<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

貧乏男子 ボンビーメン 第9話(最終話)「ボンビー最後の対決」

 第9話(最終話)「ボンビー最後の対決」
オムオムさんから最後の勝負をもちかけられた一美。
前にもやった封筒の糊づけ。
前にはお金目当てで集まった友達があつまったけど
今回はお金をつかわずに、ひとの心の尊さを証明
してくれというオムオム。
勝てば借金はチャラ、
負ければ、心よりお金が大事で
自分の今までの生き方は間違ってましたと
謝ってもらうといいます。

一美はやる気。

「みんなを信じたい

 信じてみたいんです。

 そう思う、自分のことも」


引田も未海も手伝い、一美はメールをうちます。

オムオムさんにどう思う?ときかれた
ちゃギーたちは、もしかしたら一美なら
もしかして200人集まっちゃうかも
という考え。

「バカだけど、いいやつだから」

オムオムさんはそんな考えも気に入らないみたい。

1時間半たっても誰もこない。
一美のおくったメールをみる未海たち。
お願いしたいことがあるのでよければきてください
というメールに危機感が足りないという引田。
かわりに未海がおくります。

すみれちゃんとスナガワくんがきてくれました。

未海のおくったメールは、今悪い人におわれているというもの。
パトカーきちゃいました。。。

そんなバカなメールにつられた人にバカ!と怒鳴る引田・・・。

そのバカなのりで袋貼り大会をしようというメールをおくりますが
誰もこない。
でもこんなふうになると思ってたという一美。
今は前と違いあんまり学校にいっていないし
たぶんそんなにこないと思っていたといい
でも今ここに一人じゃないというのがほんとにうれしい、
とおもいきりお礼をいう一美。
未海と引田は応援をたのみにいきましたが
お互いつれてきたのはひとりずつ。

白石くんと店長もきてくれました。

「僕としては当然すぎる行動です」

終電の時間。
わけのわかんないメールをおくったことを
あやまり

「俺は大丈夫です。ハッピーです。

 みんなが幸せでありますように」


とおくります。

仮面をかぶってテルテルさんも手伝ってくれてました。

眠りそうになりながら朝まで作業を続けるみんな。
一美と引田さん以外みんな寝てしまいました。

「くやしいなあ。

 おまえならひょっとして・・ってさ」

そこへオムオムさんがやってきました。
十分の一強しかできませんでした。

「俺の負けです」と笑顔の一美。

「じゃ、土下座して俺にあやまって。

 心よりお金が大事でしたって」

「はい」

一美が土下座しようとしたときに
友達がいっぱいやってきました。
いつものメールとかんじがちがうから心配したと
すごい数の友達。。。。
それをみて笑顔になる一美。

だまってみているオムオム。

「心配かけてごめんねー。

 ありがとう!ありがとう!」


だけどちゃギーたちがオムオムさん放っとくなよ、といい
一美は土下座。
みんなざわめきます。

「その顔だ。その顔が気に食わない」

「すみません。
 
 でも俺、みんながこんなにあつまってくれて

 ほんとにうれしいんです。

 勝負は俺の負けです」


オムオムはでていき、おっていく一美。

一美のことが苦手だというオムオムは
もう借金のことをわすれてあげる、といい

「もう君にあうこともないだろうな」

と手をあげていってしまいました。

借金がちゃらになったことを喜ぶ引田だけど
一美は複雑そう。

オムオムはもう十分楽しんだから、とさっていきました。

残ったみんなは封筒貼り。
友達から、一美が教務科から呼び出しをうけていると
きかされます。

一美、単位がやばいらしい。
卒業できないと内定もパーになります。
今やっている交換の仕事は新規の受けつけは
しないことになりました。

とんでもない借金背負っても能天気にがんばってたから
神様が味方してくれたんじゃないかという未海。

いや、一美が神様でしょ!(←一話目からの持論)

借金がなくなったらもうあうこともなくなるのかなあという引田は
未海にちゃんと気持ち伝えなくていいのか、とたずねます。
未海は素直じゃないけど、仕事中の一美にいつものように
おにぎりの差し入れ。
あとでたべて、いわれたのにすぐあけてる一美。。。。

未海は引田にもおにぎりを。
引田には今食べろという未海。
告白したのかときかれると

「フィフティフィフティ」

中に紙が入ってました。

「やっぱはずれたかあ」

沈んだ顔の未海をみて、紙を開くと「好き」というメモでした。
自分の気持ちがはっきりわからないから1/2のくじにして
一美があたりをひいたらちゃんと言おうと思ったけど
はずれちゃったから、これできっぱりふんぎりをつける、
という未海。
おにぎりも紙も食べてくれる引田は
引田なりの励まし方のよう。

一美は単位取得にがんばり、
飲みにさそわれても飲み代がないと
きっぱり断れるようになってました。

仕事はあと6件。
借金はなくなったけどかせいだお金は貯金している一美。

オムオムさんは超能力発揮しようとがんばってました。
そこへ一美。
借金の残りを返しにきたと満面の笑顔。
自分でした借金はちゃんと自分の力で返したいと
お金を差し出します。

オムオムからバカだとわれながら
うけとってもらえました。

「俺、オムオムさんから

 ほんとにいろんなこと教わりました。

 ありがとうございました!」


遊びにきてもいいかという一美に
いつでもこいというテルテルたちですが
オムオムからは、
金が介在しない人間関係信用しないから駄目と
いわれてしまいます。

「ふ〜〜ん」

といって帰っていく一美。
借金完済。

「いろんなこと、ね」

オムオムは今までの一美との出来事を思い出し笑い出します。

返されたお金は112万円ありました。
そこへ一美から電話がはいります。

「わたくしが、オムオムさんに

 一万円貸したってことになりますね」


お金の介在する関係ができましたね、と笑う一美。

未海も引田もまじめに働いています。
白石くんも大検合格!
一美と二人でビクトリー!
一美も単位取得。

半年後。
白石君の合格発表の日、
引田さんと未海の結婚式!!!
一未も礼服がお似合い。
なんだかんだと仲のいい引田と未海。
幸せそう。

「おふたりの輝かしい日に」

「ビクトリー!!」


白石君も大学合格。
花婿じゃなく白石君の胴上げはじまりました。
引田、ちょっとすねてます。

白石君はアパートをひきはらうことになり
一美からお祝いの言葉をおくられます。
一美のおかげだという白石君に
「全部自分の力だ」という一美。

「次会うときは

 もっと強い男になりたいです。

 愛する人を守れるくらい
 
 強い男になりたいです。

 一美さんにまけないくらい強い人になりたいです」


涙がでそうなわかれ・・。

「俺もあえてよかったよ!

 頑張れよ!白石!」


「はい!」


2人、ふかぶかとお辞儀をします。

一美は社会人になりました。
店長と引田はちょっと心配そう。

隣の席のちょっとくらい同僚を
おもいきり励ます一美。
これは・・うざいかも・・?実際いたら。

さらにもう片方の隣で溜息をつく先輩のかわりに
取引先に謝りに。

未海はショウウィンドウの前で葛藤しているところを
通りかかった一美に注意され思いとどまりました。

一美みかかってきたオムオム。
お金を返したいというオムオムに
忙しいと電話を切ろうとする一美。
ずっとこの調子でお金返せてないらしい。



終わり?!

気持ちいいくらいの見事なハッピーエンドでした。

一美のあのパワーはまわりの人まで幸せにしてしまいますね。
しかし・・オムオムさんだけが中途半端だったように感じました。
そんなにころっと人間かわらないけど
引田さんも未海も白石君も一美もすべてま〜るく
おさまったんだからもうちょいわかりやすい変化が
あってもよかったのでは。
一美の1万円によりずっと関係がとぎれないから
一生かかってオムオムさん改造計画を実行するのかも・・?

一美はやっぱりこの世に姿をかえてやってきた神様説を
最後まで支持したい。。。



キャスト

小山一美  小栗旬
引田修三  八嶋智人
中原未海  山田優
白石涼   三浦春馬

テルテル  上地雄輔
チャぎー  音尾琢真
新城すみれ 仲里依紗
砂川貴之  渋江譲二

井上五郎  鹿内孝

片桐宏   鈴之助
五十嵐徹  木ノ本嶺浩
倉田若葉  伊藤ゆみ

赤城    岡田亮輔
永田    石田勇大
植草    甲斐誠
東     矢崎広
角田    富川一人
若松    森田陽祐

志村    小鹿敬司
長坂    増田修一朗
阿部    滝口幸広
中山    吉岡佑
高木    山口龍人
オムオム尾武村賢三郎  ユースケ・サンタマリア

モノクローム
モノクローム
BENNIE K
2008.03.11 Tuesday 22:59 | comments(4) | trackbacks(9) | 
<< アニメ D.Gray-manディーグレイマン 第73話 「神田、参戦」 | main | ハチミツとクローバー 第10話「絶望の淵 ふたりを結ぶ道」 >>
けろりん (2008/03/12 11:29 PM)
honeyさん、こんばんは。

すっきりしましたね〜〜!
あんなにきれいに終わるとは思いませんでした。
みんな、ホントにハッピーエンド!という感じでしたし。

オムオムは、あまり劇的に変わってしまうと嘘みたいですし、また変わってしまった姿をそんなに素直に見せないかな、と思うので、あのくらいでちょうどいいかと私は思いました〜。
お金を介さない関係で(いや、一応介しているのか、一万円(笑))、彼からまとわりついてくるわけだから、たいした成長じゃないかと♪

結局、一話目でボロボロな感想を書きましたが、すごく面白かったです。
お金は大切にしないと(笑)。
honey (2008/03/13 8:29 AM)
けろりんさん、おはよ〜。

ものすごいハッピーエンドでしたね。
主要キャラ全員に幸せが。

そっかあ、オムオムはやっぱりこれから一生付き合って
かわっていくのでしょうね。

1000万簡単に返せすぎなところもあったけど
一美だから問題ないか。
まわりの人をみんないいほうにかえてしまう一美は
やっぱり神様かと。。
ice (2008/03/13 11:52 AM)
いろいろ今後を想像させる爽やかな最終回ですたね〜^^

↑けろりんさんもおっしゃっているように
>お金を介さない関係で(いや、一応介しているのか、一万円(笑))、彼からまとわりついてくるわけだから、たいした成長じゃないかと♪
一美はオムオムの素直に見せない性格をわかっていて
上手をいき成長したんだな〜と (笑)
何はともあれ 良い着地だったとおもいました〜。。
honey (2008/03/13 1:54 PM)
iceさん、こんにちは。

さすがのオムオムさんも一美にはかないませんね。
一話目はどうなることかと思ったけど
うまくしめてくれました。









貧乏男子 ボンビーメン 最終回 感想
『ボンビー最後の対決』
| ぐ〜たらにっき | 2008/03/12 12:11 AM |
貧乏男子ボンビーメン 第九話 (最終回) 「ボンビー最後の対決」
オムオム(ユースケサンタマリア)が一美(小栗旬)に 持ち掛けた最後の大勝負は、膨大な数の封筒の袋張り 作業。以前にもやったことがあり、一美は大勢の友人を 集めて作業を終わらせ、アルバイト代を払った。 オムオムは、今度は金を一切使わずにやってみろと要求
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2008/03/12 12:22 AM |
貧乏男子(ボンビーメン) vol.9 ボンビー最後の対決
    「君の全てと俺の全てを賭けた最後の大勝負」とは、 前にもやった封筒の袋張り作業でした。 しかし今回は、お金を一切使わずにやるのがルール。 オムオムと一美の生き方を賭けた勝負です。 やり遂げれば一美の借金は0。 当たり前です。 封筒の
| 美味−BIMI− | 2008/03/12 12:12 PM |
「貧乏男子ボンビーメン」第9話
Final debt.ボンビーメン卒業!
| またり、すばるくん。 | 2008/03/12 1:48 PM |
貧乏男子 ボンビーメン 最終回
JUGEMテーマ:日記・一般 NTV 火曜 22時〜 終わっちゃったぁ〜(ノ〜`;)゜。 ということでね、まぁ最後は丸く収まった感じで・・・ん〜良かったです!!! しっかし最終的にあの二人が"夫婦"になっちゃってぇ。 封筒貼りの勝負で
| UkiUkiれいんぼーデイ | 2008/03/12 3:14 PM |
貧乏男子 ボンビーメン 最終話 「ボンビー最後の対決」
オムオム(ユースケサンタマリア)が全財産を賭けて勝負したのは初回と同じ封筒の糊付けだった。しかし今度はお金を払っちゃいけないルール。一美(小栗旬)は、みんなにメールを一斉送信するが誰も来てくれなかった。
| テレビお気楽日記 | 2008/03/12 5:47 PM |
貧乏男子 ボンビーメン 第9話(最終回)金と友人と
内容最後の勝負をしようと、オムオムに提案された一美。それは、『封筒ののり付け』今度はお金を払わずに人を集めることが出来るか?できなければ、土下座。簡単に引き受けた一美は、友人たちにメールを。。。。最後は、初めの勝負と同じコトを。もちろん条件つき。だが
| レベル999のマニアな講義 | 2008/03/12 6:33 PM |
「貧乏男子ボンビーメン」9話感想
や〜〜〜〜終わった終わった 「結婚式」 んも〜〜〜〜フェイントでしたよ〜〜〜〜(笑) なんやかんやと突っ込んだり言いたいほうだいしたりしましたけども〜〜 終わりました。。。。 スカッと爽やかに終わりました では後ほど
| ice-coffee | 2008/03/13 10:51 AM |
「貧乏男子(ボンビーメン)」(最終話:「ボンビー最後の対決」)
3月11日に放送された「貧乏男子(ボンビーメン)」は、最終回で、オムオム(ユースケ・サンタマリア)と一美(小栗 旬)がお互いの全てをかけて最後の対決をする、というものである。このドラマを見終わった後、鉄火丼は「ある事は自分も見習わなければならない!」と
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2008/03/16 1:34 AM |