<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ROOKIES ルーキーズ 第11話(最終話)「最終章終幕〜さらば愛しの恩師・・」

第11話(最終話)「最終章終幕〜さらば愛しの恩師・・」
目黒川との試合を前に
必勝のお守りをみつめるナイン。

安仁屋が脇腹をおさえて
すわりこんでいます。痛そう。

「いいか。道をきりひらくものは自信と勇気だ」

という川藤の言葉を思い出す御子柴。

「安仁屋。やるしかない。

 勝って甲子園にいくしかない。

 俺たちが生き残る道はそれしかないんだよ。

『道をきりひらくのは自信と勇気だ!』

 BY 川藤幸一!!

 先生は俺たちといつもいっしょだよ。

 いっしょにいる。今もいる。

 だからあきらめない!

 勝って、先生の気持ちにこたえるんだ」


『来月俺がベンチにすわるのは来月

 甲子園のベンチだ』


「いくぞ!」

「シャーっ!」

ニコガクの決意を知っている記者の吉田も
競馬中継をききながらみまもります。
 
先頭打者は新庄。

「忘れるな!俺はいつでも お前の味方だ!」

という川藤の言葉を思い出しバッターボックスにはいり
初球ホームラン!!
大喜びのみんな。
外でラジオ中継をきく川藤もよろこびます。

「大丈夫だ。ガンガンいけ。大丈夫だ」

安仁屋はまたわきばらがいたそう。

関川は1塁アウト。
まだ捻挫がなおっていません。
教頭から、

「無理しちゃいかんよ。

 君のかわりはいないんだから」


といわれ

「たりめえだ!」

と他のナインをはげます関川。
そのあとは江夏に抑えられチェンジ。

安仁屋は長氏が悪そうで
河埜にホームランをうたれ同点。

「ドンマイドンマイ!大丈夫だ!」

と川藤と同じ励まし方をする御子柴。

ファインプレーをする安仁屋は
相当痛そう。
脇腹をおさえながらベンチにもどります。
御子柴にいわれても「なんてことねえ」とごまかします。

「俺は!俺は自分が使い物になんねえと思ったら

 そんときは・・

 そんときは自分で下がる。

 ホント

 大したことねえんだよ」


と安仁屋。
御子柴は、「わかったよ」とひきさがりました。

外でナインを応援する川藤に、声をかける人物が。
この救護室に詰めることとなっていた、小山という医師でした。
川藤はヤクザ監督と認識されていますが
安仁屋が試合にでているのかとたずねます。

バッターボックスに立つ安仁屋。

「医者に見せられないくらい深刻ってことか」

と新庄。

安仁屋はろっ骨にひびがはいっていて
選手生命にかかわるくらいの怪我。
「試合などもってのほかだ!」という小山。
川藤は安仁屋の気持ちを思い出し
小山をとめて、たのみます。

「最後まで 試合をやらせてやってください!

 お願いします!」


と頭をさげます。

「君は 彼が二度と野球が

 できなくなってもいいというのか?
 
 それでも監督か」


という小山。

「それが安仁屋の願いなら

 おもうとおりやらせてやりたいんです。

 痛み止め、

 痛み止めをうってやってください!」


選手の希望により痛みどめをうつときもあるけど
しかし小山は、選手の未来を最重要視しているそうで

「野球なんかいつでもできる!」

といわれます。

「もうできないんですっ!

 絶対に負けられないんです!

 この試合には

 あいつらの運命がかかっているんです!
 
 一戦一戦力をありったけの力を出しきって

 勝ちぬいていくしか道はないんです!

 先生にはお話しますが

 この試合にまけたら

 連盟はたぶん一年間の出場停止を決定するでしょう。

 そうなったら、来年はないんです。

 あいつらのめざしている甲子園は

 夢に終わってしまうんです。

 負けることは、

 甲子園をめざせなくなるということは

 あいつらにとって死ぬことも同然なんです。

 みんなで同じ目標に向かって努力して

 苦しみ、喜び合う

 それはたぶん、あいつらが生まれて初めて口にした

 まっとうな夢。

 生まれて初めて味わう、

 生きてるって感覚なんです。

 この先の 長い人生で

 どんなにすばらしいことが待っていようが

 関係ないんです!

 あいつらは 今を生きているんです。

 どうかほんの少し力をかしてやってください!

 今を生きるために、おねがいします!

 安仁屋に痛み止めを!」


と土下座する川藤。

「君は、監督失格だな。

 私は絶対ポリシーはまげんぞ」


小山はいってしまいました。

ベンチの安仁屋はますます苦しそう。

3回おわって1−4で負けていました。
苦しそうな安仁屋。
ベンチに小山がきて救護室にきなさいといいます。

「ただの打撲だよ!

 なんでもねえよ!かえれよおっさん!」


「心配せんでもいい!

 君にはとことん今をいきてもらう。

 今を生きるために力をかしてやってくれと

 私は土下座されたんだ。」


「土下座?」「先生?」「川藤、きてたんだ」

「やっぱり先生は俺たちのそばにいたんだ。

 いるんだよ。先生は俺たちの近くにいるんだよ」」


「君たちと同じ目をしていたよ。

 あの男も。

 選手をよく 理解している。

 あの男は君たちそのもののようだな」


「あったりめえだ」という安仁屋。

外でみんなを心配する川藤。

痛み止めをうってくれる小山。
安静にしていれば試合がおわるまではきくけど
無理な動きは麻酔のきれをはやめ
怪我をひどくさせるそう。

「全力投球は決め球のときだけ。

 フルスイングはあと一回だけ。

 それが限度だ」


と小山先生にいわれます。

安仁屋、次々打者を三振に打ち取ります。
小山先生が痛み止めをうってくれたことに気づく川藤は
スタジアムにむかって「ありがとうございました!」と
頭をさげます。

ベンチにもどってきた安仁屋。

「やべえ。肋骨が肺に・・・

 ささってたまるかよ」


と笑顔。冗談をいう余裕まで。。。

「ぜってえでてやる。

 っしゃー!おめえらつづけよ!」


と気合のはいった岡田。
川藤は安仁屋が脇腹をいためているかもと思い
6番からはじまる打順を想定して
このオーダーにしていたんだという教頭。
岡田を1番打者とみて、御子柴、桧山、そして
最高の場面で安仁屋にまわすという作戦に
はりきるみんな。

しかし御子柴は、廊下で安仁屋と塔子の会話をきいてしまいます。

「もう夢をあきらめんのはやなんだよ。

 ここであきらめちまったら

 何がの込んだよ。俺に。

 何もねえよ。何もねえよ。俺には。

 全力で戦って負けたんならまだ納得できる。

 でもこんなざまで負けたんじゃ死んでも死にきれねえ。

 こんなところで負けてたまるかよ。

 だいたい ケガなんか

 ケガなんかするやつが悪いんだよ。

 今しかねえんだよ。

 今しかねえのによ。」


「恵ちゃん」

「見んな」と帽子を深くかぶる安仁屋。

「行けよ。どならせんじゃねえぞ。

 こんなことで 体力つかって

 たまるかよ」


塔子は戻り、御子柴は泣いている安仁屋をみつめます。

岡田が塁にでますが
御子柴はバントの構えを途中でやめました。
そしてアウト。

吉田はニコガク事情をよくわかってる。

「川藤もまだまだ甘いねえ。

 選手にだめだしされてるよ」

ベンチに戻った御子柴。

「安仁屋の覚悟はよくわかったよ。

 でもその覚悟はまちがってる。

 やっぱり俺たちを信じ切れていないんだよ。
 
 一人で勝とうとしてるんだよ、安仁屋は」

「全力をだすなっていってるんじゃない。

 今はまだ抑えるときなんだって」

「安仁屋の怪我は重いんだよ!

 勝つために、安仁屋のひと振りに
 
 安仁屋のピッチングに

 ここぞっていうときにかけたいんだ。

 だから、フルスイングは一度かぎり。

 全力投球も 決め球のときだけ。

 絶対守ってもらうからな。

 ていうか、守れ!」


「おまえ、似てきたな。川藤に」

「今岡、おまえピッチャーやれ」

という新庄。

「ここぞというときまで体やすめろ。

 あとは俺たちにまかせろ」


安仁屋はライトへ。今岡がピッチャー。

「しまっていくぞーーー!」

「しゃーー!」

守備はばっちりですが
打線は江夏におさえられます。

「まだだ。今はまだ耐えるときだ」

「大丈夫だ。まだいける」

「絶対来る。最高の場面が絶対来る」


とつぶやく御子柴。

学校の先生たちが野球部の応援にいきたいと
校長に頼みます。

「許可はできない。

 それよりも早く応援に行っている生徒たちを

 つれもどしてきなさい」


「はい!」

校長〜〜〜〜〜〜〜〜!

この間安仁屋に怪我させたのは
目黒川のOBだと聞く上坂たち。

そして8回表、また岡田君からの打順。

「この回だ」

「この回しかない。

 安仁屋の一打にかけるとしたら、この回しか」


「まかせろ」

「よーしっ!何がなんでも安仁屋にまわす!」

「いくぞ!」

「ゴーニコガクゴー!」

「岡田、お前は誰よりも選球眼がいいんだ。

 大丈夫。チャンスはつくれる!」
と球場外の川藤。

4ボール。

そして御子柴、桧山もひかえています。

「ぜってー打ってやる!」と桧山。

骨折した若菜のぶんも背負っての打席です。

怪我して医者にいった若菜の回想。
今年の夏はあきらめるかないといわれます。

「くっそ・・なんでいつも俺は・・
 
 なんで・・なんで・・」


とくやしくて泣いていた若菜のそばにやってきた桧山。
若菜は桧山につきあえといって
打席にたってうとうとします。

試合場面。
御子柴は岡田をおくるのに成功し自分も出塁。。

再び回想。
バッティングのできる若菜に明日出ろという桧山。

「納得しねえ奴がいたら、俺がぶっ飛ばしてやるよ」

バッターボックスで

「俺・・俺かよ・・・」

とつぶやき、ヘルメットをなげすてる桧山。
ベンチに戻った桧山は

「若菜。出番だ」とバットを渡します。

「何いってんだよ」と平塚。

「うるせえ!文句があるやつは俺がぶっ飛ばす!

 あたってねえやつがでるより

 うてるやつがでるほがいいにきまってんだろ。

 ちっとは考えろ!クソ野郎!」


桧山も泣きそう。
若菜、包帯をはずします。
守備はキャッチャーではなくファーストにに。

「どうしてもっていうときは

 指がちぎれても投げてやるよ。

 無駄にはしねえぞ、桧山」


代打若菜と聞いて驚く川藤。

「桧山」と声をかける御子柴に

「アイツはぜってー打つ。

 ちゃんと前向いてろ」


という桧山。
若菜!期待を裏切らない!

「シャーー!!」

握手をさしだした若菜の包帯には
血がにじんでいました。

何もいわず若菜をだきしめる桧山。

だきしめかえす若菜。


涙がだーーーーっとでました・・・

ノーアウト満塁で安仁屋。

『フルスイングはあと一度だけしかみとめん』

と小山の言葉がうかびます。
警戒する江夏。塁にいるみんなも気合。

「おまえたちがいままで積み重ねてきた努力を

 俺はよくしってる。

 お前達は誰よりも

 夢の大切さをわかってる」


安仁屋、打ちましたがファウル。
脇腹をおさえ足をつく安仁屋。

「たった一度の フルスイングが・・」

安仁屋、再びバットをかまえます。
ストライク。
またたちあがる安仁屋。

「頼む・・まだおわりたくねえ」と若菜。

みんな祈るような想いでみまもります。

ライナーをうけられました。
とびだした御子柴もアウト。
くやしがる御子柴。

8回の裏。
ニコガクナインに疲れと焦りがみえます。
ノーアウト1、2塁。
バッターは4番河埜。

安仁屋が外野から歩いてきました。

「今岡。かわれ」

「いや、でも・・」

「俺が投げる」

ボールをうばいとる安仁屋。

脇腹をおさえながらピッチャーマウンドにたつ安仁屋。

「何やってるんだ、俺は・・・

 こんなときに俺は・・

 こんなところで何してるんだ、俺は

 あいつらが苦しんでるってのに」


そこを、ヤクザ監督だと男たちに
からまれた川藤を助けてくれたのは上坂。

「謹慎中になにやってんだよ。先生」

「つまんねえ奴らに試合つぶされちゃ困るからよ。

 まだいってなかったけどよ。

 今度昇段試験うけるんだ」


「また空手やるのか」

「正々堂々 東京制覇してやる。

 覚悟きめたよ」


「覚悟」

「先生の言葉や存在ってのはよ

 まわりにパワーくれんだよ。

 野球部も強くなるはずだ。

 こんな変な野郎がすぐそばにいたんじゃよ。

 つったってねえで早く行けよ!

 おまえにできることはなんだ?」


「俺にできること・・」

川藤、走りだしました。
上坂、ものすごーーく見直した!!

係員に止められる中、ふりきって走る川藤。
高野連の人にみつかり、試合を即刻中止だといわれ

「この試合だけは!

 あいつらの夢をつぶさないでください!

 あいつら何も悪くないんだ」


と叫ぶ川藤。

安仁屋はファウルをうたれます。

「がんばろう。安仁屋」と御子柴。

「野球、やれなくなったらよ

 何すりゃいいんだ?俺たち」と桧山。

教頭が肩に手をかけ、さらに頭もぐりぐり。

「もういいよ。恵ちゃん・・」という塔子。

御子柴はタイムを申請。

「がんばったほうだ」という吉田。

「負けねえ。
 
 ぜってえ負けねえ」

「俺・・先生のかわりになろうと

 頑張ってみたけど・・・
 
 やっぱり こんなとき

 こんな時 先生がいたら・・・

 先生だったら なんて言うんだろう」


「ドンマイドンマイ!」

「ゴーニコガクゴー!」

「大丈夫だ」


安仁屋、たっているのもつらい。
みんなこぶしをにぎりしめ
お守りをとりだしみつめる御子柴。
安仁屋が何かに気づいた。

「バカ野郎」

御子柴もそちらをみると
ベンチに川藤がいました。

「何やってんだ おまえらーーー!

 元気がないぞーーー!

 たったの3点差だ!

 あと1回ある。

 絶対になんとかなる!!

 大丈夫だーーーーー!」


御子柴も今岡も湯舟も泣きそう・・・。
新庄も泣いてる。
御子柴も泣きながら

「大丈夫だ。

 俺たちなら大丈夫だ」


「あったりめえだ!」

「シャーッ!」

「おーし!それだ!それでいい!」

謹慎中の川藤がベンチにいることで驚く記者席。
さっきからんできた不良どもをたおし
ラジオで川藤がベンチにいったことをきいた
たばこをなげすてます。

川藤は職責をかけて願い出たらしい。

「みんな すまなかったな。
 
 満身創痍のコンディションの中

 よくここまでがんばった。

 後は大逆転して 勝利をこの手につかもう!」


「今頃きて何偉そうなこと言ってんだよ。

 誰のおかげでこのナイスゲームができたと思ってるんだ。

 それはこの俺・・」
と平塚。

「お前たちがあきらめなかった結果だ」

「そう!」

「お前達が、自信と勇気をもって

 道を切り開いた結果だ。

 臆病でためらいがちな人間にとっては

 一切が不可能だ。

 なぜなら、一切が不可能のようにみえてしまうから。

 あきらめて振ったバットには

 絶対ールはあたってくれない。

 だが 自信をもってふれば

 目をつぶってだってあたることがある。

 お前達が努力して 手にした最大の宝。

 可能性だ。

 さあ!ニコガク魂満載のバットで

 大逆転してみせれろ!」


「シャー!!」

平塚はひとり素ぶり。

関川が塁にでました。

ベンチにいる御子柴が川藤にいいます。

「先生、俺ね、本当はさっきまで

 もうあきらめてたんだ。

 先生はそばにいるんだって

 信じてがんばったけどやっぱり」


「俺がいることで 俺の言葉で

 おまえたちの力になるんなら

 いくらでもそばにいてやる。
 
 だが立ち直るのはお前たち自身の力なんだ。

 おまえたちだからがんばれるんだ。

 俺がいてもいなくても」


今岡は三振。
平塚の打席。
二球からぶり。
三球目も空振り三振。

「ツーアウト」とつぶやく岡田。

「あきらめるか?」という

「いや。大丈夫だ」

「なめんな。ニコガクはここからだ」

湯舟「ニャー!」で塁へ。
岡田も続き、2アウト満塁。
バッターは御子柴。

塁にいるみんなの顔をみてかまえる御子柴。

1球目、ストライク。

「御子柴ー!かたくなるな!おちついていけ」

「ツーアウト 満塁」

2球目はボールを振ってストライク。

「御子柴ー!ボールをよく見ろ!」と関川。

「負けたら最後だってわかってんだよ、このくそ馬も。

 生き残るためには走るしかねえんだ。

 てめえを信じて走るしかよお」

と吉田。

御子柴にうなづく川藤。

「先生・・」

「御子柴。すべてはおまえからはじまったんだ」

『みんなともう一回野球したかったな』

『俺が応援する。約束する』

打った!!

「はっ、はいったーーー!!」

ホームラン!!

キセキだ!ドラマだ!


「最高だ!!」

スタンドの先生たちも大喜び。
御子柴、泣きながらベースをまわります。

吉田も「よっしゃー!」と叫びます。

「やっぱ、大穴はおもしれえな」

喜ぶニコガクナイン&スタンド。
御子柴コールの中ホームイン。

「ねえ、先生。

 俺、野球やっててよかった。

 打った時の感触が

 今でも手に残って

 打球が 外野席に消えていったのが目に焼き付いて

 とにかく俺 嬉しくて嬉しくて

 なんかもう甲子園のこととか 

 野球部の存亡とか

 あの時はもう 全然どっかにとんじゃって

 ただ・・夢中でベースをまわったんだ。

 あのあとのことは ホント言うと

 よくおぼえていない」


9回裏がまだありました。

「おぼえてるのは・・・

 安仁屋が気力でおさえきったこと

 まるで優勝したみたいに

 みんなで抱きあって喜んだこと。

 ニコガクはあのときが

 あのときが 最高だったんだ。

 先生が涙ぐんでるのがわかったよ。

 あの時の涙は 嬉し涙だと思ってた。

 そんな 複雑な意味があったなんて

 俺たち 知らなかったから」


抱きあって喜ぶナインを見つめる川藤。

その後部室で、

「みんな 本当にありがとう」

と頭をさげる川藤。

「あの日、先生が一人一人にいった

 わかれの言葉なんて 誰もきいていなかった。

 誰も 先生がやめてくことなんて

 納得してなかったんだ。

 次の日 俺たちがはじめてコールド負けしたのは

 怪我が悪化した安仁屋が

 試合にでられなかったからじゃなく

 やっぱり俺たちは

 先生がいて初めて ニコガク野球部なんだよ。

 俺たちが負けた次の日

 さっそく緊急審査会が開かれたよ。

 もう俺たち、ほんとにあきらめてたんだ。
 
 これで一年間出場停止がきまって

 俺たちの高校野球は、甲子園は

 永久に 夢に終わるんだって」


河原にいるみんな。
御子柴の携帯に教頭から連絡が。

「でもね でもね 先生。
 
 理事のほとんどのひとが

 俺たちの処分に反対してくれたんだよ。

 きっとあの日の試合を見てくれた人たちが

 俺たち頑張れっていってくれたんだと思う。

 まだ 野球やっていいんだ 俺たち」


またみんな川にはいって水のかけあい。

「しかも先生も 謹慎二ヶ月ですんだよ。

 なのに なんで、いなくなっちゃったんだよ。

 先生、言ってたよね。

 立ち直るのは 俺たち自身の力なんだって。

 俺たちだからこそ がんばれるんだって。

 やっぱり 先生がいてくれたおかげなんだよ。

 先生知ってる?

 俺たち、本当は先生が思ってるほど

 強くないんだよ。

 強くない俺たちだけど

 前を向くことの大事さ

 信じることの強さはわかってるよ。

 だって俺たちは 先生に夢をもらったから。

 希望をもらったから。

 自信と勇気をもらったから。

 抱えきれないくらい

 たくさんの宝ものをもらったから。

 だから

 俺たちはきっと大丈夫」


そして春がきました。

「だけど 

 だけど

 やっぱり」


川藤が来た!!
学校に深くお辞儀をする川藤。

「先生といっしょに、もう一度

 もう一度夢をおいかけたかったよ

 先生といっしょにさ」


ニコガクナイン。
関川がグラウンドの近くに立っている男に目をとめます。

「誰だ?あれ」

こちらを振り向く川藤。

「せ、先生・・」

「先生ーー!」「川藤−!」

謹慎二か月でよしとされていたのに
いったん止めて新たに採用試験をうけてきたのだそう。

「御子柴」

「先生」

「新庄」

「おせえよ」

「関川」

「うるせえ」

「若菜」

「どこいってたんだよ てめえは」

「桧山」

「さぼってたぶんみっちりしごいてやるよ」

「岡田」

「来るような気がしてた」

「湯舟」

「何でもいいニャー」

「平塚」

「はいっ!」

「今岡」

「・・」 笑顔

「八木」

「おかえり。先生」

「安仁屋」

「わかってんだろうな?」

「ああ。

 お前達の夢は まだ途中だ!」


「足引っ張んなよ、シロウト」と若菜。

「おーしお前ら!
 
 今年こそ全員で甲子園にいくぞ」


「シャー!」

川藤にだきつくニコガクナイン。

そのニコガクナインを影からみている誰か・・・。


ルーキーズ 秋に2時間スペシャル

そして来春映画化決定!!


やったーー!!
やると思ったよーーーー!!


おもしろかった!ルーキーズ!
一話のうちで何度泣かされたことか!

熱苦しすぎるくらい熱い川藤と
これまた一所懸命なニコガクナインに
感動をいっぱいもらいました。

教頭も校長も(前の校長も今も)
上坂も、結局処分反対に手をあげる高野連の理事も
今日だけ登場の小山先生も
みんなみんないい人でした。
セリフも野球だけじゃなく
そんまま人生にあてはまるものばかり。

番組宣伝のバラエティー番組でみる
ニコガクナインのドラマと一緒に仲良しな姿も
みていてとても楽しそうで
みんな大好きです(*^。^*)

熱い感動をありがとうございました。
スペシャルも映画もものすごく楽しみです。



キャスト

川藤幸一 … 佐藤隆太
安仁屋恵壹 … 市原隼人
御子柴 徹 … 小出恵介
新庄 慶 … 城田 優
関川秀太 … 中尾明慶
若菜智哉 … 高岡蒼甫
平塚 平 … 桐谷健太
岡田優也 … 佐藤 健
湯舟哲郎 … 五十嵐隼士
桧山清起 … 川村陽介
今岡 忍 … 尾上寛之

八木塔子 … 村川絵梨



佐藤健 『400DAYS』
佐藤健 『400DAYS』
佐藤 健


ROOKIES オリジナル・
サントラ


ROOKIES ルーキーズ PERFECT BOOK
ROOKIES ルーキーズ PERFECT BOOK

ドキュメント of ROOKIES ~11人が戦った141日間のキセキ~完全版
ドキュメント of ROOKIES ~11人が戦った141日間のキセキ~完全版
平川雄一朗,佐藤隆太,市原隼人,小出恵介,城田優,中尾明慶,高岡蒼甫,桐谷健太,佐藤健,五十嵐隼士,川村陽介


ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX
ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX

ROOKIES (ルーキーズ) 裏(うら)BOX
ROOKIES (ルーキーズ) 裏(うら)BOX

キセキ(初回限定盤)(DVD付)
キセキ(初回限定盤)(DVD付)
GReeeeN

JUNON (ジュノン) 2008年 09月号 [雑誌]
JUNON (ジュノン) 2008年 09月号 [雑誌]
主婦と生活社

2008.07.26 Saturday 22:08 | comments(8) | trackbacks(17) | 
<< ガラスの仮面連載再開 | main | 炎神戦隊ゴーオンジャー 〜GP-23 「暴走ヒラメキ」 >>
風水 (2008/07/26 11:05 PM)
honeyさん、こんばんは。
もう、2時間テレビの前でどれだけ泣いたことか(苦笑)。
ケガをした悔しさに帽子で涙を隠す安仁屋に泣かされ、若菜と桧山に泣かされ、御子柴に泣かされ、ラストも泣いてました。
結局粋な計らいをしてくれた小山医師と校長先生、そして高野連の理事長が良かったですねえ。
川藤先生が戻ってきて本当に良かったです。
感動をありがとう!
次は秋のスペシャル、そして春は劇場でまた会えるんですね!!
こんなに燃えるドラマはなかったですねえ。
本当に楽しかったしたくさんの感動が詰まっていました。
良いドラマでした。
スタッフ&キャストさんに感謝とともに、映画に向けて頑張ってほしいですね。
honey (2008/07/26 11:56 PM)
風水さん、こんばんは。

一話目から感動の嵐でしたが最終回もいっぱい泣かせてくれましたよね。
若菜と桧山のところとか涙がダーっですよ。
御子柴の打席ではテレビの前で同じく手を合わせて祈り
ホームランを打ったら同じくヤッターと叫び。。。

またスペシャルと映画で見られるのがほんとにうれしいです。
けろりん (2008/07/27 5:34 AM)
honeyさん、こんにちは!

本当、泣きまくりましたよー!
最後に泣き所集めてくれましたよね。
もう、どこがよかった、とか書けないほど多すぎて。

選手同士のやりとりはもちろん、上坂のシーンとかぐっときましたね。
続編では、上坂が立ち直ったところもちょっと見せてくれると嬉しいですね^^

しかし、今週はどこを見ても「ROOKIES」一色で、力入れすぎじゃない?と思ったら、次があったのですね(笑)。
だけど、素直に嬉しいですねー!
彼らが2年生でよかったです!
まだ甲子園のチャンスはありますしね。
楽しみですね!
honey (2008/07/27 11:23 AM)
けろりんさん、こんにちは〜。

最終回おもしろかったですねえ!!
ほんと最初から最後までクライマックスですよ。
まさか上坂まで出てくるとは思いませんでした。
上坂の東京制覇を全力で応援したくなりました。

バラエティ番組もどれもおもしろかったですね。
ドラマ始まる前から力入れてるな〜とは思ったけど。
このもりあがりなら花より男子みたいに映画になるかもと
おもいましたがスペシャルも映画もあるとは
嬉しいです〜〜。
たすけて (2008/07/28 12:03 AM)
9回の打順が気になるんですが
8回が9番安仁屋でトリプルプレーに終わったなら
9回は新庄から始まるはずなのに7番御子柴にツーアウト満塁で回るのはおかしいと思うのですがどうですか?

1番新庄が消えたような気がするんですけど
1新庄23456岡田7御子柴8若菜9安仁屋
honey (2008/07/28 12:46 PM)
たすけてさん、こんにちは。

そういわれるとそうですね。
トリプルプレーじゃなくて
安仁屋で1アウト、御子柴がさされて2アウト。
そのあと描写はないけど新庄で3アウトという
ことではないでしょうか。

9回は確かに関川からはじまってましたし。

1番 レフト新庄
2番 セカンド関川
3番 ライト今岡
4番 サード平塚
5番 ファースト湯舟
6番 センター岡田
7番 キャッチャー御子柴
8番 ショート桧山
9番 ピッチャー安仁屋

今岡、平塚がアウトで湯舟が撃って岡田君に。
江戸 (2008/07/28 4:58 PM)
こんばんは
8回安仁屋の打席は実はダブルプレーです
岡田がヘッスラで3塁に戻った時、サードはベースから離れてたのでセーフです
ドラマでは描かれませんでしたが、原作だと次の新庄は外野フライに倒れてるようです
なので9回は関川からの打席になるんですね

それにしても泣けました
評判いいドラマでも最終回がイマイチだった作品が多い中、素晴らしい最終回になってたと思います
安仁屋の涙、桧山&若菜の友情、御子柴の涙は見てるほうも号泣ですよw
なにげに9回の三振後の平っちの表情にも泣けました・・・

SPに映画!!
どっちかあるかなと期待してたんですが、どっちもとは嬉しい限りです
TBSにまんまとのせられてる気もしないでもないですが、また彼らに会えるのだと思うと「なんでもいいにゃ〜」
楽しみが出来て良かったですよねv
honey (2008/07/28 5:15 PM)
江戸さん、こんばんは。

ご説明ありがとうございます。
やはりあのあと新庄の打席があったのですね。
すっきりしました。

初回から最終回まで見事なテンションをたもったまま
感動をとどけてくれましたよね。
一回のドラマに涙の場面がいっぱいで。
いつもはおちゃらけた平塚が、その前に素振りもがんばって
本当はうたせてあげたいところでした。

これだけ人気だから、スペシャルはあると思いましたが
スペシャルばかりか映画もあるとは本当に楽しみです!!
(映画の公開が地元であるのを祈るのみ)









ROOKIES 最終話 「最終章終幕〜さらば愛しの恩師…」
御子柴(小出恵介)「道を切り開くのは自信と勇気だ。BY川藤幸一。」
| テレビお気楽日記 | 2008/07/26 10:14 PM |
ROOKIES (ルーキーズ) 最終回
最終回「最終章 終幕〜さらば愛しの恩師…」 ついに始まった目黒川高との試合! ベンチに川藤はいません・・・ 新庄の先頭打者ホームラン!ニコガクペースで試合は行くかと思われましたが なかなかそうは行きません。 川藤の存在はやはり大きい! 御子柴は川..
| annyの日記 | 2008/07/26 10:15 PM |
ROOKIES(ルーキーズ)第11回(最終回)あきらめない気持ち
『最終章終幕〜さらば愛しの恩師…』内容川藤は過去の事件と取り上げられ出場停止。ナインは、不良にやられ、満身創痍の中。ニコガクは江夏のいる目黒川との試合をむかえる。キャプテン御子柴『勝って、甲子園に行くしかない  俺たちが生き残る道はそれしかないんだ 
| レベル999のマニアな講義 | 2008/07/26 10:18 PM |
ROOKIES(ルーキーズ) 最終回(第11話)最終章・後編 感想
毎週毎週涙目でタイピングしていたルーキーズが終わってしまいました…。
| メガネ男子は別腹☆ | 2008/07/26 10:29 PM |
ROOKIES (ルーキーズ)最終回感想。
TBS 『 ROOKIES (ルーキーズ) 』 | あらすじ 最終回、久しぶりにドラマで泣いてしまった。正直エースの安仁屋は試合の 出来る身体ではなかった。それでも安仁屋は投げる御子柴や他のナインは それに気づき安仁屋をささようとする姿に感動しました。 試合は御子柴
| JAOの趣味日誌 | 2008/07/26 10:55 PM |
『ROOKIES』最終回
感動!そして今週、スペシャル放送!更に映画化決定!!この最終回は御子柴でした。TBS土8ドラマ ROOKIES(ルーキーズ) 第11話 最終回  最終章終幕〜さらば愛しの恩師…そして ◆キャスト◆川藤幸一  … 佐藤隆太安仁屋恵壹 … 市原隼人御子柴徹 
| strの気になるドラマ 気になるコト | 2008/07/26 10:58 PM |
ROOKIES 第十一話 「最終章終幕〜さらば愛しの恩師…」
「安仁屋。やるしかない。勝って甲子園に行くしかない。俺達が生き残る道はそれしかないんだよ。道をきりひらくのは自信と勇気だ!BY 川藤幸一!!先生は俺たちといつも一緒だよ。一緒にいる。今もいる。だから諦め
| 掃き溜め日記-てれびな日々- | 2008/07/26 10:58 PM |
【ドラマ感想】ROOKIES(ルーキーズ) 第11話 最終章 後編
道を切りひらくのは自信と勇気だ!BY川藤幸一「お前達の夢はまだ途中だ」てっきり8時から10時の2時間だと思ってたら7時から始まってやがったよ!気が付いたら7時20分だったよ!(゚Д゚)、ペッ!!「今を生きるために力を貸してやってくれと私は土下座されたんだ」
| 読書とジャンプ | 2008/07/26 11:11 PM |
キセキ
どうぼ、こんばんば…ううううアサネですkどいjhjふぃ。ぼうね…今日は泣きつかれまじだよぉ。ROOKIES(ルーキーズ)最終回、2時間泣きっぱなしでしたよ。原作を読んでるし、その後の展開も台詞もみんな分かってるんだけど、「せんせぇぇえええええぇえええ!
| 巻藁帳〜マーキーズ〜 | 2008/07/26 11:54 PM |
「ROOKIES」第11話(最終回)
毎回楽しみにしてたROOKIESがついに今夜最終回! 喪失感いっぱいだったが、最後にサプライズニュースが…! やったね、2時間SP! 祝・映画化! どこまでも泣かせてくれるヤツらだぜ。 好きだ!ニコガク!(<興奮 ROOKIES (24) (ジャンプ・コミックス) 森田
| fool's aspirin | 2008/07/27 12:29 AM |
ROOKIES 11話(最終話) 感想
いよいよROOKIES、最終回を迎えました。 2時間スペシャル!
| けろりん的ひとりごと | 2008/07/27 5:42 AM |
ROOKIES(ルーキーズ)  最終回
純粋に、ドラマとしてのパワー。底力のある作品でしたね。珍しく(大半のドラマから、即リタイアしてしまう)ダンナさんがハマってました。 監督の川藤(佐藤隆太)は、諸事情。球場前までしか近寄れないし、主力選手である、安仁屋(市原隼人)、若菜(高岡蒼甫)も
| のほほん便り | 2008/07/27 10:23 AM |
ROOKIES(ルーキーズ)
最終回の感想 
| Akira's VOICE | 2008/07/27 10:57 AM |
ROOKIESルーキーズ 最終回
この秋、2時間スペシャル&映画化決定! あの意味深な終わり方は、続くでしょう(苦笑)最終回も感動して泣けた。道を切り開くのは、自信と勇気だ!川藤先生の存在がニコガクを変えた。仲間っていいね。
| アンナdiary | 2008/07/27 11:34 AM |
《ROOKIES》最終章ー後編
ついにきてしまった最終話。 ダッグアウトで、ナインは、静か、安仁屋は、肋骨の痛みをこらえていた。御子柴は、決心したように眼を開くと言った。 「安仁屋。やるしかない。」全員の目が御子柴に向いた。 「勝って甲子園に行くしかない俺達が生き残る道はそれしかない
| まぁ、お茶でも | 2008/07/27 2:02 PM |
ROOKIES-ルーキーズ- (佐藤隆太さん)
◆佐藤隆太さん(のつもり)佐藤隆太さんは、毎週土曜よる8時TBS系列にて放送されていた連続ドラマ『ROOKIES (ルーキーズ)』に川藤幸一 役で出演しました。一昨日は第11話(最終回)が放送されました。
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2008/07/28 1:53 AM |
ROOKIES最終回 佐藤健 オフィシャルブログ『WITH』 by アメーバブログ
ルーキーズ ついに最終回でしたね。 2時間スペシャル堪能しました。 監督がいない
| 大阪発3児の父ちゅん☆8823(inarikun) | 2008/07/30 6:41 AM |