<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アニメ D.Gray-manディーグレイマン 第89話 「闇の声」

第89話 「闇の声」
自分に火判を放ったラビを心配するアレンたち。

ロードの夢の世界にはラビがふたり。

「なんでさ。ラビ。

 49番目の俺。

 お前は俺のはずなのに

 ラビになる前の・・48番目までの俺と

 どうして同じじゃないんだ。

 どうして48番目の俺とは

 違ってくる」

「どうして49番目の俺は

 こんなに苦しいんだ。

 どうして・・

 ブックマンになるのが嫌になったのか、ラビ。

 かりそめの仲間のために戦うことを選ぶの?

 人間なんて、戦ばかりおこす愚かな種族だ!

 そうでしょ?

 そうわりきってないと、しんどいじゃないか!
 
 俺には、ブックマン一族の責任があるんだ」

「わりきってなんか・・

 俺は人間に失望してた。

 いつまでも争い続ける人間の世界。

 自分は違うと思っていたかった。

 なあ、おまえにわかるか・・?

 ブックマンは何のためにあるんだろう・・

 どうして人間の世界から

 戦争は消えないんだろう」

「何で俺にきくんさあ。

 そんなのわかんねえよ」

「お前は俺なんだろう。

 48番目までのお前も、

 49番目のラビも 1人の俺だ。

 問うているのはおまえだよ。

 変わり始めているのは お前だったんだ

 ここからでるべきは・・・」


役にたたない足をなぐりつけるリナリー。
火判に包まれているラビを、
クラウン・クラウンで助けにいくアレン。

「アレン君!おねがーい!!」

「ラビー!!ラビ!!」

「くっそ〜〜!死なせるもんかーーー!!

 ラビー!ラビー!!ラビーー!!」


ラビにアレンの声がきこえます。

「お前も俺だったな」

ラビは夢の世界から外へ。
ラビの腕をつかむアレン。

ロードは負けをみとめました。

「でられちゃったか。

 約束だったからね。

 この勝負、君の勝ちだよ。

 ラビ、ブックマン ジュニア・・・」


レロは倒れているロードを発見。


ロードの結界がなくなりました。
リナリーとチャオジーは
アレンとラビをみつけましたが
こっちはいきなり元気そう。
ラビもアレンもいつもどおり。

「気付いたら火つけてた。

 じじいには怒られるだろうけど

 今は少し気分がいい」


ラビを見つけて安心したリナリーは
愛の鉄拳。。。

真っ黒になったロードが笑い始め
その姿はかなり変。
レロはあわてます。

「ア・・レン」

崩れてきえるロード。

「ロードたま、ロードたまーー!」

シリアスな場面なのに

「ぼそっとアレンてきこえんかった?

 どんだけ好きなん?

 アレン、おまえまじあの子に何したんさ」


とたずねるラビ。。。。。

塔の上にある出口はロードの能力だと
思いだすリナリー。
ラビが伸でみにいきますが
ここも崩壊がはじまりました。

「扉があっても

 自分だけ入らない気でいる?」


「さすが」

というアレンを殴るリナリー。
足がつかえなくなってから
一層凶暴に。
アレンは神田とクロウリーを
探しにいくつもり。

「つらいこといってるのはわかってます。

 でも、きいてください」


「ひどいって思ってるよ。

 アレン君は いっつもそうやって笑う。

 人が、どんな気持になってるかわかってて

 いうんだから・・。

 でもね、私がアレン君の考えてることがわかったのは

 私が アレン君と今、同じ立場だったら

 同じ事を私もすると思うから。

 ホームに みんなで 帰りたいもの」


涙するリナリー。

扉をみつけたラビは下に連絡。
伸でみんなを上にあげようとしていると
アレンが、ティキとレロを連れてくると
いって戻ろうとします。

ティキはもうただの人間で
彼を心配する人間の友達もいると言うアレン。
しかし、チャオジーはそれが理解できません。
アニタさんやマホジャたちを殺したアクマの仲間・・。

「助けるって、俺らの想いを裏切るんすか。

 助けるなら アンタは敵だ! 敵っす!

 やつらと同じアクマだっ!」


しかしそのとき危険を感じ
チャオジーをつきとばし、かばうアレン。
アレン、からだをつかまれひきずりおろされました。

「なんで・・

 あんなにひどい事言ったのに

 俺を助けてくれた。

 嫌だ!また仲間を失うなんて!

 エクソシスト様ーーー!!」


アレンの前には壊れた扉。
そこにたつのはティキ。
姿もかわっていました。

「おまえは・・そんな

 ノアの力は 破壊したはずだ。

 どういうことだ?

 おまえ、誰だ?

 ティキ・ミック、なのか?
 
   胸がざわめく。

 ティキ・ミックの内のノアの力は・・

   吸う息が ひどくつめたい。

 破壊

   とても嫌な

 したはずなのに・・・

   かんじがする」

「どういうことだ・・・?

 なぜ!」


手に刻まれた聖痕から黒い血が。

叫び苦しむティキ。
そして仮面をつけたまた別の姿に・・・。





ラビが夢の世界から抜け出せてよかった。
しかもいつものラビのままで。
そのぶんロードがおかしなことになっていましたが
ティキもやばそうな姿に。。。

チャオジーからしたら、アレンはやっぱり
理解できないだろうなあ。






D.Gray-man 2nd stage 05
D.Gray-man 2nd stage 05
小林沙苗,伊藤静,鍋島修


D.Gray-man 2nd stage 06【完全生産限定版】
D.Gray-man 2nd stage 06【完全生産限定版】
小林沙苗,伊藤静,鍋島修



2008.07.01 Tuesday 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 6月分アクセス解析 | main | モンスターペアレント 第1話「娘の担任をかえろ」 >>