<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

スーパードクター8 ドクター福島

[ 脳と心 ]
スーパードクター8 ドクター福島みました(2008年3月25日放送分)
福島孝徳  神の手をもつ男 

1月、今年はじめての来日。
年に3回日本を訪れ手術。
今回は12日間で6病院29例の手術をおこないます。
(福岡8 鹿児島2 大阪2 東京4 千葉8 福島5)

千葉の塩田病院付属 福島孝徳記念クリニック

 聴神経腫瘍の女性患者。
 2年半前から聴力が低くなり
 皮膚感覚も鈍く、今は味覚にも影響がある。 
 聴神経の腫瘍が巨大化して顔面神経を圧迫、
 さらに平衡感覚にも影響がでて普通に歩けない。

 手術開始。
 耳の後ろに穴をあけてそこから摘出しますが 
 腫瘍があまりにも巨大すぎてむずかしい。
 超音波で腫瘍を砕き摘出しますが 
 聴神経がみえにくくようやく発見。

 聴力測定がさがってきたのでそこでいったんやめ
 顔面神経のほうへ。
 顔面神経も腫瘍とくっついていて難しいのに
 見事に成功。

 次の手術はこの日4件目。
 「疲れたなんていってらんない」というドクター。
 終了は夜の11時過ぎ。

 ドクターの健康診断で脳のMRI。
 委縮もまったくなく脳梗塞も何もなく
 30代の脳だといわれています。

 「もっと働けっていってるな。MRIは」

 とご本人の言葉。

 
 手術から5日後の女性。
 聴力も温存、食事もおいしく平衡感覚も元通りでした。

福岡 新小文字病院

 脳幹内部から発生した小脳血管芽腫の男性。
 他の病院ではもう治療ができず
 寝たきりなうえ食事もとれず鼻から栄養補給。
 
 手術中に血圧があがり脳から大量出血。
 クリップで血流をとめ短時間のうちに処置し終了。
 たぶん歩いて帰れるようになるとのことでした。

 「やるだけやったんであとは神様がきめること」

 手術がおわってかえってきたら 
 興味のある症例の手術の絵を描くことを
 研修医時代から40年以上続けているのだそう。
 
 「いつも言うんです。

  1週間に8日働くつもりでやってる。

  それが私の人生なんです」


 
ほか、次の方々が紹介されていました。

湘南鎌倉総合病院 
斎藤滋医師
心臓カテーテル治療 
  
池谷医院 池谷敏郎
血管年齢検査

東京クリニック
麻酔科医 宮崎東洋
ペインクリニック

銀座オクトクリニック 伊藤壱裕
血液クレンジング

聖隷三方原病院(浜松)
整形外科医 小堀眞
人工膝関節

三番町ごきげんクリニック(千代田区) 内科医 澤登雅一
キレーション療法


ペット専門の病院

西新宿ペットクリニック 有井良貴 

日本動物高度医療センター(川崎) 日本獣医師会会長 山根義久



ここで問い合わせられても
ドクターには伝わりませんので
スーパードクターの番組あてか、各病院に
お問い合わせください。



福島孝徳脳外科医奇跡の指先―すべてを患者さんのために (PHP文庫 ひ 30-1)
福島孝徳脳外科医奇跡の指先―すべてを患者さんのために (PHP文庫 ひ 30-1)
PHP研究所取材班

ラストホープ 福島孝徳 「神の手」と呼ばれる世界TOPの脳外科医
ラストホープ 福島孝徳 「神の手」と呼ばれる世界TOPの脳外科医
福島 孝徳

福島孝徳 脳外科医 奇跡の指先
福島孝徳 脳外科医 奇跡の指先
PHP研究所取材班

2008.03.27 Thursday 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< JUNON (ジュノン) 2008年 05月号 | main | 39 Anime×Music Collaboration ’02-’07のCMがおもしろすぎ >>