<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ハチミツとクローバー 第10話「絶望の淵 ふたりを結ぶ道」

第10話「絶望の淵 ふたりを結ぶ道」
ガラスの下敷きになったはぐちゃん。
病院へ運ばれすぐに処置をうけます。
心配そうに待っているみんな。
手術は長引くので今日はかえったほうがいいと
花本先生に言われます。

 何事もなかったように笑うはぐちゃんの表情と

 想像もしたくない 最悪のシナリオが

 頭の中で 交互に繰り返された

 ひとりで戦っているはぐちゃんに

 何もしてあげられない自分が

 本当にもどかしかった

 これからのはぐちゃんにいったい

 何をしてあげられるんだろう


真山と理花さんは小樽にきていました。
原田さんの育った街はどこらへんかたずねる真山。
まだいったことがないという理花さんに

「いきましょう、そのためにきたんですから」

とレンタカーを走らせる真山。

電話をもらって病院へかけつける竹本くん。
あゆと森田さんもいました。
はぐちゃんは麻酔がきいて眠っていますが
命に別状はないときき、竹本君、笑顔に。

道をききながら原田さんの故郷をめざすふたり。
雪の積もる道を歩きます。

目をさましたはぐはみんなの顔をみて笑顔をうかべます。
竹本くんのこともちゃんとわかってました。

真山と理花さん。
理花さんは見覚えのある光景をみつけて立ち止まりました。
原田さんが日本で一番だといっていたあの絵の場所。

「あの人が、一番好きな場所だっていってたから

 いつかこようって約束してたの。

 一生これないと思ってた。

 ありがとう・・・・」


泣きだす理花さんを後ろから抱き締める真山!

竹本君に、宮大工の仲間のシンさんから電話。
次の現場に人手がたりず、棟梁から竹本君の名がでて
もし就職がきまってないならどうだ?と誘われます。
卒業制作さえつくってしまえばあとは卒業式だけなので
来月からでも大丈夫、とそのまま卒業制作をしにいく竹本君。

翌朝、ひとりホテルの部屋をでていこうとする理花さんを
とめる真山。
これはいっしょに一夜をすごしたということでいいのかな。

「過去をひきずってもいいです。

 だからちゃんと!今を生きてください!

 過去をうめるためだけにいきるんじゃなくて

 前向いて、これからを生きてください。

 もっと、自分のために生きてくださいよ!」

泣きながら訴える真山。。。
でも今の発言を忘れてくださいとあやまります。

あゆパパもはぐちゃんのお見舞いにきてくれました。
あゆパパみたいな人がいるとほんとに元気になります。

真山は理花さんに、今までのお礼をいってわかれます。
タクシーのドアがやけにゆっくりとしまり
タクシーをみおくる理花さん。。。

真山が部屋にもどると森田さんから伝言がはってあり
携帯をみてあわてて病院へ。
いつもの三人がはぐちゃんのお見舞いにきているところへ
真山もやってきました。
はぐちゃんのために絵の道具をもってこいという3人。

はぐちゃんの手は何か深刻らしい・・・。

みんな帰ろうとしますがあゆは花を買いにもどります。

はぐの部屋にやってきた花本先生に、はぐちゃんは
いつなおるか全部話して、と頼みます。
右手の傷は腱がきれていて、重要な神経が集中しているので
指先の神経がもどるかどうかはまだわからないそう。
指先が痛いほうがよかったんだね、というはぐ。
その話をあゆが立ち聞きしていました。

森田たちのところに戻って今きいた話をするあゆ。

 山田さんから

 はぐちゃんの病状についてきかされた

 事の重大さに

 誰も口をひらくことができなかった


野宮さんは転勤準備中。
あゆの様子がへんなことに気づきます。
あゆがはぐちゃんのことを話し
どうしたらいいかわからない、
いっしょにいてなんにもできないし
どんな言葉をかけたらいいのかわからないといいます。

「そうやっていっしょにいることから逃げたらさ、

 その友達かわいそう

 そばにいてあげるだけでじゅうぶんじゃん。

 だって、友達なんでしょ。

 何にもできないからって距離おいたらさ
 
 あとでもっと後悔するよ」


さすが年上の野宮さんの言葉は説得力あります。
野宮さんはあゆをはげまして鳥取へ・・。

理花さんに鍵を返す真山。
しかしそこでみつけたのは
真山もいっしょにスペインへいけるという書類・・。

「理花さん、これって・・・」

「いっしょに、きてほしいの」

「・・・はい」

真山が報われたーーー(>_<)

卒制に取り組む竹本君。
森田さんも彫刻を製作中。
はぐちゃんに画材をもっていきませんかという竹本に
一人でいてこいという森田さん。

「今俺があいつにしてやれることはさ

 悔しい思いさせるような作品どんどん作って

 絶対にけがなおさなきゃって思わせることくらいしか

 できないなあってさ」


それは正しい・・。

森田への差し入れに寺登がもってきたドーナツをもたされ
竹本くんはお見舞いに。
はぐちゃんは痛み止めをのまずにがまんしていました。

 神経がつながっていることを確認するため

 一刻も早く 痛みを知る必要があった

 もう一度 絵筆を握りしめるために

 右手に訪れる痛みを

 必死に探していた

 はぐちゃんが戦っているものの大きさに

 ぼくはただただ 圧倒された


帰ってその話を真山にする竹本くん。

「あたりまえのことなんですけど

 人の痛みって

 かわってあげられないんだなあっておもいました。

 少しでもわかちあってあげたいのに

 どうすることもできないんだなあって」


という竹本君に

「わかちあうことはできなくても

 ささえることはできると思うけどな」


という真山。
体験と希望もはいってます。

痛みを感じて、嬉しくて泣きだすはぐちゃん。

「きた・・痛いの、きた。

 右手に、痛いのきた、

 ちゃんときてる。

 大丈夫・・・ちゃんとつながってる・・

 私の手・・つながってる・・・うれしい・・」


涙を流しよろこぶはぐちゃんを見守るみんな。

竹本君はシンさんからまた電話をもらいます。
みんながあいたがっているといわれますが
沈んだ表情で部屋にいると
ローマイヤ先輩が鍋焼きうどんをはこんでくれました。

「栄養とって 元気出さなきゃだめだよ。

 元気ってね、人に伝わるんだよね」

 だからもし元気をつけたい人がいるんなら

 自分が元気になることが大事なんだよね」


「いただきます」

ローマイヤ先輩毎回大好き(>_<)

はぐちゃんは痛みにたえてリハビリをがんばります。

あゆたちに、はぐに必要なのは長い目でみていくことで
きてくれるのはありがたいけど
自分の生活もおろそかにならないようにという花本先生。

 今のぼくに 

 はぐちゃんをささえることなんて

 できるんだろうか


あゆはそれでも毎日何かしらやれることはあるというと
しばらくは真山がやるといいます。

「俺、あと少ししかここにいられないんだ」

スペインにいくことを話す真山。
理花さんもいっしょだときかされて
動揺するあゆ。

はぐちゃんはクレヨンをにぎろうとしますが
うまくもてません。

竹本君の卒制をはげましにくる庄田先生。
卒業して宮大工をめざそうと思っていたけど
それが本当に一番いいことなのかわからなくなったという竹本君。
前におなじことをおもったとき
何もかもなげだしてはしっていったんじゃないかという教授。
「卒業なんて、いつだってできる」

野宮さんも美和子さんから、理花さんと真山が
スペインにいく話をききます。
野宮さんはあゆに電話。
お見舞いにもちゃんといってるし大丈夫だというあゆ。

「あゆみちゃん、ほんとに、平気?」

「え?」

あゆ、泣いてます・・・。

「だいじょぶですよ」

「もしつらいことがあったら、いつでも電話してきな。

 俺でよければきくから」


「はい。でも、本当に大丈夫です」

真山のことは言わないまま電話をきってまた泣き出すあゆ。
電話をきった野宮は車の鍵をもって外へ。
ガソリンを満タンにして、このまま東京へいくつもり。

はぐちゃんの言葉を思い出している竹本君は
卒制にうちこみます。

先生が看病しながら仕事もしなくちゃいけないから
たいへんだという森田。
神経はつながっていたけど、今までどおり絵をかけるように
なるかどうかはわからないという花本先生の言葉に
とりみだす森田。

「なんでそんなに冷静なんだよ!

 あいつの手は特別なんだよ!」


はぐちゃんはくれパスを手にもとうとして
やっぱりダメで・・・。

竹本君は考えこんでいましたが
シンさんに電話します。
今すぐにでもそっちにいって宮大工になりたいと思っているけど
そう思えるようになったのは友達のおかげで
今やらなければいけないことは
彼女のそばにいることだと思ったという竹本君。

竹本君ははぐちゃんの病室へ・・と思ったら
森田さんでした、、、、、、
少し遅れて竹本君が病室の前に。
ドアをあけて竹本君がみたものは・・・
空のベッドとひらいた窓。

森田さんははぐちゃんをおぶってつれだしました。

「わたし、また森田さんに

 喜んでもらえるような絵描きたい。

 描けなくなったら、私・・私・・」


はぐを抱きしめる森田。

「もう描かなくていい。

 もう描かなくたっていいから

 いっしょにいられればいい。

 ずっと俺といっしょにいろ」


注目をあびながら森田ははぐをおぶったまま歩きます。



はぐちゃんの方も心配なんですけど
今日はやっぱり真山と理花さんでした。
真山の一途な想いが報われてよかった。
この片想いだらけの人たちの中で
唯一幸せそう。
そのせいであゆがまた泣いてるわけですが・・・
そのまま車で東京へむかう野宮さんがかっこいい!!

はぐちゃんのそばにいてささえること・・
これは友情もしくは本当の恋人同士なら
いいんですが、竹本君の場合はやっぱり
微妙なわけで・・・報われないだろうな、最後まで。
森田さんも「描かなくていい」といった時点で
だめだった気がするなあ。







2008.03.11 Tuesday 23:30 | comments(0) | trackbacks(11) | 
<< 貧乏男子 ボンビーメン 第9話(最終話)「ボンビー最後の対決」 | main | あしたの、喜多善男 第10話「最終章!!絶望をのりこえろ!」 >>









【第10話】ハチミツとクローバー 「絶望の淵、ふたりを結ぶ道」
いよいよ二桁目の話となり、後2話です・・・そんな中庄田教授(松重豊)と山田大五郎(泉谷しげる)がオールアップとなりました。それぞれ松重さんブログとトマゴトに書いてありました。松重さんは、舞台「49日後・・・」があるので稽古頑張ってください。松重さんで思い出
| 箒星 | 2008/03/11 11:36 PM |
ハチミツとクローバー 第10話:絶望の淵、ふたりを結ぶ道
竹本くん、遅いよ〜o><)oモォォォォ〜ッ!! 珍しく自分から行動起こしたと思ったのに、、森田さんに1歩及ばず… てゆーか、森田さん!はぐちゃんをどうするおつもりか{/eq_1/} はぐちゃんの右手、かなりヤバい状態のようですね〜。 でも、森田さんの口から描かなく
| あるがまま・・・ | 2008/03/11 11:49 PM |
ハチミツとクローバー 第10回 感想
『絶望の淵、ふたりを結ぶ道』
| ぐ〜たらにっき | 2008/03/11 11:58 PM |
ハチミツとクローバー 第十話「絶望の淵、ふたりを結ぶ道」
倒れたガラスの破片を浴びて、はぐみ(成海璃子)は病院に運ばれた。頭部と右手の怪我で緊急手術を受けるはぐみ。竹本(生田斗真)あゆみ(原田夏希)森田(成宮寛貴)も心配して病院に駆けつける。翌日、目を覚まし
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2008/03/12 12:18 AM |
ハチミツとクローバー 10話
10話「絶望の淵・2人を結ぶ道」 絶望の淵で結ばれる2人とは ・・いったい誰のことなんだろう・・??    ある意味原作よりスリ...
| shaberiba | 2008/03/12 12:19 AM |
「ハチミツとクローバー」第10話
割れたガラスで負傷したはぐみ。 傷ついたはぐみを支えようとそれぞれ苦悩する竹本、山田、森田、 そして花本先生。 真山ひとりが北海道でウハウハですぞ! ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス?コーラス) 羽海野 チカ JUGEMテーマ:エンターテ
| fool's aspirin | 2008/03/12 12:42 AM |
ドラマ「ハチミツとクローバー」第10話
怪我をしたはぐちゃん。この話は原作の中でもものすごい悲しくて痛い話で大好きでした。アニメでも大泣きしちゃったシーンです 最近忙しかったのと見逃したので3回ほど感想飛んでしまったのですが、やはり一番盛り上がるシーンだったので、簡単に感想を書こうかと
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2008/03/12 1:59 AM |
【ドラマ感想】 ハチミツとクローバー第10話 「絶望の淵、ふ...
この手は今、痛いほうが良かったんだねはぐちゃんが戦っているものの大きさに僕はただただ圧倒された「分かち合えることは出来なくても支えることは出来ると思うけどな」「焦ったぁ 俺だけ忘れられたのかと思っちゃった〜」(by竹本くん)大丈夫、忘れられてるのは真
| 読書とジャンプ | 2008/03/12 6:03 AM |
「ハチミツとクローバー」第10話
第10話倒れたガラスの下敷きになったはぐみは、病院に収容される。幸い命に別条はなかったが、頭部と右腕に重傷を負い、緊急手術を受ける。事故現場に居合わせたあゆみから連絡を受けた祐太と森田は慌てて病院へ向かう。同じころ、真山は理花とともに理花の亡き夫の生
| 日々“是”精進! | 2008/03/12 7:05 AM |
ハチミツとクローバー 第10話「絶望の淵 ふたりを結ぶ道」
ハチミツとクローバーの第10話を見ました。キャンバス/君はス・テ・キ倒れたガラスの下敷きになり病院に収容されたはぐみは幸い、命に別状はなかったが、頭部と右腕に重傷を負い、緊急手術を受けるはぐみ。事故現場に居合わせたあゆみから連絡を受けた竹本や森田は慌て
| MAGI☆の日記 | 2008/03/12 11:00 AM |
・沖縄テレビ「ハチミツとクローバー」第10話
2008年3月11日(火)21時から、沖縄テレビで、「ハチミツとクローバー」第10話が、放送されました。今日も沖縄に居ます♪ 超短い記事書きになります!!TB・TB返しや、コメントレスは大幅に遅れます。ご了承ください。記事は簡単にさせて戴きます。誤字が
| たまちゃんのドラマページ | 2008/03/15 8:47 PM |