
竹本くん、起きてました。

「人間て旅してもかわらないんですね」

そして、ローマイヤ先輩が
自転車をみがいてくれていました。

「おつかれさま。

 よくがんばったね」


「はい」

「でも一番がんばったのは

 この自転車なんだよね」


「すごいですね。

 ピカピカじゃないですか」

「自転車も人間と同じ

 どんなに汚れていても

 一生懸命磨けば

 必ずもとの輝きを取り戻せるんだよね」


「久々にきくと心があらわれるなあ」

「でもね、どんなに磨いても

 消せないものがひとつだけある」


「なんですか」

「それはね

 僕と、君たちひとりひとりとの 絆なんだよね」


「ローマイヤ先輩〜〜!!」

だけどローマイヤ先輩が
自転車に書いてくれた名前は竹山・・・・。


理花さんは仕事の拠点をスペインへうつすつもり。
真山、納得いかない。
この仕事は、彼といっしょにだした最後のコンペだから
ひとりでやるつもりだったという理花さん。
真山にはほんとに感謝してるし
彼が残した仕事をやりのこしたままだと
自分が生きている意味がないと思ったからといいます。

「僕は、どうなるんですか」

「ごめんなさい」

はぐちゃんと竹本くん。
昨日のことは気にしないでとはぐちゃんにいい
旅行のことをきかれると、はぐちゃんにもらったカードの
「好きなことがみつかりますように」という言葉を
何度も何度もよみかえして、それがとても大事なことだったと
答えます。
はぐちゃんも同じく竹本くんからのハガキで
やっぱり自分には絵しかないと思えたと話しました。

理花さんのことがショックな真山は
花本先生のところへ。
「ずっといっしょにいたいんだろう?」
といわれる真山。

竹本くんは宮大工の本を読んで勉強開始。
とにかくはじめてみれば意味なんて勝手についてくる、
といわれた森田さんの言葉をもとに走り続けて
将来こんな仕事についてたらいいなというのが
ほんのちょっとだけみえた、と話します。

野宮さんの鳥取いきをきいて驚くあゆ。
知らされなかったことがショック。

8年目にしてついに卒業制作にとりくむ森田さんは
それは逃げてるといい、投げ出しそうになり
庄田教授があわてますが、「作ったらなんかくれる?」
と軽い森田さん。

竹本くんも本をそばにおき
製作にとりくみます。

仕事を終えた理花さんと真山。
真山の表情はうかない。

藤原設計事務所で野宮さんを待っているあゆ。
野宮さんはいつもとかわらない態度。
あゆを大学まで送ってくれますが
やっぱり鳥取行きのことをいいません。
ついにあゆからきりだしました。

「どうして黙っていこうとするんですか」

「いっしょに仕事してたのに

 どうしてそんなこともいってくれないんですか」

「だからいいたくなかったの」

「どうして?」

「あゆみちゃんのことが好きだから」

と告白してしまいました。

はぐちゃんに近づく大神先生。
いやみをいいにきたのか?

「わたし、今まで絵を描き続けることが

 あたりまえだと思ってたんです。

 先生にいわれてはじめて自分じゃないひとのために
 
 絵を描こうと思いました。

 でもそれは私にはできませんでした。

 もう絵描くのやめようとおもってました。

 でもやめられませんでした。

 本当に私には絵しかないんだなって

 そう思ったんです」


大神先生は若いころ、留学し
壁にぶちあたったそうで
実績のない自分は誰にも認められなかったので
はぐちゃんにはそんな目にあってほしくないと
おもったのだそう。

「はじめから違うところを見てたのかもしれないわね」

欲がない絵だからこそ人の心をつかむのかも、
とこの調子でがんばりなさい、といってでていきました。

駅にいた真山と理花さん。
札幌行きの列車をみている理花さんをみつめる真山。

理花さんの手をひいて札幌行きの列車に乗りました。

はぐちゃんは庄田教授に
なんかいいことでもあったか?ときかれるくらい
笑顔。

竹本くんは製作中。
あゆと野宮さんもそれぞれ思案中。

列車の中の真山は理花さんに

「行きましょう、小樽」

とつぶやきます。

うきうきとしたはぐちゃんは、
中庭で人にぶつかて倒れてきたガラスの破片を
あびてしまいました。

はぐちゃんの黄金の腕に血が。。。。。



あいかわらず展開早っ!
はぐちゃんにけがさせてしまうのか。

個人的には真山と理花さんをもっとじっくりゆっくり
みたいです。
真山の不器用だけどまっすぐストレートなところが
理花さんにはぴったりだと思うのですが。

自分探しの旅から帰ってようやく
自分のすすみたい道が漠然とみえた竹本くんが
いいかんじです。











2008.03.04 Tuesday 22:05 | comments(0) | trackbacks(14) | 
<< アニメ D.Gray-manディーグレイマン 第72話 「帝都決戦」 | main | 貧乏男子 ボンビーメン 第8話「ボンビーメン怒る!」 >>









【ドラマ感想】 ハチミツとクローバー第9話 「奇跡の告白、衝...
そして旅の果てに雨が終わる場所を見た帰ろう 皆がいる場所へ初っ端、花本先生と山田さんと森田さんの間で、そういやハガキ1枚きたっけ〜くらいでサラリと話を流された竹本くんがめっさ不憫でした。もちょっと心配しよう!300円あげるから!(←安っ!( ̄□ ̄;)
| 読書とジャンプ | 2008/03/04 10:09 PM |
ハチミツとクローバー 第9話:奇跡の告白、衝撃の大事故
ぎゃぁ、はぐちゃんがぁぁぁ〜 イタ━━(゚Д゚;)━━━イ!!! 手、ヤバいんじゃ・・・せっかく大神教授もはぐちゃんのやり方を 認めてくれてたのに〜{/face2_shock_m/} さてさて、竹本くん、お疲れさまでした〜&おかえり〜{/face2_happy_s/} 雨に濡れたり、雪が残る
| あるがまま・・・ | 2008/03/04 10:49 PM |
ハチミツとクローバー 第9回 感想
『奇跡の告白、衝撃の大事故』
| ぐ〜たらにっき | 2008/03/04 11:09 PM |
ハチミツとクローバー 第9話 
「奇跡の告白、衝撃の大事故」 「・・・かえろう みんながいる場所へ・・」 旅をしている間 ずっと自分のやりたいことについて 考えて...
| shaberiba | 2008/03/04 11:15 PM |
ハチミツとクローバー 第9話 「奇跡の告白、衝撃の大事故」
旅に出た竹本(生田斗真)はひとり言が多くなったらしい。
| テレビお気楽日記 | 2008/03/04 11:26 PM |
ハチミツとクローバー〜第9話・奇跡の告白、衝撃の大事故
ハチミツとクローバーですが、竹本(生田斗真)の自転車の旅は続いています。森田(成宮寛貴)は卒業制作作りますが、山田あゆみ(原田夏希)に「おまえも片想い卒業していない」と味なことを言います。森田とあゆみは一番心開いて話している気もしますが、恋愛にはなら
| 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2008/03/04 11:27 PM |
「ハチミツとクローバー」第9話
自分探しの旅、もう終わり?短っ! 北の果てまで行ってないし、そこ伊豆半島やろ! …と突っ込むも、帰還後の竹本くんの告白にキュン… いや〜斗真くん、いいですな〜。 でも物語はそれぞれの転換期を迎えようとしているようだ。 ハチミツとクローバー (9) (ク
| fool's aspirin | 2008/03/04 11:44 PM |
ハチミツとクローバー 第九話「奇跡の告白、衝撃の大事故」
自転車で、当てもない旅を続ける竹本(生田斗真)少しづつ、 将来に対する不安や、自分にへの苛立ちがゆっくり消えて 行くの感じていた。 絵はもう卒業したと、暇そうにしている森田(成宮寛貴) あゆみ(原田夏希)は、早く真山(向井理)から卒業を したいと、
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2008/03/05 12:13 AM |
「ハチミツとクローバー」第9話
第9話はぐみは、花本の研究室にこもって絵を描き続けていた。森田への思いや、コンクールのために絵を描くことのつらさを乗り越えて、自分には好きな絵を描き続けることしかできないと気付いたのだ。同じころ、自転車の旅を続ける祐太は、将来への不安やふがいない自分
| 日々“是”精進! | 2008/03/05 6:41 AM |
ハチミツとクローバー 第9話「奇跡の告白、衝撃の大事故」
ハチミツとクローバーの第9話を見ました。キャンバス/君はス・テ・キ『何のために走っているのか、未だにによく分からなかった。旅をしている間、ずっと自分のやりたい事について考えていたけどまだ答えは見えてこない。でも 東京にいる頃よりはどんな事に興味があって
| MAGI☆の日記 | 2008/03/05 10:41 AM |
【第9話】ハチミツとクローバー 「奇跡の告白、衝撃の大事故」
明日からテストですが、ハチクロの感想は書きます。先週の放送で竹本祐太(生田斗真)が成長をしました。今週も竹本から目が離せません!もう季節が季節となり、昨日のトマゴトによるとローマイヤ先輩(木村祐一)がオールアップをしたようです。まあローマイヤ先輩は1話の
| 箒星 | 2008/03/05 1:35 PM |
『ハチミツとクローバー』第9話「奇跡の告白、衝撃の大事故」メモ
予告って大事ですねぇ。今回の一番のサプライズは予告でみてたので驚きも小さかったですね。
| つれづれなる・・・日記? | 2008/03/05 11:48 PM |
「ハチミツとクローバー」第九話 〜ある日、硝子の欠片が落ちてきて〜
どうしても言えなかった言葉が…ずっと言えなかった言葉が…。 自然に、口からこぼれ落ちた。 はぐちゃんの答えは、聞かなくても分かっていた。 だから僕は…答えただけで本当に嬉しかった。  はぐみ(成海璃子)は、花本(村上淳)の研究室にこもって絵を描き続
| 混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜 | 2008/03/06 9:34 PM |
・フジ「ハチミツとクローバー」第9話
2008年3月4日(火)21時から、フジテレビで、「ハチミツとクローバー」第9話(「奇跡の告白、衝撃の大事故」)が、放送されました。リアルでは見れませんでした。録画したものを見ちゃったので、記事書きます(笑)。今、とっても、忙しいんですぅぅぅうぅ!
| たまちゃんのドラマページ | 2008/03/06 11:33 PM |