<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アニメ D.Gray-manディーグレイマン 第73話 「神田、参戦」

第73話 「神田、参戦」
方船の中に入ったアレン。
一方江戸ではアクマを相手に苦戦中のラビたち。
そこへ神田登場。

「ごついのがいるぜ」

神田とティエドール元帥とマリの姿。

「マリ、キミの耳で何がきこえる?

あそこから」

「アクマの膨大なノイズにまざって、かすかに

 リナリー、ラビ、クロス部隊の声がきこえます」

「うん。いってあげなさい」

神田とマリはとびたちます。

「いいのか?おまえの護衛いかしちまって」とアクマ。

「何を白々しいことを・・・

 えらく派手にしてちゃって

 実はこれがきみらの目的だったんじゃないのかい?
 
 だしょ?改造アクマくん」

「へっへへ」

「マリアンに貸しつくると、面倒くさいからね」

「そうか。おまえらとの旅、ドキドキしたぜ。

 おいらも腹が減ったからいくわ」

とアクマ爆発・・・・。

「殺人衝動がおこったら自爆なんて

 派手だなあ、もう」

巨大アクマにむかうクロウリーとブックマン。
あっさりふっとばされるクロウリー。

「ヘブンコンパス 呪縛の針 ノースクライム」

アクマは苦しみますが一瞬だけ。

「く、前より硬さをましておる」

「?」アクマの攻撃。

ミランダの疲労がはげしい。

「みんなを守らなくちゃ」

「ミランダ。無理しないで」

「判!劫火灰燼!火判!」

「その技みあきた」とティキ。

「ち」

「どうした?眼帯くん。

 アレン・ウォーカー、いかさま少年のかたきを

 うつんじゃなかったのかい?」

「きさまあ!」

「は〜〜!コンボ判 剛雷天!」

しかしティキにはきかない。

「何?!」

「もっと楽しませてくれよ。

 さもないと、今殺すよ」

ティキの攻撃をあびるラビ。

「千年公。おのれにもやらせてくれ。

 じっとしているのはしょうにあわない」とスキン。

「あなたには、あとでたっぷりと働いてもらいます。

 今はティキぽんの戦いを楽しみましょう」

と千年公にいわれて、飴をしゃぶるスキン。

「ラビ!」

「よし!

 いっけえ〜〜〜!!

 コンボ判 剛雷天!」

クロウリーとの合同攻撃ですが
ティキは笑ってみているだけ。

「じじい!力貸せ!」

「それがものを頼む態度か?

 ヘブンコンパス 加護の針 イーストクライム」

「マル天!雷霆回転!天判!」

「牙とこのスピードがあれば・・

 くらうがいい!」

しかしティキがふせぎます。

「キバが、ささらない」

「今度は子供だましか」

「直火判!やったか?

 いない?」

「今のは惜しかった。

 おれの体にかすったんだから」

「ざけんな!」

またまたアクマの攻撃。

ミランダが倒れそう。

「ミランダ。これ以上はあなたの体がもたない」

「だめ。リナリーちゃんは怪我がなおっていない。

 それに・・」

ブックマンにハートの可能性があるといわれたリナリー。

「あなたを失うわけにはいかない」

「でも・・」

「ノアの一族にでかいアクマ。なんて恐ろしい連中なんだ」

「エクソシスト様をサポートするつもりでいたけど

 おれたちにできることは何も・・・

 ただ殺されるのを待つだけ・・」

アクマに建物ごとふみつぶされ
落下するクロウリーとブックマン。

「動けるか?アレイスター」

「くそ。でかぶつめ。

 世界は広いな。私の牙が届かん」

「まったく。硬いのお」

そこへラビもおちてきました。

「ラビ」

「何やっとる!アホ!

 やつをボコボコにするんじゃないのか?

 おまえがボコボコになってどうすんじゃい。

 しっかりせい!ボケぇ!」


「くそじじい。そのセリフそのまま返すさ」

「わしゃ年なんじゃ」

「反則みてぇに強ぇな、チクショー。

 怪我にしみる。
 
 やつはどこだ?」

たおれそうになるミランダ。

「エクソシスト様!」

空に立ち上る光をみつけティキが移動。

「まずい!あの野郎、リナリーたちのところに」

光がきえ、ミランダが倒れます。

「ミランダ!大丈夫?!」

その後ろにあらわれたティキ。

「エネルギーきれ?

 ふん。女のエクソシストねえ。はじめて見た。

 そっちの彼女、大丈夫か?
 
 無理しすぎちゃった?」

リナリー、ティキにつかまります。

「助けなくちゃ」

「でもただの人間の俺たちが、

 ノアの一族にかなうわけない」

伸でリナリーたちのもとへいくラビと
クロウリーとブックマン。

「リナリー!」

「女は無理しないで死ねよ」

「リナリィ〜〜!」

アクマもラビたちを、みつけます。

ティキの手をとめるチャオジー。

「ん?」

「はなせ!エクソシスト様を放せ!化け物!」

「チャオジーさん、だめ」

「しらけんなあ。

 ティーズ。くっちまえ」

蝶をチャオジーにむかわせるティキ。
しかし下から攻撃が。

「あぶねえ。

 今日は客が多いなあ」

「神田!」

ラビたちをつかもうとしたアクマからマリの弦が救ってくれました。

「おや、新手の登場ですね」

「ん?あいつは」とスキン。

「どうやら、フロア・ティエドールも近くまできてるようですね」

うまくのがれたラビたち。

「助かった。ん?コート?きさまは?」

「マリ!」

「久しぶりだな」

「ご老体こそ」

ティキにつかまったままのリナリー。

「エクソシスト様」

「ひょっとしておまえもいかさま少年アレンの友達?」

「そんなもやしなど知らん」

「もやし?」

ティキにきりかかる神田。

「うお、こいつめっさ速っ!」

リナリーはつかまれたまま。

「動かないでもらえるかな?」

リナリーをかかえたまま神田とたたかいます。
リナリーを前におしだし姿を消しふたたびあらわれて
神田をしりぞけました。

「なかなかやるね。

 これはどうかな」

蝶を神田にむかわせます。

「きれるかい?包丁つかいくん」

「ユウ!」

「ここはまかせろ」とブックマン。

伸で加勢に向かおうとしたラビはアクマにおとされます。

「ラビ!」

「バカめ」

「うるせえ。じじい!」

「待ってろ。ユウ」

「あいつ、助太刀にきたのではないのか」とクロウリー。

「マリにはマリのやり方がある。任せておけ」

アクマの様子をうかがっているマリ。

「楽曲決定」

マリが手から弦をとばします。

「そんなものきくわけがない。

 弱点はあの硬い頭だけだ」

マリの弦はアクマのからだにからみつきます。

「貴様、いいかげんにしろ。

 効果がないと言っている」

「奏演(?)」

「これは・・」

ティキと神田。

「ふん、安く見られたもんだ。

 斬れないと思っているのか?虫つかい」

「ふん。みせてもらおうか、虫遊び」

「全部さばいてやる。こいつでな」

「ティーズ」

「イノセンス 発動」

「くっちまえ、ティーズ。

 口ほどにもない。

 できればこの手でやりたかったんだがな」

「この程度で俺を殺したつもりか?

 六幻 災厄将来 界虫一幻」

「なるほど。

 一匹ずつは面倒だから

 わざと近くに呼び込んだというわけか」

「遊びはおわりだ」

神田、再びティキにむかいます。

「ならかえすか。悪いね、お嬢さん」

リナリーを神田のもとへわたしいっしょにやろうとしますが
ラビが間に合いました。

「まにあわなかったか」

「ち、あいつら」

「ティキぽ〜ん」

「千年公、その呼び方やめてくださいって。

 今いいところなんですから邪魔しないで」

爆弾を見せる千年公をみてはっとするティキ。

「消えた?もう近くにはいない」

「どこへいこうが絶対ぶったおすさ。

 よう大将。こんな修羅場で奇遇さね」

「何やってんだ。おまえ」

「なんかうちの元帥が江戸で仕事あるとかで。そっちは?」

「似たようなもんだ」

そこへアクマが倒れる姿。

「何さ?どうしたの、こいつ」

「マリの弦につかまったんだろう。

 あいつの奏でる旋律はアクマには毒だぜ」


「ノエル・オルガノン 嘆きの旋律」

弦のそこここに天使の姿・・・。

「六幻 災厄招来 二幻刀!」

「気をつけろ、ユウ!

 そいつ、めちゃくちゃ硬え!・・・ぞ」


アクマ、斬られてラビびっくり。

「また気持ちよく斬りおった。

 腕をあげたな、神田め」


「神田。なんてガキだ」

「助かる。こちとらけが人ばかりで難儀しとったからな」

「おい、おまえ」

「へい?!」

「俺のファーストネームを口にするんじゃねえよ。

 きざむぞ」


「あいかわらず怖ぇ・・・」

そのころ伯爵はそらにうかんでいました。

「チョコザイナ」

伯爵が腕を振り下ろすと黒い円が広がり・・・。



神田参戦というサブタイだけでわくわくします。
ほんとはティエドール部隊なんだけど。
マリの攻撃もかっこいいし
神田も期待を裏切らないかっこよさ!!
アクマにはきかなかったけど
ラビの判もいっぱいみられて楽しかったです。

それでもこの先伯爵とノア相手でかなり危険。。。



D.Gray-man 2nd stage 02
D.Gray-man 2nd stage 02
アニプレックス


D.Gray-man 2nd stage 03 【完全生産限定版】
D.Gray-man 2nd stage 03 【完全生産限定版】




2008.03.11 Tuesday 20:28 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< ワンピース グッズいろいろ | main | 貧乏男子 ボンビーメン 第9話(最終話)「ボンビー最後の対決」 >>









D.Gray−man#73「神田、参戦」
待ってました〜〜〜〜〜神田の登場ですよ本紙とWで嬉しいです戦火に包まれる江戸。ケタ外れに強いレベル3アクマそしてノアの一族・ティキの猛攻に苦戦するラビたち。ティキに後ろから抱きしめられたリナリーが羨ましい後ろからギュッギュ〜ですよ。もう抱きしめられた
| Sweetパラダイス | 2008/03/12 2:53 PM |