<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ごくせん3 第10話「幸せは自分の手でつかめ!!」

第10話「幸せは自分の手でつかめ!!」
冒頭から夏目先生にときめくヤンクミ。
健康そのものなのをほめられてまた喜んでました。

ヤンクミの家をたずねるような流れになり
必死で阻止しようとする教頭&ヤンクミ。

そのとき生徒がよびにきて
教室にいってみると細川と池田がケンカしてました。
ふたりをひきはなすヤンクミ。
ケンカの原因、しょーもな。

ヤンクミがなんで強いか、みんな質問しはじめました。
アクション映画が好きとか、護身術をやってたとか
いいわけするヤンクミに、みんなは納得したものの
大和たちは疑いまくり。

昼は教師、夜は覆面レスラーとか
なんか秘密があるに違いないと
ヤンクミを尾行することに。

その尾行、バレバレ・・・・・。

ボクシングジムにのみんなに声をかけたり
犬をかわいがったり。
6人を待ち伏せしてあとをつける理由をきくと
正直にこたえる廉たち。
うちまでついてこられると秘密がばれる、
とすきをみて逃げだすヤンクミ。

なのにクマがヤンクミの家をおしえてしまいました。
クマーー、ちょっと考えろよ。

家にかえってほっとしたところに
クマから電話。
クマ、気付くの遅いよ。

ヤンクミはテツとミノルに命令。

「任侠っぽいものをかくして

 堅気の家にみせんだよ!」


でもそこにみんながついてしまいました。
般若の面を手に「いらっしゃ〜い」とほほえむヤンクミ。

みんな疑いまくりだけど
テツとミノルをたこ焼き屋さんと思いだした6人に
うちは代々続くたこ焼き屋さん、と説明するヤンクミ。

そこへ組長もお戻りに・・・。
バレた。

テツは、稼業がばれると先生を続けられなくなるので
黙っていてほしいと頼みます。
みんなはもちろんしゃべる気なし。

「ヤンクミがいないと、学校つまんないしな」

「久美子、いい生徒さんたちだな」

とおじいちゃん。

その晩、みんなは大江戸一家ですき焼き。
ヤンクミは両親をなくして、おじいちゃんに
ひきとられたと話します。
今となったら、大事な家族以上の存在だというヤンクミ。

ごちそうになって帰る6人。
あの家はおもしろそうでいいな、という言葉に

「なんか家族ってかんじでいいな」

という大和。
カラオケの誘いをことわって帰ると
大和の両親が離婚届けを前に話していました。
兄は優秀なのに、大和はこの家のはじさらしだという父は
母があまやかすからだと責め、

「おふくろは関係ないだろ!」

と父にくってかかる大和。

夏目先生が鮎川先生と結婚?
ヤンクミ、大ショック。
もう恋なんかしない、仕事にいきると決意しますが
結婚するのはこのふたりじゃなく
病院のナースでした。
ヤンクミ、また恋に生きることに決定。

大和の母がヤンクミをたずねてきました。
そのあと大和をよびとめ、両親の離婚の
話をきいたことを話しますが、大和は
親父とは仲悪かったしあの場所には居場所がない、
と冷めた返事。

教室にいってみると、非行撲滅週間の話をして
もりあがっていた生徒たち。
大和の父が名門高校の教師なのが、大和とは
大違い、とからかわれ、怒鳴ってでていく大和。

ヤンクミは家で大和の話をします。

「両親がそろってるから

 幸せだとは限らないし

 親がいないから不幸とは

 限らないんじゃないかな。

 大切なのはな、

 そこから本人がどう生きるか、だよ」


おじいちゃんは毎回、名言を。。

イライラしながらビリヤードをしている大和に
かっこつけてないで素直にダチに頼ればいいんだよ

という廉。
しかしそこに補導員が。
非行撲滅委員会のパトロールのようで
その中に大和の父もいて
大和を兄とくらべてせめます。
あまりの言い方に、廉が反論してくれると、
廉のことまで悪く言う父に反発する大和。

「これだけはいっておく。

 落ちこぼれた奴は一生負け続ける。

 幸せにはなれない」


大和、父を殴ってしまいました。

仲間たちといっしょにいる大和のところへ
ヤンクミもやってきました。
俺と親父の問題だから関係ないという大和。
自分のせいで家族がバラバラになってしまったといいます。

「もう俺なんてどうなったっていいんだ!

 ほっといてくれよ!」


「バカなこと言ってんじゃないよ!

 どうなったっていいわけないだろ!

 そうやって逃げたって

 なんの解決にもならないだろ。

 こういうときこそ

 ちゃんと前むかないで、どうするんだよ?

 いいか、緒方。

 心に傷のない人間なんていないんだよ。

 みんないろんなこと乗り越えて生きてるんだ」


しかし大和の耳には届かず

「うるさい!」

と叫んでいってしまいました。

みんなはなんでいってくれなかったのかと
さびしがるみんなにヤンクミがいいます。

「ダチだからじゃないのか。

 緒方は、人一倍ダチ思いだろ。

 ボロボロの心の中みせちまって

 おまえらに心配かけちまったら

 って思ったんじゃないのか。

 あいつは、そういうやつだ。

 だろ?」


みんなは大和を探しにいきました。
大和は中学生が不良にカツアゲされているのをみて
とめにはいり、その不良たちに殴られます。
仲間が間違って仲間を殴ったのに
そこへパトカーがやってきて、
大和がつれていかれてしまいました。

パトカーに乗せられた無表情な大和。。。

大和を退学させるという校長。
学校の名前に傷がつくまえにと
父が退学届をもってきていました。

大和は相手を傷つけたのは
自分じゃないといっているのに
我が子のことを信じてくれない父。

「本人がやってないというなら

 私は緒方を信じます。」


というヤンクミ。

「緒方さん、自分の子どもがそんなに恥ずかしいんですか。

 我が子を誰に対して恥じるんですか?

 世間てやつですか。

 緒方は、世間の目からみれば

 落ちこぼれかもしれません。

 でもあいつの人生はこれからじゃないですか!

 私はあいつに

 人生はいろんな可能性であふれてるんだってことを

 ちゃんとおしえてやりたいんです」


しかし何もいわず帰る父。
校長は、教師に、家庭の問題に
これ以上踏み込む権利はないと注意。

3Dの生徒たちも重苦しい空気。

「俺は、全員そろって卒業してえ」

と廉。もちろんみんなも同じ気持ち。

3Dの生徒たちとヤンクミがいなくなりました。
ヤンクミは生徒たちをさがしにいっただけ。

3Dの生徒たちは、昨夜の目撃者をさがしていました。

「なんも悪いことしとらんのに

 疑われとるダチがおるんです!

 お願いします!」


通行人に頭をさげるみんな。
ヤンクミも協力しました。

大和が助けた中学生がやってきました!!
いっしょに警察へいこうとすると、
その前にあらわれた不良たち。
廉たちとケンカになります。
中学生もおびえてます。

「てめえら、いいかげんにしやがれ!」

「あんた、誰?」

「あたしはその子たちの担任の先生だ」

「先公?」

笑う不良たち。

「昨日の夜、

 よくもあたしの生徒に濡れ衣きせてくれたな」

「先公だと思ってなめてもらっちゃ困るよ」

「あたしは、大事な教え子守るためなら

 手加減しないぞ」


ヤンクミ、いつものようにかっこいい!

「俺なんて、ほっときゃよかったのに」

「ほっとけるわけないだろ。

 おまえは、あたしの大事な生徒なんだから。

 緒方、今、心の中にあるその傷を

 かかえて生きていけ」


「え?」

「言っただろ。

 傷のない人間なんかいない。

 みんな何かしら抱えて生きてんだって。

 ひとつひとつ、のりこえていけばいんだよ。

 そうすりゃもっと

 強い男になれる。
 
 それから、自分はもう幸せになれないって

 言ってたけど、あれは違うぞ」


「違わねえよ」

「見てみろ」

大和を外にうながすヤンクミ。
外にでると、みんなが外に並んで
まっててくれました。

「あいつらが、必死になって

 目撃者探して

 おまえの無実を証明したんだ。

 あんないい仲間をもって

 おまえの人生はめちゃくちゃ幸せじゃないか。
 
 緒方、胸張って生きろ。

 家族は離れ離れになったかもしれない。

 親父さんとはわかりあえなかったかもしれない。

 けどこれからは、

 自分の手で幸せをつかんで生きればいいんだ。

 おまえの人生なんだから」


「ああ」

「お母さんのことも、
 
 ちゃんと支えてあげるんだぞ」


うなづく大和。

みんなのところへと、
大和の背中をおしてやるヤンクミ。

「ごめんな」

「水臭いこというなよ」

「俺ら、ダチじゃねえかよ」

「ああ。

 ありがとな、みんな」


大和の母もヤンクミにお礼をいいました。

「緒方、いい顔してますよ」

教室でみんなを前に語るヤンクミ。

「いいか、おまえら。

 これから先、

 いつどんなピンチがおとずれるかわからない。

 けどおまえらは、乗り越える力と

 支えてくれる仲間を持ってる。

 それだけは、絶対 忘れんなよ」

真剣にきく生徒たち。

そのあとは緒方おかえりなさい記念
缶けり大会。

「ようし、おまえら!準備はいいか!」

「お〜〜〜!!」



来週最終回。

ヤンクミの素性がばれてピンチっていう展開は
今回はさすがにないみたいですね。
(何度もやっちゃってますし)

大和の父が頭固すぎてまったくかわらないまま
だったけど、大和のためにがんばる仲間たちをみて
何か感じ入る場面があってもよかったような気がします。
大和は兄と比べられつづけてグレたってことで
いいのかな。
ヤンクミが担任じゃなかったら、この先も
きびしい人生のままだろうけど
3Dの子たちはラッキーです。

(今日はすべらない話にいった人が多いような・・・)



山口久美子 仲間由紀恵
猿渡五郎  生瀬勝久
緒方大和  睫斃彩
風間 廉  三浦春馬
本城健吾  石黒英雄
市村力哉  中間淳太
倉木 悟  桐山照史
神谷俊輔  三浦翔平

夏目誠一  小泉孝太郎
鷹野 葵  平山あや
鮎川さくら 星野亜希

朝倉てつ  金子賢

牛島豊作  佐藤二朗
鳩山康彦  魁三太郎
鶴岡圭介  石井康太

熊井輝夫  脇知弘

若松弘三  阿南健治
達川ミノル 内山信二
馬場正義  東幹久
赤城遼子  江波杏子

黒田龍一郎 宇津井健



虹

Aqua Timez


2008.06.21 Saturday 22:21 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 鋼の錬金術師 BOX SET -ARCHIVES- | main | 炎神戦隊ゴーオンジャー〜GP-19「軍平ノホンネ」 >>









「ごくせん」2008学期授業10成績優秀だけで人生が決まるんじゃない!人を信じる事で人生が決まるんだ!
「ごくせん」第10話はついにヤンクミの実家の秘密がアッサリばれてしまったが、大和たちは特に驚く事もなく終わった。しかし今度は大和の家族の離婚問題で父と対立した大和が落ちこぼれと侮辱され父を殴り飛ばす。そして心が落ち込んでいた大和が途中でかつ上げされて
| オールマイティにコメンテート | 2008/06/21 10:38 PM |
ごくせん 第10回 感想
『幸せは自分の手でつかめ!!』
| ぐ〜たらにっき | 2008/06/21 11:38 PM |
ごくせん 第10話 「幸せは自分の手でつかめ!!」
久美子(仲間由紀恵)の強さに興味を持つ廉(三浦春馬)たち。秘密を探ろうと帰り道を尾行するも、見つかってしまうのでした。
| テレビお気楽日記 | 2008/06/22 10:28 AM |
ごくせん 第10話:幸せは自分の手でつかめ!!
出たっ、缶けり!。o( ̄ー ̄θ★キック うわぁ〜大和の父ちゃん、いやな奴ぅ〜{/face_gaan/} 兄は優秀なのに、なんでお前は落ちこぼれなんだって・・・ その言葉がますます大和の心が荒れる原因になってるってわかんないのかな〜。 挙句に離婚も大和のせいにしちゃって
| あるがまま・・・ | 2008/06/22 10:55 AM |
ごくせん 第10話
ドラマ「ごくせん」第3シリーズ 第10話【幸せは自分の手でつかめ!!】 今回の内容は 緒方や風間達がヤンクミの実家を突然訪問! あらら・・・実家の家業がバレちゃった! まぁ全シリーズ終盤いつものパターンなので おどろくストーリーでもなかったのだが ご.
| annyの日記 | 2008/06/22 12:07 PM |
「ごくせん」第10話
第十話大和や廉たちが久美子の実家を突然訪問。龍一郎らと鍋を囲み、家族の温かさを知る。そんな中、大和の両親が離婚。原因は不良のレッテルを張られた大和の存在だった。後日、廉と繁華街で遊んでいた大和は、非行撲滅週間の腕章を付けたエリート高校の教師である父、
| 日々“是”精進! | 2008/06/22 12:32 PM |
ごくせん 第十話「幸せは自分の手でつかめ!!」
久美子(仲間由紀恵)の強さの秘密を探るろうと、こっそりと 後をつける廉(三浦春馬)たち。ヤンクミに巻かれた廉たち だったが、クマ(脇知弘)から聞いて、家まで来てしまう。 てつ(金子賢)が、ヤンクミが教師を続ける為にも黙っていて ほしいと頼み、了承する廉たち
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2008/06/22 9:10 PM |
ごくせん10話と視聴率戻しきれず
一昨日(6/21)の『ごくせん』10話、視聴率を戻しきれませんでした。22.8%の『ラスト・フレンズ』にも、19.1%の『CHANGE』にも負けてしまいました。前回の17.6%より上がりましたが、18.1%で、20%台に届きませんでした。6月27日(金)14:55〜15:50に、
| ショコラの日記帳 | 2008/06/23 4:04 PM |